近江鉄道八日市線

809

809

【近江鉄道八日市線ガイド】

近江鉄道八日市線は滋賀県東近江市の八日市と同近江八幡市の近江八幡を結ぶ9.3kmの路線である。1067mm狭軌で、前線単線で1500V直流の電化路線となっている。平日に上り1本のみ快速の運転がある。それ以外の列車は全て普通列車となっている。八日市では近江本線と接続しており直通運転を行っている。近江八幡ではJR琵琶湖線と連絡している。

八日市は2面3線に留置線が数本あり、同駅折り返しの電車が数多く留置されている。八日市線折り返し電車は3番線から発着しており、本線直通電車は1・2番線発着もある。八日市を出るとしばらく本線と単線並列の状態で走り、八日市線が右にカーブして分かれる。本線と分かれてからすぐに2面2線の新八日市となる。快速は八日市~近江八幡間ノンストップ運転となっているので、中間駅は全て普通しか停まらない。次の太郎坊宮前は1面1線となっている。八風街道と呼ばれる国道421号線と交差して、しばらくそれと並行して真っ直ぐ走り、2面2線の行き違い駅の市辺となる。ここまでは南西方向を向いて走っていたが、市辺を出て右にカーブして北西方向を向いて走る。田園風景の中を真っ直ぐ走り、2面2線の平田となる。八日市線はほとんどが直線で線形は非常にいい。高速化改良を行えば100km/h超で走ることも可能だろう。近江八幡市に入り、左手に近江八幡工業団地を見て2面2線の武佐となる。国道8号線、東海道新幹線と交差して近江八幡の市街地が見えてきて、左にカーブして右手からJR琵琶湖線が合流すると終点の近江八幡となる。近江八幡は1面2線に側線を持つ駅で、改札はJRとは別に設けられており、改札を通って連絡通路に上がってJRの改札を抜けての乗り換えとなる。