近鉄奈良線

9724F

9724F

【近鉄奈良線ガイド】

近鉄奈良線は布施~奈良間26.7kmが正式な線路戸籍で、大阪難波~大阪上本町間は難波線、大阪上本町~布施間は大阪線に乗り入れていることになっている。しかし、運転上は大阪難波~奈良間が奈良線として運行されており、線路も大阪難波~奈良間が1本で繋がっている。大阪難波では阪神なんば線と線路が繋がっており、直通運転を行っている。近鉄奈良~三宮間の快速急行を中心に、近鉄奈良線の準急、区間準急、普通が尼崎まで乗り入れている。大阪難波ではその他、地下鉄御堂筋線、四つ橋線、千日前線、南海本線、南海高野線、JR大和路線とそれぞれ連絡している。南海難波、JR難波とは少し離れているが、地下鉄各線との乗り換えは大阪難波駅は便利な位置にある。近鉄奈良線は快速急行、急行、準急、区間準急、普通を中心に、朝夕を中心に有料の特急列車が大阪難波~近鉄奈良間に運転されている。また、大阪難波~鶴橋間では名阪特急や阪伊特急も乗り入れてきており、回送列車も多く、列車密度は非常に高い。

 大阪難波は千日前通の下にあり、千日前線の難波と並行してある。御堂筋線なんばとも連絡は悪くないが、南海難波とはかなり離れている。大阪難波は道頓堀にも近く、大阪ミナミの拠点駅は南海難波よりも大阪難波や地下鉄御堂筋線、千日前線なんばの方が相応しい。2009年3月20日の阪神なんば線開業までは近鉄難波だったが、同線の開業に伴い駅名を大阪難波に改称した。駅構造は2面3線の地下駅で、上り電車が1面1線を使用し、大阪難波から先に延びる折り返し線で折り返しを行い、1面2線の下り線から発車していく。阪神なんば線開業により折り返し線が減少したが、その代替として同線の桜川に折り返し線が設けられ、大阪難波折り返しの近鉄電車も同駅まで回送され折り返しすることが多い。

 大阪難波を出るとすぐに2面2線の近鉄日本橋となる。近鉄日本橋では地下鉄堺筋線と連絡している。次の大阪上本町も地下駅で、地上の大阪線は高架のため階段を2回上らなければならない。大阪上本町は上町筋に面しているが、一区画離れた谷町筋沿いに地下鉄谷町九丁目があり、少し離れているが谷町線と連絡している。大阪上本町も阪神なんば線開業とともに“大阪”を冠するようになった。

 大阪上本町を出ると地上に出て、高架の大阪線が下りてきて、方向別複々線になると鶴橋である。鶴橋は直上が大阪環状線の鶴橋駅となっており、中間改札を介して乗換えができる。鶴橋周辺はホームにいても焼肉の匂いが漂ってくるほど焼肉店が犇いている。2面4線で、鶴橋の奈良方には大阪線との渡り線があり、大阪難波に発着する名阪特急などはここで転線を行う。次の今里は3面4線の構造で大阪線と下りと奈良線上りはホームを共有している。今里は地下鉄千日前線・今里筋線の今里とはかなり離れており、千日前線今里の方が街として開けている。布施からは東大阪市に入る。布施は2階にコンコースがあり、その上の3階に大阪線ホームが1面4線、さらにその上の4階に奈良線ホームが1面4線の構造となっている。大阪線、奈良線ともに外側に通過線を構造になっている。この構造が仇になり、布施に停まる急行、準急は普通の追い抜きをできない。

 布施を出ると大阪線が右手に分かれて行き、奈良線は遠く生駒山を望みながら真直ぐ東へと高架で進む。河内永和は2面2線で普通しか停まらない。2008年3月にJRおおさか東線が開業して連絡駅になった。近鉄奈良線は布施の2段高架から少し下がるがまだまだ高い位置を走っており、JRおおさか東線も低い高架を走っている。連絡通路があれば、乗換えが便利だが、両線を結ぶ連絡通路はなく、一旦地上に下りて、少し歩いての乗換えとなるため、乗換えは必ずしも便利とは言えない。河内小阪は準急停車駅だが、2面2線の平凡な構造となっている。左手に大阪商大の大学、高校を見ながら進み八戸ノ里となる。八戸ノ里は2面4線の構造で普通の追い抜きが行われている。

 八戸ノ里を出ると近畿道がオーバークロス、中央環状をアンダーパスする。将来大阪モノレールがこの交点付近の瓜生田まで延伸される予定だ。その際には近鉄奈良線にも新駅が設けられ、連絡する予定である。2014年9月21日に上り線高架化が完成し、上下線とも高架になった区間に入る。暫く走り2面2線の若江岩田となる。駅周辺は岩田地区で、若江地区は少し南側にあるが、駅名は昔から若江岩田となっている。次の河内花園も2面2線で、駅前にロータリーがあり近鉄バスが発着している。花園と言えばラグビーのメッカ花園ラグビー場があるが、最寄駅は隣の東花園となる。東花園は2面4線で、準急と区間準急が停車する。奈良方に東花園検車場があり、当駅折り返しの普通電車も多数設定されている。先述した通り花園ラグビー場への最寄駅で、花園ラグビー場前の副駅名も付けられている。準急停車のため、ホームは8両編成が停車できるようになっており、臨時で10両編成の快速急行が停まれるぐらいホーム有効長は長く取られている。区間準急は当駅から先各駅に停まる。

 東花園を出て左手に東花園検車場が線路に対して直角にあるのを見て恩智川を渡る。国道170号線(外環状線)をアンダーパスすると瓢箪山となる。瓢箪山は2面4線の構造ながら中央に通過線を持つ新幹線型の追い越し駅で、緩急接続はできない。上り線難波方の外側に折り返し線があるが、最近はここで折り返す普通は少なくなった。

 瓢箪山を出ると左カーブして生駒山の裾野を上がっていく。枚岡、額田は生駒越えの途上にあり、両駅とも2面2線の平凡な駅となっている。枚岡駅の東側には河内一の宮である枚岡神社がある。額田あたりから見る下界の景色は素晴らしい。また、額田を出ると下に近鉄東大阪線が走っているのが見える。石切は生駒トンネルの入り口にあり、石切神社への最寄り駅になっている。もっとも近鉄けいはんな線の新石切ができてからは石切神社へはそちらの方が近くなった。石切を出るとすぐに生駒トンネルに入る。長大な生駒トンネルを抜けると左手にけいはんな線を見て並行して生駒に進入する。
 生駒は3面6線の構造で、左から東大阪線、奈良線、生駒線のホームがそれぞれある。奈良線単独で見れば1面2線の構造である。生駒は特急も停車する中心駅で駅前には近鉄百貨店も店を構える生駒市の拠点駅である。もっとも生駒で緩急接続が行えないため、東生駒や富雄の利用者は不便な面もある。駅南側からは生駒ケーブルも発着している。


 生駒を出ると生駒線が右カーブして分かれる。奈良線はけいはんな線と東生駒まで並行する。けいはんな線は左にカーブして分かれていくが、けいはんな線の車庫が東生駒付近まで並行する。東生駒は1面4線の構造で外側に通過線がある。また、奈良方には引き上げ線があり、朝夕にはここで折り返す普通も多い。東生駒を出ると大谷トンネルを抜けて阪奈道路の下をくぐってしばらく進むと1面2線で高架駅の富雄となる。次の学園前までにかけては奈良では有数の高級住宅街となっている。学園前は2面2線で、特急も停まり、各方面へのバス路線も発着しているので乗降客も多い。駅周辺には帝塚山中学、高校、大学があり、学生の利用も多い。次の菖蒲池も2面2線で、かつてはあやめ池遊園地の最寄駅となっていて、行楽シーズンには快速急行も臨時停車していた。しかし、あやめ池遊園も全国各地の遊園地と同様に閉園となり、現在では近隣の近大付属の小学校、幼稚園の通学、通園のために一部快速急行が停車する以外は快速急行の臨停はなくなった。菖蒲池を出ると電車はゆっくり走り、京都線との合流地点より前でたいてい信号待ちを行う。大和西大寺は奈良線、京都線、橿原線の電車が交錯する要衝で、橿原線沿いに西大寺車庫もある。大和西大寺の駅構内は3面5線の構造で、4番線5番線はホームに挟まれており、橿原線から大阪難波方面への連絡がホーム上でできるようになっている。奈良線奈良方には引き上げ線があり、西大寺止めの電車がここで折り返すか車庫に入る。大和西大寺駅は橋上駅舎で、駅ナカのTime’s
PlaceSaidaijiがあり、駅に出入りする電車を見渡せる展望スペースなどもある。

 大和西大寺を出ると橿原線と西大寺車庫が右手に分かれていき、奈良線は平城京跡を突っ切るように走る。2010年には平城京跡に再現された大極殿を中心に平城遷都1300年祭が催され、大和西大寺駅は大変賑わった。左にカーブして国道24号線の下をくぐると2面2線の新大宮となる。2000年3月改正から快速急行停車駅となり、特急以外の全種別が停車するようになった。新大宮を出ると地下に潜り、国道369号線の下を走る。地上ではJR大和路線が交差するが両線に駅はなく、連絡はしていない。地下か前には油坂駅があったが、地下時に廃止された。暫く地下線を走り、奈良公園の手前に終点の近鉄奈良がある。近鉄奈良は4面4線のターミナル構造の駅で、地下駅としては結構規模が大きいと言える。列車の発着は固定されていないが、1・2番線はホーム有効長が10連対応となっているため奈良線電車の発着が多い。4番線は6連対応のため、京都線電車や特急などの発着が多い。近鉄奈良から奈良公園までは十分歩いて行ける範囲にある。JR奈良駅とは1km弱離れており、乗り換えるにはかなり歩かなければならないので注意が必要である。
  

【近鉄21000系】

近鉄21000系は1988年に登場した名阪ノンストップ特急用の車両。アーバンライナーの愛称が付けられ、従来の近鉄特急のイメージを破壊するようなデザインで登場した。アイボリーホワイトに近鉄特急伝統のオレンジ色のラインが入る … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第54回~近鉄大阪線鶴橋駅~

~ホームにも美味しい焼肉の匂いが漂う大阪屈指のコリアタウンの中心駅~ 1.概要 近鉄大阪線鶴橋駅は、大阪市生野区にあり、近鉄奈良線、JR大阪環状線、地下鉄千日前線が介する一大ターミナル駅である。近鉄大阪線の起点は一つ前の … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第222回~近鉄奈良線河内永和駅~】

~JRおおさか東線と連絡で地味に利用者数が増加している~ 近鉄奈良線河内永和駅は、大阪府東大阪市にある。布施から1駅で、普通しか停まらない駅だが、2008年3月に開業したJRおおさか東線のJR河内永和駅と連絡しており、乗 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第196回~近鉄奈良線新大宮駅~

~奈良市の官公庁街にある快急停車駅~ 近鉄奈良線新大宮駅は、奈良県奈良市にある。近鉄奈良の一つ手前の駅で、奈良市の官庁が集まる地区となっており、快速急行も停車するようになった。 対向ホーム2面2線で、快速急行停車に備えて … 続きを読む

コメントなし

近鉄京都線・橿原線・天理線臨時列車~天理臨~

毎月26日と天理教の祝祭がある時に京都や大阪難波から天理まで臨時列車が運転されている。午前中に天理行き、午後に天理発が運転とされている。京都からは特急と急行が天理まで直通しており、定期では見られない天理行き特急が見られる … 続きを読む

コメントなし

近鉄奈良線東花園駅

近鉄奈良線東花園駅は2面4線の準急停車駅で、奈良方に車庫を併設している。現在高架工事中で、下り線は既に高架化が完成しており、上り線が高架化工事中となっている。2006年3月のダイヤ改正で準急停車駅となり、同改正では東花園 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第136回~近鉄奈良線瓢箪山駅~

~ひょうたんが出迎えてくれる旧枚岡市の中心駅~ 近鉄奈良線瓢箪山駅は、大阪府東大阪市にある。東大阪市の東部に位置しており、東には生駒山が聳えており、奈良線は当駅を出ると左にカーブして生駒山を上っていく。瓢箪山駅は区間準急 … 続きを読む

コメントなし

近鉄大阪線~鶴橋駅~

近鉄鶴橋駅は近鉄奈良線と大阪線が並行する区間にあり、大阪環状線との乗り換え駅となっており、近鉄の大阪方のターミナル駅の一つとなっている。大阪線は大阪上本町がターミナルとなっており、それより先は難波線に乗り換えとなるが、大 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~快速急行尼崎行き~

阪神本線では、2016年3月19日ダイヤ改正で、夜間に快速急行尼崎行きが登場した。平日ダイヤで、神戸三宮発21時33分、土休日ダイヤで神戸三宮発21時02分に運転されている。この列車は尼崎止まりではなく、快速急行として走 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第85回~近鉄奈良線東生駒駅~

東生駒 ~隣をけいはんな線が爆走する閑静な待避駅~ 近鉄奈良線東生駒駅は、奈良県生駒市にある。隣の生駒には特急以下、全ての電車が停車するが、当駅は準急以下の電車が停車する。生駒からの特急利用を見込んでか、特急券売り場があ … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・阪神なんば線・近鉄奈良線~快速急行大和西大寺行き~

快速急行大和西大寺行きは、2016年3月19日ダイヤ改正で誕生した。平日のみの運転で、神戸三宮発8時53分に設定されている。近鉄線内でも快速急行大和西大寺行きは、この列車のみで、土休日には運転されない。また、天理教の臨時 … 続きを読む

コメントなし

【近鉄5820系】

近鉄5820系は3220系に続くシリーズ21と称される近鉄の通勤型車両で、2000年8月に登場した。5800系L/Cカーのシリーズ21版で、車体はシリーズ21、車内はL/Cカーの形で登場した。他車との増解結を行うため、非 … 続きを読む

コメントなし

【近鉄3200系】

近鉄3200系は1986年に登場したアルミ車体のVVVFインバータ車で、京都市地下鉄烏丸線への直通車両として製造された。当初は4両編成で製造され、1988年の地下鉄直通開始を前に6両編成化された。 主電動機165KWで、 … 続きを読む

コメントなし

【近鉄5800系】

近鉄5800系は1997年8月に登場した通勤型車両。2621F編成で試作されたロングシートとクロスシートを列車や混み具合によって変化させられるデュアルシートが本格的に採用された。車体は他のインバータ制御車などと同じアルミ … 続きを読む

コメントなし

【近鉄3220系】

近鉄3220系はシリーズ21の最初の車両として、2000年3月に登場した。VVVFインバータ制御で、近鉄の車両では初めてIGBT素子を採用した。主電動機は185KWの大出力で、回生ブレーキ付き電気指令式空気ブレーキを採用 … 続きを読む

コメントなし

【近鉄21020系】

近鉄21020系は2002年12月に登場した21000系アーバンライナーの後継車。21000系の更新改造を行うため、その代替として2編成製造された。客室内は全て禁煙となり、分煙化が行われ、21000系更新車にも反映された … 続きを読む

コメントなし

近鉄奈良線~区間準急大阪難波~

近鉄奈良線区間準急大阪難波行きはデータイムの端境期に運転されている。以前は大阪難波止まりが多かったが、2012年3月20日ダイヤ変更で、大半が尼崎行きとなった。平日ダイヤでは近鉄奈良発8時37分、8時50分、大和西大寺発 … 続きを読む

コメントなし

近鉄~クラブツーリズム専用列車かぎろひ~

近鉄クラブツーリズム専用列車かぎろひは旅行会社が年間を通して団体列車を走らせるという国内では初の試みとして2011年末にデビューした。車両は近鉄12200系特急車を改造した 15400系が使用されている。外観は深みあるダ … 続きを読む

コメントなし

近鉄奈良線~臨時急行天理行き~

近鉄奈良線では天理教祭典日である毎月26日に大阪難波から天理まで臨時急行を運転している。午前中大阪難波発天理行き2本と午後天理発大阪難波行き2本が運転されている。 大阪難波9:10(8:55)→10:11(9:50)天理 … 続きを読む

コメントなし

近鉄奈良線~快速急行尼崎行き~

近鉄奈良線快速急行尼崎行きは早朝、深夜に運転されている。平日ダイヤでは近鉄奈良発5時53分、6時16分、20時38分、21時05分、21時37分、22時01分の6本。土休日ダイヤでは20時37分、21時19分、22時01 … 続きを読む

コメントなし

【近鉄奈良線・難波線〜データイムダイヤ〜】

近鉄奈良線・難波線のデータイムダイヤは20分サイクルで運転されている。快速急行、急行、区間準急、普通の4種別が運転され、土休日には大阪難波〜奈良間の特急も運転されている。また、大阪難波〜鶴橋間では大阪線特急が毎時3〜4本 … 続きを読む

コメントなし

近鉄奈良線~快速急行大阪難波行き~

近鉄奈良線快速急行大阪難波行きはかつては終日運転されていたが、現在は阪神なんば線直通運転が主流となり、朝夕夜の運転のみとなっている。平日ダイヤでは近鉄奈良発6時04分、6時43分、7時09分、7時33分、8時15分、8時 … 続きを読む

コメントなし

近鉄奈良線~夜間ダイヤ区間準急大阪難波行き~

近鉄奈良線では平日ダイヤ夜間に1本区間準急大阪難波行きが運転されている。大和西大寺発22時32分で大阪難波着23時17分で、データイム以降の上り区間準急はこの1本のみとなっている。

コメントなし

近鉄奈良線~夜間ダイヤ区間準急~

近鉄奈良線の区間準急はデータイムに運転される以外に夜間にも数本運転されている。平日ダイヤで大阪難波発21時57分(当駅始発奈良行)、22時16分(当駅始発奈良)、22時57分(当駅始発)、23時22分、23時42分の5本 … 続きを読む

コメントなし

近鉄奈良線~普通石切行き~

近鉄奈良線普通石切行きは早朝に1本運転されている。平日ダイヤでは大阪難波発5時47分、土休日は大阪難波発6時18分にそれぞれ運転されている。かつては朝ラッシュ時間帯や深夜時間帯にも運転されていたが、現在は早朝のみで深夜時 … 続きを読む

コメントなし

近鉄奈良線~21000系阪奈特急~

近鉄奈良線で大阪難波~近鉄奈良間を結ぶ阪奈特急は朝夕のラッシュ時を中心に運転されているが、早朝、夜間に間合い運用で21000系、21050系アーバンライナーが使用される列車が何本かある。平日ダイヤでは下り大阪難波発が20 … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速急行~

関西私鉄では快速特急の採用は少ないが、快速急行は大手5社とも採用している。もっともメジャーなものは近鉄奈良線の大阪難波~近鉄奈良間の快速急行だろう。終日に渡って運転されており、2009年3月の阪神なんば線開業からは三宮~ … 続きを読む

コメントなし

阪神なんば線~桜川回送~

阪神なんば線は大阪難波と尼崎を結ぶ路線だが、近鉄との境界線が大阪難波~桜川間にあるのと大阪難波駅の近鉄の引き上げ線容量の不足などがあり、大阪難波から桜川へ回送される近鉄車が多く運転されている。 近鉄の一般車のみならず特急 … 続きを読む

コメントなし