JRゆめ咲線

JRゆめ咲線

SA1

【JRゆめ咲線ガイド】

JRゆめ咲線は正式名称はJR桜島線でJR大阪環状線の西九条と桜島を結ぶ4.1kmのミニ路線である。安治川口〜桜島間にユニバーサルシティ駅が開業して、JRゆめ咲線という愛称が付けられた。運行は線内折り返し15分毎を基本に、朝夕には西九条から環状線に乗り入れ、大阪、京橋、天王寺方面へ直通する電車も運転されている。線内折り返し電車には103系、201系の8両編成が使用され、201系2編成がユニバーサルスタジオジャパンの装飾電車になっている。

西九条は両側をホームで挟まれた2、3番線の中線から発着している。西九条を出ると高架を下りて、大阪環状線の外回り線の下をくぐって右カーブする。六軒家川を渡り、左にカーブして国道43号線の下をくぐる。線路の両側を住友化学工業の工場に挟まれながら進み、それが途切れて左手にヤードが広がるのが見えると1面2線の安治川口となる。ここまでは貨物列車が運行されており、ヤードではDE10が貨物の入換えを行っている。早朝深夜には貨物電車スースーパーレールカーゴパーレールカーゴの発着もある。駅前には新大阪郵便局などがあり、工場地帯と言う雰囲気から脱しつつある。それの最たるものが次のユニバーサルシティ駅周辺だ。安治川口を出て鉄橋を渡ってホテル群が見えるとユニバーサルシティとなる。同駅はユニバーサルスタジオジャパンの最寄り駅で、土休日などには同施設への入場者で混み合う。JRゆめ咲線電車は臨時列車も含めて全て次の桜島までの運転となっているが、かつて北陸から臨時で運転されていた特急ユニバーサルエクスプレスはユニバーサルシティ駅発着となっていた。同駅には折り返し設備がないので、一旦桜島へ引上げて折り返していた。ユニバーサルシティを出るとトンネルの中を行く。これはユニバーサルスタジオの景観を害さないようにゆめ咲線にトンネルを設けて同施設から見えないようにしているためだ。トンネルを抜けると終点の桜島で1面2線の小奇麗な橋上駅舎に生まれ変わっている。桜島ではロープ式ホームドアの実験が行われており、これがうまく行けば各所に広まって行くものと思われる。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

JR貨物~M250系スーパーレールカーゴ~

スーパーレールカーゴM250系は2002年10月に第一編成が落成し、2004年3月13日ダイヤ改正から東京貨物ターミナル~安治川口間にて営業運転を開始した。M250系はJR貨物初の貨物電車で4M12Tの16両編成で運転さ … 続きを読む

コメントなし

JR貨物~EF66-100番台~

EF66-100番台はJR発足後、貨物列車増発のために増備された。基本仕様は0番台と同様だったが、外観は大きく変わり、0番台とは別物のデザインとなった。塗装はJR貨物の標準となるライトブルーとライトグレーの塗り分けとなっ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第95回~JRゆめ咲線ユニバーサルシティ駅~

~電車から降りた瞬間映画の世界へ!~ JRゆめ咲線ユニバーサルシティ駅は、大阪市此花区にあり、2001年3月1日に開業した。同年3月31日にはユニバーサルスタジオジャパンが開園し、本格稼働となり、来園者の多くがゆめ咲線を … 続きを読む

コメントなし

【JR貨物EF210(吹田)】

EF210は1996年から製造されたJR貨物の直流電気機関車。老朽化したEF65の置き換え用として岡山機関区に投入された。1990年に登場したEF200に続く新型貨物用機関車で、パワーを持て余していたEF200よりスペッ … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本103系森ノ宮】

会社名 JR西日本 形式 103系 使用線区 大阪環状線・関西本線・桜島線・阪和線・奈良線・播但線・加古川線 製造メーカー 川崎重工・近畿車輌・日立製作所 制御方式 抵抗制御 主電動機 MT55 定格110kW ブレーキ … 続きを読む

コメントなし

【JRゆめ咲線~臨時快速新大阪発ユニバーサルシティ/桜島行き~】

JRゆめ咲線臨時快速新大阪発桜島行きは2014年7月26日から運転を開始した。ユニバースタジオジャパンのウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター誕生に際して7月26日から9月27日までの毎週土曜日に新大阪〜ユニ … 続きを読む

コメントなし

 JR大阪環状線・JRゆめ咲線~ユニバーサルエクスプレス

ユニバーサルエクスプレスは681系・683系6両編成で、富山発ユニバーサルシティ行きで運転されていた。茨木信号所から梅田貨物線に入るはるかと同じルートを走り、西九条からゆめ咲線に入るルートで運転されていた。上りのユニバー … 続きを読む

コメントなし