近鉄長野線

近鉄長野線準急 近鉄長野線は近鉄南大阪線の古市と南海高野線の河内長野を結ぶ12.5㎞の路線で、南大阪線同様軌間1067ミリの狭軌鉄道となっている。古市~富田林間が複線で、富田林~河内長野間は単線になっている。古市は南大阪線との接続駅だが、長野線電車のほとんどが南大阪線に直通している。朝夕ラッシュ時には古市で準急が分割併合や増解結作業を行う。古市から富田林までが複線で、ホーム有効長も最大7両編成まで停車可能になっている。富田林以南は5両編成が最大編成両数となる。古市は2面4線で、長野線電車は主に2番線、4番線から発着している。古市を出ると南大阪線が左にカーブして分かれる。長野線はそのまま直進する。右手には古市検車区への線路が分岐する。国道170号線外環状線の下をくぐり、真っすぐ南下していく。南阪奈道路の下をくぐり、しばらく走って富田林市に入って2面2線の喜志となる。古市~喜志間は3.4㎞と駅間距離が長い。喜志は富田林よりも乗降客が多く、長野線の中間駅では一番乗降者数が多い。高校野球で名を馳せたPL学園高校は当駅が最寄駅となっている。富田林市外にはなるが、大阪芸術大学や太成学院大学などの最寄駅にもなっている。次の富田林も2面2線の構造で、河内長野方に折り返し線がある。朝夕ラッシュ時には富田林止まりの電車も運転されている。駅は富田林の市街地の中にあるが、利用者数では喜志に負けており、線内では2番目の乗降客数となっている。

富田林から単線となり、次の富田林西口は1面1線で、富田林市役所への最寄駅となっている。富田林まで600mの距離となっているため、利用者は多くない。国道170号線の旧道と並行して走り、高架に上がって1面1線の川西となる。川西を出ると国道309号線を跨いで地上に下りる。しばらく走ると2面2線で交換設備がある滝谷不動となる。大阪大谷大学の最寄駅で、滝谷不動明王寺へは南東方向へ徒歩15分ほどの距離となっている。なお、南海高野線にも滝谷駅があるが、同駅は西へ3㎞程離れており、乗り換えができるような距離にはない。河内長野市に入って1面1線の汐ノ宮となる。汐ノ宮はかつては2面2線だったが、棒線化されて1面1線となっている。同駅は長野線で一番利用者が少ない。駅周辺は汐ノ宮温泉郷と呼ばれる温泉地だった。現在も温泉を使った汐の宮温泉病院が駅の北側にある。国道170号線を跨いでしばらく走り、国道309号線を跨いで、右手から南海高野線が近づいてきてそれと並行して終点の河内長野に着く。河内長野は1面2線だったが、棒線化されて1面1線の使用となった。南海高野線との連絡駅で、ホームは並んでいるが、改札は別にある。南海高野線も同じ狭軌で、線路をつなげれば直通もできるが、線路はつながっていない。

  

【近鉄6820系】

近鉄6820系は南大阪線に投入された狭軌線用のシリーズ21。車体や車内はシリーズ21標準だが、主電動機は出力160KWと標準軌仕様よりもやや小さくなっている。IGBT素子によるVVVFインバータ制御だが、9020系が1C … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線~急行富田林行き~

平日ダイヤ朝ラッシュ時に、大阪阿部野橋発7時40分に急行富田林行きが1本だけ設定されている。   

コメントなし

近鉄長野線~富田林始発普通古市行き~

平日ダイヤで、富田林発17時38分に1本だけ富田林始発普通古市行きが運転されている。   

コメントなし

関西各駅探訪第110回~近鉄長野線富田林駅~

~関西最大の花火大会PL花火の御膝元~ 近鉄長野線富田林駅は大阪府富田林市にある。富田林市のメインステーションで、関西最大級のPL芸術祭(花火大会)が開催される8月1日には観客で駅周辺がごった返すことで有名である。また、 … 続きを読む

コメントなし

近鉄長野線~富田林始発急行大阪阿部野橋行き~

 平日ダイヤの夕方ラッシュ時に、富田林始発大阪阿部野橋行き急行が4本運転されている。富田林発18時08分、18時38分、19時08分、19時38分の4本。   

コメントなし

【近鉄南大阪線夜間ダイヤ】

近鉄南大阪線の大阪阿部野橋発20時台以降のダイヤは夕方ラッシュ時の延長の形で運転されている。大阪阿部野橋発20時台は特急2本、急行3本、準急6本、普通6本が運転。特急は2本とも吉野行きで、4両編成で運転される。急行は吉野 … 続きを読む

コメントなし

【近鉄南大阪線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

  近鉄南大阪線の平日夕方ラッシュ時ダイヤはデータイム同様、30分サイクルで運転されている。大阪阿部野橋発18時台では、特急吉野行き2本、急行吉野行き2本、急行河内長野行き2本、準急河内長野行き2本、準急富田林行き2本、 … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線・長野線~準急富田林行き~

近鉄南大阪線、長野線の準急富田林行きは平日ダイヤ早朝と朝夕ラッシュ時、深夜に運転されている。早朝、朝ラッシュ時は大阪阿部野橋発6時26分、6時45分、6時58分、7時21分、7時51分の5本が運転。夕方ラッシュ時は大阪阿 … 続きを読む

コメントなし

近鉄長野線~急行大阪阿部野橋行き~

近鉄長野線の急行大阪阿部野橋行きは平日ダイヤのみの運転。全て富田林から運転されている。富田林発7時09分、7時41分の2本。以前は河内長野から運転されていたが、本数削減と運転区間の縮小により現在の運転体系となっている。

コメントなし

【近鉄南大阪線〜データイムダイヤ】

近鉄南大阪線のデータイムダイヤは30分サイクルの運転になっている。30分サイクルに特急・急行が各1本、準急・普通が各3本の運転が基本となっている。特急は阿部野橋~吉野間の運転で、一部橿原神宮前~吉野間が運休したり、阿部野 … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線~普通河内長野行き~

近鉄南大阪線では早朝に大阪阿部野橋発河内長野行きの普通を運転している。土休日ダイヤに1本のみ運転されており、大阪阿部野橋発6時04分で運転。

コメントなし

近鉄長野線~普通河内長野行き~

近鉄長野線は大阪阿部野橋直通の準急が運転の主体となっているため、普通電車の本数は少ない。古市発河内長野行きの普通は早朝中心の運転となっている。平日ダイヤで古市発5時07分、5時22分、5時36分、6時02分、6時18分、 … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線・長野線~急行河内長野行き~

近鉄南大阪線では平日夕方ラッシュ時に大阪阿部野橋発河内長野行き急行が運転されている。17時30分発から30分毎に運転され、20時00分発まで6本が運転。停車駅は大阪阿部野橋から古市と長野線内の各駅。

コメントなし

近鉄長野線~普通富田林行き~

近鉄長野線で運転されている普通富田林行き。平日ダイヤで古市発8時03分の1本のみが運転されている。かつては古市発6時57分、同7時12分の2本が運転されていたが、今は平日1本のみの運転となっており、貴重な存在になっている … 続きを読む

コメントなし