JR大和路線

大和路快速

 【JR大和路線ガイド】大和路線201系

JR大和路線は名古屋とJR難波を結ぶJR関西本線のJR難波~加茂間の愛称で、今ではJR難波~加茂間はJR大和路線という名称の方がメジャーになっている。もっとも全国的に見ればJR関西本線の方がメジャーと言えるだろう。なお、関西本線は名古屋を起点にJR難波に至る路線で、JR難波発は上り列車となる。ここではJR難波からJR大和路線(関西本線)を紹介していく。大和路線の運転はJR難波発着を基本に、新今宮から大阪環状線に乗り入れ、大阪、天王寺へ向かう大和路快速、区間快速が運転されている。大和路快速は加茂までの運転で、JR難波発着の快速はデータイムを中心に王寺から和歌山線の高田まで運転されている。ラッシュ時には大阪環状線内各駅に停車する区間快速が運転されている。普通はJR難波から柏原、王寺、奈良へ運転されている。2006年3月18日のダイヤ改正で急行かすがが廃止されて加茂以東から気動車列車の定期乗り入れはなくなった。同時に亀山以東では優等列車の運転も消滅した。

JR難波はかつては湊町の駅名だったが、1994年9月4日に現在の駅名に改称された。1996年3月22日に地下化され、現在の姿となった。駅は2面4線の構造になっている。現在のダイヤでは2面4線もの設備は不要だが、将来ここからなにわ筋線が延びる予定で、新大阪方面へ直通させる計画があるため2面4線となっている。JR難波では地下鉄各線や近鉄、南海と連絡しているが、各線とも遠く、一番近い四つ橋線でも乗り換えは便利とはいえない。JR難波駅周辺は大型ショッピングセンターなどの建設が予定されていて大規模な再開発事業になるはずだったが、不景気の煽りなどを受けて計画が頓挫した。現在駅周辺には高層住宅が建ち並んでいる。駅に隣接して大阪シティエアーターミナル(OCAT)があり、全国各地へ高速バスが発着している。
JR難波を出ると左にカーブしながら地下から地上に出る。右手から大阪環状線の高架が見えてきて高架を駆け上がると2面2線の今宮となる。今宮は大和路線、大阪環状線ともに高架化され、大阪環状線にも今宮駅ができ、ここで大阪環状線に乗り換えることができるようになった。大和路線下りホームと大阪環状線外回りホームとはホーム上で乗り換えが可能になっている。また、下りホームの頭上に大阪環状線の内回りホームがある。今宮を出ると左にカーブして、頭上から大阪環状線内回り線が大和路線上り線の外側に下りてくる。南海の頭一つ高い高架線が見えてくると新今宮で、大和路快速や関空紀州路快速は新今宮手前の渡り線で環状線から大和路線に移る。新今宮では大阪環状線と接続しており、大阪環状線が1、4番線、大和路線が真ん中2、3番線を使用し、上下線ともホーム上で乗り換えられる。同駅では南海本線、高野線、阪堺線、地下鉄とも連絡しており、南海線との乗り換えはJR難波寄りの階段を上がって改札を出ればすぐに南海の改札がある。鶴橋の近鉄ほどではないが、新今宮での南海との乗り換えは比較的便利な構造になっている。阪堺線との乗り換えは天王寺寄りの改札が便利だ。地下鉄は阪堺線と同じく天王寺側の改札を出れば、動物園前駅があり、御堂筋線、堺筋線と連絡している。新今宮を出ると阪堺線と堺筋をアンダークロスして、左手にフェスティバルゲート跡地とスパワールドやジャンジャン横丁、さらにその向こうにそびえ立つ通天閣を見ながら進む。阪神高速14号松原線がオーバークロス
して左手に天王寺動物園が見える。このあたりで、大阪環状線外回り線が大和路線上下線をオーバークロスして転線する。線路別複々線となって、あべの筋がオーバークロスして掘割に入って天王寺駅に着く。大和路線天王寺駅は地平ホーム15~18番線の2面4線を使用している。このうち15、18番線は主に阪和線直通の関空特急はるかや紀勢線特急、関空紀州路快速が使用している。関空、和歌山方面行きは短絡線が単線の時代、16番線から発着していたが、複線化後に15番線発着に切り替わった。天王寺では大阪環状線、阪和線と接続するほか、地下鉄御堂筋線、谷町線とも連絡しており、道路を挟んで南側には近鉄南大阪線の大阪阿部野橋駅もあり、駅前からは阪堺上町線も発着している。ミナミでは難波と並ぶ一大ターミナルとなっている。

HF432

HF432

天王寺を出ると下りJR難波方面行側から阪和線への連絡線が分かれて行く。上り線側にも阪和線からの連絡線が設けられ、阪和線の本線と合流して、オーバークロスしていく。大阪環状線が左に大きくカーブして分かれて行き、高架の阪和線が大阪環状線をオーバークロスして右カーブして、大和路線もオーバークロスして分かれていく。下り短絡線はその手前で阪和線に合流する。阪和線の下をくぐったあたりから、大和路線も高架線を駆け上がって行く。大阪女子高校を右手に見て、その向こうに近鉄南大阪線の高々架を望みながら高架線を進み、国道25号線の分岐点部分をアンダークロスすると対向ホーム2面2線の東部市場前となる。東部市場前は高架駅で、その名の通り中央卸売市場東部市場の最寄り駅となっている。同駅を出て、今里筋をアンダーパスすると左手にヤードが広がっている。これは東部市場に隣接している百済貨物ターミナルで、城東貨物線経由で貨物列車が運転されている。かつて1往復だけだが、天王寺を通り越して、環状線の境川信号所から大阪臨港貨物線浪速貨物駅まで貨物列車が運転されていたが、廃止されてしまった。その百済貨物ターミナルを見ながら高架線から地上へ下りて行き、国道479号線内環状線をアンダーパスして平野となる。平野はホーム2面4線の待避可能駅だが、構内配線は変形しており、下りJR難波方面の通過線にはホームがない。平野を出ると単線の貨物線が並行する。以前は貨物列車が大和路線上り線を走行し、百済行き貨物列車は上り線を逆走していたが、2010年10月に分離
独立された。平野川を渡ると左手に城東貨物線の単線が高架になって分かれて行く。次の加美は対向ホーム2面2線の橋上駅舎となっている。おおさか東線の新加美駅に近いが、次の久宝寺が連絡駅となっているため、連絡駅にはなっていない。加美を出るとおおさか東線の高架線が左手から合流して上下線の間に入り込む。右手に阪和貨物線跡を見て、おおさか東線と複々線の形で進み、近畿自動車道と中央環状線がオーバークロスして、八尾市に入り、2面4線の久宝寺となる。かつては上下線の間に竜華操車場があり、上下線ホームがかなり離れて配置されていたが、区画整理されて操車場跡は跡形もなくなっている。同駅は2面4線の橋上舎駅で、通常普通はここで快速と緩急接続を行っている。奈良方にはおおさか東線普通が折り返すための引き上げ線がある。おおさか東線開業時には同線の15分パターンのダイヤと大和路線の20分パターンのダイヤが合わず、普通の待避の都合もあっておおさか東線は等間隔で運転ができなかった。2011年3月12日ダイヤ改正で、大和路線が15分パターンのダイヤとなり、おおさか東線も等間隔で運転ができるようになった。

久宝寺

久宝寺

久宝寺を出ると右にカーブする。この辺りでかつて上り線が合流していた地点を確認できる。旧大阪中央環状線がオーバークロスすると八尾となる。八尾は2面2線の単純な構造だが、2013年7月に橋上駅舎になった。以前は上下線の間に竜華操への引き上げ線があった。八尾は乗降客が多いが、普通しか停まらない。その点で高架駅で準急が停まる近鉄八尾に比べて見劣る。もっとも近鉄八尾とはかなり離れており、競合関係としてはそれほど意識されていないようだ。八尾を出ると線路はほぼ真っ直ぐ進み、右手には八尾空港が広がっているが、住宅地の中を地上線で進むためよく見えない。次の志紀は対向ホーム2面2線の単純な配線で、同駅も普通しか停まらない駅にしては乗降が多い。志紀を出るとすぐに国道170号線(大阪外環状線)がオーバークロスする。柏原市に入り、左カーブしてホーム2面4線の柏原となる。柏原は待避可能駅だが、平野同様上りJR難波方面の通過線にホームはない。上りホームの奈良寄りからは近鉄道明寺線が発着しており、中間改札なしで乗り換えられる。駅舎は橋上型になっており、JR西日本が管理している。柏原から近鉄道明寺線にICカードで乗車するには、改札で係員にその旨を告げて、ホーム上のカード読み取り機にかざして乗車することになる。

NA418

NA418


柏原を出ると左手には山が迫り、近鉄大阪線が並行し、右手には国道25号線と大和川が並行する。しばらくこの隘路を進み、近鉄大阪線がオーバークロスして左に分かれていき、しばらく走って橋上駅舎で2面2線の高井田となる。同駅は1985年に開業した比較的新しい駅だ。おおさか東線に高井田中央駅があるが、付近にある地下鉄中央線の駅は高井田となっており、本来であれば、JRもそれに合わせて高井田とすべきところだったが、大和路線の高井田と全く同一名称となってしまうため、後ろに中央が付けられた。ちなみにおおさか東線ではJR河内永和もあり、JR東海エリアだが、関西線の永和とバッティングしている。こちらは近鉄に合わせて河内を冠している。高井田を出て左に右にカーブして大和川を渡り、トンネルを抜けてまた大和川を渡る。この辺りは大阪府内とは思えないような渓谷が車窓に展開される。右手に大和川、その対岸に国道25号線が並行して走り2面2線の河内堅上となる。同駅は大阪府内最後の駅だが、周りの風景は既に大阪府とは思えない自然が多いところで、駅構内は桜の木がた特急まほろばくさんあり、春には満開の桜の中を電車が走って行く。河内堅上を出ると大阪と奈良の府県境を行く。大和川を渡り、トンネルを抜けて奈良県に入り、明神山をトンネルで抜けて、国道25号線をアンダーパスして大和川を渡り、奈良県内最初の駅三郷となる。同駅は2面2線の単純な配線だが、よく見ると上り奈良方面のホームは待避線が設けられるような構造になっている。三郷を出てしばらく大和川を並行して真っ直ぐ進み、再度大和川を渡って、左手から近鉄生駒線が近づいてきて、右手に旧王寺電車区の留置線群が見えて左にカーブしながら王寺駅構内に進入する。
直通快速王寺はJR大和路線、JR和歌山線、近鉄生駒線、近鉄田原本線が集結する奈良県西部の交通の要衝で、JRはホーム3面5線を使用し、広い構内を持っている。大和路線上り電車は1番線、下り電車は2、3番線を使用し、下りは快速と普通が緩急接続を行う。4、5番線は和歌山線ホームだが、大和路線から高田方面へ直通する区間快速は大和路線ホームから発着している。改札は橋上駅舎と地上駅舎の2箇所にある。近鉄生駒線との連絡は地上駅舎の方で乗り換えが可能で、1番線ホームのJR難波方の奥のほうに生駒線ホームがある。近鉄田原本線新王寺とは一旦改札を出てからの乗り換えとなり、あまり便利な乗換えとは言えない。
王寺を出ると国道25号線がオーバークロスして、和歌山線が右カーブして分かれて行き、近鉄田原本線がオーバークロスする。大和路線は大和川と並行して真っ直ぐ走り、大和川を渡ってさらに奈良盆地南部の田畑の中を真っ直ぐに走る。次の法隆寺は斑鳩町の中心駅で、対向ホーム2面2線の橋上駅舎となっている。以前は2面3線だったが、橋上駅舎化された時に2面3線になった。駅名となっている法隆寺は同駅からはかなり離れたところにある。法隆寺を出てさらに真っ直ぐ進む。この辺りは天気がよければ左手に遠く法隆寺の五重塔を望むことができる。次の大和小泉から大和郡山市に入り、住宅地と田畑と金魚の飼育のための池を見ながら進む。大和小泉と郡山の間で近鉄橿原線がオーバークロスする。近鉄郡山とJR郡山はそれほど離れていないが、橿原線との交点に連絡駅ができれば乗換えが便利になる。郡山は2面2線の単純な配線の橋上駅舎で、大和郡山市役所や郡山城跡は近鉄郡山側にあり、近鉄の方が大和郡山市の中心駅になっている。郡山を出て、しばらく奈良盆地の広大な景色の中を進む。王寺~奈良間は全体的に変化のない車窓風景だが、かつて都が置かれていた奈良盆地の広さを実感できるところでもある。奈良市に入り、国道24号線がオーバークロスして、右手に若草山が見えてくると奈良は近い。高架に上がり、左にカーブして中央に引き上げ線を挟み、右手からJR桜井線が近づいてきて、それと合流して奈良となる。
奈良はホーム3面5線の高架駅で、2010年3月に桜井線の高架化完了により全線が高架化されている。1番線から桜井線が発着し、2番線は両側をホームで挟まれており、桜井線ともドア・ツー・ドアで乗換えができるようになっている。2番線は大和路線下り電車が発着している。3番線はJR奈良線電車や大和路線下り電車が発着し、早朝には学研都市線電車も発着している。4番線は大和路線上り加茂方面電車とJR奈良線電車が発着、5番線は大和路線上り加茂方面電車の発着と当駅止まり電車の到着となっている。駅前にはかつての古寺を模した地上駅舎が移設されて保存されている。

F1

F1



奈良を出ると、引き上げ線と並行して走り、高架を下りて、奈良の市街地から離れていく。この付近の地下には近鉄奈良線が走っており、交差点から東方にしばらく行ったところに近鉄奈良駅がある。奈良観光に関しては近鉄奈良駅の方が便利である。大和路線は左にカーブして進み、国道24号線が近づいてきて並行して奈良市北部の新興地域を行く。この辺りは新しい住宅地と古墳群が同居しており、現代と古代が交わっている印象を受ける。このような景色の中を進み、小高い丘に入り、奈良電車区への線路を分岐してしばらく3~4線状態で進んで、丘の上にある奈良電車区へ線路が分かれて行くと平城山となる。平城山は2面2線の橋上駅舎で、下りJR難波方面の線路は上り線よりも一段高い位置にある。さらにその上の丘陵地には奈良電車区が広がっているが、平城山のホームから奈良電車区は見えない。この辺りは左手に住宅地や研究施設などが広がり、京阪奈学研都市の東端になっている。平城山を出ると京奈和自動車道の木津ICなどを左に見ながら進み、奈良市から京都府木津町に入る。国道24号線と並行して進んで木津となる。木津はホーム2面4線の橋上駅舎で、1番線からは学研都市線が発着し、大和路線と奈良線電車は2、3番線を使用し、下り4番線は通常使用していない。
木津を出ると学研都市線が左に急カーブして離れていき、次いで奈良線が真っ直ぐ京都へ向かうため分かれて、大和路線は右にカーブして行く。木津を出ると単線になり、右に左にカーブが多くなる。鹿背山トンネルを抜けて木津町から加茂町に入る。加茂町に入ってからもしばらく山の中を進み、町が開けてくるとホーム2面3線の加茂となる。電化後しばらく経ってから加茂は2面3線の橋上駅舎に改造されて、中線の両側をホームが挟む構造になり、亀山方面への気動車との乗換えが便利になった。大和路線の愛称はここまででこれより先は非電化単線の関西線となる。

キハ120-13

キハ120-13

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【JR223系0番台】

JR西日本の223系0番台は1994年の関西空港開港に合わせて製造された。アーバンネットワークでは221系に次ぐ新型近郊型車両で、足回りはVVVFインバータ制御を採用した通勤型の207系をベースにした車両である。関西空港 … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第216回~JR大和路線東部市場前駅~】

~東に百済貨物ターミナルを望む大阪市東部の物流拠点~ JR大和路線東部市場前駅は大阪市東住吉区にある。大阪市東部市場への最寄駅で、JR発足後の1989年11月11日に開業した比較的新しい駅である。奈良方には百済貨物ターミ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第155回~JR大和路線・大阪環状線新今宮駅~

~通天閣にあべのハルカス大阪ミナミの二大シンボルタワーを望める駅~ JR大和路線、大阪環状線の新今宮駅は、大阪市浪速区にある。浪速区と西成区の区境に位置しており、南海の駅は西成区にあるが、JRの駅は浪速区になる。JR大和 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第143回~JR大和路線大和小泉駅~

~時のシンフォニーが出迎えてくれる奈良県南東部の工業都市~ JR大和路線大和小泉駅は、奈良県大和郡山市にある。金魚の町大和郡山市内にあるが、隣の郡山や近鉄郡山周辺は金魚の産地になっているが、当駅周辺は新興の住宅地となって … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第65回~JR大和路線法隆寺駅~

JR大和路線法隆寺駅は、奈良県生駒郡斑鳩町にある。その名のとおり、現存する世界最古の木造建築がある世界遺産法隆寺の最寄駅である。大和路快速以下、大和路線全ての電車が停車する。かつては、ラッシュ時に特急車を使用したやまとじ … 続きを読む

コメントなし

JR大和路線~快速王寺行き~

JR大和路線快速王寺行きは朝と夕方の時間帯に設定されているが、2016年3月26日ダイヤ改正で、平日ダイヤ夜間にも1本運転されるようになった。JR難波発21時02分の運転で、奈良区の201系、103系が使用されている。 … 続きを読む

コメントなし

JR大和路線・JR大阪環状線~区間快速京橋行き~

JR大和路線、大阪環状線の区間快速京橋行きは朝と夜に運転されている。平日朝ラッシュ時は奈良発7時33分、加茂発7時44分の2本が運転。平日夜間は加茂発19時59分と奈良発21時52分に2本が運転されている。土休日は夜間に … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第38回~JR大和路線久宝寺駅~

1.概要JR大和路線久宝寺駅は、大阪府八尾市にあり、かつては竜華操車場があったため、上下線が大きく離れていた。操車場跡が整備され、久宝寺駅は2面4線となり、奈良方には引き上げ線が設けられた。2008年3月15日にはJRお … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本103系森ノ宮】

会社名 JR西日本 形式 103系 使用線区 大阪環状線・関西本線・桜島線・阪和線・奈良線・播但線・加古川線 製造メーカー 川崎重工・近畿車輌・日立製作所 制御方式 抵抗制御 主電動機 MT55 定格110kW ブレーキ … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本201系奈良】

JR西日本吹田総合車両所奈良支所の201系は6両編成16本が配属されている。2006年12月から配属され、本線時代7両編成だったため、サハを抜いた6両編成で運用された。抜かれたサハは森ノ宮に転属した201系7両編成に組み … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・大和路線~大和路快速五条~

JR大阪環状線、大和路線大和路快速五条行きは土休日ダイヤのみの運転で、大阪発17時58分、19時13分の2本のみ設定。前半分4両が奈良行き、後ろ4両が五条行きで運転されている。

コメントなし

JR大阪環状線・大和路線~大和路快速高田~

JR大阪環状線、大和路線大和路快速高田行きは2015年3月14日ダイヤ改正以前に運転されていた。土休日ダイヤのみの運転で、大阪発18時23分に1本のみ設定。前半分4両が奈良行き、後ろ4両が高田行きで運転されていた。

コメントなし

JR大和路線~快速高田~

JR大和路線快速高田行きはほぼ終日に渡って運転されている。平日ダイヤではJR難波発9時08分、9時33分、10時15分、10時42分、11時12分、11時42分、12時12分、12時42分、13時12分、13時42分、1 … 続きを読む

コメントなし

JR大和路線~快速加茂行き~

JR大和路線快速加茂行きは朝夕夜に運転されている。平日ダイヤではJR難波発7時12分、7時33分、8時05分、8時27分、8時54分、9時18分、17時11分、21時01分、22時56分、23時41分の10本が運転。土休 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第6回〜JR大和路線八尾駅〜

1.八尾駅概要   JR大和路線八尾駅は1989年5月に大阪鉄道の駅として開業した。1907年に国鉄の駅となり、1987年4月1日からJR西日本の駅となった。2013年7月には橋上駅舎が開業した。 2.八尾駅周辺   北 … 続きを読む

コメントなし

【JR大和路線夜間ダイヤ】

JR大和路線の20時以降の夜間ダイヤは、天王寺発20時台が大阪環状線からの直通の区間快速が3本、JR難波発の快速が3本、普通が6本運転されている。区間快速は2本が加茂行き、1本が奈良行きで運転。区間快速は全て221系で運 … 続きを読む

コメントなし

【JR大和路線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

JR大和路線平日夕方ラッシュ時ダイヤは20〜30分サイクルで運転されている。天王寺口では概ね20分サイクルだが、久宝寺から30分毎の直通快速が加わるので、厳密には20分サイクルにならない。天王寺発18時台、19時台は区間 … 続きを読む

コメントなし

JR大和路線~普通柏原行き~

JR大和路線普通柏原行きは朝夕夜に運転されている。データイムが20分サイクルで運転されていた時代は普通の半数が柏原行きだったが、現在のデータイムダイヤでは全てが王寺行きとなっている。平日ダイヤではJR難波発7時45分、8 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線~201系森ノ宮~

JR大阪環状線の201系は吹田総合車両所森ノ宮支所の車両を使用している。4扉ロングシートの通勤電車で、関西地区には1981年から投入された。当初は京阪神緩行に使用され、JR発足後も同様に活躍を続けた。321系の本線投入に … 続きを読む

コメントなし

JR大和路線~221系普通~

JR大和路線の普通は通常4扉ロングシートの201系か103系が使用されているが、早朝、朝ラッシュ時、深夜に221系を使用した普通が運転されている。

コメントなし

JR学研都市線・東西線~奈良発快速新三田行き~

JR学研都市線では早朝に奈良始発で快速新三田行きを1本運転している。かつてはその前を走る区間快速とともに207系8両編成で奈良駅に入線して、4両編成に分割されて、前が区間快速、後ろが快速として運転されていた。

コメントなし

JR大和路線~普通加茂行き~

JR大和路線JR難波発普通加茂行きは早朝に運転がある。平日ダイヤJR難波発4時51分、土休日ダイヤJR難波発4時51分、5時12分、6時59分に運転されている。平日ダイヤで運転が少ないのは奈良から奈良線に入り京都行き区間 … 続きを読む

コメントなし

JR大和路線~普通京都行き~

JR大和路線普通京都行きは早朝に運転されている。JR難波発5時48分、6時11分、6時42分の3本。平日のみの運転で奈良からJR奈良線の区間快速に変身する。

コメントなし

JR大和路線【データイムダイヤ】

JR大和路線のデータイムダイヤは2011年3月12日ダイヤ改正で15分(30分)サイクルのダイヤとなった。それ以前は20分サイクルで、大和路快速、快速が各1本、普通が2本運転されていた。大和路快速は加茂まで、快速は高田ま … 続きを読む

コメントなし

JR桜井線~快速JR難波行き~

JR桜井線経由の快速JR難波行きは平日ダイヤ、土休日ダイヤともに2本が運転されている。奈良発6時55分(土休日6時54分)、8時00分で運転。JR桜井線内は各駅に停まり、王寺から快速運転を行う。6時55分発が201系6両 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・大和路線〜臨時特急まほろば〜

JR西日本では2010年の平城遷都1300年に合わせて同年4月から6月の間に新大阪~奈良間に臨時特急まほろばを運転した。4月1日から運転され、土休日に1往復が運転された。使用車両は日根野の381系モノクラス6両編成。同編 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・JR大和路線~区間快速加茂行き~

JR大阪環状線、JR大和路線では夕方ラッシュ時に区間快速加茂行きが運転されている。大阪発17時台に2本、18時台に3本、19時台に3本、20時台に1本、21時台に2本、22時台に2本が運転されている。かつては103系や2 … 続きを読む

コメントなし

 JR大阪環状線・JR大和路線~やまとじライナー~

やまとじライナーはJR大阪環状線大阪始発で大和路線加茂まで夕方ラッシュ時1本、夜間に1本が運転されていた。381系6両編成が使用され、通常はグリーン車を連結しないモノクラス編成が使用されていた。 また、朝の時間帯にはJR … 続きを読む

コメントなし