神鉄三田線

5018F

5018F

【神鉄三田線ガイド】


 神鉄三田線は神戸市北区の有馬口と三田市の三田を結ぶ12.0kmの路線だ。有馬口~岡場間は単線、岡場~田尾寺間は複線、田尾寺~横山間は単線、横山~三田間は複線となっている。有馬口では有馬線に全ての電車が直通している。横山からは公園都市線の電車が三田まで直通している。

 有馬口は2面4線で、三田線電車は1番線、3番線から発着している。有馬口を出ると左にカーブして有馬線と分かれる。有野川に沿って狭隘なところを走り、阪神高速の五社ICの下をくぐって1面1線の五社となる。急行停車駅で、特快速は通過する。五社を出ると有野トンネルに入る。トンネルを出てから有野川を渡り、高架に上がり市街地に入って2面4線の岡場となる。立派な高架駅となっているが、ラッシュ時以外は追い抜きはなく少々もてあまし気味の構内となっている。利用者は非常に多く、特快速の停車駅となっている。ラッシュ時には当駅始発の電車も設定されており、三田線では最大の駅となっている。駅西側には藤原台の住宅地が広がり、東側には阪神総合卸売団地がある。

 岡場を出ると複線になる。この複線化は1998年に行われており田尾寺までの1駅間のみの複線化となっている。高架から下りてしばらく走って1面2線の田尾寺となる。橋上駅舎となっており、ここから再び単線に戻る。二郎いちごで有名ないちご園を見ながらの長閑な道中となり、中国自動車道の下をくぐる。有野川を渡って1面1線の二郎となる。再度有野川を渡って、左手に側線が見えてそれと合流すると道場南口となる。1面2線の交換駅となっている。有野川の支流の八多川を渡り、しばらく有野川に沿って走って1面1線の神鉄道場となる。複線化時には1面2線になるように準備がなされているが、田尾寺~横山間の複線化は凍結したままとなっている。駅東側には国鉄有馬線の遺構が各所に残っている。JR宝塚線の道場とは1km以上離れており、同一駅名だから乗り換え可能と思って乗るとえらい目に遭う。左にカーブして、前方にトンネルから出てくる公園都市線の線路を見て右にカーブして横山に着く。横山は1面2線で公園都市線電車は全て三田まで直通する為、当駅折り返し電車の設定はない。横山からは複線になる。ここからは三田の市街地に入って行く。右にカーブして1面2線の三田本町となる。左にカーブして武庫川を渡り、前方にJR宝塚線の線路が見えると左にカーブして終点の三田に着く。三田は1面2線で、JR三田駅と並列に配置されている。三田駅前の再開発によりJRの橋上駅舎から下りると神鉄三田の駅舎に出るようになっている。乗り換えは比較的便利だが、大阪方面へ直通する電車があればなお便利である。
  

【関西各駅探訪第273回~神鉄田尾寺駅~】

~新興住宅地と長閑な田園風景が交差するがここも神戸市内~ 神鉄三田線田尾寺駅は神戸市北区にある。1998年3月20日に岡場~田尾寺間が複線化され、その時に橋上駅舎化された。朝ラッシュ時に運転される特快速以下全ての電車が停 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第148回~神鉄三田線三田駅~

~JR宝塚線に連絡で大阪へのアクセスが向上~ 神鉄三田線三田駅は、兵庫県三田市にある。JR三田駅と隣接しており、乗換は至便である。 ホーム2面2線の頭端式ホームとなっており、2番線は両側をホームで挟まれているが、現在は片 … 続きを読む

コメントなし

【神鉄5000系】

神鉄5000系は1994年に登場した神鉄初のVVVFインバータ制御車。1991年から製造されていた2000系をベースとした車体を採用した。アルミ製で、アイボリー塗装に赤いラインが入る2000系と同様の新塗装となった。4両 … 続きを読む

コメントなし

【神鉄3000系】

神鉄3000系は1973年に登場した通勤型車両。山岳路線の神鉄線に対応した仕様で、発電ブレーキや定速度抑速制御を有している。神鉄1000系などと同様に18m級3扉ロングシート車だが、車体はアルミ製となった。前面非貫通のた … 続きを読む

コメントなし

神鉄有馬線・三田線~普通岡場行き~

神鉄有馬線、三田線の普通岡場行きは朝夕に運転されている。平日ダイヤ朝は新開地発7時05分の1本。平日ダイヤ夕方は新開地発18時05分、18時35分、19時06分の3本が運転。土休日ダイヤ朝は新開地発6時59分の1本。土休 … 続きを読む

コメントなし

神鉄有馬線・三田線~急行新開地行き~

神鉄有馬線、三田線の急行新開地行きは朝夕ラッシュ時に運転されている。平日ダイヤで三田発6時15分、7時02分、7時18分、7時35分、18時38分、19時08分、19時38分の7本。土休日ダイヤは三田発6時48分、7時0 … 続きを読む

コメントなし

神鉄有馬線・三田線〜特快速新開地行き〜

神鉄有馬線・三田線では朝ラッシュ時に特快速を運転している。平日ダイヤで三田発6時31分、6時48分の2本、土休日ダイヤでは三田発6時32分の1本が運転。いずれも新開地行きで三田からの停車駅は岡場までの各駅、谷上、山の街、 … 続きを読む

コメントなし

神鉄有馬線・三田線~急行三田行き~

神鉄有馬線、三田線の急行三田行きは夕方ラッシュ時に運転されている。停車駅は新開地から湊川、鈴蘭台、北鈴蘭台、山の街、谷上、大池、唐櫃台から三田までの各駅。平日ダイヤで新開地発18時14分、18時45分、19時14分の3本 … 続きを読む

コメントなし

神鉄三田線普通道場南口行き

神鉄有馬線普通道場南口行きは平日19時台に新開地発で1本が運転されている。

コメントなし