南海本線

【関西各駅探訪第245回~南海本線新今宮駅~】

~環状線との連絡駅は大阪下町全開の駅~  南海本線新今宮駅は大阪市西成区にある。西成区と浪速区の境に駅があり、南海は西成区にあるが、JRの新今宮駅は浪速区にある。区は違えど、南海とJRは連絡改札こそないが、同一フロアに駅 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第175回~南海本線堺駅~

~堺市の中心地は堺東に譲るが堺臨海地区の中心駅~ 南海本線堺駅は、大阪府堺市堺区にある。堺市内では南海本線の中心駅になるが、堺市内では高野線堺東の方が市の中心部にあたり、乗降者数でも堺東の方が多い。ラピートβ以下の列車が … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第87回~南海本線泉大津駅~

~毛布とだんじりの町の駅は2面4線の高架駅になった~ 南海本線泉大津駅は泉大津市のメインステーションで、急行以下の列車が停車する。泉大津駅の乗車人員は、南海本線で6位となっており、特急停車駅の岸和田や泉佐野よりも乗車人員 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第74回~南海本線浜寺公園駅~

東京駅舎を設計した辰野金吾が、駅舎を設計したことで有名な南海本線浜寺公園駅は、堺市西区にある。その歴史ある駅舎も高架工事により、現在は現役引退となり、高架化後に移築される計画である。 浜寺公園駅は2面4線で、待避設備があ … 続きを読む

コメントなし

【南海2000系】

南海2000系は21000系、22000系ズームカーの置き換え用として高野線山岳区間対応の車両。1990年から64両が製造された。橋本〜極楽橋間の急曲線、急勾配に対応するため、17m級の車体で、出力100KWのモーターを … 続きを読む

コメントなし

【南海1000系】

南海1000系は1992年に登場した21m級4扉ロングシートの通勤型車両。1994年の関西空港開港に備えて投入された車両で、緑を基調とした従来の南海車両のイメージを覆すデザインで登場した。南海標準の21m級4扉で、車体は … 続きを読む

コメントなし

【南海10000系】

南海10000系は南海本線特急サザン指定席用車両として1985年に登場した。特急四国号の代替として製造された。10000系は7000系、7100系と同等の足回りに更新していた旧1000系の機器を流用し、車体新製の形で新造 … 続きを読む

コメントなし

【南海12000系】

南海12000系は2011年9月1日より営業運転を開始した南海本線特急サザン用車両。特急サザン10000系の後継車で、サザンプレミアムの愛称が付けられている。難波〜和歌山市、和歌山港間で運用されている。車体はステンレス製 … 続きを読む

コメントなし

【南海9000系】

南海9000系は1985年に登場した南海本線用のステンレス製通勤型車両。これまで南海では本線系統には鋼製、高野線にはステンレス製の車両を投入していたが、本系列で初めて本線にもステンレス製車両が投入された。高野線の8200 … 続きを読む

コメントなし

【南海50000系】

南海50000系ラピートは1994年9月の関西国際空港開港に合わせて製造された。空港線自体は6月に先行開業していたが、看板列車のラピートの運転は開港に合わせられた。前面が弾丸列車を思わせる奇抜なデザインで好評を博し、19 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第30回〜南海本線諏訪ノ森〜

1.概要南海本線諏訪ノ森駅は、堺市西区にあり、1907年12月20日に開業した。南海本線の堺〜佐野(現泉佐野)間の開業が1897年10月なので、後発の駅である。とは言え、100年を超える歴史がある。難波方面上りホームは瀟 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第23回~南海高野線萩ノ茶屋駅~

1.萩ノ茶屋駅概要 南海高野線萩ノ茶屋駅は、新今宮駅と天下茶屋駅の間にあり、高野線にしかホームがないが、線路戸籍上は南海本線となっている。南海本線にはホームはないが、難波~岸里玉出間の高野線の線路自体が南海本線の複々線と … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第7回~南海本線泉佐野駅~

1.泉佐野駅概要 南海本線泉佐野駅1897年10月1日の南海鉄道佐野駅として開業した。当初特急停車駅だったが、1968年に特急通過駅となり、1985年に再び特急停車駅となった。2005年11月27日に上下線とも高架化が完 … 続きを読む

コメントなし

【南海本線データイムダイヤ~2014/10/18改正~】

南海本線では2014年10月18日にダイヤ改正が行われ、特急サザンが和歌山大学前に停車するようになった。また、区間急行を空港急行に置き換えて、空港輸送の強化を図った。これにより、空港急行はデータイムに15分毎の運転となっ … 続きを読む

コメントなし

南海本線~急行和歌山港~

南海本線急行和歌山港行きは平日ダイヤ早朝と夕方に運転されている。難波発5時45分、18時19分、19時20分の3本が運転。

コメントなし

【南海本線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

 南海本線の平日夕方ラッシュ時ダイヤは60分サイクルで運転されている。難波発18時台には空港特急ラピート2本、特急サザン2本、急行和歌山市行き4本、空港急行2本、区間急行1本、普通6本が運転。同19時台には空港特急ラピー … 続きを読む

コメントなし

【南海本線夜間ダイヤ】

南海本線平日下り難波発20時台のダイヤは特急4本、急行系6本、普通6本の合計16本が運転されている。特急は空港特急ラピートβが2本、特急サザンが2本の運転。急行系は急行が1本、空港急行が2本、区間急行が3本運転されている … 続きを読む

コメントなし

【南海本線平日朝ラッシュ時ダイヤ】

南海本線平日朝ラッシュ時上り難波着7時30分〜8時30分の間に、空港特急ラピート1本、特急サザン1本、急行5本、空港急行4本、区間急行1本、準急3本、普通7本が運転されている。1時間あたり21本の運転。朝ラッシュ時ピーク … 続きを読む

コメントなし

【南海本線〜データイムダイヤ〜】

南海本線の昼間時のダイヤは各列車が15〜30分毎に運転されている。空港特急ラピート、特急サザン、空港急行、区間急行がそれぞれ30分毎の運転、普通が15分毎の運転となっている。空港特急ラピートと特急サザン、空港急行と区間急 … 続きを読む

コメントなし

南海本線〜空港特急ラピートα〜

南海本線では平日ダイヤで難波発7時00分、8時00分、9時00分に空港特急ラピートαを運転している。ラピートαは当初は難波~関西空港間をノンストップで結ぶ列車だったが、現在は難波から新今宮、天下茶屋、泉佐野、りんくうタウ … 続きを読む

コメントなし

南海本線〜区間急行和歌山市行き〜

南海本線区間急行はみさき公園行きが基本運転区間となっているが、夕方以降は和歌山市行きも数本運転されている。平日ダイヤ難波発15時25分、17時25分、17時51分、19時03分、19時32分、20時03分、20時34分、 … 続きを読む

コメントなし

南海本線~普通樽井行き~

南海本線普通樽井行きは朝夕夜間に運転されている。平日ダイヤ難波発7時22分、17時32分、18時15分、19時55分、21時15分、22時29分の6本。土休日ダイヤでは運転はない。

コメントなし

南海本線~普通羽倉崎行き~

南海本線普通羽倉崎行きは朝夕夜に運転されている。平日ダイヤ難波発7時42分、8時12分、8時20分、8時36分、17時14分、17時55分、18時45分、19時35分、20時07分、20時36分、22時02分、22時42 … 続きを読む

コメントなし

南海本線〜自由席特急〜

南海本線では2012年4月1日のダイヤ変更までデータイムに自由席特急が運転されていた。特急を30分毎に増発した時にサザンの指定席車が不足し、一部列車が自由席オンリーの特急で運転されていた。2007年8月11日ダイヤ改正時 … 続きを読む

コメントなし

南海本線〜区間急行羽倉崎行き〜

南海本線区間急行羽倉崎行きは朝晩に運転されている。平日難波発7時28分、8時07分、20時43分、21時48分、22時13分、22時49分、23時03分、23時50分、0時08分の9本。土休日ダイヤでは難波発23時25分 … 続きを読む

コメントなし

南海本線〜準急難波行き〜

南海本線準急難波行きは平日朝ラッシュ時に上り3本が運転されている。羽倉崎発6時18分、7時15分、春木発7時05分の3本が運転。南海本線の準急はこの3本のみで土休日には運転はない。停車駅は堺までの各駅と天下茶屋、新今宮、 … 続きを読む

コメントなし

南海本線〜急行和歌山港行き〜

南海本線急行和歌山港行きはかつては徳島方面へのフェリー連絡で数多く運転されていたが、本四連絡橋が開通してから運転本数が減少している。 現行ダイヤでは平日下りが難波発6時38分、7時02分の2本、平日上りが8時03分、8時 … 続きを読む

コメントなし

南海本線〜普通住ノ江行き〜

南海本線では最終電車に普通住ノ江行きが運転されている。住ノ江行きはこの1本のみで平日、土休日ともに運転されている。

コメントなし

南海汐見橋線~送り込み回送~

南海汐見橋線は始発電車前に住ノ江車庫から2200系が岸里玉出まで送り込まれてくる。岸里玉出駅難波方の上り本線上で折り返しを行い、汐見橋線岸里玉出駅ホームに入線する。 汐見橋線終電後は、岸里玉出駅から本線上り線を走り、一旦 … 続きを読む

コメントなし