南海高師浜線

南海高師浜線2200系

南海高師浜線は南海本線の羽衣と高師浜を結ぶ1.5キロのミニ路線である。全線単線で途中行き違い設備はない。このため電車は全てピストン運行されており、17m級2扉の2200系が使用されている。羽衣駅はホーム2面3線の構造で、高師浜線ホームは本線上り線と共用になっている。2014年現在高架工事中である。羽衣を出ると少しだけ本線と並行して3線で進み、右にカーブして本線と分かれる。築堤を上がっていき、高架線となってすぐに伽羅橋となる。1面1線の構造で同駅では行き違いはできない。府道臨海線を越えて左にカーブして高架のまま少し進んで終点の高師浜となる。高架駅だが、駅舎は古く大正モダンを感じさせる瀟洒な造りとなっている。駅から海へは近いが、海の向うは埋立地となっており、浜という感じのところではない。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

投稿が見つかりません。