近鉄湯の山線

湯の山線近鉄湯の山線は三重県四日市市の近鉄四日市と同県菰野町の湯の山温泉を結ぶ15.4kmの路線である。全線単線で、1500V直流電化、1435mmの標準軌となっている。3両編成がワンマン運転を行っており、現在は線内折り返し運転のみとなっている。かつては湯の山特急と呼ばれる有料特急が名古屋や大阪から運転されていたが、今は運転されていない。湯の山線電車には恋結びの街湯の山という看板が取り付けられており、観光の街をPRしている。実際には湯の山温泉観光などでの利用者はごくわずかで、大半は四日市近郊の日常的な利用者が占めている。


  近鉄四日市は高架駅で、名古屋線の2面4線の隣に1面2線の湯の山線ホームがある。5番線は名古屋線も使用しており、四日市発着の急行などが使用している。また、臨時で運転される湯の山サマーライナーなども5番線から発着する。四日市では名古屋線のほか、内部線、八王子線と連絡している。

四日市を出ると左に急カーブして、単線となり、しばらく高架線を走る。四日市の市街地を西へ向けて走り、高架線から下りて2面2線で対向ホームの中川原となる。1969年までは四日市と中川原の間に堀木と言う駅があった。中川原駅の近くには市立四日市病院や工場などもあるが、利用者はそれほど多くない。中川原を出ると右にカーブして、北北西を向いて走る。中川原と伊勢松本の間には1969年まで製絨所前と言う駅があった。伊勢松本も1面2線の交換駅で、駅舎とホームの間に構内踏切があり、行き違いがないときは上下列車とも構内踏切がない方の線路に停まる。かつて特急が運転されていたこともあり、1線スルーの形になっている。伊勢松本を出ると右に左にカーブしながら走り、市街地から抜けて田畑が広がる景色を見ながら走る。伊勢松本と伊勢川島の間には1969年まで小生と言う駅があった。伊勢川島は2面2線の対向ホームに橋上駅舎を持つ駅で、周辺には住宅地があり、乗降も多い。伊勢川島から右にカーブして北西方向を向いて走る。次の高角も2面2線の対向ホームだが、駅舎は地上にあり、構内踏切がある。駅から少し離れているが、サッカーで有名な四日市中央工業高校の最寄駅となっている。さらに真っ直ぐ北西方向を向いて走り、東名阪道の下をくぐり、2面2線で対向ホームの桜となる。1線スルー式の構造になっており、優等列車運転にも対応した構内となっている。四日市西高校の最寄駅で、南側には桜台の住宅地が広がっており、乗降者数は多く、湯の山線の中間駅ではナンバー1となっている。

桜と次の菰野の間には神森、宿野の2駅があったが、いずれも1969年に廃止となった。桜と菰野の間は2.6km開いている。金渓川を渡って四日市市から菰野町に入る。右手にイオンタウン菰野を見て、菰野町の街中に入る。菰野は2面3線で行き違い式の2面2線に加えて、行き止まり式の線路がある。駅舎側が対向ホーム、行き止まり式の線路がある方が島式ホームとなっている。かつては菰野折り返しの列車があったが、現在は全て湯の山温泉行きのため、行き止まり式ホームは使用されていない。駅近くにはオリックスバッファローズの西投手を輩出し、甲子園出場経験もある菰野高校がある。菰野を出ると緩いカーブを曲がりながら、菰野の街中を走る。住宅地は広がるが、四日市周辺と違い、伸びやかな景色が展開される。次の中菰野は1面2線で、1線スルーに対応している。数は少なくても、特急運転に対応して1線スルー化された駅が多いのは驚かされる。中菰野を出るとやや勾配を上がっていく。大羽根園は湯の山線では珍しい行き違いできない1面1線の構造となっている。大羽根園周辺はまだ平地で、住宅と田畑が広がっているが、同駅を出ると勾配を上がり山の中に入っていく。とは言え御在所岳の裾野を行くだけで、そんなに険しい山上りはしない。山の裾野へ向けて高度を上げながら走り、終点の湯の山温泉に着く。湯の山温泉は2面2線で、四日市方に引き上げ線があり、夜間の滞泊に使用されている。1番線は駅舎側にあり、電車は早朝の数本を除いて1番線に発着する。湯の山温泉、御在所岳のロープウェイへは三重交通のバスに乗り換えとなる。


にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【関西各駅探訪第219回~近鉄湯の山線菰野駅~】

~かつては折り返し電車もあった菰野町の中心駅~ 近鉄湯の山線菰野駅は、三重県三重郡菰野町にある。湯の山線の核となる駅の一つで、菰野町の中心駅となっている。かつては折り返し電車の設定もあり、構内は2面3線と広く取られている … 続きを読む

コメントなし

納涼ビール特急湯の山温泉サマーライナー号

納涼ビール特急湯の山温泉サマーライナー号は夏期に湯の山温泉方面への活性化を目的に名古屋~湯の山温泉間で運転されている。キリンビールとのタイアップ企画で、2008年夏シーズンから運転を開始し、2009年夏から現在の列車名が … 続きを読む

コメントなし