嵐電北野線

京福北野線

【嵐電北野線ガイド】

 嵐電北野線は嵐電嵐山本線の帷子ノ辻から北野白梅町に至る3.8kmの路線で、常盤~鳴滝間のみ複線で、他の区間は全て単線となっている。嵐山本線と同じ路面電車が走るが、北野線は全線専用軌道である。帷子ノ辻では嵐山本線と接続している。ホーム2面嵐電桜のトンネル4線で、北野線電車は3番線、4番線からの発着となる。3番線は行き止まり式で、通常時は4番線を使用する。行楽シーズンには、帷子ノ辻から嵐山方面への直通運転が行われる。その際には線内折り返し電車は3番線を使用する。帷子ノ辻を出ると嵐山本線と分かれる。右手に東映京都撮影所を見て、JR嵯峨野線のガードをくぐり北上する。常盤は2面2線で、常盤から鳴滝までは複線となる。鳴滝は2面2線でここからまた単線に戻る。宇多野との間には嵐電桜のトンネルがあり、桜が咲く頃には多くの花見客と鉄道ファンが訪れて写真を撮っている。また、夜にはライトアップされた中、車内照明を消した電車が徐行運転を行い、夜桜見物ができるようにしている。宇多野、妙心寺のみはホーム1面1線となっているが、この両駅は乗降ホームが分離されている。宇多野はかつては高雄口という駅名だった。これは2006年度より実施されている嵐電ブラッシュアッププロジェクトの一環で7駅の駅名が改称されたうちの1つである。宇多野の次の御室仁和寺もかつては御室だった。同駅は2面2線の対向式ホームとなっている。仁和寺への最寄駅であるため、2007年3月19日に現駅名に改称された。妙心寺の次の龍安寺も2007年3月19日に竜安寺道から改称された駅名である。龍安寺への最寄駅だが、駅からは結構離れている。等持院は等持院への最寄駅で、こちらも少し離れているが、龍安寺ほどではない。立命館大学衣笠キャンパスにも近い駅だ。北野白梅町は3面2線のターミナル構造で、駅全体が屋根に覆われている。北野白梅町から歩いて3分ほどのところに学門の神様北野天満宮がある。西大路通りに面しており、南へ下るとJR嵯峨野線の円町に出る。北へ上がっていくと金閣寺に行くことができる。

【関西各駅探訪第262回~嵐電北野線宇多野駅~】

~春には桜のトンネルを訪れる人で賑わう~ 嵐電北野線宇多野駅は京都市右京区にある。鳴滝から同駅にかけては桜のトンネルがあり、桜が満開になる季節には同駅から花見に訪れる人も少なくない。高雄口駅として開業し、2007年3月1 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第149回~京福北野線鳴滝駅~

~駅を出るとそこは・・・桜のトンネルだった!~ 京福北野線鳴滝駅は、京都市右京区にある。京都の市街地というよりかは郊外といったところで、周辺は住宅地となっている。宇多野までの間に春になると線路際に桜が咲き誇る桜のトンネル … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第66回~嵐電北野線撮影所前駅~

嵐電こと京福電鉄北野線撮影所前駅は、2016年4月1日に開業した新しい駅である。北野線の起点帷子ノ辻と常盤間に開業した駅で、近くに東映京都撮影所があることから撮影所前という駅名になった。駅ナンバーはB1となり、帷子ノ辻は … 続きを読む

コメントなし