神戸新交通六甲ライナー

六甲ライナー

【神戸新交通六甲ライナーガイド】

神戸新交通六甲アイランド線は兵庫県神戸市東灘区の住吉と人口島六甲アイランドにあるマリンパークを結ぶ4.5kmの路線である。側方案内式の新交通システムで、交流60Hz600Vを電源としている。仕様的には先輩格のポートライナーと同様となっている。1990年に神戸市内第2の新交通システム路線として開業した。六甲アイランドへの足として定着しており、住吉ではJR神戸線、魚崎では阪神本線と連絡している。


 住吉は1面2線の高架駅で、2階の改札はJR住吉駅コンコースとつながっている。乗換えは非常に便利なので、阪神よりもJRに乗り換える人が多い。住吉を出ると少しJR神戸線と並行してからほぼ90度右にカーブして同線と分かれる。六甲ライナーは当然ながら全線高架線となっている。国道2号線を跨ぎ、名門で名高い灘中、灘高を左手に見て、住吉川沿いに南下していく。阪神本線との交点の手前に2面2線の魚崎がある。阪神魚崎とは連絡通路で結ばれているが、少し離れている。JR住吉ほど乗換えは便利でない点と当初阪神の優等が魚崎に停まらなかったのに対して、JRは早々に快速を住吉に停車させたため、六甲ライナーの利用者はJRに乗り換える人が多い。魚崎を出ると阪神本線を跨いで、続いて阪神高速神戸線の下をくぐる。さらに南下して住吉浜付近に1面2線の南魚崎がある。地上5階にホームがあり、改札は4階にある。3階には六甲ライナーの運行を管理する管制室がある。南魚崎を出ると住吉浜に渡り、さらに六甲大橋を渡って六甲アイランドに入る。六甲大橋では道路を真ん中に挟むため上下線が離れる。六甲アイランドに入り、上下線が合流する手前に2面2線のアイランド北口がある。V字型のホームになっており、マリンパーク方ではホームがつながっているが、魚崎方では分かれている。六甲アイランド内を真っ直ぐ南下していき、1面2線のアイランドセンターとなる。六甲アイランドの中心駅で乗降客も多い。次は終点のマリンパークで、1面2線の単純な構造となっているが、線路はそのまま先まで延びており、右にカーブして西向きにしばらく走って六甲島検車場まで線路が延びている。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

関西各駅探訪第126回~神戸新交通六甲ライナー魚崎駅~

~直通特急を止めさせた!阪神本線との連絡駅~ 神戸新交通六甲ライナー魚崎駅は、神戸市東灘区にある。阪神本線魚崎駅と連絡しており、両駅は連絡通路でつながっている。連絡通路はあるが、住吉川を挟んで、六甲ライナーの駅は北側にあ … 続きを読む

コメントなし

【神戸新交通六甲ライナーガイド】

路線名 区 間 距 離 駅 数 平均駅間距離 神戸新交通六甲ライナー 住吉~マリンパーク 4.5km 6 0.9km 所要時分 表定速度 軌間線路/電気方式 11分 24.6km/h 新交通システム複線/600V交流 & … 続きを読む

コメントなし