近鉄吉野線

青の交響曲

16301F

【近鉄吉野線ガイド】

近鉄吉野線は奈良県橿原市の橿原神宮前と同吉野町の吉野を結ぶ25.2kmの路線で、千本桜などで有名な吉野山への観光輸送を行う路線である。有名観光地が控えることもあり、特急が毎時1~2本運転され、橿原神宮前から先南大阪線に乗り入れ、大阪阿部野橋まで運転されている。線内各駅に停まる急行も橿原神宮前から先南大阪線に直通している。

橿原神宮前では南大阪線とスルー構造になっており、吉野線電車は下りが4・5番線、上りが6・7番線から発着している。吉野線線内の普通は4・5番線からの発着となっている。連絡通路を介して橿原線と連絡しており、同線には吉野連絡の特急が京都から運転されている。橿原神宮駅構内は右にカーブしているが、同駅を出てからも右にカーブして、左手から標準軌の橿原線の線路が近づいてきて、台車交換場などを見ながらそれが途切れて、吉野線は単線になって南下して行く。岡寺は2面2線の交換駅となっている。吉野線内では急行以下の種別が全て各駅に停車するので、同駅にも急行が停車する。自動改札は未設置で、PITAPAなどのICカードの間に読み取り機が設置されている。上り勾配を走り、橿原市の市街地から離れていく。飛鳥も2面2線の交換駅で、同駅も岡寺駅同様自動改札の設置はなく、ICカードの読み取り機がある。1990年3月改正から特急停車駅となっている。駅の南東側には高松塚古墳があり、その他にも万葉の歴史に触れられる所が多く、駅にはレンタサイクルが置かれている。高取町に入ってしばらく走り2面3線の壺阪山となる。普通電車の一部が当駅で折り返すため、折り返し用の副本線がある。ここも1990年3月改正から特急停車駅となっている。ここまでの駅にはスルッとKANSAIカードやJスルーカードに対応した券売機と精算機が置かれているが、ここから先は基本的にカード利用には対応していないので、スルッとKANSAIが発売している3DAYチケットや2DAYチケットは吉野線では当駅までの利用となっている。この種のカードは路線バスなどでは運転手に乗車日付を見せることで乗車できるようになっているが、吉野線でもこの手法を用いれば利用できるようになる。壺阪山まででは中途半端なので終点の吉野まで3DAYチケットが利用できるようになれば便利だ。

臨時快速急行吉野

6501F

壺阪山を出ると右にカーブして進路を西に向ける。市尾は2面2線の交換駅で、急行以下の列車が停車する。市尾を出ると曽我川の向こうにJR和歌山線が走っているが、よくは確認できない。御所市に入ってすぐに1面1線の葛となる。ここも急行以下のみの停車となっており特急は通過する。JR和歌山線が右手に並行して走るようになり、しばらく走り3面5線の吉野口となる。近鉄が2面2線、JRが2面3線を使用している。駅舎はJRが管理しており、自動改札はないが、ICカードの読み取り機があり、近鉄利用時のみICカードの利用が可能となっている。JRは高田以南ではICカードの利用ができないが、近鉄のように簡易読み取り機を普及させて利用可能駅を増やして欲しいものだ。吉野口は特急停車駅で、特急や急行が行き違い待ちのため数分停車することもある。駅名から吉野山に近い感じがするが、実際にはかなり離れており、あくまでも吉野へ向かう入口の地点という意味の駅名になっている。ここで降りても吉野観光をすることはできない。吉野口を出ると少しJRと並行して走り、吉野線が左に、和歌山線が右にカーブして一旦離れるが、薬水付近で再び近づく。薬水は1面1線で、急行以下のみが停まる駅となっている。JR和歌山線が近くを走っているが、駅はなく連絡はしていない。薬水から大淀町に入り、本格的な山登りが始まる。福神は2面2線の特急停車駅で、駅南側にある住宅地の開発に合わせて99年3月の改正から特急が停まるようになっている。立派な橋上駅舎を持つが、自動改札はなく、簡易ICカード読み取り機があるだけだ。福神を出ると大阿太トンネルに入り、同トンネルを抜けると2面2線で行き違い可能な大阿太となる。同駅は山間の小駅の印象があり、この周辺は南海高野線と似たような雰囲気がある。もっとも吉野線は高野線ほど急曲線、急勾配が続くわけではない。それでも曲線や勾配は平坦線よりもきつく、列車速度はあまり上がらない。山から平地に下りる形で街に入り、2面3線の下市口となる。大淀町の中心駅で特急停車駅となっており、これまでの駅と比べて飛び抜けて利用者が多い。下市口からは吉野川に沿って走る。越部は2面2線で急行以下が停車する駅となっている。次の六田は特急停車駅で、2面2線の交換駅となっている。駅北側に北野台団地があり利用者はそれなりに多い。吉野側に六田車庫があり、朝晩には同駅折り返しの電車の設定もある。

26000系さくらライナー

六田からは川から少し離れて山の中に入り、吉野町に入ってトンネルを抜けると1面1線の大和上市となる。吉野町役場の最寄駅となっており、以前からの特急停車駅となっている。大和上市を出ると吉野川橋梁で吉野川を渡る。同橋梁は吉野線撮影のメッカと言え、鉄橋を渡るさくらライナーなどの写真が雑誌を飾ったりしている。吉野川を渡り終えると2面2線の吉野神宮となる。この駅も以前からの特急停車駅となっている。その名の通り吉野神宮への最寄駅となっている。ここから少し勾配を上り、終点の吉野に着く。吉野は3面4線のターミナル構造の駅で、改札寄りのホームは駅舎の屋根で覆われている。2番線から特急、3番線から急行が発着しており、通常は1・4番線は使用されていない。駅周辺に住宅は少なく、吉野山方面への観光行楽客の利用が大半を占めている。駅前には茶店や土産物屋が並び、駅から少し歩くと吉野ロープウエイの千本口駅があり、ここから吉野山に上がることができる。

【近鉄6820系】

近鉄6820系は南大阪線に投入された狭軌線用のシリーズ21。車体や車内はシリーズ21標準だが、主電動機は出力160KWと標準軌仕様よりもやや小さくなっている。IGBT素子によるVVVFインバータ制御だが、9020系が1C … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第265回~近鉄吉野線・JR和歌山線吉野口駅~】

~近鉄とJRが連絡する吉野山への入口~ 近鉄吉野線、JR和歌山線の吉野口駅は奈良県御所市にある。和歌山線の前身の南和鉄道の駅として開業し、後に吉野線の前身である吉野軽便鉄道の駅が開業した。それ以来連絡駅として機能しており … 続きを読む

コメントなし

近鉄吉野線~普通六田行き~

平日ダイヤ夕方ラッシュ時に、橿原神宮前発18時51分に普通六田行きが1本運転されている。   

コメントなし

近鉄吉野線~普通吉野口行き~

平日ダイヤ夕方ラッシュ時に、橿原神宮前発17時19分と19時23分に普通吉野口行きが運転されている。   

コメントなし

近鉄南大阪線、吉野線~特急青の交響曲~

近鉄観光特急青の交響曲は、2016年9月10日に大阪阿部野橋~吉野間で運転を開始した。6200系一般車を改造した16200系を使用し、3両編成で運転される。1号車と3号車がサロンシートで、1-2配列で座席が並び、向かい合 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第113回~近鉄吉野線飛鳥駅~

~古代ロマンを感じる奈良飛鳥観光の拠点駅~ 近鉄吉野線飛鳥駅は、高市郡明日香村にある。近鉄で唯一の村にある駅である。また、大手私鉄の中でも村にある駅は当駅のみである。特急停車駅で、駅周辺には観光案内所などもある。 飛鳥駅 … 続きを読む

コメントなし