能勢電鉄妙見線

能勢電1550F

【能勢電鉄妙見線ガイド】

能勢電鉄妙見線は阪急宝塚線の川西能勢口と能勢妙見山の麓妙見口を結ぶ路線で、12.2kmを急カーブ急勾配の中を走っている。そのため、電車はかなり遅く、表定速度は30.0km/hにも満たない。車両は全て阪急電車のお古を使用しているが、阪急線内を高速で走っていた電車も今やノロノロと走っている。運転は基本的に普通が主体だが、ラッシュ時には阪急宝塚線に直通する特急日生エクスプレスや妙見急行、日生急行も運転される。普通は山下から日生線に入る日生線直通系統もあり、日生エクスプレスや日生急行も当然日生線に乗り入れている。日生線直通系統に接続する山下-妙見口間の区間電車も設定されており、この電車はほとんど2連で運転されている。

川西能勢口は阪急宝塚線と同じく高架化されており、宝塚線上りホームとはホーム上で乗換えができるようになっている。改札は阪急と共用になっており、阪急との乗換えはスルーで行える。能勢電の電車は通常行き止まり式ホームの4号線から発着し、3号線に発着する宝塚線上り電車とホーム上で接続を図っている。4号線は両面をホームに挟まれており、その向こうには同じく行き止まり式の5号線があり、ラッシュ時などには同ホームからの発着もある。また、宝塚線に直通する日生エクスプレスは共用ホームとなっている3号線から発着している。朝ラッシュ時に同駅で増結される日生エクスプレスの増結車は宝塚線の梅田方にある引き上げ線で待機している。
川西能勢口を出ると左に急カーブして阪急宝塚線と分かれて、川西市内を高架線で進む。川西市役所を左に見て、高架線を下りて、右手に阪神高速池田線を見ながら走り、絹延橋となる。右手に猪名川を見ながら進み、滝山、鶯の森となる。鶯の森を出るとS字カーブを抜けて、トンネルに入り、トンネルを出ると猪名川を渡る。猪名川を渡って国道173号線をアンダークロスして、またトンネルに入り、そのトンネルを抜けると鼓滝となる。鼓滝は乗降も多いし、付近ははスーパーダイエーなどもあり、なかなか開けているが、どちらかというと街として開けているのは国道173号線沿いといえる。次の多田も乗降が多いが、ラッシュ時に運転される日生エクスプレスや急行は停車しない。多田を出て左手に国道173号線が並行して走り、右手に車庫が見えてくると2面3線の平野となる。

平野は中間駅では畦野に次いで乗降が多く、ラッシュ時の日生エクスプレスや急行も停車する。上り川西能勢口方面行は1面2線になっており、ラッシュ時には優等と普通の緩急接続も見られる。また、車庫も併設しているので、入れ替えを行う電車や乗務員の交代などもあり、終日賑やかな駅である。駅の西側には緑台や向陽台などの住宅地が広がっている。平野を出ると勾配を上っていき山間を国道173号線と並行して進んでいく。次の一の鳥居は周辺にゴルフ場はあるが、乗降客は少ない。畦野は日生エクスプレス停車駅で、中間駅では一番乗降客が多い。畦野を出ると高架線を駆け上がり日生線を分岐して3面4線の山下となる。山下では日生中央方面と乗換えになるが、構造上階段を昇り降りしての乗換えが多い。データイムは運転本数が少ないからできるだけ2号線3号線に発着して乗換えを便利にすべきだが、日生線の折り返しがうまくいかないので、現状のようになっているのだろう。

山下を出ると右カーブして日生線と分かれる。妙見口方には折り返し線があり、留置車が置かれていることが多い。カーブを曲がりきると単線になり、1面1線の笹部となる。このあたりから山間の風情になってきてアップダウンも激しくなる。といっても関西の他の山岳路線に比べればそれほどでもない。次の光風台から大阪府豊能町には入る。光風台は2面2線の行き違い可能駅で、両側はトンネルになっているが、駅周辺は光風台の新興住宅地になっている。次のときわ台は1面1線の平凡な駅だが、ときわ台の住宅地の最寄り駅ということもあり、乗降客は結構多い。ときわ台を出て短いトンネルを抜けて大きく右にカーブして妙見口となる。妙見口は1面2線の構造で、当然ながら行き止まり構造になっている。妙見山に登るケーブル乗り場までは1キロほど離れており、バスの発着もあり、休日などにはハイカーで賑わっている。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

関西各駅探訪第161回~能勢電鉄妙見線滝山駅~

~旧滝山村の名残を感じさせる駅名板~ 能勢電鉄妙見線滝山駅は、兵庫県川西市にある。川西能勢口から2つ目の駅で、駅周辺は住宅地が広がっているが、阪急沿線とは異なり、のんびりした雰囲気がある。 滝山駅はホーム2面2線で、上下 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第103回~能勢電鉄妙見線・日生線山下駅~

~鉄道ファンなら必見!日生線折り返しの妙を見よ!~ 能勢電妙見線山下駅は兵庫県川西市にある。妙見線と日生線の分岐駅で、1976年に高架化されている。阪急宝塚線石橋駅などと同様に妙見線と日生線が駅手前で分岐しており、3面4 … 続きを読む

コメントなし

能勢電鉄妙見線~普通山下行き~

能勢電鉄妙見線では、土曜ダイヤの早朝に1本だけ川西能勢口発山下行き普通が運転されている。妙見線の普通は通常、妙見口か日生中央まで運転されていて、山下で折り返すのは、山下~妙見口間、山下~日生中央間の区間電車のみである。川 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第61回~能勢電鉄妙見線鶯の森駅~

能勢電鉄妙見線鶯の森駅は、兵庫県川西市にある。妙見線起点の川西能勢口から3つ目の駅である。駅名は鶯の声が聞こえる森が由来であるが、周辺は宅地化されており、鶯が鳴くような森は少なくなっている。とはいえ、駅近くは猪名川のちょ … 続きを読む

コメントなし

【能勢電妙見線・日生線データイムダイヤ】

能勢電妙見線のデータイムダイヤは20分サイクルで運転されている。川西能勢口〜妙見口、川西能勢口〜日生中央にそれぞれ20分毎の運転で、それらに山下で接続する山下〜妙見口、山下〜日生中央の区間電車がそれぞれ20分毎に運転され … 続きを読む

コメントなし

能勢電鉄妙見・日生線~日生急行~

能勢電鉄妙見線妙見急行は平日朝ラッシュ時上りと土曜ダイヤの朝の上りに運転がある。停車駅は平野までの各駅と川西能勢口。平日朝ラッシュ時上りでは妙見口発6時53分、7時10分、7時27分、7時43分、8時01分、8時18分の … 続きを読む

コメントなし

能勢電鉄妙見・日生線~日生急行~

能勢電日生線、妙見線では土曜ダイヤに日生中央〜川西能勢口間に日生急行を運転している。平日ダイヤでは梅田直通の日生エクスプレスが運転されているので運転はない。休日の運転もなく、土曜のみ運転の変わり種の電車である。 日生中央 … 続きを読む

コメントなし