泉北高速鉄道

準急和泉中央

【泉北高速鉄道ガイド】

泉北高速鉄道は南海高野線の中百舌鳥と和泉中央を結ぶ14.3㎞の路線で、泉北ニュータウンの足となっている。全線複線1500V直流電化で、南海同様1067mm狭軌を採用している。中百舌鳥から南海高野線と直通している。2015年12月5日ダイヤ改正で新設された有料特急泉北ライナー、同改正で増発された区間急行、線内各駅に停まり、中百舌鳥から高野線に直通する準急、各停の4種別が運転されている。

中百舌鳥は南海高野線とホームを共有しており、2面4線で中央が泉北高速直通となっている。難波方に引き上げ線があり、泉北線内運転の各停がここで折り返す。中百舌鳥では南海高野線と接続している他、地下鉄御堂筋線とも連絡している。中百舌鳥は難読駅名の一つで、5000系の行き先表示はひらがな、7000系は中もずと表示している。ちなみに地下鉄御堂筋線はひらがな表示で統一されている。ただ、南海車による泉北線内運用では、中百舌鳥と漢字表記になっている。中百舌鳥を出ると泉北高速線が中央を走り、レベルを下げていき掘割からトンネルに入って南海高野線の上り線の下をくぐって右にカーブして分かれる。トンネルを抜けてからは真っ直ぐ進んでいき、左にカーブしながら1面2線の島式ホームの深井となる。同駅を出ると府道泉北1号線と並行して進む。このあたりは千里ニュータウンを行く北大阪急行の雰囲気によく似ている。真っ直ぐニュータウンの中を進んで、右にカーブしながら1面2線で島式ホームの泉ヶ丘となる。駅前には高島屋などもあり乗降客も多い。2015年12月5日ダイヤ改正で誕生した特急泉北ライナーも停車する。ここから南西に向けて進み、1面2線で島式ホームの栂・美木多となる。駅名に・が入るのは全国的に見ても珍しい。栂地区と美木多地区での駅名紛争で妥協案として命名された結果がこの駅名である。さらに真っ直ぐ進んで1面2線で島式ホームの光明池となる。光明池はかつての終点で、車庫を併設しており、朝ラッシュ時には当駅止まりの電車もある。駅前にはショッピングセンターがあり、バスターミナルも併設されているため、駅周辺の人通りは多い。また、駅近くには免許センターがある。光明池を出ると和泉市に入り、左手に光明池車庫が広がる。途中阪和自動車道が合流して並行して進み終点の和泉中央となる。和泉中央も1面2線の島式ホームだが、1・2番線の外側には引き上げ線があり、車両が留置されることもある。駅前にはイズミヤのショッピングセンターがあり、駅から歩いて20分ほどのところには桃山学院大学があり、学生の利用も多い。ここから先数百メートルぐらい路盤が道路に沿って続いており、今後の延伸に備えられているが、今のところ具体的な話はない。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

関西各駅探訪第63回~泉北高速鉄道泉ヶ丘駅~

泉北高速鉄道泉ヶ丘駅は、堺市南区に駅がある。泉北高速鉄道では、一番乗降者数が多い主要駅である。泉北高速鉄道の全列車が停車し、2015年12月5日ダイヤ改正から運転を開始した特急泉北ライナーも停車する。  島式ホーム1面2 … 続きを読む

コメントなし

特急泉北ライナー

南海高野線、泉北高速鉄道では2015年12月5日ダイヤ改正で両線を直通する特急列車の運転を開始した。泉北ライナーの愛称が付けられ、南海11000系特急車を使用し、難波~和泉中央間に平日下り6本、上り7本、土休日8往復が運 … 続きを読む

コメントなし

泉北高速鉄道~各停なかもず~

 泉北高速鉄道各停なかもず行きは朝夕夜に運転されている。平日ダイヤでは和泉中央発5時06分、5時17分、5時31分、5時45分、6時17分、6時32分、6時46分、7時07分、7時16分、7時25分、7時36分、7時44 … 続きを読む

コメントなし

泉北高速・南海高野線〜区間急行なんば行き〜

泉北高速鉄道、南海高野線では平日朝ラッシュ時上りに和泉中央発なんば行きの区間急行を運転している。和泉中央発6時54分、7時11分、7時31分、7時53分の4本。以前は10両編成で運転される列車もあったが、現在は全て8両編 … 続きを読む

コメントなし

泉北高速鉄道~各停和泉中央行き~

泉北高速鉄道各停和泉中央行きは早朝、朝ラッシュ時、夕方ラッシュ時以降に運転されている。泉北高速鉄道の主力は南海高野線直通の準急で、終日直通運転を行っている。平日ダイヤで中百舌鳥発5時31分から6時49分までの8本全列車、 … 続きを読む

コメントなし