神戸電鉄有馬線

5014F

5014F

【神鉄神戸高速線ガイド】

神戸電鉄神戸高速線は新開地~湊川間0.4㎞の路線で、第三セクター神戸高速鉄道の路線である。以前は神戸高速鉄道南北線だったが、神鉄が駅や施設の管理を引き継いで、現在の形になった。今でも神鉄は第2種鉄道事業者で、神戸高速鉄道が第3種鉄道事業者となっている。

新開地は地下駅で神戸高速東西線(阪急神戸高速線、阪神神戸高速線)と連絡しており、阪急、阪神、山陽、神鉄と4社間の連絡駅となっている。2面3線の行き止まり構造になっており、神戸高速東西線とはL字接続となっている。同線との連絡は姫路方となっているため、阪急や阪神から南北線へ乗り換える人は神戸方の車両に乗る人が多い。駅構内には立ち食いそばの高速そばがある。高速だからすぐにそばができそうなイメージがあるが、神戸高速の高速から取った店名なので特にそばの出来上がりが早いというわけではない。ホームは1番のりばから4番のりばまであり、真ん中の2・3番乗り場は乗降分離となっている。1番のりばは有馬・三田線方面、4番のりばは粟生線方面への電車が発着しており、2・3番乗り場は両線の電車が発着するようになっている。新開地を出て線路が集束して複線になるとすぐに1面2線の湊川となる。湊川では神戸市交西神山手線の湊川公園と連絡している。湊川には特快速以下全ての電車が停車する。

【神鉄有馬線ガイド】

神戸電鉄有馬線は湊川と有馬温泉を結ぶ路線である。関西の奥座敷有馬温泉へ乗り入れる唯一の路線となっており、一見観光色が強そうなイメージがあるが、近年は三田線沿線での宅地開発により通勤通学輸送が色濃くなっている路線だ。有馬線の電車は湊川から新開地まで神戸高速鉄道南北線に乗り入れており、湊川を始終着とする電車はない。湊川で神戸高速鉄道南北線と接続し、神戸市交西神山手線の湊川公園と連絡している。鈴蘭台では神鉄粟生線を分岐し、同線とは直通運転を行っている。谷上では北神急行と連絡、有馬口では神鉄三田線と接続し、同線と直通運転を行っている。湊川~有馬口間は複線で有馬口~有馬温泉間は単線となっている。

湊川は1面2線で神鉄神戸高速線とスルー構造になっており、同駅で折り返す電車はない。神戸市交西神山手線の湊川公園駅と連絡しており、乗り換え客は多い。湊川を出ると少し地下線を走ってから地上に出る。地上に出てもトンネルを何本か抜けるので、しばらくは地下から出たことに気づかない人もいるだろう。トンネルを抜けて勾配を上がって行き、左手に会下山公園を見ながらまたトンネルに入り、それを抜けてカーブを曲がりながら勾配を駆け上がり、2面2線の長田となる。長田は準急停車駅で、神戸高速の高速長田やJRの新長田とはかなり離れた駅で、長田区の中心駅とは言い難い駅となっている。長田を出ると左にカーブして勾配を上がっていく。勾配の途中に2面2線の丸山がある。同駅を出ると右にカーブしながらさらに勾配を上がっていく。西神戸有料道路が上を走る台地の下をトンネルで抜けて2面2線の鵯越となる。鵯越と言えば一の谷の合戦での義経の逆落としが有名なところだ。鵯越までは勾配はそれなりにきついが、ここから先は逆落としも納得できるぐらいの勾配を走ることになる。鵯越を出ると左にカーブして勾配を上がって行きトンネルに入る。トンネル内で山陽新幹線、山麓バイパスと交差して、トンネルを抜けて、短いトンネルを何本か抜けて、かつての菊水山駅を通過する。菊水山駅は普通の一部のみが停車する駅だったが、利用者がほとんどいないため05年3月26日より休止となっている。今後も復活の見込みはなく廃駅となる可能性が高い。ダム建設時に新しく造られた長大な菊水山ト
ンネルに入る。トンネル内で左にカーブしながら同トンネルを抜けて、烏原川に沿いながら勾配を上がり、右手に鈴蘭台車庫を見て、左にカーブして車庫からの線路と3線になり、久しぶりに見る市街地を真っすぐ走る。市街地と言っても丘陵地で緩やかな勾配は続いている。鈴蘭台は2面4線で、粟生線の分岐駅となっている。鈴蘭台車庫があるので、当駅発着の電車もあり、新開地からここまでは列車密度が高い。鈴蘭台には当然ながら特快速以下全ての電車が停車する。

鈴蘭台を出ると粟生線は急勾配を上がりながら左にカーブして分かれる。有馬線は真っすぐ直進して、こちらも勾配を上る。右にカーブして市街地を抜けてしばらく走って、掘割の中に入り、2面2線の北鈴蘭台となる。特快速も停車する主要駅で乗降客も多い。神鉄の中では乗降客数は多い方だが、道路の整備により三宮方面への利便性が高まっており、マイカーやバスに利用者を奪われがちになっている。次の山の街は左カーブ上にある。2面2線で駅東側は下谷上方面へ抜ける道があり、広陵町の住宅街につながっているが、駅周辺は西側に街が広がっている。山の街を出ると急曲線と急勾配が続き、阪神高速北神戸線と国道428号線の下をくぐって2面2線の箕谷となる。駅西側には住宅地が広がっているが、利用者は少なく、ここでもマイカーかバスを利用して三宮方面へ出る人が多い。箕谷ICの下をくぐって、新神戸トンネルの上を走り、右手の高台に北神急行の谷上車庫を見ながら走り、トンネルから出てきた北神急行と合流して谷上となる。谷上はかつては2面4線だったが、現在は2面3線になっており、上り線ホームは北神急行とホームを共用するようになっている。データイムの電車は上下とも全て3番線から発着しており、北神急行電車との接続をホーム上で行っている。以前は北神急行との乗り換えには中間改札を通らなければならなかったが、今は中間改札もなくなり、乗り換えは簡便になっている。

谷上を出ると有馬街道に沿ってさらに勾配を上がっていく。花山は2面2線で、鈴蘭台以遠各駅に停まる準急と普通のみが停車する。花山台の住宅地などがあるが、駅利用者は少ない。次の大池も2面2線で、ここも乗降者数は花山と同じくあまり多くない。この辺りまではかなり急勾配を上がってくることになる。次の神鉄六甲も2面2線で、唐櫃六甲台への最寄駅となっている。阪急六甲とはかなり離れており、言葉は悪いが阪急が表六甲、神鉄は裏六甲にあたる。唐櫃ICの下をくぐって2面2線の唐櫃台となる。ここまでは全て準急停車駅で、ラッシュ時に運転される急行は停まらない。駅東側には唐櫃台の住宅地が広がっているが、利用者はあまり多くない。このあたりでもクルマ優位の状況は動かず神鉄が厳しい状況にあることには違いない。このあたりから勾配は徐々に下りに転じていく。有馬口は2面4線で三田線の分岐駅となっている。大半の電車が三田線に直通し、有馬温泉まで直通する電車はデータイムにはない。1番線が三田線三田方面、2番線が有馬線有馬温泉方面、3番線が上り鈴蘭台・新開地方面、4番線が有馬線有馬温泉方面折り返しとなっている。有馬線の有馬口~有馬温泉間の区間電車は4番線発着となっている。このため、三田線下り方面電車とは構内踏切を渡っての乗り換えとなる。有馬口を出ると単線になり、右にカーブして三田線と分かれる。山の合間を走り、阪神高速北神戸線の有馬JCTの下をくぐり、しばらく山の中を走り、トンネルに入ってそれを抜けると終点の有馬温泉に着く。有馬温泉は1面2線で関西の奥座敷と言われる有馬温泉への最寄駅となっている。先述したとおり有馬口~有馬温泉間は区間電車が走ることが多く、新開地からの直通列車は朝夕のみの運転となっている。有馬温泉を訪れる温泉客もたいていがマイカーかバスを利用しており、神鉄を利用する人は少ない。区間電車は叡電のきららのような車両、直通電車は有料でもよいのでデラックス車両がある列車を運転して有馬温泉の名物となる電車を造ってほしいものだ。
  

【関西各駅探訪第220回~神鉄有馬線・粟生線鈴蘭台駅~】

~有馬線と粟生線が交わる神鉄の中枢を担う駅は現在改良工事中~ 神鉄有馬線、粟生線鈴蘭台駅は、神戸市北区にある。駅の北側には神戸市北区役所もあり、狭隘な土地ながら北区の中心駅となっている。丘陵地の複雑な地形の中に駅があり、 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第101回~神鉄有馬線菊水山駅(休止中)~

~ここも神戸市内!かつての秘境駅は現在休止中~ 神鉄有馬線菊水山駅は、神戸市北区にある駅で、2005年3月26日から休止中である。休止前から当駅に停まる電車は少なく、普通も大半が通過していた。休止後は、駅名板も撤去され、 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第81回~神鉄有馬線鵯越駅~

〜今は山間の閑静な駅だが、かつては義経が鵯越逆落としで名を馳せた池〜 神鉄有馬線鵯越駅は神戸市兵庫区にあるが、神戸市内とはとても思えないほど長閑な駅である。鵯越は、源義経が一ノ谷の戦い戦いで、逆落としを行ったことで有名な … 続きを読む

コメントなし

【神鉄5000系】

神鉄5000系は1994年に登場した神鉄初のVVVFインバータ制御車。1991年から製造されていた2000系をベースとした車体を採用した。アルミ製で、アイボリー塗装に赤いラインが入る2000系と同様の新塗装となった。4両 … 続きを読む

コメントなし

【神鉄3000系】

神鉄3000系は1973年に登場した通勤型車両。山岳路線の神鉄線に対応した仕様で、発電ブレーキや定速度抑速制御を有している。神鉄1000系などと同様に18m級3扉ロングシート車だが、車体はアルミ製となった。前面非貫通のた … 続きを読む

コメントなし

神鉄有馬線〜準急鈴蘭台行き〜

神鉄有馬線準急鈴蘭台行きは朝の時間帯に運転されている。平日ダイヤ新開地発7時58分、8時05分、8時16分、8時20分、8時29分、8時44分、9時03分の7本。土休日ダイヤ新開地発8時47分の1本。

コメントなし

神鉄粟生線〜普通押部谷行き〜

神鉄粟生線普通押部谷行きは夕方に1本運転されている。平日は新開地発18時21分、土休日は新開地発18時19分に運転されている。

コメントなし

神鉄有馬線~普通有馬温泉行き~

神鉄有馬線普通有馬温泉行きは朝夕に運転されている。平日ダイヤ新開地発7時05分、7時15分、7時22分、7時30分、18時05分、18時35分、19時06分、19時52分の8本が運転。土休日ダイヤ新開地発6時26分、6時 … 続きを読む

コメントなし

神鉄有馬線~普通鈴蘭台~

神鉄有馬線普通鈴蘭台行きは朝夕夜の時間帯に運転されている。平日ダイヤで新開地発7時44分、7時55分、8時01分、8時31分、8時47分、9時15分、17時33分、20時19分、22時53分、23時52分の10本が運転。 … 続きを読む

コメントなし

神鉄有馬線~準急有馬温泉~

神鉄有馬線準急有馬温泉行きは2014年6月28日ダイヤ改正で、新開地から有馬温泉への直通運転が復活した際に運転を再開した。平日ダイヤで新開地発6時18分、6時50分の2本が運転。土休日ダイヤでは運転はない。

コメントなし

神鉄有馬線~普通有馬口行き~

神鉄有馬線普通有馬口行きは2014年6月28日ダイヤ改正以前に谷上始発で運転されていた。平日ダイヤの朝に1本、夕方に2本が運転されていた。

コメントなし

神鉄有馬線・三田線~普通岡場行き~

神鉄有馬線、三田線の普通岡場行きは朝夕に運転されている。平日ダイヤ朝は新開地発7時05分の1本。平日ダイヤ夕方は新開地発18時05分、18時35分、19時06分の3本が運転。土休日ダイヤ朝は新開地発6時59分の1本。土休 … 続きを読む

コメントなし

神鉄有馬線・三田線~急行新開地行き~

神鉄有馬線、三田線の急行新開地行きは朝夕ラッシュ時に運転されている。平日ダイヤで三田発6時15分、7時02分、7時18分、7時35分、18時38分、19時08分、19時38分の7本。土休日ダイヤは三田発6時48分、7時0 … 続きを読む

コメントなし

神鉄有馬線・三田線〜特快速新開地行き〜

神鉄有馬線・三田線では朝ラッシュ時に特快速を運転している。平日ダイヤで三田発6時31分、6時48分の2本、土休日ダイヤでは三田発6時32分の1本が運転。いずれも新開地行きで三田からの停車駅は岡場までの各駅、谷上、山の街、 … 続きを読む

コメントなし

神鉄有馬線・三田線~急行三田行き~

神鉄有馬線、三田線の急行三田行きは夕方ラッシュ時に運転されている。停車駅は新開地から湊川、鈴蘭台、北鈴蘭台、山の街、谷上、大池、唐櫃台から三田までの各駅。平日ダイヤで新開地発18時14分、18時45分、19時14分の3本 … 続きを読む

コメントなし

神鉄粟生線準急押部谷行き

平日下りに2本運転がある。いずれも新開地発で18時台と19時台に1本ずつ運転がある。土休日に運転はない。

コメントなし

神鉄粟生線快速粟生行

神鉄粟生線快速粟生行きは土休日は新開地発18時台に1本が運転されるのみで、平日は新開地発18時台、19時台にそれぞれ2本ずつ運転されている。

コメントなし

神鉄粟生線快速新開地行

神鉄粟生線快速新開地行きは平日早朝に1本運転があるのみとなっている。土休日の運転はなく、上り快速はこの1本のみとなっている。

コメントなし

神鉄三田線普通道場南口行き

神鉄有馬線普通道場南口行きは平日19時台に新開地発で1本が運転されている。

コメントなし

神鉄有馬線準急谷上行き

神鉄有馬線準急谷上行きは平日早朝に新開地発で1本が運転されている。  

コメントなし

神鉄有馬線普通谷上行き

神鉄有馬線普通谷上行きは終日鈴蘭台発が夜間に1本、平日に新開地発が早朝に1本、鈴蘭台発が早朝に1本の運転がある。

コメントなし