大阪市交中央線

中央線20系

【大阪市交中央線ガイド】

大阪市営地下鉄中央線は、大阪市住之江区の人工島咲洲のコスモスクエアから東大阪市長田を結ぶ17.9㎞の路線で、大阪市の中央を東西に結ぶ幹線である。2005年7月1日に大阪港~コスモスクエア間のOTS線を編入した。コスモスクエアから先はニュートラムに乗り換えとなる。将来的にはコスモスクエアから舞洲方面への延伸が検討されている。大阪万博の誘致が成功すれば、実現に大きく前進するものと思われる。長田から先は近鉄けいはんな線に直通しており、2006年3月21日に生駒~学研奈良登美ヶ丘間が開業してそれまでの東大阪線からけいはんな線に改称された。

コスモスクエアは咲洲の一番北側にあり、関空方面へのバスなどが発着するバスターミナルが地上にあり、地下から中央線とニュートラムが発着している。大阪南港の交通結節点を目指した駅と言えるが、周囲は以前よりは建物が立っているが、それでも閑散としている。乗り換え以外の利用者は非常に少ない。中央線ホームは地下3階にあり、地下2階にニュートラムのホームがあり、地下1階にコンコースがある構造になっている。OTS時代はニュートラムとの間に中間改札があったが、05年7月1日のOTS統合により廃止されている。中央線とニュートラムの乗り換えは階段の上り下りだけで済む。なお、コンコース直結のエスカレータがあり、これに乗るとニュートラムホームを通過してしまうので、ニュートラムへの乗り換えの際は注意が必要だ。中央線ホームは1番線が乗車用、2番線が降車用となっており、長田方面から2番線に到着すると一旦引き上げ線に引き上げ、折り返し1番線に入線して客扱いを行う。この引き上げ線は舞洲方面へ延伸された時には本線になる。コスモスクエアを出ると海底トンネルに入る。このトンネルは沈埋トンネルと言われ、トンネル本体を海底に沈める方式で道路と一体のトンネルとなっている。この海底トンネルを抜けて地上に上がり、そのまま高架まで上がって1面2線の大阪港に着く。大阪港はベイエリアと言われる天保山への最寄駅となっており、海遊館、サントリーミュージアムなどが近い。
大阪港を出ると国道172号線と並行して高架を走る。国道172号線は地上を走るので新御堂と御堂筋線のような景色ではなく地下鉄からの見晴らしはいい。阪神高速5号湾岸線の天保山JCTの下をくぐり左にカーブして2面2線の朝潮橋となる。駅西側に大阪プールがあり、ホームから同プールのドーム状の屋根が見える。阪神高速16号大阪港線が合流して、ここから並行して走る。背の高い高架を走り、JR大阪環状線の少し低い高架を跨いで2面2線の弁天町となる。JR大阪環状線との乗り換えは長田寄りにある東口が便利である。ここまではほぼ東向きに走ってきたが、ここから少し北東方向を向いて走り2面2線の九条となる。2009年3月20日に開業した阪神なんば線と連絡する。阪神との乗り換えはコスモスクエア寄りの西改札が便利である。高度を下げながら木津川を渡って地下に潜り2面2線の阿波座に着く。千日前線との連絡駅で、長田方には千日前線からの連絡線があり、森之宮検車場への入出庫の回送電車が走る。千日前線への乗り換えはコスモスクエア寄りの車両が便利である。なにわ筋との交点に駅はなく、四つ橋筋と御堂筋の真ん中あたりに本町がある。本町は1面2線で、地上に中央大通りが走り、その下に船場と呼ばれるビル街が建ち並んでおり、それらの基礎を避けるためホームはかなり広く上下線がかなり離れている。御堂筋線、四つ橋線との乗り換え駅で、どちらへも乗り換えは便利とは言えず、降りる場所によってはかなり歩かされるので注意が必要だ。御堂筋線は長田寄りの車両、四つ橋線はコスモスクエア寄りの車両が乗り換えに便利である。本町駅には船場西の副駅名も付けられている。次の堺筋本町も本町同様に上下線が離れた1面2線の構造で、地上は船場センタービルが建ち並ぶ大阪屈指の問屋街となっている。堺筋線と連絡しており、コスモスクエア寄りの車両が乗り換えには便利である。堺筋本町にも船場東の副駅名が付けられている。次の谷町四丁目では谷町線と連絡している。ホーム2面2線で、谷町線への乗り換えはコスモスクエア方の車両が便利である。谷町四丁目は大阪府庁、大阪府警本部やNHK大阪ホールへの最寄駅となっており、乗降客も多い。駅の東側には谷町線からの短絡線が合流しており、谷町線の車両が森ノ宮検車場で検査を受けるときなどに回送電車が走る。大阪城公園の南側を真っすぐ東進して森ノ宮となる。2面3線の構造で、森之宮検車場から入出庫する電車が停車するホームがある。早朝深夜には同駅始発の電車が設定されている。大阪城公園への最寄駅となっているが、公園の南端に位置しており、大阪城などへはJR大阪環状線の大阪城公園の方が近い。長堀鶴見緑地線、JR大阪環状線と連絡している。両線とも長田寄りの車両が乗り換えには便利である。

森ノ宮を出ると森之宮検車場への回送線を分岐する。真っすぐ東を向いて走り、今里筋との交点に1面2線の緑橋がある。今里筋線との連絡駅で、乗り換えはコスモスクエア方の車両が便利である。さらに真っすぐ東進し、国道479号線内環状線との交点に2面2線の深江橋がある。深江橋を出ると東大阪市に入り高井田となる。高井田ではJRおおさか東線の高井田中央と連絡している。高井田はホーム1面2線で、ホームはかなり広く上下線の間が壁で仕切られている。さらに真っすぐ東進して終点の長田に着く。ホーム1面2線の単純な配線で、東側は近鉄けいはんな線と線路がつながっており、早朝深夜などを除きほとんどの電車が同線と直通している。東側生駒方には引き上げ線がある。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【関西各駅探訪第244回~大阪市交中央線・長堀鶴見緑地線森ノ宮駅~】

~地下から出ると目の前には大阪城が!~ 大阪市交中央線、長堀鶴見緑地線の森ノ宮駅は大阪市中央区にある。JR大阪環状線森ノ宮駅と連絡しており、3線が集まる大阪市東の結節点の一つとなっている。大阪城公園にも近く、日生球場跡に … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第201回~大阪市交谷町線谷町四丁目駅~

~府庁に府警、NHK大阪がある大阪の中枢を担う駅~ 大阪市交谷町線、中央線谷町四丁目駅は、大阪市中央区にある。谷町線と中央線が連絡する駅で、両線の間には短絡線があり、谷町線の車両を森ノ宮検車場に回送される際に使用している … 続きを読む

コメントなし

大阪市交中央線~長田行き~

大阪市交中央線長田行きは、早朝と深夜に運転されている。早朝はコスモスクエア発5時07分の始発電車で、深夜は、コスモスクエア発23時27分と23時37分の2本が運転されている。   

コメントなし

関西各駅探訪第78回~大阪市交中央線弁天町駅~

大阪市交中央線弁天町駅は、大阪市港区にあり、JR大阪環状線との連絡駅である。中央線の弁天町駅は、JR大阪環状線弁天町駅の南側にあり、高架の大阪環状線を越えるため、高々架となっている。 JR大阪環状線への連絡が便利な東改札 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第50回〜大阪市交地下鉄中央線九条駅~

1.概要 大阪市交地下鉄中央線九条駅は大阪市西区にあり、2009年3月20日の阪神なんば線開業により連絡駅となった。中央線は九条駅付近では阪神高速、中央大通りと並行して高架線を走っている。九条の東側で地下に潜る。2.駅周 … 続きを読む

コメントなし

大阪市交中央線~森ノ宮行き~

大阪市交中央線では入庫のため森ノ宮行きが朝ラッシュ時後にコスモスクエア発で8本、夕方ラッシュ時以降に9本が運転されている。  

コメントなし

大阪市交中央線~千日前線車両回送~

大阪市交中央線では森ノ宮検車場への回送として千日前線電車が走る光景が見られる。阿波座に千日前線と中央線の間に短絡線が設けられており、それを使用して千日前線と中央線を行き来している。今後第三軌条の市交車の検車場は緑木に集約 … 続きを読む

コメントなし