近鉄京都線

近鉄京都線3200系

【近鉄京都線ガイド】

近鉄京都線は京都と大和西大寺を結ぶ34.6㎞の路線で、全線1500V直流電化複線となっている。奈良電気鉄道として開業した同線は戦後丹波橋から京阪に乗り入れるなど京阪との結びつきが強かったが、昭和38年に近鉄の路線となって現在に至っている。運行系統は京都~西大寺、奈良間を中心に、西大寺から橿原線に直通する系統、竹田から地下鉄烏丸線に乗り入れる系統がある。特急は京都から奈良、橿原神宮前、賢島方面へ運転されており、データイムはほぼ20分毎に運転されている。急行は京都から奈良、橿原神宮へ運転されており、竹田から地下鉄烏丸線に入る系統も運転されている。この他ラッシュ時には京都~新田辺間で準急が運転されている。普通は京都から西大寺への系統を中心に、国際会館~新田辺間の普通が30分毎に運転されている。

 京都ではJR京都駅に隣接しており、新幹線京都駅の高架下に京都線のホームがある。京都駅は長らく3面3線のターミナル構造だったが、2012年3月に4番線が増設されて、4面4線に拡張された。1番線、2番線は特急ホームとなっている。1、2、3番線は両側をホームに挟まれており、4番線は片側のみホームに面している。乗り換えはJR各線、新幹線とは便利だが、地下鉄との乗り換えはあまり便利とはいえない。京都以北四条方面へ行くなら竹田での乗り換えが便利である。

 京都を出るとほぼ直角にカーブして東海道新幹線の下をくぐって、高架線で京都市内を南下していく。国道1号線をまたぎ左に並行しながら、東寺が右に見えてくると急行停車駅の2面2線の東寺となる。さらに高架線で進んで1面2線の十条となる。500mほど東の烏丸通の下を地下鉄烏丸線が走っており、地下鉄にも十条があるが、普通に乗り換えられるような距離ではない。京都市内では後発の地下鉄が全く別の場所で私鉄と同じ駅名を名乗るケースが多い。京阪は中之島線開業を機に四条や五条の駅名を改名しているが、近鉄には頑張ってもらい後発の地下鉄の方を改名するようにもっていって欲しいものだ。十条を出ると次は1面2線ながら外側に通過線がある上鳥羽口となる。上鳥羽口を出て左にカーブしながら鴨川を渡る。鴨川を渡ると右手に京都市交の竹田車庫が見えてきて、高架線を駆け下りると2面4線で橋上駅舎の竹田となる。竹田は中央に京都市交烏丸線、外側を近鉄京都線が使用する。西大寺方に地下鉄の折り返し線が2本ある。ちょうど駅の中間部あたりで名神高速と交差している。竹田には急行以下の列車が停車する。

 竹田を出ると折り返し線を見ながら走り、右にカーブして高架線を駆け上がり2面2線の伏見となる。伏見を出て右カーブして京阪が頭上を越えると掘割構造の丹波橋となる。丹波橋は2面2線の構造のため緩急接続などはできないが、2002年3月のダイヤ変更から特急以下全ての電車が停車するようになった。京阪とは連絡橋を通っての乗換えとなる。不便ではないが、相互の乗換えがあるのだから連絡改札を設けるなりもっと便利な乗換えができるようにした方がよいだろう。この近辺ではJR奈良線も駅こそないものの接近してきており、交通の要衝となっている。JR奈良線に駅ができれば近鉄も京阪も脅威となるだろう。丹波橋を出て曲がりくねりながら急行停車駅の桃山御陵前となる。同駅は2面2線の高架駅で、ここも京阪の京阪の伏見桃山に近い。

 桃山御陵前を出ると曲がりくねりながら進み、京阪宇治線を跨いで宇治川を渡る。ここには国内最大級のトラス橋である澱川橋梁が架かっている。宇治川を渡ると京都市から宇治市に入り、干拓地の中をほぼ真直ぐに進む。2面4線の向島、1面2線の小倉は準急しか停まらないが乗降が多い。伊勢田あたりではJR奈良線が接近してきて、近鉄を脅かしている。左手に自衛隊の大久保駐屯地を見ながら高架を駆け上がると2面4線の大久保となる。大久保は中間駅の中心駅と言え、JR奈良線の新田と競合関係にあるが、近鉄大久保の方が断然繁栄している。かつてはデータイムに設定されていた快速急行が停車していたが、現在は急行以下の種別が停車する。

 大久保を出ると一直線に進み久津川、寺田、富野荘と城陽市内を駆け抜ける。富野荘を出て木津川を渡ると京田辺市に入る。木津川の鉄橋は撮影地としても有名である。右手に近鉄と京都市交の車両が止まっている側線が見えてくると新田辺となる。新田辺は2面4線の急行停車駅で、京都市交に直通する普通はここで折り返す。JR学研都市線の京田辺駅が近くにあり、京田辺市の中心地にあると言える。

 新田辺を出ると右手にJR学研都市線が並行する。興戸は普通しか停まらないが、少し離れたところに同志社大学があるため学生の利用が多い。JR同志社前も少し離れたところにある。三山木は近年開業したJR三山木の近くにある。2005年8月に高架化されて、駅前にはロータリーが整備された。三山木を出ると大きな留置線群が見えてくる。あまり電車が停まっている光景は目にしないがこれは宮津車庫で、その先に平成5年に開業した近鉄宮津がある。外側に通過線を持つ1面4線の構造で、入庫の関係で、急行宮津行きが1日1本運転されている。京田辺市から精華町に入り狛田となる。狛田はJR学研都市線の下狛の近くにある。このあたりはまだまだ開発途上といった感があり、普通しか停まらない駅は20分に1回の乗車チャンスしかない。JRは30分に1本なので、減便されても近鉄の方が本数は多い。この先もずっとJR学研都市線と並行して走り、2面4線で橋上駅舎の新祝園となる。JR学研都市線の祝園と隣接しており、総合駅となっている。

 新祝園を出てからもまだまだJR学研都市線と並行して進み、木津川市に入り2面2線の木津川台となる。木津川台を出てから漸くJR学研都市線をアンダークロスして別れていく。精華町に戻り、山田川は2面2線の平凡な駅構造で、近くにアルプラザ木津などがあり、街が開けつつあるが、乗降は少ない。次の高の原は京都府と奈良県の府県境にあり、駅は奈良県奈良市に位置する。周辺は京阪奈学研都市のニュータウンが広がっており、乗降客も多い。朝ラッシュ時には当駅始発の急行が運転され、夕方以降の特急も停車するようになった。駅は2面4線で京都方に折り返し線がある。高の原を出るとちょっとした丘を通り抜け奈良盆地に入り、平城となる。平城は奈良競輪場の最寄り駅になっている。平城を出て左にカーブしながら右手に近鉄奈良線が見えてくると京都線の終点の大和西大寺となる。大和西大寺はホーム3面5線の構造で、京都線電車は、1・2・3・4番線から発着する。橿原線折り返し用の6番線から京都線へ乗り入れることはできない。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【近鉄21000系】

近鉄21000系は1988年に登場した名阪ノンストップ特急用の車両。アーバンライナーの愛称が付けられ、従来の近鉄特急のイメージを破壊するようなデザインで登場した。アイボリーホワイトに近鉄特急伝統のオレンジ色のラインが入る … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第233回~近鉄京都線三山木駅~】

~近鉄JRの双方が高架化し駅周辺が一変した~ 近鉄京都線三山木駅は、京都府京田辺市にある。1928年11月3日に奈良電気鉄道の駅として開業した。2005年8月に高架化された。 三山木駅はホーム2面2線で、ホーム有効長は6 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第163回~近鉄京都線新田辺駅~

~一休さんが出迎えてくれる京田辺市の中心駅~ 近鉄京都線新田辺駅は、京都府京田辺市にある。京田辺市の中心駅で、JR京田辺駅は西へ500mほど離れたところにあり、ライバル関係にある。もっともJR学研都市線が大阪方面へ向かう … 続きを読む

コメントなし

近鉄京都線・橿原線・天理線臨時列車~天理臨~

毎月26日と天理教の祝祭がある時に京都や大阪難波から天理まで臨時列車が運転されている。午前中に天理行き、午後に天理発が運転とされている。京都からは特急と急行が天理まで直通しており、定期では見られない天理行き特急が見られる … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第128回~近鉄京都線東寺駅~

~京都の象徴の一つあの五重塔への最寄駅はここ~ 近鉄京都線東寺駅は、京都市南区にある。京都駅の隣の駅で、急行停車駅となっている。五重塔で有名な東寺への最寄駅で、駅から西へ徒歩10分ほどの距離にある。東へ1kmほどの距離に … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第71回~近鉄京都線近鉄丹波橋駅~

 近鉄京都線丹波橋駅は、京都市伏見区にあり、京阪本線との連絡駅となっている。かつては京阪と相互直通運転も行われていた。現在は、駅構内は完全に分離されており、連絡通路を通って乗り換えることになる。  丹波橋は2002年から … 続きを読む

コメントなし

【近鉄5820系】

近鉄5820系は3220系に続くシリーズ21と称される近鉄の通勤型車両で、2000年8月に登場した。5800系L/Cカーのシリーズ21版で、車体はシリーズ21、車内はL/Cカーの形で登場した。他車との増解結を行うため、非 … 続きを読む

コメントなし

【近鉄3200系】

近鉄3200系は1986年に登場したアルミ車体のVVVFインバータ車で、京都市地下鉄烏丸線への直通車両として製造された。当初は4両編成で製造され、1988年の地下鉄直通開始を前に6両編成化された。 主電動機165KWで、 … 続きを読む

コメントなし

【近鉄5800系】

近鉄5800系は1997年8月に登場した通勤型車両。2621F編成で試作されたロングシートとクロスシートを列車や混み具合によって変化させられるデュアルシートが本格的に採用された。車体は他のインバータ制御車などと同じアルミ … 続きを読む

コメントなし

【近鉄3220系】

近鉄3220系はシリーズ21の最初の車両として、2000年3月に登場した。VVVFインバータ制御で、近鉄の車両では初めてIGBT素子を採用した。主電動機は185KWの大出力で、回生ブレーキ付き電気指令式空気ブレーキを採用 … 続きを読む

コメントなし

近鉄京都線~普通橿原神宮前行き~

近鉄京都線普通橿原神宮前行きは2012年3月20日ダイヤ変更で設定された。それまでも大和西大寺で系統分割されるものの、実際には同駅で変身して橿原神宮前や天理へ直通する電車があったが、それを正式に1本化した。平日ダイヤでは … 続きを読む

コメントなし

【近鉄3000系】

近鉄3000系は近鉄初のステンレス車両で、1979年に4両編成1本が製造された。近鉄では唯一の電機子チョッパ制御車で、京都市交烏丸線との直通運転を睨んで試作された。車体は8600系を基本にステンレス車体となった。当時は特 … 続きを読む

コメントなし

近鉄京都線~特急奈良・橿原神宮前行き~

近鉄京都線の特急奈良行き、橿原神宮前行きの併結運転は2012年3月20日ダイヤ変更で設定された。それまで京都線の特急はデータイムに15分毎の運転だったが、同ダイヤ変更で20分毎に減便された。賢島行きの京伊特急が毎時1本削 … 続きを読む

コメントなし

【近鉄京都線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

 近鉄京都線平日夕方ラッシュ時ダイヤは30分サイクルで運転されている。30分サイクルに特急、急行、普通が各2本、準急と地下鉄直通の普通が各1本の運転となっている。特急は奈良行きと橿原神宮前行きがそれぞれ30分毎に運転され … 続きを読む

コメントなし

近鉄~クラブツーリズム専用列車かぎろひ~

近鉄クラブツーリズム専用列車かぎろひは旅行会社が年間を通して団体列車を走らせるという国内では初の試みとして2011年末にデビューした。車両は近鉄12200系特急車を改造した 15400系が使用されている。外観は深みあるダ … 続きを読む

コメントなし

近鉄京都線~急行大和西大寺行き~

 近鉄京都線急行大和西大寺行きは夜間に数本運転されている。平日ダイヤでは京都発21時16分、21時46分、22時21分の3本が運転。土休日ダイヤでは京都発21時16分、21時46分、23時02分の3本が運転。

コメントなし

近鉄京都線~準急京都行き~

 近鉄京都線準急京都行きは朝夕の時間帯に運転されている。平日朝ラッシュダイヤでは新田辺発7時00分、7時40分、8時11分の3本が運転。平日夕方ラッシュ時は新田辺発16時35分、17時35分、18時35分の3本が運転。土 … 続きを読む

コメントなし

近鉄京都線~準急新田辺行き~

近鉄京都線準急新田辺行きは平日朝夕ラッシュ時に運転されている。朝ラッシュ時は京都発8時31分と9時01分の2本が運転。夕方ラッシュ時は京都発17時05分、18時05分、19時05分の3本が運転。かつては土休日にも運転があ … 続きを読む

コメントなし

【近鉄京都線データイムダイヤ】

近鉄京都線は2012年3月20日ダイヤ変更で大幅にダイヤが変わった。それまでは各列車15〜30分毎の運転だったが、ダイヤ変更により20〜30分毎の運転となった。京都発着ベースでは特急と急行が20分毎、普通は13〜18分毎 … 続きを読む

コメントなし

近鉄京都線〜急行近鉄宮津行き〜

 近鉄京都線急行近鉄宮津行きは朝の時間帯に運転されている。平日ダイヤでは京都発7時53分、8時15分の2本。土休日ダイヤでは京都発7時53分1本のみ運転。この急行は通常急行が停車しない興戸、三山木、近鉄宮津に停車する。

コメントなし

近鉄京都線~快速急行~

近鉄京都線では2003年3月6日ダイヤ変更以前の土休日ダイヤのデータイムに快速急行が運転されていた。データイム毎時2本の運転で、停車駅は京都から竹田、丹波橋、大和西大寺、新大宮、近鉄奈良。1998年3月17日ダイヤ変更で … 続きを読む

コメントなし

近鉄京都線~特急高の原停車~

近鉄京都線では平日、土休日とも夕方下り17時以降の特急が高の原に停車する。また、上りは京都着6時57分から9時07分(土休日は9時05分)までの間の特急が高の原に停車する。

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速急行~

関西私鉄では快速特急の採用は少ないが、快速急行は大手5社とも採用している。もっともメジャーなものは近鉄奈良線の大阪難波~近鉄奈良間の快速急行だろう。終日に渡って運転されており、2009年3月の阪神なんば線開業からは三宮~ … 続きを読む

コメントなし