京阪本線

8005F

8005F

 【京阪本線ガイド】

京阪本線は三条と淀屋橋を結ぶ49.3kmの路線で、ここでは三条からさらに出町柳までの2.3kmの鴨東線も含めて紹介していくことにする。本線、鴨東線ともに全線複線で直流1500Vの電化鉄道である。本線の天満橋~寝屋川信号所間は複々線になっており、淀屋橋~天満橋間、七条~出町柳間は地下路線となっている。淀屋橋~寝屋川市間は全て立体化されており踏切が一ヶ所もない。

京阪本線の起点は三条駅になるが、ここでは終点となる大阪方の淀屋橋から紹介していくことにする。淀屋橋駅は1面3線の地下駅で、狭いスペースを有効に利用して発着番線は4番線まで使用している。1番のりばと4番のりばは縦列停車になっており、2番のりばは切り欠きホームでその後ろに3番のりばがある。基本的に4番のりばから快速特急、特急が発着し、3番のりばからは急行、準急が発着している。また、2番のりばは普通、1番のりばは準急や区間急行、普通など様々な種別が発着している。淀屋橋では地下鉄御堂筋線と連絡しているが、乗換えには結構歩かされる。特に1番のりばや切り欠きホームの2番のりばからはかなり遠い。淀屋橋から北浜までは地下道つながっており、北浜駅は歩いて行ける距離である。淀屋橋駅の地下から上がると御堂筋が南北に走っており、土佐堀川を渡ると大阪市役所がある。その西側には京阪中之島線の大江橋駅がある。淀屋橋を出ると長いホームの横をすり抜けてすぐに1面2線の北浜となる。北浜では地下鉄堺筋線と連絡しているが、ここも乗換えはあまり便利ではない。大川に架かるなにわ橋を渡ると京阪中之島線のなにわ橋駅がある。駅の上には大阪証券取引所があり、NHKの朝の連続テレビ小説あさが来たで人気を博した五代友厚の像などがある。北浜からずっと土佐堀通りの下を走り、地上では北側を大川が流れ、阪神高速12号守口線が交差している。大川にかかる天満橋の西側に天満橋駅がある。同駅では地下鉄谷町線と連絡している。天満橋はホーム3面4線の構造で、ここから寝屋川信号所までの複々線がはじまる。かつては複々線の緩行線が3、4番線で淀屋橋からの本線が1、2番線となっていたが、中之島線工事に伴い、3、4番線が本線の上下線、1、2番線が中之島線の上下線となった。中之島線開業前に大幅な線路の振り替えが行われ、一時期は1、2番線から発着する本線の線路を新しい本線の線路に一旦振って運転されていたこともある。天満橋を出ると左にカーブしながら地上に出る。寝屋川を渡って本線上り線が中之島線上下線を跨いで方向別複々線となる。右手には大阪城、左手には大川が見え、ビルの雑踏の中のオアシスのような風景が展開される。高架に上がってしばらく真っ直ぐ走って2面4線の京橋となる。京橋手前にはA線B線の両方向に渡り線があり、中之島線開業後はA線を走る特急や準急はここでB線からA線へと転線している。京橋ではJR大阪環状線、学研都市線、地下鉄長堀鶴見緑地線と連絡している。京橋までの各駅には全ての電車が停車する。淀屋橋から来る電車は全て天満橋方で転線しており、京都方にも渡り線はあるが、転線は行われていない。

京橋を出るとJR大阪環状線を跨いで左にカーブする。カーブを曲がり終えるとしばらく真っ直ぐ複々線で進む。京橋~守口市間は改良区間の為、京阪にしては珍しく真っ直ぐ走る区間となっている。JR城東貨物線がオーバークロスして外側の緩行線のみにホームがある野江となる。複々線区間では京橋、守口市、萱島以外は急行線にホームがない。JR城東貨物線を旅客化するおおさか東線の延伸工事が行われており、野江駅の北側にJR野江駅(仮称)ができる予定だ。野江を出ると程なく関目となる。同駅も野江と同様の構造である。関目は大阪市交今里筋線の開業により、同線の関目成育と連絡駅となった。関目から400mほど北に行くと地下鉄谷町線の関目高殿駅がある。阪神高速守口線の支線がオーバークロスして森小路となる。同駅は急行線と緩行線の間にホームがある。但し急行線側は柵が設けられており、優等列車は全て通過している。次の千林までが大阪市内で滝井からは守口市内に入る。このあたりは国道1号線の下を谷町線が走っており、各駅とも競合している。谷町線は東梅田まで乗換えなしで行けるので、キタへ向かうには同線の方が断然便利である。滝井は大阪国際高校や関西医大の最寄駅で学生の利用も多い。土居の手前で右にカーブして、森小路以外の各駅と同様の2面4線の土居となる。土居を過ぎると2面4線で緩行線、急行線の間にホームがある守口市となる。同駅には朝ラッシュ時を除く時間帯に快速急行以下の優等列車が停車し、区間急行は朝夕ラッシュ時とも全て停車する。区間急行は守口市手前でA線からB線に転線する。守口市にはかつて車庫があったが、現在はその跡地に京阪百貨店ができている。駅周辺は住宅地と工場が入り混じっており、三洋電機の本社が近くにあり守口市駅下車の通勤客も多い。守口市駅から北へ700mほどの距離に地下鉄谷町線の守口駅があり競合している。

守口市を出ると右にカーブして複々線化後も未改良のカーブが多い区間に入る。西三荘は緩行線のみにホームがある駅だが、パナソニック本社の最寄駅で守口市以遠各駅に停まる区間急行も停車する。西三荘を出ると左にカーブして一旦高架を下って、近畿自動車道、中央環状、大阪モノレールの下をくぐり門真市となる。同駅は大阪モノレールとの連絡駅で、駅コンコースは別になっているが、乗り換えはそこそこ便利である。京阪がデータイム10分サイクルになってからモノレールとの接続は改善されている。同駅も松下電器の本社やその周辺の部署などの建物に近く、通勤利用も多い。ここからもう一度高架に上がって右に左にうねりながら古川橋となる。古川橋は門真警察への最寄駅で免許交付や免許更新に訪れる人が多い。最寄駅といっても駅からはかなり離れているので、バスを利用する人も多いし、電車で行くのが面倒なのでクルマを使ってしまう人も多い。次の大和田は大阪国際大への最寄駅で、有名な撮影地でもあり京阪電車の写真でよく出てくるところである。大和田を出ると左にカーブして寝屋川市に入ってすぐに萱島となる。萱島は2面4線で急行線にもホームがあり準急が停車する。出町柳方には寝屋川信号所があり、複々線はここで終わり線路は寝屋川車庫に通じている。データイムの普通は半数以上が当駅止まりとなり、区間急行も当駅止まりが多い。ここから先は準急が各駅に停まっていく。

萱島を出て暫く車庫への回送線と複々線の状態で進み、寝屋川信号所でそれが地上に下りて行くと複線高架でしばらく走り2面2線の寝屋川市となる。寝屋川市は快速急行停車駅で、早朝深夜には京都方面からの電車が当駅始終着で運転されている。同駅を出ると高架から下りて地上を走るようになる。国道170号線と交差して2面4線の香里園となる。同駅も快速急行停車駅で山の手には高級住宅地が広がっている。同駅は外側を通過線、内側を待避線としており、特急は外側を通過していく。

香里園を出ると枚方市に入り、2面2線の光善寺を過ぎて右手に“ひらぱー”が見えると2面2線の枚方公園である。同駅には急行が停車するが、2017年2月改正で急行が激減したため、急行の停車回数は減っている。なお深夜に運転されている深夜急行は枚方公園には停まらない。同駅はひらぱーことひらかたパークへの最寄駅だが、同パークへは少し歩くことになる。左手には淀川の土手が広がっており国道170号線の枚方大橋が近くにある。枚方公園を出るとS字カーブして高架線を駆け上がり3面6線の枚方市となる。同駅では2面4線を本線が使用し、残りの1面2線を交野線が使用している。交野線の2線のうち5番線は本線と線路がつながっており、6番線は行き止り式となっている。かつて運転されていた交野線直通のおりひめ、ひこぼしは5番線から発着し本線に直通していた。今は交野線への送り込みの回送が走るのとたまに臨時列車が走るぐらいである。大阪方、京都方の両側に折り返し線が設けられており、当駅止まりの電車がここで折り返す。枚方市には2003年9月改正からデータイムの特急も停車するようになったが、快速特急洛楽は通過するため、全列車停車駅とはなっていない。

枚方市を出るとすぐに交野線が右手に分かれていき、高架線から地上に下りて2面2線の御殿山となる。次の牧野も2面2線で、関西外国語大、大阪歯科大、関西医大への最寄駅で比較的乗降が多い。牧野を出て左手に淀川が沿うようになり、高架線を駆け上がると2面4線の樟葉である。同駅も枚方市と同様に2003年9月改正から特急が停車するようになった。枚方市と同様に快速特急洛楽は通過する。樟葉ローズタウンなどへの最寄り駅となっており、枚方市とともに中間駅では利用者が多い。朝夕ラッシュ時にも当駅を始終着とする電車は多い。淀屋橋方に1線、出町柳方に2線の引き上げ線があり、大阪、京都の両方向からの列車が折り返せるようになっている。

樟葉を出ると淀川の土手に沿って走る。このあたりは河川敷が広くゴルフ場などがあり賑やかである。対岸には遠く左岸を走る東海道新幹線と阪急京都線を望むことができる。京都府八幡市に入って2面2線の橋本を過ぎると男山と淀川に挟まれた狭いところを走りカーブしながら2面2線の八幡市となる。八幡市は以前は2面4線だったが、淀駅が高架化で2面4線になったため、それと引き換えに2面2線化された、急行停車駅だが、急行の運転が激減したため、各駅に停まる準急と普通しか停まらない駅となっている。駅南側からは男山ケーブルが発着している。石清水八幡宮への参拝には当駅で下車してケーブルに乗換えとなる。

八幡市を出ると左にカーブして木津川、宇治川と連続して淀川の支流を渡る。木津川を渡った後京滋バイパスと交差する。宇治川を渡って右にカーブして淀車庫を見ながら高架線を進み、一旦高架から下りて暫く真っ直ぐ進み、車庫からの回送線と合わせて複々線の計上で再び高架に上がり、2面4線の淀となる。高架化前は300mほど淀屋橋寄りに駅があったが、高架化を機に現在の場所に移転し、京都競馬場にかなり近くなった。競馬場との間には連絡通路が設けられ、駅から直接競馬場に行くことができるようになった。淀駅から京都競馬場のコースやパドックも見えるし、競馬場のパドックの後ろに京阪電車が走る姿がよく見えるようになった。淀車庫への入出庫列車の発着の他に京都競馬場開催時に臨時列車が多数運転されることで有名である。出町柳方にも1線引き上げ線があり、ここで当駅始発となる臨時急行などが待機する。

淀を出ると京阪本線で最長の駅間距離を走る。このあたりは宇治川と桂川に挟まれた干拓地の為、住宅地が少なく駅を作っても利用が見込めない為、駅間が長いようだ。国道1号線、国道1号線バイパスと連続して交差して3面4線の中書島となる。中書島は本線が2面2線、宇治線が2面2線を使用し、本線下り2番線と宇治線の3番線はホームを共用している。宇治線とは大阪方面、京都方面とも線路がつながっており、両方向とも直通が可能だが、今のところ大阪方面への電車の設定はなく、京都方面への直通も定期列車はなくなり、現在は回送が走るだけとなっている。中書島を出ると左にカーブして宇治線と分かれて京都市内を北上する。次の伏見桃山は2面2線でホーム有効長が7両分となっている。京都市内各駅のホーム有効長が7両分しかないため、近年7両編成の電車が増えている。住宅が建て込んでいるのでわかり難いが、右手に近鉄京都線が並行しており、伏見桃山と近鉄桃山御陵前は至近距離にある。さらにこの先丹波橋付近ではJR奈良線も接近しており、各線が呉越同舟といったところである。丹波橋は2面4線の橋上駅で特急が停車し、準急、普通と終日緩急接続を行っている。近鉄京都線近鉄丹波橋とは連絡通路でつながっており、乗り換えは便利である。

丹波橋を出ると京都駅に向かう近鉄京都線を跨いで、2面2線の墨染となる。名神高速と交差してすぐに2面2線の藤森となる。このあたりも京阪本線に珍しく少しだけ直線が続く。高架道路と交差して2面4線の深草となる。同駅にはかつて車庫が設置されていたが、今は留置線が残っているだけとなっている。駅の西側には龍谷大学のキャンパスが広がっており、学生の利用が多い。東側にはJR奈良線が走っているが、住宅が建て込んでいるのでその存在は確認しづらい。

深草構内から左にカーブして、線路をもう一度振り直して2面2線の伏見稲荷となる。同駅は伏見稲荷大社への最寄駅で、ホームも稲荷大社を模したような造りになっている。稲荷大社は駅の東側約300mのところにあり、JR奈良線を越えなければならない。JR稲荷駅の方が同大社へは近い。駅の西側にはラグビーで有名な伏見工業高校がある。伏見稲荷を出ると右手にJR奈良線が並行して走るようになる。2面2線の鳥羽街道ではJR奈良線の電車と併走するシーンが見られる。鳥羽街道を出ると築堤を上がって、狭いところを急カーブしてJR奈良線を乗り越して同線の東側に出る。築堤から下りて2面2線の東福寺となる。同駅はJR奈良線との連絡駅で連絡改札も設けられている。JRは快速を停車させるなど東福寺での乗換えの利便性を高めて、四条や洛北からの利用者誘致を行っているが、京阪は準急と普通しか停まらない。近年京都観光が増加しており、京都駅以外での乗換えの誘致が行われている。これに乗じて東福寺でのJRと京阪の乗換えの利便性向上が行われており、企画切符の発売なども行われており、JRと京阪が競合から連携する形になってきている。

東福寺を出るとJR奈良線が左にカーブして分かれて行き、京阪本線は真っ直ぐ走り、JR東海道新幹線、JR琵琶湖線の下をくぐって地下に入る。かつてはこのあたりから鴨川沿いを走り、風光明媚な景色が展開されていたが、昭和62年に地下化された。地下に入ってからの最初の停車駅七条は特急停車駅で、南西方向に1kmほど離れたところに京都駅がある。当駅は快速特急洛楽も停車する。京都の中心部からは少し離れており、三十三間堂や国立博物館などもあるが、特急が停車する割りに利用者は多くない。真っ直ぐ鴨川に沿って地下線を北上して行き1面2線の清水五条となる。同駅には急行以下の電車が停車し、特急と快速急行は通過する。2008年10月19日ダイヤ改正までは五条だったが、同改正で清水五条に改称された。地下鉄烏丸線にも五条があり、西へ約600mほど離れているため混同するのを避けるために駅名を解消したものと思われる。もっとも地下鉄の方が後発なので、本来は地下鉄を改称すべきところなのかもしれない。清水を冠して清水寺への最寄駅であることをイメージさせるが、清水寺へは駅からかなり歩かなければならない。

清水五条を出るとさらに北上して行き、四条通との交点に1面2線の祇園四条がある。同駅は快速特急洛楽と特急が停車し、京都の中心駅の一つとなっており、乗降も多い。駅付近は京都の中心街で、鴨川を渡ると四条河原町で、阪急京都線の河原町駅がある。祇園四条、河原町は連絡駅ではないが、両駅には両線の時刻表が掲示されており、乗り換え客に配慮している。東には八坂神社や円山公園があり、正月などには参拝客で賑わう。祇園祭も四条通を中心に展開されるので、シーズン中には京阪も多数の臨時列車を運転して見物客輸送に対応している。同駅も2008年10月19日ダイヤ改正までは四条だったが、同改正で祇園四条に改称されている。こちらも地下鉄に四条駅があり、同じ四条通にはあるものの阪急烏丸付近にあり、京阪の四条とはかなり離れている。こちらも地下鉄が後発だが、京阪が駅名を改称している。地下鉄の四条も阪急烏丸と連絡しており、四条だけではややこしいので四条烏丸に改称した方が良い。四条を出るとさらに北上して三条通りとの交点に三条がある。三条は2面4線の構造で、出町柳方に折り返し線があり、朝夕のラッシュ時には当駅止まりの準急や普通が運転されている。また、データイムには特急と準急、普通が緩急接続を行っている。かつては京阪京津線の三条駅が地上にあったが、現在は京都高速鉄道の三条京阪と連絡しており、地下の連絡通路で結ばれている。

三条を出ると1989年に開業した鴨東線区間に入る。鴨川沿いをさらに北上して1面2線の神宮丸太町となる。ここも2008年10月19日ダイヤ改正前は丸太町だった。それを同改正で神宮丸太町に改称した。地下鉄丸太町は西側に少し離れた位置にある。こちらも地下鉄が後発なのに京阪が駅名を改称している。駅の西側には京都御苑が広がり、北東方向には京都大学のキャンパスが広がっている。さらに真っ直ぐ北上して行き、終点の出町柳となる。出町柳は1面2線の構造で、地上に出ると叡山電鉄の出町柳駅があり、連絡している。1面2線で引き上げ線もなく、折り返し時間は各列車とも短い。叡電の出町柳とは少し離れているため、地下の連絡通路には途中からエスカレータになるムービングウォークも設置されている。

  

【関西各駅探訪第269回~京阪本線千林駅~】

~ダイエー発祥の地は駅周辺に活気ある商店街が延びる~ 京阪本線千林駅は大阪市旭区にある。京阪本線複々線区間にある駅で、守口市以西にあるため普通しか停車しない駅である。駅周辺は商店街が広がっており、スーパーダイエーの発祥の … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第258回~京阪本線伏見稲荷駅~】

~おいなりさんのきつねがお出迎えの伏見稲荷駅は現在リニューアル中~ 京阪本線伏見稲荷駅は京都市伏見区にある。急行停車駅で、伏見稲荷大社への最寄駅となっている。伏見稲荷大社は全国にある稲荷神社の総本山で、正月三箇日の初詣に … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第230回~京阪本線枚方市駅~】

~特急も停車し名実ともに京阪本線中間駅の雄となった~ 京阪本線枚方市駅は、大阪府枚方市にある。京阪本線の中間駅の要となる駅で、交野線を分岐している。2003年9月のダイヤ改正から特急が停車するようになっており、快速特急洛 … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第221回~京阪本線関目駅~】

~すぐ近くに関目成育駅、少し離れたところに関目高殿地下鉄包囲網の中にある駅~ 京阪本線関目駅は、京橋から2つ目の駅で、大阪市城東区にある。駅の目の前には地下鉄今里筋線の関目成育駅があり、北側に約200mの距離に地下鉄谷町 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第206回~京阪本線中書島駅~

~京阪間ノンストップ特急の牙城を崩した宇治線連絡駅~ 京阪本線中書島駅は、京都市伏見区にある。京阪宇治線を分岐する結節点で、以前は宇治線から京都方面への直通運転も行われていたが、現在は定期列車での宇治線直通はない。199 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第191回~京阪本線寝屋川市駅~

~大関豪栄道と新鋭宇良を輩出した相撲に熱い寝屋川市の中心駅~ 京阪本線寝屋川市駅は、大阪府寝屋川市にある。大相撲2016年秋場所で優勝した大関豪栄道は、寝屋川市出身で、同駅周辺で優勝時にはパレードも行われた。寝屋川市駅は … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第184回~京阪本線墨染駅~

~実は藤森よりもJR藤森に近いかつての急行停車駅。すみぞめ駅の由来はぼくせんじから~ 京阪本線墨染駅は、京都市伏見区にある。戦時中陸軍16師団の施設が近くにあったため、急行停車駅だった時代があるが、戦後は普通(各駅に停ま … 続きを読む

コメントなし

京阪本線2017年2月25日ダイヤ変更

京阪本線では、2017年2月25日にダイヤ変更を実施します。8000系へのプレミアムカー連結に備えた改造のため、8000系を7連に減車する措置のためのダイヤ変更となっています。主な変更内容は下記の通り。 ・平日ダイヤ快速 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線臨時列車~旧3000系臨時列車~

京阪旧3000系がラストランを迎えた時には2012年から2013年にかけて数多くの臨時列車が運転された。定期ラストラン後に運転された快速特急出町柳行き。中之島~出町柳間の運転で、3月24日のラストランの際には出町柳から折 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線臨時列車~臨時快速特急洛楽~

京阪では行楽シーズンに京阪間ノンストップの臨時快速特急洛楽を運転している。淀屋橋~出町柳に2本が設定されており、午前中の上り(出町柳行き)のみの運転となっている。停車駅は往年の特急と同じく、北浜、天満橋、京橋、七条、祇園 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線・中之島線新ダイヤ~2013年3月16日ダイヤ変更~

2013年3月16日に京阪本線のダイヤ変更が行われた。淀駅高架化完成に伴う2度目のダイヤ変更である。淀始発電車の増発など同駅高架化に伴うダイヤ変更も見られるが、根本的には中之島線関連のダイヤ整理の第2弾といった感じのもの … 続きを読む

コメントなし

【京阪3000系】

京阪3000系は2008年10月19日に開業した中之島線用に新製された快速急行用車両。1-2配列の3扉転換クロスシートを採用した。中之島~出町柳間に運転されていた快速急行に投入され、間合い運用で特急以下の列車にも使用され … 続きを読む

コメントなし

【京阪2200系】

京阪2200系は1964年に登場した急行用車両。各停用の高加減速車両スーパーカーこと2000系の優等列車版として登場した。急行用とはいえ3扉ロングシートの通勤車両で、急行以下の種別で幅広く運用された。抵抗制御を採用し、全 … 続きを読む

コメントなし

【京阪2600系】

京阪2600系は1978年に2000系を改造して製造された通勤型車両で、2000系は1959年より製造されているので、そこから換算すると、製造から50年以上が経っている。架線電圧600Vから1500Vへの昇圧を前提に複電 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第40回〜京阪本線樟葉駅〜

1.概要京阪本線樟葉駅は、大阪府枚方市東部にあり、古くから京阪が開拓してきた住宅地の最寄駅となっている。近年でもくずはタワーシティや樟葉モールなどが整備されている。2003年からは枚方市とともに特急停車駅となったが、年々 … 続きを読む

コメントなし

【京阪2400系】

京阪2400系は1969年に登場した通勤型車両。関西私鉄では初めての冷房車として新製された。性能的には2200系をベースとしており、主電動機155KWでの抵抗制御車で、後に回生ブレーキ付き1C8Mの界磁添加励磁制御に改造 … 続きを読む

コメントなし

【京阪8000系】

京阪8000系は1989年に登場した特急車。当初は鴨東線開業に伴う特急車の運用増加による新製であったが、増備車は老朽化していた3000系を置き換えるために製造された。京阪の特急専用車としては6代目の車両で、歴代車両と同様 … 続きを読む

コメントなし

【京阪5000系】

京阪5000系は1970年に登場した5扉通勤型車両。日本初の多扉車両で、昇降式の座席も日本初となった。ラッシュ時には5扉運用となり、閑散時には5扉のうち2扉を閉鎖し、座席をセットして3扉で運用される。7両編成7本が建造さ … 続きを読む

コメントなし

【京阪10000系】

  京阪10000系は2002年に営業運転を開始した支線用車両。外観は7200系、9000系を踏襲しつつ、車体寸法の見直しなどが行われた。また、外観塗装はグリーンの濃淡のツートンカラーではなく、青緑色(ターコイズグリーン … 続きを読む

コメントなし

京阪特急プレミアムカー考察

京阪では8000系使用列車にプレミアムカーを設定することになった。6号車がその対象で、設置後は、一般席は実質7両編成となる。ここではプレミアムカー導入による問題点やその効果などについて検証していきたい。1)料金体系はどう … 続きを読む

コメントなし

【京阪7000系】

京阪7000系は1989年に誕生した京阪初のVVVFインバータ車。6000系をベースにした外観だが、前面形状は6000系のように後退角をつけずに垂直に近い形状となった。GTO素子によるインバータ制御で、一つの制御器で4台 … 続きを読む

コメントなし

【京阪7200系】

 京阪7200系は1995年に誕生した3扉ロングシートのVVVFインバータ車。7000系をベースにした車両だが、外観を始め、6000系、7000系とは一線を画す車両となっている。正面デザインは角ばっていた7000系とは異 … 続きを読む

コメントなし

【京阪1000系】

京阪1000系は1977年から78年にかけて登場した通勤型車両。京阪本線の600Vから1500Vへの昇圧に際して700系を改造して誕生した車両で、車体は700系を流用し、昇圧化準備、冷房化改造が行われた。下回りは全て更新 … 続きを読む

コメントなし

【京阪9000系】

京阪9000系は1997年3月22日ダイヤ改正で平日朝ラッシュ時の特急の枚方市停車に際して投入された準特急車両。特急車両としては2扉オール転換クロスシートの8000系が存在していたが、ラッシュ時への対応は不得手な車両のた … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第33回~京阪本線枚方公園駅~

1.枚方公園駅概要 京阪本線枚方公園駅は、枚方市内にある。関西ではおなじみのひらぱーこと枚方パークの最寄駅だ。枚方市駅の西隣に位置しており、ひらぱーは駅よりもさらに西側の線路沿いにあり、駅前にあるわけではない。枚方公園駅 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第26回~京阪本線大和田駅~

1.大和田駅概要 京阪本線大和田駅は門真市内に駅があり、1駅東には寝屋川車庫に隣接する萱島駅があり、天満橋から続く複々線の終端に近い。大和田駅下りホーム淀屋橋方は京阪電車の撮影のメッカと言え、臨時列車が走る時などは多くの … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第22回~京阪本線牧野駅~

1.牧野駅概要 京阪本線牧野駅は枚方市内にあり、準急以下が停車する。樟葉の1つ大阪寄りにあるため、列車回数は多い。1910年4月15日に開業した。 2.牧野駅周辺 枚方市郊外の住宅街にあり、大阪歯科大や関西歯科大など歯科 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅訪問第14回〜京阪本線北浜駅〜

1.北浜駅概要 京阪本線北浜駅は1963年4月16日の京阪本線天満橋~淀屋橋間延伸により開業した。当初から地下駅として開業し、特急停車駅となっている。 2.北浜駅周辺 北浜駅は堺筋と土佐堀通の交点に駅があり、付近は大阪で … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~急行出町柳行き~

京阪本線急行出町柳行きはかつては終日運転されていたが、現在は運本本数がかなり少なくなっている。平日ダイヤでは淀屋橋発5時48分、6時08分の2本。土休日ダイヤでは淀屋橋発5時48分、6時08分、6時22分、6時42分、7 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線区急萱島行き8000系使用

京阪8000系使用の区間急行萱島行きは、平日ダイヤ中之島発7時43分、淀屋橋発22時17分の2本が運転。土休日ダイヤの運転はない。

コメントなし

関西各駅探訪第4回〜京阪本線光善寺駅〜

京阪光善寺駅は枚方市南部にある準急停車駅である。駅名になっている光善寺は北西へ600mほどの所にある。付近は枚方市中振という地名で、国道1号線と国道170号線が交差する地点で道路交通上の要衝となっている。光善寺駅の乗降者 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線・中之島線〜区間急行枚方市行き〜

京阪本線、中之島線では土休日夜間に区間急行枚方市行きを運転している。土休日ダイヤでは中之島発23時13分の1本が運転。以前は平日ダイヤ朝ラッシュ時に運転されていた。2013年3月16日ダイヤ変更で平日朝に運転されていた中 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線〜8000系区間急行萱島行き〜

京阪本線、京阪中之島線では8000系特急車を使用した区間急行萱島行きを朝夜に運転している。平日ダイヤでは朝が中之島発7時43分、夜は淀屋橋発22時17分に運転されている。土休日ダイヤの運転はない。

コメントなし

京阪本線~準急樟葉~

京阪本線準急樟葉行きは平日ダイヤの朝と夕方以降の時間帯に運転されている。淀屋橋発6時43分、8時05分、8時34分、8時44分、17時25分、17時45分、18時05分、18時25分、18時45分、19時05分、19時2 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~特急枚方市~

京阪本線特急枚方市行きは2008年の中之島線開業時には中之島発の快速急行が走る昼の時間帯に淀屋橋発で定期的に運転されていた。2011年5月28日ダイヤ変更で、昼間の快速急行の運転がなくなり、淀屋橋発枚方市行き特急もなくな … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~準急中之島行き~

京阪本線準急中之島行きは平日ダイヤ朝夕夜の時間帯に運転されている。朝は出町柳発7時22分1本のみで、通勤準急が運転されるため、ラッシュ時終盤の運転となる。夕方以降は上り快速急行の送り込みとして樟葉発で運転されている。樟葉 … 続きを読む

コメントなし

【京阪本線平日朝ラッシュ時ダイヤ】

  京阪本線平日朝ラッシュ時には寝屋川信号所〜天満橋間の複々線を活用して多数の列車が運転されている。京橋着7時30分から8時30分の間に35本が運転されている。以前は40本以上運転されている時もあったが、京橋駅配線変更、 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~普通淀屋橋~

京阪本線普通淀屋橋行きは朝夕夜に運転されている。以前はデータイムにも運転されていたが、データイムの全ての普通が中之島線直通となったため、淀屋橋行き普通は激減している。平日ダイヤでは早朝5時、6時台に5本が運転。朝の時間帯 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線〜準急枚方市行き〜

京阪本線準急枚方市行きは平日ダイヤ朝夜に運転されている。淀屋橋発7時44分、20時34分、20時54分、21時14分、21時34分、21時54分、中之島発8時11分の7本が運転。土休日ダイヤでは運転はないが、2014年秋 … 続きを読む

コメントなし

【京阪本線平日夜間ダイヤ】

京阪本線の20時以降の夜間ダイヤは夕方ラッシュ時の延長で20分サイクルで運転されている。20時台は20分サイクルに特急2本、快急1本、準急2本、普通2本が運転されている。急行と区間急行の運転はなく、特急と準急を主体に、中 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~臨時急行中之島行き~

京阪本線では京都競馬開催時に淀始発の臨時急行中之島行きが運転されている。競馬があるなしに関わらず土休日ダイヤでは淀始発の淀屋橋行き急行が淀発16時06分、16時46分、17時06分の3本が設定されている。中之島行き急行は … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~準急三条行き~

京阪本線準急三条行きは平日ダイヤ土休日ダイヤともに深夜の淀屋橋発23時13分に1本運転されている。この準急は終点の三条で、普通出町柳行きと連絡している。この普通出町柳行きは淀屋橋発23時40分の特急三条行きが変身する曰く … 続きを読む

コメントなし

【京阪本線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

京阪本線、京阪中之島線、京阪鴨東線の平日夕方ラッシュ時上りダイヤは20分サイクルで運転されている。京橋発18時台には、20分サイクルに特急2本、快速急行1本、急行1本、準急2本、区間急行1本、普通2本が運転されている。以 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~急行寝屋川市行き~

京阪本線急行寝屋川市行きは2008年10月19日ダイヤ改正以前に出町柳発で深夜時間帯に運転されていた。平日ダイヤ出町柳発23時14分、土休日ダイヤ出町柳発23時16分で運転され、平日は2扉特急車が使用されていた。

コメントなし

京阪本線~臨時特別貸切列車ターフィー号~

京阪本線では2014年5月4日の天皇賞当日に臨時特別貸切列車ターフィー号を淀屋橋~淀間で運転した。事前応募制での貸切列車で、淀屋橋~淀間をノンストップで運転された。淀屋橋発9時07分→淀着9時44分で運転。使用車両は70 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線・京阪宇治線〜臨時宇治伏見おうじちゃまEXPRESS〜

京阪本線、京阪宇治線では2014年4月6日(日)~5月6日(火)の土休日に臨時列車宇治伏見おうじちゃまエクスプレスを運転。列車は淀屋橋~宇治間の運転。13000系4両編成が使用された。停車駅は淀屋橋から北浜、天満橋、京橋 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線〜普通樟葉行き〜

京阪本線普通樟葉行きは平日ダイヤ朝ラッシュ時に運転されている。淀屋橋発7時02分、7時21分、中之島発6時38分の3本。

コメントなし

京阪本線〜普通出町柳発樟葉行き〜

京阪本線では夜間に普通樟葉行きを出町柳から運転している。平日ダイヤ出町柳発21時59分、0時00分の2本。土休日ダイヤでは出町柳発0時00分の1本のみが運転。

コメントなし

京阪本線~3000系普通萱島行き~

京阪本線では土休日の夜間に3000系を使用した普通萱島行きが運転されている。淀屋橋発22時55分で、平日ダイヤでの運転はない。淀屋橋発の普通萱島行きに3000系が使用されるのはこの1本だけである。

コメントなし

京阪本線~出町柳発特急枚方市行き~

京阪本線出町柳発枚方市行き特急は平日ダイヤ、土休日ダイヤとも出町柳発23時58分に運転されている。写真は3扉通勤型使用の特急枚方市行きだが、現在は平日ダイヤは3000系、土休日ダイヤは8000系が使用されている。

コメントなし

京阪本線~特急三条行き~

京阪本線特急三条行きは平日朝と夜間に運転されている。平日朝は淀屋橋発8時00分1本が運転。夜間は淀屋橋発23時40分に1本が運転。夜間の1本は土休日にも運転がある。この電車は三条から普通出町柳行きに変身する曰く付きの特急 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線、中之島線~快速急行樟葉行き~

  京阪本線、中之島線では平日朝夕ラッシュ時に快速急行樟葉行きが運転されている。平日ダイヤで朝ラッシュ時に中之島発7時58分、8時29分の2本。夕方ラッシュ時に中之島発17時28分、17時48分、18時09分、18時29 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線・中之島線~普通香里園行き~

京阪本線、中之島線では朝夜に普通香里園行きが運転されている。平日ダイヤ中之島発7時08分、23時54分の2本。土休日ダイヤでは夜間の中之島発23時54分1本が運転されている。

コメントなし

京阪本線~淀始発三条行き急行~

京阪本線では2012年3月16日ダイヤ変更まで平日ダイヤで淀発三条行き急行を運転していた。淀発7時04分で、3000系が使用され、三条では折り返し通勤快速急行となっていた。

コメントなし

京阪本線~8000系急行樟葉行き~

京阪本線では土休日ダイヤで8000系急行樟葉行きが1本運転されている。淀屋橋発22時03分で、これが唯一の8000系使用の急行樟葉行きとなっている。2013年3月16日ダイヤ変更以前は同じく土休日ダイヤで淀屋橋発22時4 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~3000系急行樟葉行き~

京阪本線では土休日ダイヤに3000系を使用した急行樟葉行きが深夜時間帯に2本運転されていた。2011年5月28日ダイヤ変更から2013年3月16日ダイヤ変更の間に運転。淀屋橋発22時02分、22時22分の2本。

コメントなし

京阪本線~淀快速ターフィー~

淀快速ターフィー号は京阪本線で、京都競馬場へのアクセス列車として1999年4月から運転を開始した。淀屋橋から京都競馬場最寄りの淀まで運転され、停車駅は淀屋橋から北浜、天満橋、京橋で、京橋から淀までノンストップで運転された … 続きを読む

コメントなし

京阪本線・中之島線~快速急行三条行き~

京阪本線では2009年9月12日ダイヤ変更から2011年5月28日のダイヤ変更まで夕方ラッシュ時に快速急行三条行きを運転していた。平日ダイヤで中之島発17時28分、17時48分、18時08分、18時28分、18時48分の … 続きを読む

コメントなし

京阪本線・中之島線~普通枚方市行き~

京阪本線普通枚方市行きは朝夜に運転がある。平日ダイヤ中之島発6時48分、23時17分の2本が運転。土休日ダイヤでは運転はない。

コメントなし

京阪本線~特急樟葉行き~

京阪本線特急樟葉行きは平日、土休日ダイヤともに淀屋橋発23時53分に1本が運転されている。現在は2扉車が運用されているが、以前は平日ダイヤでは3扉車が運用されていた。2012年3月17日ダイヤ変更までは平日朝ラッシュ時に … 続きを読む

コメントなし

京阪本線〜準急淀行き(淀屋橋発)〜

京阪本線準急淀行きは深夜時間帯に運転されている。平日ダイヤでは淀屋橋発22時12分、23時03分、23時22分、23時44分、23時55分、0時04分の6本が運転。土休日ダイヤでは淀屋橋発発22時12分、23時03分、2 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線〜急行淀行き(淀屋橋発)〜

京阪本線淀屋橋発急行淀行きは平日ダイヤの夕方ラッシュ時と土休日ダイヤの朝の時間帯に運転されている。平日ダイヤでは朝の時間帯には運転はなく、夕方ラッシュ時淀屋橋発18時02分、18時22分、18時42分、19時02分の4本 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線・交野線〜準急ひこぼし〜

京阪本線準急ひこぼしは2003年9月6日のダイヤ改正で新設された交野線直通の準急である。平日夕方ラッシュ時に私市行きのみが2本運転されていた。朝に運転される私市発淀屋橋行きはK特急おりひめとして運転されていた。準急ひこぼ … 続きを読む

コメントなし

京阪本線・交野線〜K特急おりひめ〜

K特急おりひめは2003年9月6日ダイヤ改正で誕生した。平日朝ラッシュ時に私市~淀屋橋間で2本が運転されていた。運転開始当初は私市発8時11分、8時28分で運転されていたが、2006年4月16日ダイヤ改正で私市発7時49 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線〜快速急行淀屋橋行き〜

京阪本線では平日、土休日の夜間と土休日の朝に淀屋橋行き快速急行を運転している。平日夜間には出町柳発21時14分、21時34分、21時54分、22時14分、22時38分の5本を運転。このうち21時14分は8000系、21時 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線〜快速特急出町柳行き〜

京阪本線では2008年10月19日ダイヤ改正で夕方ラッシュ時に快速特急の運転を開始した。それまで運転されていたK特急の名称を替えたもので、停車駅はK特急と同じく、淀屋橋から北浜、天満橋、京橋、中書島、丹波橋、七条、祇園四 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~臨時わかばエクスプレス~

京阪本線ではゴールデンウィークの時期に臨時列車わかばエクスプレスが運転されていた。春のさくらエクスプレス、秋のもみじエクスプレスと同じ系統の臨時列車で主に8000系が使用されていた。2003年ゴールデンウィークに初めて運 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線・交野線〜臨時きさいちハイキング〜

京阪本線、交野線では以前交野線直通の臨時列車きさいちハイキングを運転していた。2000年秋にきさいち快速ハイキングとして運転され、淀屋橋~私市間に2往復運転された。停車駅は淀屋橋から北浜、天満橋、京橋、枚方市、交野線内の … 続きを読む

コメントなし

京阪本線・中之島線〜快速急行ひこぼし〜

京阪本線では2013年3月16日ダイヤ変更以前に快速急行ひこぼしが中之島~私市間に運転されていた。2003年9月3日ダイヤ改正で準急ひこぼしとして登場し、2008年10月19日ダイヤ改正で快速急行ひこぼしとなった。快速急 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線・中之島線〜通勤快速急行おりひめ〜

京阪本線通勤快急おりひめは2008年10月19日ダイヤ改正でK特急おりひめを置き換える形で誕生した。平日朝ラッシュ時に私市~中之島間に2本運転されていた。私市発7時59分と8時07分の2本で、交野線直通のため2600系5 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~K特急出町柳行き~

京阪本線K特急は2003年9月6日のダイヤ改正で新設された種別で特急の停車駅増加に伴い設定された種別である。停車駅は淀屋橋から北浜、天満橋、京橋、中書島、丹波橋、七条、四条、三条、出町柳。上りK特急は平日ダイヤの朝夕ラッ … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~K特急淀屋橋行き~

京阪本線K特急は2003年9月6日のダイヤ改正で新設された種別で特急の停車駅増加に伴い設定された種別である。停車駅は出町柳から三条、四条(現祇園四条)、七条、丹波橋、中書島、京橋、天満橋、北浜、淀屋橋で、平日朝ラッシュ時 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~快速特急洛楽初詣~

 京阪本線では2014年1月1日から3日までの間の正月三箇日にノンストップ快速特急洛楽初詣号を運転した。上り出町柳方面へは午前中に淀屋橋発9時32分、9時56分、10時20分、10時44分、11時08分、11時32分、1 … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~普通淀行き~

京阪本線では京都方で普通淀行きが運転されている。深夜に2本のみ運転されており、出町柳発22時49分、同0時19分となっている。平日、土休日とも運転されている。

コメントなし

京阪本線~普通寝屋川市行き~

京阪本線では京都方の深夜に普通寝屋川市行きが運転されている。平日、土休日ともに3本が運転されている。出町柳発が2本運転で、23時29分、同44分。三条発は23時07分の1本となっている。寝屋川市行きは大阪方では設定はない … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~普通守口市行き~

京阪本線では京都方の深夜に普通守口市行きが1本運転されている。出町柳発23時10分の運転で、平日、土休日とも運転となっている。守口市行きは大阪方では設定されていないので、京阪本線で守口市の幕が見られるのはこの電車のみであ … 続きを読む

コメントなし

京阪本線~深夜急行~

深夜急行は京阪本線で2008年10月21日ダイヤ改正で新設された種別で、枚方公園を通過する最終の急行にのみされる列車種別となっている。それまで京阪は若干の停車駅の差異によって列車種別を変えることはなかったが、2008年1 … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~K特急~

K特急は京阪が独自で採用していた種別で後に快速特急に置き換えられたので、立ち位置的には快速特急と同等の列車となるのだろう。停車駅は淀屋橋から北浜、天満橋、京橋、中書島、丹波橋、七条、祇園四条、三条、出町柳となっている。

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速~

関西私鉄で快速という列車種別を採用しているのは阪急京都本線と神鉄粟生線のみとなっている。それ以外の路線では快速○○という種別はよく使われているが、快速というのは全く使われていない。 阪急京都本線の快速は早朝と夕方ラッシュ … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~通勤準急~

関西私鉄では阪急宝塚本線と京阪本線で通勤準急という種別を採用している。いずれもラッシュ時限定の運転で、朝ラッシュ時のみの運転というのが共通点となっている。 阪急宝塚本線の通勤準急はかつては準急として運転されていたものを通 … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~通勤快速急行~

京阪本線で朝ラッシュ時に運転されているのが唯一の存在となっており、関西のみならず全国的に見ても唯一の存在となっている。快速急行との違いは守口市に停まるか停まらないかだけで朝ラッシュ時のみ守口市を通過するという京阪の伝統を … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速急行~

関西私鉄では快速特急の採用は少ないが、快速急行は大手5社とも採用している。もっともメジャーなものは近鉄奈良線の大阪難波~近鉄奈良間の快速急行だろう。終日に渡って運転されており、2009年3月の阪神なんば線開業からは三宮~ … 続きを読む

コメントなし

【京阪本線ダイヤ変遷2011年5月28日ダイヤ変更~淀駅高架化完成】

11年5月28日に淀駅高架化が完成し、これに伴うダイヤ変更が行われた。ダイヤ変更の内容は淀駅高架化と関連しない部分が多く、実質的には不振の中之島線のダイヤを見直す形になっている。データイムでは中之島線直通の快速急行が廃止 … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速特急~

関西私鉄で快速特急の種別を採用しているのは定期列車では土休日のみ運転の阪急京都本線快速特急京とれいんのみで現在のところそれ以外では快速特急を使用している会社はない。臨時列車では阪急京都本線の梅田~嵐山間、河原町~嵐山間に … 続きを読む

コメントなし

【京阪本線ダイヤ変遷~08年10月19日中之島線開業】

08年10月19日に中之島線が開業した。天満橋で終わる複々線が長い年月を経て中之島へと足を延ばすことになった。他線との連絡が不便など問題点も少なくないが、京阪としては待望の新線ということもあり、京都方面へ直通する快速急行 … 続きを読む

コメントなし

【京阪本線ダイヤ変遷03年9月6日改正~07年1月27日改正】

03年9月6日のダイヤ改正では特急が枚方市、樟葉に追加停車となった。00年7月1日改正では運転パターンを変えずに特急停車駅を2駅増加させる処置を取っていたが、本改正では運転パターンも大幅に変更している。データイムダイヤの … 続きを読む

コメントなし

【京阪本線データイムダイヤ変遷1995年~2000年】

 京阪本線のデータイムダイヤは長らく15分サイクルで運転されていた。95年6月19日ダイヤ改正時点で京阪間ノンストップの特急を中心に、主要駅に停車する急行と急行を補完する準急、本線通し運転の普通と淀屋橋~萱島間、宇治~三 … 続きを読む

コメントなし