大阪市交南港ポートタウン線ニュートラム

200-2

200-2

【大阪市交南港ポートタウン線ガイド】

南港ポートタウン線ニュートラムは住之江公園を起点にコスモスクエアに至る新交通システムを採用した路線である。住之江公園~中ふ頭間が1981年に開業し、その後、中ふ頭~コスモスクエア間は第3セクター大阪トランスポートシステムOTSの路線として1997年に開業した。路線は違えど、電車は全て直通運転しており、一体的に運行されていたが、運賃制度が異なり、割高になったため、開業当初は利用者が非常に少なかった。2005年にOTSが開業させた中ふ頭~コスモスクエア間も大阪市交南港ポートタウン線に編入され、現在は一つの路線となっている。

住之江公園では大阪市交四つ橋線と連絡しており、地下まで直結する長いエスカレーターがある。駅の目の前には住之江ボートレース場があり、電車に乗るとボート場が見えるが、ホームからはボート場が見えないようにホームドアがすりガラス状になっている。住之江公園駅をはじめ、ニュートラムの各駅は1面2線で全てホームドアが設置されている。住之江公園を出ると住之江通の直上を走る。進行方向右手に貯木場が見えると平林となる。この付近は北側には木津川の運河があり、南側には大和川の河口があり、古くから貯木場がある。平林あたりから進行方向左手に阪神高速湾岸線が見えてくる。南港口、南港東は付近が工業地帯で、住宅も少ないため、利用者は少ない。南港東を過ぎると進行方向が北向きに変わり、阪神高速湾岸線の下を走る。フェリーターミナルは大阪南港フェリーターミナルとは連絡通路で結ばれている。フェリーターミナル駅の乗降者数はニュートラムで一番少なく、大阪市交各線の中でも一番少ない。南港大橋を渡り、阪神高速湾岸線と分かれて、右手に南港中央野球場、南港中央公園見ながら左に90度カーブするとポートタウン東となる。ポートタウン東は住之江公園、コスモスクエアに次いで乗降客が多い。そのまま真直ぐ進んでポートタウン西となる。ここも乗降が多く、付近は高層住宅が建ち並んでいる。ポートタウン西を出て右に少々曲がると中ふ頭となる。かつてはここが終点だったが、OTS線開業後は中間駅となった。中ふ頭駅に隣接してニュートラムの車両を一括に管理している南港検車場がある。

中ふ頭から先はOTSとして開業した路線である。現在は南港ポートタウン線の一部となっている。中ふ頭を出て真っ直ぐ北上してATCやWTCが見えてくるとトレードセンター前に着く。駅周辺はATCやWTCができてもまだまだ新興の埋立地という雰囲気だったが、近年は利用者も増えてきている。トレードセンター前を出ると地下に潜り、右に急カーブして終点のコスモスクエアとなる。同駅では中央線と連絡しており、将来的には夢洲、舞洲へ向かう地下鉄路線とも連絡することになる。コスモスクエア駅では、OTSの大阪市交への移管により中間改札が撤去され、中央線との乗り換えはエスカレータ、エレベータ、連絡階段で上り下りするだけとなった。

【関西各駅探訪第256回~大阪市交南港ポートタウン線フェリーターミナル駅~】

~各地へ向かう巨大フェリーが望める駅~ 大阪市交南港ポートタウン線ニュートラムのフェリーターミナル駅は、大阪市住之江区にある。大阪南港フェリーターミナルの最寄駅で、同ターミナルには新門司行きの名門大洋フェリー、東予行きの … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第127回~大阪市交南港ポートタウン線トレードセンター前駅~

~WTCにATCなど南港の集客施設が盛りだくさん~ 大阪市交南港ポートタウン線トレードセンター前駅は、大阪市住之江区にある。大阪港トランスポートシステムOTSの路線として開業した。2005年7月1日から大阪市交の路線に編 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第75回~大阪市交四つ橋線・南港テクノポート線住之江公園駅~

大阪市交四つ橋線、南港テクノポート線住之江公園駅は、大阪市住之江区にある。四つ橋線の終点で、南港テクノポート船ニュートラムの始発駅となっている。四つ橋線は地下ホーム、ニュートラムは高架ホームから発着しており、連絡通路を介 … 続きを読む

コメントなし