近鉄けいはんな線

学研奈良登美ヶ丘

学研奈良登美ヶ丘

【近鉄けいはんな線ガイド】

近鉄けいはんな線は大阪府東大阪市の長田と奈良県奈良市の学研奈良登美ヶ丘を結ぶ18.8kmの路線である。長田で地下鉄中央線と直通運転を行うため、近鉄の路線では唯一の第三軌条方式を採用している。電車は中央線の終点のコスモスクエアから運転されている。同線の長田~生駒間は近鉄東大阪線として開業し、しばらく東大阪線の名前で親しまれていたが、生駒~学研奈良登美ヶ丘間の開業を機に名称を変更してけいはんな線となった。



長田は大阪市交中央線と共用で、ホーム1面2線でスルー構造になっている。ここで市交の乗務員から近鉄の乗務員に後退する。長田を出ると地下線のまま走り1面2線の荒本となる。付近に東大阪ジャンクションがあり、上下線が多少離れているため、ホーム幅が広くなっている。荒本は東大阪市役所の最寄駅で、付近には大阪府立図書館などもある。北へ2.8㎞の距離に鴻池新田駅、南へ2.0㎞の距離に若江岩田駅がある。荒本を出ると地上に上がり、阪神高速13号東大阪線と2段高架となり、同高速の下を走る。2面2線の吉田は、渋滞情報でよく出てくる水走の近くにある。次の新石切は2面3線で追い抜きや折り返しができる構造になっている。今のところ急行運転や新石切折り返し電車は設定されていない。石切神社への最寄駅で、近鉄奈良線の石切駅よりも同駅の方が近い。新石切駅ホームから生駒山の方を見ると近鉄奈良線電車が山を上っている姿が見える。けいはんな線は新石切を出るとそのままのレベルで新生駒トンネルに入る。途中近鉄奈良線とは2度交差するが、トンネル内のため全く分からない。新生駒トンネル出口では近鉄奈良線の生駒トンネルと並ぶ形でトンネルから出て生駒に到着する。生駒は1面2線で、近鉄奈良線ホームと並んでいる。近鉄奈良線との間には中間改札がある。奈良線、生駒線と連絡し、さらに改札外では生駒ケーブルの鳥居前駅と連絡している。近鉄各線とは同じ標準軌だが、第三軌条のため直通運転などは行っていない。



生駒を出ると暫く近鉄奈良線と並行して走る。東生駒付近にけいはんな線の車庫があり、7000系、7020系や大阪市交20系、22系などが並んでいる。左にカーブしながらトンネルに入り近鉄奈良線と分かれる。進路を北に向けトンネルを何本か抜けて暫く走り2面2線の白庭台となる。同駅は半地下駅で、構内は地下の中にある。とはいえ浅いところにあり、地上からの光も入るような掘割構造になっている。駅舎は地上にあり、バスターミナルなども設置されている。白庭台住宅地への最寄駅となっている。次の学研北生駒までは0.8kmと新興の路線としては駅間距離が短い。学研北生駒も2面2線の高架駅で、ここまでが生駒市となる。生駒市から奈良市に入り、終点の学研奈良登美ケ丘となる。同駅は1面2線の高架駅で、高の原方面への延伸計画があるため、中間駅のような構造になっている。
  

関西各駅探訪第147回~近鉄けいはんな線白庭台駅~

~歴史ある鳥見白庭山が駅名の由縁~ 近鉄けいはんな線白庭台駅は、奈良県生駒市にある。生駒から1駅だが、間には奈良線の東生駒もあり、そこからトンネルを抜けて、トンネルとトンネルの間の掘割の中にある。生駒からは5.1㎞とかな … 続きを読む

コメントなし