近江鉄道多賀線

近江鉄道801

801

【近江鉄道多賀線ガイド】

近江鉄道多賀線は高宮と多賀大社前を結ぶ2.5kmのミニ路線である。途中に駅はなかったが、2008年3月15日にスクリーン駅が開業して3駅体制となった。ピストン運行が主体となっているが、一部列車は米原、彦根から直通している。高宮は近江本線との連絡駅で、彦根方から駅手前で分岐する形になっており、多賀線専用のホームが1面ある。このホームは本線下りホームと同一ホームとなっており、本線上りホームへは構内踏切を渡ることになる。ホームの反対側には側線が広がり、使われなくなった貨車が並んでいる。この側線を利用してガチャンコ祭りなどのイベントが開催されたこともある。高宮を出ると東海道新幹線と交差して、右手に大日本スクリーン製造の工場が見えると1面1線のスクリーンとなる。先述したとおり2008年3月15日に開設された新しい駅で、大日本スクリーン製造が従業員の通勤のために、近江鉄道に駅設置を要望し、同社が設置費用を負担して自社の敷地内に駅を造っている。2008年3月15日にはダイヤ改正を実施し、多賀線の輸送改善も行っている。スクリーンから田園風景の中を走り、名神高速道路の下をくぐって終点の多賀大社前に着く。多賀大社前は3面2線のターミナル構造で、駅舎は多賀大社を模したような立派な駅舎となっている。駅員の配置は朝のみとなっており、昼以降は無人駅となっている。多賀大社は駅から徒歩10分程度の距離にある。