近鉄南大阪線

26000系さくらライナー 近鉄南大阪線は大阪阿部野橋から橿原神宮前に至る全長39.8kmの路線で、軌間1067ミリ、1500V直流の電化鉄道である。ダイヤ上は橿原神宮前から先吉野線に直通しており、大阪阿部野橋~吉野間を一つの路線と捉えてもよいだろう。南大阪線のダイヤは特急、急行、準急、普通の4種別を中心に組まれており、データイムはこの4種別で30分サイクルが組まれている。特急は全車指定席の有料特急で南大阪線内は尺土と高田市のみに停車する。急行は南大阪線の主要駅に停車し、準急とともに南大阪線の核となっている。ほとんどの急行が吉野まで直通している。準急は主に長野線への直通として運転されており、藤井寺以遠は各駅に停車する。ラッシュ時には本数は少ないが区間急行も運転されている。普通は大阪阿部野橋~藤井寺間の運転を基本に、一部電車が古市まで運転されており、早朝の一部を除いて大阪阿部野橋から古市以遠へ運転される普通はない。古市以東では橿原神宮前までの区間電車が設定されている。



大阪阿部野橋は近鉄最大のターミナルで、JR天王寺駅に隣接しており、大阪南部のターミナルとしては難波と肩を並べる大ターミナルである。大阪阿部野橋駅の配線は6面5線で、例外を除いて1番線、2番線から普通、3番線から準急、4番線から急行、5、6番線から特急が発着している。特急が発着する5、6番線は乗降が分離された名称なので、実質的には5番線までとなっている。大阪阿部野橋を出ると大阪市内を高架線で抜けて行く。河堀口手前で高架のJR阪和線を越えるため、かなり高い高架を走る。2面2線の河堀口構内で右にカーブして南向きに走り、2面2線の高架駅北田辺となる。次の今川は新幹線型の追い越し駅で、中央が通過線になった2面4線となっている。今川~針中野間では地下鉄谷町線とクロスしている。谷町線には駒川中野駅があるが、南大阪線には駅はない。南に700mほど走ったところに2面2線の針中野がある。西側には長居公園が広がっているが、徒歩20分ほどかかる。さらに南下して長居公園通と交差する。このあたりでは長居スタジアムの大きな屋根が見える。矢田は2面2線の高架駅でここまでが高架線となっている。矢田を過ぎると大和川を渡りここから地上線になり、大阪市から松原市へ入る。左にカーブしながら待避線を分岐して河内天美となる。河内天美は今川同様、中央が通過線になった追い越し構造の駅で、天美検車区を併設している。大阪阿部野橋方の線路沿いに阪南大学があり、阪南大学前の副駅名にもなっており、学生の利用も多い。松原市内を南東方向を向いて走り、2面2線の布忍となる。“ぬのせ”と読むがなかなか簡単には読めない難読駅名である。布忍を出ると左にカーブして進行方向を東に向けて2面2線の高見ノ里となる。布忍、高見ノ里両駅とも普通しか停まらないため、大阪阿部野橋まで出るには時間がかかる。南大阪線は優等列車の比率が高い為、今川や河内天美での待避も多いのでなおさら時間がかかる。国道309号線の下をくぐり、しばらく走って準急停車駅の河内松原となる。河内松原は2面4線の構造で、準急と普通が緩急接続を行っている。




 河内松原を出ると真っ直ぐ東を向いて走る。阪和道の下をくぐり、羽曳野市に入る。右にカーブして2面2線の恵我ノ荘となる。このあたりは南東方向を向いて走っているが、恵我ノ荘を出ると左にカーブしてまた東向きに走る。高鷲も2面2線で、恵我ノ荘、高鷲ともに普通のみが停車する。このあたりは河内松原で準急乗り換えができるので、所要時分が大幅に変わるということはない。藤井寺市内に入って2面2線の藤井寺となる。大阪阿部野橋方に折り返し線があり、ほとんどの普通はここで折り返す。藤井寺は中間駅では乗降客が一番多い。藤井寺で普通が折り返すため、準急はここから各駅に停まる。かつては駅の南側に近鉄藤井寺球場があり、近鉄バッファローズの本拠地となっていたが、大阪ドームができて、近鉄ばっふぉローズも球団が消滅し、藤井寺球場は取り壊されて、跡地には四天王寺学園小学校や大規模なマンションが建てられている。

 

藤井寺を出るとカーブが多くなる。西名阪自動車道、国道170号線外環状線の下をくぐり、大きくS字にカーブして国道170号線の旧道の下をくぐって掘割構造で2面2線の土師ノ里となる。土師ノ里を出ると右に急カーブして進路を真南に取って道明寺となる。道明寺では道明寺線と接続しており、同駅は2面3線の構造となっている。道明寺駅は大和川の支流石川のすぐそばに位置している。道明寺駅付近では道明寺線も線路を東側にやや振っているが、ほぼ真っ直ぐに北上しており、大和川を渡って柏原まで乗り入れている。それに対して南大阪線は道明寺の手前で急カーブして駅に進入しており、地図上で見ると道明寺線が本線で、南大阪線が支線のような形態となっている。これは柏原~道明寺~古市~富田林間が先に開業し、南大阪線の道明寺以西、古市以東の開業が後だったためにこのような形態となった。道明寺からしばらく南下していき、再び西名阪自動車道と交差して、羽曳野市に入る。右にカーブしながら2面4線の古市となる。古市は長野線との接続駅で、南大阪線の運転上の要に位置している。通常1番線3番線から南大阪線電車が発着し、長野線電車は2番線4番線から発着するが、併結列車などはその限りではない。急行以下の列車が停車し、朝ラッシュ時上りと夜間の下り特急も停車する。


 古市を出ると左カーブして長野線と分かれる。ここも先述したとおり、長野線の方が先に本線として開業したため、長野線が直進するのに対して南大阪線は左に急カーブして分かれている。大和川の支流石川を渡り、右にカーブして2面2線の駒ヶ谷となる。古市以東は長野線直通がなくなるので、運転本数は半分になる。南東方向を向いて走り、右手に南阪奈道路が並行して走り、2面2線の上ノ太子となる。上ノ太子は準急停車駅だが、みかん狩りの季節には急行が臨時停車する。近鉄指定の上の太子観光みかん園は駅からは結構離れている。羽曳野市内を走り、太子町をかすめて、府県境を越えて、奈良県香芝市に入る。山間部を越えて、大和高田バイパスと交差して、国道165号線と並行して走り、2面2線の二上山となる。南西方向に二上山を望むことができる。進路を南東方向に向けて葛城市に入り、2面2線の二上神社口となる。さらに南東方向を向いて真っ直ぐ走り牡丹で有名な当麻寺の最寄駅となる当麻寺となる。2面2線で、準急停車駅だが、牡丹が咲くシーズンには急行が臨時停車する。次の磐城も2面2線で準急停車駅となっている。磐城は葛城市役所當麻庁舎の最寄駅である。磐城を出ると左にカーブして進路を東に向けて御所線を分岐する尺土となる。大阪阿部野橋方には御所線電車用の引き上げ線が上り線の外側にある。尺土駅は長らく2面3線のトリッキーな構造だったが、現在は2面4線化されて、スムーズに緩急接続などを行っている。尺土は1999年3月16日ダイヤ変更から特急停車駅になっている。



 尺土を出ると御所線が右にカーブして分かれていく。大和高田市に入り、2面2線の高田市となる。大和高田市の中心部は北へ1.6㎞ほど離れた近鉄大阪線大和高田、JR高田で南大阪線の高田市は市街地からは少し離れている。特急停車駅で朝夕ラッシュ時には8両編成の急行も発着するためホームは長い。高田市を出るとJR和歌山線と交差し、南東方向に真っ直ぐ走る。2面2線の浮孔を過ぎると国道24号線バイパスの下をくぐり橿原市に入る。さらに京奈和自動車道の下をくぐって2面2線の坊城となる。朝夜に運転される区間急行は尺土以遠各駅となるため、浮孔、坊城にも停車する。橿原神宮西口も2面2線で、ここを過ぎると左手に橿原神宮の森が見える。右手に久米寺を見ながら右にカーブして終点の橿原神宮前に着く。橿原神宮前は2面4線で、吉野線とスルー構造になっている。標準軌の橿原線とはホームが分かれており、連絡通路には駅ナカの店舗が昔からあり、飲食はもとより本屋なども店を構えている。橿原神宮へは徒歩15分ほどかかる。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

関西各駅探訪第29回〜近鉄南大阪線尺土〜

1.概要近鉄南大阪線尺土駅は奈良県葛城市にある。1929年3月29日の近鉄南大阪線古市〜久米寺(現在の橿原神宮前)間延伸とともに開業した。尺土の名前の由来は、付近から赤土が出ることから変形して尺土となったようだ。かつては … 続きを読む

コメントなし

【近鉄6820系】

近鉄6820系は南大阪線に投入された狭軌線用のシリーズ21。車体や車内はシリーズ21標準だが、主電動機は出力160KWと標準軌仕様よりもやや小さくなっている。IGBT素子によるVVVFインバータ制御だが、9020系が1C … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第250回~近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅~】

~あべのハルカスの御膝元は近鉄南大阪線の一大拠点~ 近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅は大阪市阿倍野区にある。JR天王寺駅とはあびこ筋を挟んで向かい合わせになっており、地下鉄天王寺も含めて、なんばと並ぶミナミの一大ターミナルとな … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第214回~近鉄南大阪線浮孔駅~】

~安寧天皇の片塩浮孔宮につながる歴史ある駅名~ 近鉄南大阪線浮孔駅は奈良県大和高田市にある。高田市の隣の駅で、周辺は住宅地と田畑が混在する地域である。藤井寺以遠各駅に停まる準急と普通のみが停車する。 浮孔駅はホーム2面2 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第193回~近鉄南大阪線土師ノ里駅~

~古墳時代の豪族土師氏を由来に持つ駅~ 近鉄南大阪線土師ノ里駅は、大阪府藤井寺市にある。準急停車駅だが、準急は藤井寺以遠各駅に停車するため、実質的に各駅停車のみが停車する駅となっている。 対向ホーム2面2線で、掘割の中に … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第179回~近鉄南大阪線高田市駅~

~高田市の中心は大和高田駅に譲るが特急も青の交響曲も停車する主要駅~ 近鉄南大阪線高田市駅は、奈良県大和高田市にある。大和高田市には高田市駅の他に、近鉄大阪線の大和高田駅、JR和歌山線の高田駅があり、大和高田駅と高田駅は … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線臨時列車~臨時急行開運号~

近鉄南大阪線、吉野線で正月三箇日に運転される臨時急行開運号。春のさくら号と同様に午前中にあべの橋を出る下りと夕方に吉野を出る上りが運転されている。 2013年正月には復刻版のラビットカー塗装車と吉野線100周年ラッピング … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線臨時列車~臨時快急さくら号~

吉野山のさくらの開花に合わせて4月上旬の土休日の午前中に往路が、午後に復路が運転されている。快速急行の停車駅は古市、尺土、高田市、橿原神宮前以遠の各駅となっている。下りはあべの橋発8時30分から11時30分まで30分毎の … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線、吉野線~特急青の交響曲~

近鉄観光特急青の交響曲は、2016年9月10日に大阪阿部野橋~吉野間で運転を開始した。6200系一般車を改造した16200系を使用し、3両編成で運転される。1号車と3号車がサロンシートで、1-2配列で座席が並び、向かい合 … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線~急行富田林行き~

平日ダイヤ朝ラッシュ時に、大阪阿部野橋発7時40分に急行富田林行きが1本だけ設定されている。   

コメントなし

近鉄長野線~富田林始発急行大阪阿部野橋行き~

 平日ダイヤの夕方ラッシュ時に、富田林始発大阪阿部野橋行き急行が4本運転されている。富田林発18時08分、18時38分、19時08分、19時38分の4本。   

コメントなし

関西各駅探訪第73回~近鉄南大阪線道明寺駅~

近鉄南大阪線道明寺駅は、藤井寺市にあり、道明寺線を分岐する駅である。準急停車駅で、特急と急行は通過するが、同駅手前に急カーブがあり、駅構内は直線だが、通過列車も速度を落として通過していく。 構内は2面3線で、行き止まり式 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第60回~近鉄南大阪線藤井寺駅~

近鉄南大阪線藤井寺駅は、藤井寺市の中心駅で、準急停車駅である。かつては、プロ野球近鉄バッファローズの本拠地藤井寺球場の最寄駅であったが、今は近鉄バッファローズも藤井寺球場も過去のものとなってしまった。  改札は一ヶ所あり … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線〜準急吉野行き〜

近鉄南大阪線準急吉野行きは土休日夜間のみに運転されている。土休日ダイヤ大阪阿部野橋発22時14分が唯一無二の運転。

コメントなし

近鉄南大阪線〜特急橿原神宮前行き〜

近鉄南大阪線特急橿原神宮前行きは朝と夜に運転されている。平日ダイヤでは、大阪阿部野橋発8時40分、9時40分、22時10分、23時10分の4本が運転。土休日ダイヤでは大阪阿部野橋発22時10分、23時10分の2本が運転さ … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線~区間急行橿原神宮前行き~

近鉄南大阪線区間急行橿原神宮前行きは平日ダイヤ深夜に2本、土休日ダイヤ深夜に1本が運転されている。平日ダイヤ大阪阿部野橋発22時20分、22時50分、土休日ダイヤ大阪阿部野橋発22時50分に運転。

コメントなし

近鉄南大阪線~区間急行大阪阿部野橋行き~

近鉄南大阪線では平日朝ラッシュ時に橿原神宮前発大阪阿部野橋行き区間急行を1本運転している。橿原神宮前発7時37分の1本で、これが現在は唯一の大阪阿部野橋行き区間急行となっている。2010年3月16日ダイヤ変更以前は橿原神 … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線~準急古市行き~

近鉄南大阪線準急古市行きは2012年3月20日ダイヤ変更まで夕方ラッシュ時などに運転されていた。平日ダイヤで大阪阿部野橋発17時54分、18時54分、19時54分の3本。

コメントなし

近鉄御所線~準急阿部野橋行き~

近鉄御所線準急大阪阿部野橋行きは、平日朝ラッシュ時と土休日早朝に運転されている。近鉄御所発5時51分、6時32分、6時45分、7時02分、7時16分、7時29分の6本。土休日ダイヤも早朝に1本のみ運転があり、近鉄御所発5 … 続きを読む

コメントなし

【近鉄南大阪線夜間ダイヤ】

近鉄南大阪線の大阪阿部野橋発20時台以降のダイヤは夕方ラッシュ時の延長の形で運転されている。大阪阿部野橋発20時台は特急2本、急行3本、準急6本、普通6本が運転。特急は2本とも吉野行きで、4両編成で運転される。急行は吉野 … 続きを読む

コメントなし

【近鉄南大阪線平日朝ラッシュ時ダイヤ】

近鉄南大阪線の平日朝ラッシュ時ダイヤは大阪阿部野橋着7時30分から8時30分の間に19本が運転されている。特急はピーク時間帯に1本のみの運転で、ピーク前後に2本運転がある。ピーク前には大阪阿部野橋着7時27分にさくらライ … 続きを読む

コメントなし

【近鉄南大阪線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

  近鉄南大阪線の平日夕方ラッシュ時ダイヤはデータイム同様、30分サイクルで運転されている。大阪阿部野橋発18時台では、特急吉野行き2本、急行吉野行き2本、急行河内長野行き2本、準急河内長野行き2本、準急富田林行き2本、 … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線・長野線~準急富田林行き~

近鉄南大阪線、長野線の準急富田林行きは平日ダイヤ早朝と朝夕ラッシュ時、深夜に運転されている。早朝、朝ラッシュ時は大阪阿部野橋発6時26分、6時45分、6時58分、7時21分、7時51分の5本が運転。夕方ラッシュ時は大阪阿 … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線〜普通吉野行き〜

近鉄南大阪線では早朝に大阪阿部野橋発吉野行き普通を平日ダイヤで1本運転している。平日ダイヤ大阪阿部野橋発5時27分に運転。土休日ダイヤの運転はない。

コメントなし

近鉄南大阪線〜普通吉野行き(古市発)

近鉄南大阪線では早朝に古市始発の普通吉野行きを運転している。平日ダイヤ古市発5時12分、5時33分の2本。土休日ダイヤ古市発5時15分、5時58分、6時36分の3本。

コメントなし

近鉄南大阪線~普通橿原神宮前行き~

近鉄南大阪線では早朝に大阪阿部野橋発橿原神宮前行き普通を運転している。平日ダイヤ大阪阿部野橋発5時42分の1本、土休日ダイヤ大阪阿部野橋発5時47分の1本が運転。

コメントなし

近鉄南大阪線・御所線~臨時急行御所行き~

近鉄南大阪線、御所線では新緑の季節に大阪阿部野橋発御所行きの臨時急行葛城高原号を運転している。ゴールデンウィークとその次の週の土休日に運転されている。大阪阿部野橋発9時00分と9時30分の2本が運転され、午後には御所発大 … 続きを読む

コメントなし

近鉄長野線~急行大阪阿部野橋行き~

近鉄長野線の急行大阪阿部野橋行きは平日ダイヤのみの運転。全て富田林から運転されている。富田林発7時09分、7時41分の2本。以前は河内長野から運転されていたが、本数削減と運転区間の縮小により現在の運転体系となっている。

コメントなし

【近鉄南大阪線〜データイムダイヤ】

近鉄南大阪線のデータイムダイヤは30分サイクルの運転になっている。30分サイクルに特急・急行が各1本、準急・普通が各3本の運転が基本となっている。特急は阿部野橋~吉野間の運転で、一部橿原神宮前~吉野間が運休したり、阿部野 … 続きを読む

コメントなし

近鉄南大阪線~普通河内長野行き~

近鉄南大阪線では早朝に大阪阿部野橋発河内長野行きの普通を運転している。土休日ダイヤに1本のみ運転されており、大阪阿部野橋発6時04分で運転。

コメントなし

近鉄南大阪線・長野線~急行河内長野行き~

近鉄南大阪線では平日夕方ラッシュ時に大阪阿部野橋発河内長野行き急行が運転されている。17時30分発から30分毎に運転され、20時00分発まで6本が運転。停車駅は大阪阿部野橋から古市と長野線内の各駅。

コメントなし

近鉄南大阪線~普通河内天美行き~

近鉄南大阪線では入庫も兼ねて夜間に河内天美行き普通が運転されている。平日ダイヤで大阪阿部野橋発23時51分、0時12分、0時27分の3本が運転。0時27分の電車は南大阪線最終電車となっている。土休日ダイヤでは0時12分と … 続きを読む

コメントなし