南海高野線

31001F

31001F

【南海高野線ガイド】

 南海高野線は汐見橋と極楽橋を結ぶ路線だが、現在は実質的には難波~極楽橋間の路線となっている。線路戸籍上難波~岸里玉出間は本線であるが、ここでは高野線の一部とみなして紹介していくことにする。なんば~極楽橋間は全長63.6kmで、なんば~岸里玉出間は南海本線と線路別複々線になっており、なんば~橋本間は完全に複線化されている。橋本~極楽橋間は単線で、急曲急勾配のため17m級車両が使用されており、21m級車両は橋本以北限定の運用となっている。高野線には有料特急のこうや、りんかんが運転されており、こうやは極楽橋まで、りんかんは橋本までの運転となっている。2015年12月5日ダイヤ改正からは特急泉北ライナーも運転を開始した。泉北ライナーはなんばから泉北高速鉄道の和泉中央までの運転となっている。この他快速急行、急行、区間急行、準急、各停があり、区間急行、準急は中百舌鳥から泉北高速に直通している。

 難波は1番線から4番線までを使用しており、1番線は短い6両編成用のため6連の準急と各停が発着している。2番線は主に泉北区急と泉北準急、3番線は主に特急、急行、区急、4番線は主に特急、急行、区急、泉北準急が発着する。難波を出ると大きく右にカーブして本線と線路別複々線となって真っ直ぐ南下していく。阪神高速環状線の下をくぐって今宮戎となる。同駅は1面2線の各停のみ停車する小さな駅で高野線のみホームがある。えべっさんで有名な今宮戎神社は、駅の目の前にある。普段は閑散とした駅だが、えべっさんの時期には、駅から長蛇の列ができる。同駅で降りて国道25号線を西へ500mほど歩けば地下鉄大国町に出る。また、東へ500mほど歩けば阪堺線恵美須町、地下鉄堺筋線恵美須町に行ける。左手に通天閣を眺めながら走り新今宮となる。新今宮は全ての電車が停車し、本線との接続はもちろんJR大阪環状線、大和路線とも連絡している。天王寺側には阪堺線の新今宮駅前電停や地下鉄動物園前駅がある。新今宮は高架の大阪環状線を越えるため高々架になっており、同駅を出ると少し下って普通の高架レベルに戻る。普通の高架レベルに戻ったところに萩ノ茶屋がある。萩ノ茶屋も今宮戎同様高野線のみにホームがある。本線が普通で高野線が各停と普通電車を呼び分けしているのは本線にはこの2駅がないため停まらないということらしい。次の天下茶屋は地平時代は寂れた駅だったが、高架化されて地下鉄堺筋線が延伸してきたため、乗り換え客が多くなったこともあり、全ての優等列車が停車するようになった。地下鉄堺筋線は南海の高架のほぼ直下に来ているので乗り換えは比較的便利である。

 天下茶屋を出るとしばらく本線と並行するが、高野線は岸里玉出の手前で左にカーブして本線と分かれる。左カーブが終ってすぐに2面2線の岸里玉出となる。同駅の直下で阪堺線が交差しているが、阪堺線に駅はない。岸里玉出を出ると高架から地上に下りて右にカーブして帝塚山となる。駅近くには帝塚山学院高校がある。同駅を出ると阪堺上町線がオーバークロスして住吉東となる。2面4線の待避可能駅で、中央に通過線があり、待避線にのみホームがある新幹線仕様の追い越し駅となっている。国道479号線と平面交差して2面2線の沢ノ町となる。次は府道30号線と交差して2面2線の我孫子前となる。1㎞程東にJR阪和線の我孫子町駅がある。さらにその先に地下鉄御堂筋線のあびこ駅がある。我孫子前を出ると大和川を渡り堺市に入る。大和川を渡り終えるとしばらく真っ直ぐ進んで2面2線の浅香山となる。さらに真っ直ぐ南下して府道12号線の下をくぐって2面4線の堺東となる。特急も停まる高野線の中心駅で、駅周辺には堺市役所や高島屋などもあり堺市の中心となっている。特急のうち泉北高速直通の泉北ライナーは堺東を通過する。また、中百舌鳥に停まらない泉北区急は、当駅で乗務員を交代する。

 堺東を出ると左にカーブして国道310号線と交差して2面2線の三国ヶ丘となる。掘割を走るJR阪和線と交差しており、連絡駅にもなっている。以前は連絡改札もあり、乗り換えは階段の昇り降りだけで済んでいたが、南海の駅が橋上化されて、連絡改札はなくなった。かつてはここでJR(国鉄)から南海に乗り換える人が多かったが、JRが便利になり、キタへのアクセスが優位になっている今は乗換えの比率は1対1ぐらいになっている。

 三国ヶ丘を出ると南東方向に真っ直ぐ走り、2面2線の百舌鳥八幡を過ぎ、泉北高速線を分岐する中百舌鳥となる。中百舌鳥は2面4線の橋上駅舎で、外側1、4番線を高野線が使用し、内側2、3番線を泉北高速線が使用する。難波方には泉北高速線の線内電車用に折り返し線がある。中百舌鳥では泉北高速の他に大阪市交御堂筋線とも連絡している。乗換えは少し歩かされるがそれほど不便ではないので、大阪中心部への便がいい御堂筋線に乗り換える人が多い。このため泉北高速から直通する電車で中百舌鳥に停まらない区間急行も設定されている。

 中百舌鳥を出ると内側の泉北高速線がレベルを下げていきトンネルに入る。その部分では高野線は上下線が離れて泉北線がトンネルに入ると再び上下線が合流する。次の白鷺は2面4線の橋上駅舎で追い越し駅となっている。各停しか停まらないので緩急接続はできないが、基本的に中百舌鳥では追い抜きを行わないので追い抜き駅として重要な位置を占めている。次の初芝、萩原天神と2面2線の各停のみ停車駅を過ぎると阪和自動車道をくぐり右にカーブする。この辺りは線形がよく比較的高速運転ができるところである。萩原天神以遠になると少し田畑が目立つようになる。北野田は2面4線となっているので各停と快急、急行が緩急接続を行っている。

 北野田を出て左にカーブして大阪狭山市に入り、狭山、大阪狭山市と大阪狭山市内を走る。大阪狭山市はかつては狭山遊園と名乗っていたが、狭山遊園が閉園してしまったので大阪狭山市に改称された。金剛は2面4線の緩急接続駅で、駅舎は橋上化されている。特急も停車する主要駅である。金剛を出ると富田林市に入り滝谷となる。近鉄長野線の滝谷不動とはかなり離れている。富田林市は滝谷1駅だけで河内長野市に入る。千代田は2面2線の橋上駅舎で、駅構内は単純な配線だが、南海の車両全般の検査を行う千代田検車区が河内長野方にあり、高野線のみならず南海線の車両が並んでいる光景が見られる。千代田を出ると車庫と検車場を見ながら走り、国道170号線の下をくぐって左にカーブして近鉄長野線が左手から近づいてくると河内長野となる。2面4線の橋上駅舎で、特急も停車し各停のほとんどが当駅で折り返している。構内に折り返し線はなく、当駅折り返し電車は下り線で折り返しを行う。近鉄長野線のホームも並んでおり、続番にはなっていないが改札を介しての乗換えは比較的楽に行える。

 河内長野を出ると右にカーブして山間を行く様相となる。三日市町は急行や各停の折り返し駅で、橋本方には折り返し線がある。2面2線の橋上駅舎で、バスターミナルも設置されている。三日市町を出ると左にカーブしながら勾配を上がっていき美加の台となる。美加の台は快急停車駅で2面2線の橋上駅舎となっている。三日市町と同じく新興住宅街があるが、駅周辺は閑散としており、駅も無人化されているため、三日市町とは様相が異なる。美加の台を出ると美加の台トンネルに入る。これを抜けると2面2線の千早口で、大阪府で唯一の村である千早赤坂村への入口になるが、当駅から千早赤坂村へ向かうバスなどの設定はない。千早赤阪村や金剛山へは河内長野からバスに乗ることになる。千早口を出ると、下天見トンネルに入りそれを抜けると2面2線の天見となる。千早口、天見の2駅は快速急行が通過する。一応河内長野市内にあたるが、河内長野や三日市町とは様相が異なる。近くに天見温泉などもあるが、特に観光地化しているわけでもなく利用者は少ない。紀見峠トンネルに入り府県境を抜けて大阪府河内長野市から和歌山県橋本市に入る。トンネルを抜けると2面2線の紀見峠で駅周辺は天見などと似たり寄ったりだが、少し離れた国道371号線沿いは光陽台の住宅地や紀見温泉などがあり、天見や千早口よりも多少利用は見込める。もっともこれらは高野線の利用にはあまり結び付いていないし、利用しても林間田園都市駅を利用するため、紀見峠駅の利用は少ない。紀見峠を出て短いトンネルを抜けて右にカーブし
て台地に住宅地が広がっているのが見えてくると林間田園都市である。2面3線の橋上駅舎で、将来2面4線化できるように下り線にも線路を敷けるスペースがあるが、今のところ輸送力が十分足りているので、2面3線のままで十分な状態である。地形の関係で駅は掘割構造になっており、東側には高層マンションが建ち並び、西側には広大な駅前駐車場とロータリーがある。

 林間田園都市を出ると一旦下って橋本の盆地に下りていく。丘陵地を高架線で進み御幸辻となる。林間田園都市以南は列車密度も低くなるが、御幸辻周辺も宅地開発が行われている。とはいえ規模は小さなもので線形を改良複線化して21m級車両の乗り入れを可能にし、小原田車庫などを増設した割りに利用者は増えていない。最近は人口減少により、住宅事情も変わってきており、都心回帰が主流となっているため、郊外での宅地開発はもはや打ち止め感が強い。御幸辻を出ると、小原田車庫を右手に見ながら下っていき、橋本の市街地が見えてきて左にカーブして右手からJR和歌山線が近づいてきて、橋本川を渡ると橋本である。橋本はホーム1面2線でかつてはここに高野検車区などが置かれていたが、今は小原田に移り、留置線が残るのみである。極楽橋まで直通する快急や急行は増解結作業をここで行う。JR和歌山線と連絡しており、駅が隣接しているので乗換えは便利だが、電車の接続はあまりよくない。

 橋本を出ると単線になる。しばらくJR和歌山線と並行して走り、高野線が右にカーブしてJR和歌山線と交差して、さらに国道24号線と交差して紀ノ川を渡る。紀ノ川を渡り終えると大きく右にカーブして紀ノ川の対岸を西へ進んで行く。対岸には先ほど通った橋本駅があるが、電車からはよく見えない。紀ノ川に少し近づいて2面2線の紀伊清水となる。ここから先は紀ノ川とは離れて走る。南西方向に進路を取りつつ再び紀ノ川に近づくと2面2線の学文路である。学問に関わる駅名ということで、入試シーズンになると御守りとして入場券が発売されている。再び紀ノ川とは離れて進み九度山町に入り九度山となる。九度山駅も2面2線で、2015年には大河ドラマ真田丸放送に合わせて駅舎が真田仕様にリニューアルされた。九度山町は真田家ゆかりの町である他に富有柿の産地としても有名である。九度山を出ると山間を行く風情となり、国道370号線と川に沿うように走る。高野下は1面2線で、レトロな駅舎が特徴である。同駅折り返しの電車も多数設定されている。甲や舌駅ホームには古いレールなど線路設備が展示されている。ここから先は急曲急勾配の連続で国道370号線と不動谷川と一緒に急峻な高野の山に挑む。下古沢は2面2線だったが、2002年11月に棒線化された。次の上古沢は2面2線になっており、行き違いが可能となっている。上古沢を過ぎるとどんどん山が深まっていき標高も高くなっていく。紀伊細川手前から高野町に入る。紀伊細川は以前は行き違い可能駅だったが、列車の減便などにより棒線化されている。線路は山を周り込むように敷かれており、徐々に山を上っていくのを実感できる。極楽橋の手前に1面2線の紀伊神谷があるが、駅周辺は何もない。紀伊神谷を出てトンネルを抜けて山を上がりきったところに終点の極楽橋がある。極楽橋は3面3線の構造で、多客期を除いて山の中の閑散とした駅である。駅構内からは高野山上へ向かうケーブルが発着しており、ほとんどの人がケーブルに乗り換えて高野山へ向かう。

【関西各駅探訪第245回~南海本線新今宮駅~】

~環状線との連絡駅は大阪下町全開の駅~  南海本線新今宮駅は大阪市西成区にある。西成区と浪速区の境に駅があり、南海は西成区にあるが、JRの新今宮駅は浪速区にある。区は違えど、南海とJRは連絡改札こそないが、同一フロアに駅 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第207回~JR和歌山線・南海高野線橋本駅~

~JR西日本、南海の連絡駅は高野山への玄関口~ 南海高野線、JR和歌山線橋本駅は、和歌山県橋本市にある。南海、JRの共用駅で、改札はJR西日本が管理しており、南海とJRの連絡改札も設けられている。南海高野線は特急以下すべ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第195回~南海高野線極楽橋駅~

~極楽橋は高野山への参道へとつづく!今はケーブルへの連絡橋が実質的な極楽橋~ 南海高野線極楽橋駅は、和歌山県伊都郡高野町にある。高野線の終点で、高野山へ向かうケーブルの乗り換え駅となっている。実質的な終点はケーブルの高野 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第183回~南海高野線堺東駅~

~新鋭特急泉北ライナーは通過するが堺市の中心駅~ 南海高野線堺東駅は、大阪府堺市堺区にある。堺東という駅名だが、実質的に堺市の中心駅で、南海本線の堺駅、JR阪和線の堺市駅よりも乗降者数が多く、駅周辺も賑やかである。特急こ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第153回~南海高野線九度山駅~

~真田ブームに乗って赤備えで駅舎をリニューアル~ 南海高野線九度山駅は、和歌山県伊都郡九度山町にある。九度山町は、NHK大河ドラマ真田丸で一躍有名になった真田幸村ゆかりの地である。駅舎も大河ドラマ開始に合わせてリニューア … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第131回~南海高野線高野下駅~

~タイムトリップしたようなレトロな駅舎にレトロな駅名表示が出迎えてくれる~ 南海高野線高野下駅は、和歌山県伊都郡九度山町にある。高野山の北側に位置しており、ここから急曲線、急勾配を上がり極楽橋へと向かう。 高野下駅は1面 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~各停河内長野行き(橋本発)

南海高野線では、夜間に橋本発河内長野行きの各停を運転している。平日夜間には2本、土休日夜間には1本が運転されている。平日は、橋本発22時13分と22時45分の2本で、22時13分の電車は橋本以南で使用されている2000系 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第91回~南海高野線三日市町駅~

~ニュータウンと宿場町新旧の顔を持つ駅~  南海高野線三日市町駅は、大阪府南部の河内長野市にあるニュータウンの駅である。快速急行以下の列車が停車するが、特急りんかんや特急こうやは停車しない。当駅始発、終着の急行、区間急行 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第67回~南海高野線林間田園都市駅~

 南海高野線林間田園都市駅は、和歌山県橋本市にあり、南海が開発したニュータウンの玄関口となっている。特急こうや、りんかん以下全ての電車が停車し、当駅を始発終着とする急行、区間急行、各駅停車も運転されている。 改札は1ヶ所 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~各停橋本行き~

南海高野線では、2015年12月5日ダイヤ改正で、平日ダイヤに難波発9時42分に各停橋本行きが新設された。各停はこれまで林間田園都市までの運転はあったが、難波から橋本まで運転される各停が誕生した。平日のみの運転で、土休日 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~データイムダイヤ/2015年12月5日改正~

南海高野線では2015年12月5日にダイヤ改正を実施した。データイムダイヤも大きく変わり、それまで12分サイクルで運転されていたのが15分サイクルに変更された。泉北区急の新設、各停の泉北線直通化など変化の大きいダイヤ改正 … 続きを読む

コメントなし

【南海2000系】

南海2000系は21000系、22000系ズームカーの置き換え用として高野線山岳区間対応の車両。1990年から64両が製造された。橋本〜極楽橋間の急曲線、急勾配に対応するため、17m級の車体で、出力100KWのモーターを … 続きを読む

コメントなし

【南海31000系】

南海31000系は1999年に登場した高野山極楽橋直通仕様の特急車両。特急こうやの冬季運休の解消とりんかんの8両編成列車増発に備え製造された。車体は橋本以南の急曲線に対応するため、17m級となり、外観上は先代の30000 … 続きを読む

コメントなし

【南海1000系】

南海1000系は1992年に登場した21m級4扉ロングシートの通勤型車両。1994年の関西空港開港に備えて投入された車両で、緑を基調とした従来の南海車両のイメージを覆すデザインで登場した。南海標準の21m級4扉で、車体は … 続きを読む

コメントなし

【南海2300系】

南海2300系は2005年3月31日から営業運転を開始した17m級車両。利用の少ない橋本以南の山岳区間で、2両編成での運転を行うため投入された。基本的には2000系をベースにした車両だが、高野山の世界遺産登録により、転換 … 続きを読む

コメントなし

特急泉北ライナー

南海高野線、泉北高速鉄道では2015年12月5日ダイヤ改正で両線を直通する特急列車の運転を開始した。泉北ライナーの愛称が付けられ、南海11000系特急車を使用し、難波~和泉中央間に平日下り6本、上り7本、土休日8往復が運 … 続きを読む

コメントなし

【南海30000系】

南海30000系はこうや号用の特急車両で、老朽化していた先代こうや号の20000系を置き換えるため、1983年に製造された。20000系は1編成しかなく、冬季に運休したり、21000系が代走したりしていたが、これを解消す … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第35回~南海高野線浅香山駅~

 1.浅香山駅概要 南海高野線浅香山駅は大阪府堺市堺区にある。1915年6月22日に開業しており、2015年で開業100周年を迎える古参の駅となっている。堺市の中心駅堺東駅の一つ難波寄りにあるが、周辺は住宅地となっており … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第23回~南海高野線萩ノ茶屋駅~

1.萩ノ茶屋駅概要 南海高野線萩ノ茶屋駅は、新今宮駅と天下茶屋駅の間にあり、高野線にしかホームがないが、線路戸籍上は南海本線となっている。南海本線にはホームはないが、難波~岸里玉出間の高野線の線路自体が南海本線の複々線と … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~準急三日市町行き~

南海高野線準急三日市町行きは平日ダイヤ深夜に1本のみ運転されている。難波発23時40分に運転されており、中百舌鳥以南ではこれが唯一の高野線下り準急となっている。

コメントなし

【南海高野線平日夜間ダイヤ】

 南海高野線の難波発20時以降の夜間ダイヤは12分サイクルで運転されている。難波発20時台は、特急りんかん橋本行き2本、急行橋本行き2本、急行林間田園都市行き1本、区間急行林間田園都市行き1本、区間急行三日市町行き1本、 … 続きを読む

コメントなし

【南海高野線平日夕方ラッシュ時下りダイヤ】

  南海高野線の平日夕方ラッシュ時下りダイヤは概ね10分毎の運転となっている。難波発18時台は特急りんかん1本、急行5本、準急6本、各停6本が運転。同19時台は特急りんかん1本、快速急行1本、急行5本、準急6本 … 続きを読む

コメントなし

【南海11000系】

   南海11000系は1992年に難波〜橋本間の特急用車両として誕生した。高野線ではそれまで高野山極楽橋まで運転される特急こうやが運転されていたが、これの間合いで運転されていた難波〜橋本間の通勤特急が好評だったため、通 … 続きを読む

コメントなし

【南海高野線平日朝ラッシュ時ダイヤ】

南海高野線の平日朝ラッシュ時ダイヤは天下茶屋着7時20分から8時20分の間に特急1本、急行6本、区間急行5本、準急6本、各停6本の24本が運転されている。特急は有料特急のりんかんが橋本〜難波間に運転されている。南海本線の … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~区間急行三日市町行き~

南海高野線区間急行三日市町行きはデータイムを中心にほぼ終日に渡って運転がある。平日ダイヤ難波発6時16分、7時50分、10時12分、11時11分、12時12分、13時12分、13時36分、14時12分、15時12分、16 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~区間急行林間田園都市行き~

南海高野線区間急行林間田園都市行きは昼間を中心に朝夕夜にも毎時1本程度が運転されている。平日ダイヤ難波発8時00分、10時48分、11時48分、12時48分、13時48分、14時36分、16時48分、20時36分、22時 … 続きを読む

コメントなし

泉北高速・南海高野線〜区間急行なんば行き〜

泉北高速鉄道、南海高野線では平日朝ラッシュ時上りに和泉中央発なんば行きの区間急行を運転している。和泉中央発6時54分、7時11分、7時31分、7時53分の4本。以前は10両編成で運転される列車もあったが、現在は全て8両編 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線〜急行三日市町行き〜

南海高野線急行三日市町行きは朝夜に運転がある。平日ダイヤ難波発7時39分、7時58分、8時08分、19時10分、22時12分の5本が運転。土休日ダイヤでは難波発8時02分、9時12分、10時48分、21時36分、22時1 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~急行林間田園都市行き~

南海高野線急行林間田園都市行きは平日を中心に朝夕夜に数本運転されている。平日ダイヤでは難波発8時29分、9時02分、9時20分、9時40分、15時47分、16時24分、17時24分、17時58分、18時18分、19時00 … 続きを読む

コメントなし

【南海高野線データイムダイヤ】

南海高野線のデータイムダイヤは有料特急を除いて12分サイクルで運転されている。有料特急は難波〜橋本、極楽橋間に1〜2時間毎に運転されている。急行は快速急行、急行、区間急行の3種が運転。12分サイクルに急行系、準急、各停が … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~急行極楽橋行き~

南海高野線急行極楽橋行きはダイヤ変更の度に減少しており、2013年10月26日ダイヤ変更時点では平日ダイヤ難波発6時00分、10時24分の2本と土休日ダイヤの難波発9時24分、13時24分の2本のみの運転となっている。

コメントなし

南海高野線~臨時特急極楽橋行き~

南海高野線ではお盆の時期に橋本〜高野山極楽橋間で臨時特急や臨時列車を運転している。かつては難波から運転されていたが、現在は全て橋本発着となっている。

コメントなし

南海高野線~各停三日市町行き~

南海高野線では各停三日市町行きを朝夕夜間に運転している。平日ダイヤで難波発5時45分、8時02分、8時12分、9時42分、10時14分、10時26分、11時03分、17時38分、19時12分、20時26分、21時26分、 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~各停千代田行き~

南海高野線各停千代田行きは難波発の昼間の時間帯と夜間に運転されている。 平日ダイヤで難波発9時34分、9時51分、10時50分、14時14分、14時50分、15時38分、16時26分、16時50分、21時38分、24時0 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~各停金剛行き~

南海高野線各停金剛行きは平日、土休日ともに昼間を中心に運転されている。平日ダイヤ難波発6時57分、8時43分、11時14分、11時26分、11時50分、12時14分、12時25分、12時50分、13時14分、13時25分 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線〜各停堺東行き〜

南海高野線の最終電車は難波発0時20分の堺東行き各停となっている。平日、土休日ともに運転され、これが唯一の堺東行きである。

コメントなし

南海高野線〜特急こうや〜

南海高野線特急こうやは難波~極楽橋間で運転されている。全車指定の4両編成で運転される。難波~橋本間では特急りんかんと併結運転を行い、同区間8両編成で運転されるものもある。停車駅は難波から新今宮、天下茶屋、堺東、金剛、河内 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線〜快速急行難波~極楽橋間〜

南海高野線の快速急行極楽橋行きは2003年5月31日ダイヤ改正で新設された。新設当初は平日ダイヤで下り難波発10時00分、11時00分、12時00分、13時00分、14時00分、15時00分の6本、上りが極楽橋発9時39 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線〜特急りんかん〜

南海高野線の特急りんかんは難波と橋本を結ぶビジネス特急である。1992年11月10日ダイヤ改正で11000系が投入され、難波~橋本間で運転されていたH特急の愛称をりんかんとして運転を開始した。当初の停車駅は難波から新今宮 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~観光列車天空~

南海高野線観光列車天空は2009年7月に橋本〜極楽橋間で運転を開始した。2200系を改造した展望列車で全席指定となっている。自由席として2000系、2300系2両編成が連結されている。 土休日を中心に運転され、3月〜11 … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~急行高野下行き~

南海高野線平日夕方ラッシュ時に1本だけ急行高野下行きが運転されている。難波発19時49分の1本のみで、橋本以南を走行するため17m級2扉車が運用されている。極楽橋直通が今よりも本数があった頃には夜間の時間帯に運転されてい … 続きを読む

コメントなし

南海高野線~快速急行橋本行き~

南海高野線では2008年11月1日ダイヤ改正で夕方ラッシュ時に快速急行橋本行きを2本新設した。快速急行は従来極楽橋直通の種別に使用されいたが、夕方ラッシュ時にも橋本行きとして運転されるようになり、この電車には橋本以南を走 … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速急行~

関西私鉄では快速特急の採用は少ないが、快速急行は大手5社とも採用している。もっともメジャーなものは近鉄奈良線の大阪難波~近鉄奈良間の快速急行だろう。終日に渡って運転されており、2009年3月の阪神なんば線開業からは三宮~ … 続きを読む

コメントなし