京福嵐山本線

嵐電京福嵐山本線は四条大宮と嵐山を結ぶ軌道線である。全線複線で、一部区間は併用軌道になっているが、大半は専用軌道を走る。四条大宮は京都の中心四条通りにあり、四条通りを貫く阪急京都線と連絡している。阪急大宮とは道路を隔てて対峙する形になっている。嵐山方面へは阪急も嵐山線があるので、ある意味においてはライバル関係にある。駅構造は3面2線のターミナル構造で、駅全体が屋根で覆われている。京福のターミナルである嵐山、北野白梅町も同じような構造であるし、かつて同じ会社であった叡山電鉄の出町柳や八瀬遊園も似たような構造である。京都の市街地の中をしばらく専用軌道で走り、JR嵯峨野線の下をくぐり、右にカーブして四条通と交差する手前に西院がある 。西院には車庫があり、運転上の拠点になっている。車庫は四条通を渡った北側にあり、駅は四条通の南側にある。西院は“さい”と読み、阪急の西院“さんいん”とは読み方が違う。読み方は違うが阪急の西院と連絡している。

12 04 21_8316西院を出るとしばらく専用軌道を北向きに走り、西大路通りとの交点の手前に下りホームがある西大路三条となる。上りは併用軌道の中にあり、西大路通りとの交点の西側に停留所がある。かつては三条口という駅名だったが、07年3月19日に西大路三条に改称されている。ここからしばらく三条通りを併用軌道で行く。途中上下とも道路上に停留所がある山ノ内がある。この先で08年1月に開業した地下鉄東西線の天神川太秦と連絡している嵐電天神川となる。同駅は2面2線で、道路上に停留所があるが、専用のホームとなっており、地下鉄との乗り換えも比較的容易になっている。三条通 りから外れて専用軌道に移る地点に2面2線の蚕ノ社がある。ここから少し専用軌道を走り、再び三条通りと重なる手前に太秦広隆寺がある。同駅は太秦と名乗っていたが、07年3月19日に現駅名に改称されている。太秦は東映太秦映画村への最寄駅で、駅の北側にある。また、駅の直近には広隆寺があり、駅名にも同寺の名前が入るようになった。なお、JR嵯峨野線にも太秦駅があるが、同駅とは少し離れており、07年3月以前は違う場所に同じ駅名の駅があったので、ややこしかったが、京福の太秦が改称されて、ややわかりやすくなった。太秦広隆寺を出ると少しだけ併用軌道を走り、再び専用軌道に戻り、三条通りと交差して帷子ノ辻となる。帷子ノ辻では京福北野線と接続している。ここも駅ビルがホームを覆っ ており、ターミナルの雰囲気が漂っている。同駅は2面3線に北野線電車の切り欠きホームがある変形2面4線の配線で、行楽シーズンには北野線から嵐山方面への電車が運転できるような線路配置にもなっている。駅北側にはJR太秦駅があり、比較的近い位置に駅があるが、競合関係にあるだけで連絡運輸などは行っていない。

090405randen104帷子ノ辻を出ると終点の嵐山まで専用軌道を走る。有栖川は2面2線で上下ホームが段違いに配置されている。次の車折神社はかつては車折だったが、07年3月に改称されている。同駅も2面2線となっている。次の鹿王院も2面2線で、文字通り鹿王院への最寄駅となっている。嵐電嵯峨はかつては嵯峨駅前と名乗っており、国鉄嵯峨駅の駅前という意味合いで名づけられていたが、嵯峨駅がJRに なって嵯峨嵐山に改称されてから実態と合わない駅名となっていた。しばらく放置されたままで、国鉄時代の駅名を偲ぶことができたが、07年3月の各駅の駅名改称時についに嵯峨駅前も嵐電嵯峨に改められた。駅名は改称されたが、JR嵯峨野線の嵯峨嵐山、嵯峨野観光鉄道のトロッコ嵯峨と連絡している。もっともかつて駅前と称していた割には少し歩かなければならない。終点嵐山は、四条大宮と同様ターミナルの駅構造で、3面3線の配線になっている。駅の中に足湯が置かれ、利用者なら誰でも利用できるようになっている。駅舎にはかつて女性専用の嵐山レディースホテルが入っていたが、今は嵐山駅はんなり・ほっこりスクエアに改装されて、商業施設に生まれ変わっている。同じ嵐山でも阪急嵐山とはか なり離れており、渡月橋を渡ってさらに歩かなければならない。

【関西各駅探訪第236回~京福電気鉄道嵐山本線西院駅~】

~読みは違えど結節点になった!阪急は“さいいん”、嵐電は“さい”と読む~ 京福電気鉄道嵐山本線西院駅は、京都市中京区にある。2017年3月25日に阪急京都線西院駅と結節化されて、両線の連絡が便利になった。 西院駅は2面2 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第114回~京福嵐山本線嵐電天神川駅~

~地下鉄東西線連絡のために新設された駅は京都観光の幅を広げた~ 京福嵐山本線嵐電天神川駅は京都市右京区にある。京都市地下鉄東西線太秦天神川駅と連絡している。開業は2008年3月28日で、太秦天神川駅の開業後に開業した新し … 続きを読む

コメントなし