近鉄鈴鹿線

【近鉄鈴鹿線ガイド】

近鉄鈴鹿線は三重県鈴鹿市の伊勢若松と同市の平田町を結ぶ8.2kmの路線である。全線単線で1435mm標準軌、直流1500Vの電化路線である。伊勢若松で近鉄名古屋線と接続している。平日朝ラッシュ時1本のみだが、名古屋線直通の急行が運転されている。それ以外は線内運転のみで、3両編成がワンマン運転を行っている。近鉄名古屋線以外の路線との連絡はなく、柳~鈴鹿市間で伊勢鉄道と立体交差しているが、連絡駅はない。

近鉄鈴鹿線伊勢若松では4番線からの発着が基本となっている。4番線は名古屋線上りホームとホームを共有しており、名古屋線上りとは対面接続となっている。名古屋線直通や一部の列車は1・2番線から発着している。伊勢若松を出ると右にカーブして名古屋線と分かれる。広大な田畑の中を走り、1面1線の柳となる。無人駅となっているが、PITAPAの簡易読み取り機が設置されている。1日の利用者数は三桁にとどまっている。国道23号線と交差し、続いて伊勢鉄道と交差する。いずれも鈴鹿線が下となる立体交差となっている。伊勢鉄道との交点付近には伊勢鉄道の鈴鹿駅がある。近鉄には駅がないため連絡はできない。近鉄鈴鹿線と伊勢鉄道はどちらかと言えば競合関係にはないが、伊勢鉄道は近鉄名古屋線と熾烈な競合がある。伊勢鉄道との交点からしばらく走り市街地に入り、2面2線の鈴鹿鈴鹿線あおぞら入線市となる。駅前に鈴鹿市役所があり行政の中心地となっている。鈴鹿線唯一の行き違い駅となっており、終日同駅で行き違いを行っている。鈴鹿線は全線にわたって複線化に備えた用地があるが、今のところ複線化の計画はないし、今後もそのような話は出てこないだろう。次の三日市は1面1線で柳同様無人駅でPITAPAの読み取り機のみが設置されている。駅周辺は住宅地となっており、利用者数は少なくない。終点の平田町は1面1線で、ここも1面2線の構造になっているが、棒線となっている。このため終点での列車交換は行われず、列車は到着後、すぐに折り返すダイヤとなっている。駅前のロードサイドに街が形成されており、駅の西側にイオンモール鈴鹿ベルシティがある。この辺りは完全なクルマ社会のため、ショッピングモールがあっても鈴鹿線の利用にはなかなか結びついてこない。
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【関西各駅探訪第225回~近鉄鈴鹿線鈴鹿市駅~】

~かつては伊勢神戸駅だった鈴鹿市の中心部にある駅~ 近鉄鈴鹿線鈴鹿市駅は三重県鈴鹿市にある。鈴鹿市役所への最寄駅だが、鈴鹿市の市街地ではどちらかというと隣の平田町の方が賑やかである。伊勢鉄道神戸支線の終点伊勢神戸駅として … 続きを読む

コメントなし

近鉄名古屋線・鈴鹿線~急行平田町行き~

 近鉄鈴鹿線急行平田町行きは平日ダイヤ朝ラッシュ時に1本運転されている。近鉄四日市発7時51分に運転されており、停車駅は近鉄四日市から塩浜、伊勢若松以遠の各駅。かつては土休日も運転されていたが、今は平日のみの運転となって … 続きを読む

コメントなし