JR宝塚線

225系ML5

ML5

【JR宝塚線ガイド】

 JR宝塚線は尼崎と福知山を結ぶJR福知山線の愛称で、尼崎~篠山口間で使用されている。実際の運行系統は大阪駅からの丹波路快速、JR京都線からの普通電車の直通があるため、大阪~尼崎間もJR宝塚線の一部と考えられている。また、JR東西線との直通もあり、特急列車の運転なども合わせると案外バラエティに富んだ運行系統になっている。ここでは大阪~尼崎間のJR神戸線もJR宝塚線の一部と捉えて記述していく。
 大阪駅では特急列車や丹波路快速と一部の普通列車は3・4・9・10番線から発着しており、JR京都線へ直通する普通電車は6・7番線から発着している。大阪駅は改良工事が行われ、以前に比べると発着番線が減っており、ラッシュ時にはJR宝塚線電車とJR京都・神戸線の新快速及び長距離列車が競合するため手狭になった感がある。とりわけ夕方ラッシュ時には神戸方面の新快速とJR宝塚線の快速が同じホームから発着するため3・4番線ホームは非常に混雑する。遅延が起こると収拾がつかなくなり大阪駅手前で信号待ちを繰り返すことも多くなっている。何らかの対策が必要と言える。
 
 大阪を出るとJR神戸線の線路を尼崎まで走るが、丹波路快速やラッシュ時の快速、一部の普通は外側線を走行し、塚本には停車しない。JR京都線からの直通の普通電車は内側線を走行し、塚本にも停車する。淀川を渡り、塚本を過ぎると北方貨物線が合流して、その先でJR東西線が地下から出てきて、3複線の形で神崎川を渡って尼崎となる。尼崎駅は2・7番線が特急列車や丹波路快速と一部の普通列車、3・6番線がJR京都線へ直通する普通電車、4・5番線がJR東西線へ直通する電車が発着している。尼崎からはJR東西線直通電車が運転され、データイムは宝塚からの全ての快速が東西線に直通している。みやこ路快速や大阪発着の快速、普通は2・7番線から発着している。
 
 尼崎を出ると高架線を駆け上がり、JR神戸線の線路を跨いで、北に進路をとる。曲がりくねりながら高架線を下りる。高架線を下りたあたりの急カーブで2005年4月25日に福知山線事故が起きた。名神高速道路の下をくぐるとホーム2面3線の塚口となる。上り大阪方面は待避可能な構造になっており、データイムの東西線直通の区間快速やラッシュ時には当駅折り返しの普通電車も設定されている。上り線側には側線もあり、朝夕に運転される直通快速の車両が留置されている。塚口駅東側は再開発により高層マンションが建ち並んでいる。塚口を出るとすぐに阪急神戸線がオーバークロスする。そして真直ぐ進むと2面2線の猪名寺となる。同駅は阪急伊丹線の稲野に近い。猪名寺を出ると山陽新幹線がオーバークロスして、真直ぐ進んでいくと快速停車駅の伊丹となる。駅の東側にはダイヤモンドシティのショッピングセンターが広がっている。同駅から西へ約500mの距離に阪急伊丹駅がある。
 伊丹を出ると伊丹豊中線がオーバークロスして、右手に猪名川を見ながら進む。国道171号線がオーバークロスすると1面2線の北伊丹となる。下り線側に側線がある。北伊丹を出ると猪名川沿いに走り、中国自動車道、国道176号線がオーバークロスして、川向こうに阪神高速池田線が並行して走る。猪名川と阪神高速池田線が離れて、宝塚線は左にカーブして川西池田となる。川西池田は2面4線の橋上駅舎で、連絡通路を介して阪急川西能勢口とつながっている。同駅は宝塚線では数少ない待避可能駅のため、普通は快速と緩急接続を行ったり、特急の待避を行う。
 
 川西池田を出ると国道176号線と並行して走り、その山側を阪急宝塚線が走る。阪急宝塚線の平井車庫への高架線がオーバークロスして、左手に平井車庫が広がる。並行する阪急は比較的こまめに駅が造られているが、JR宝塚線は宝塚まで中山寺しか駅はない。中山寺は2面2線で阪急中山に近いが、中山寺へは阪急中山の方が近い。2003年12月1日のダイヤ改正から快速停車駅となっている。中山寺を出て中国自動車道がオーバークロスして、国道176号線の向こうに阪急宝塚線が並行しだすと宝塚は近い。国道176号線をアンダークロスして、阪急宝塚線がオーバークロスすると宝塚となる。宝塚は2面3線の構造で、上り大阪方面行が1面2線になっている。東西線直通の快速はその2番線で折り返している。阪急宝塚とは国道176号線を挟んで対峙しており、まさに競合関係にあると言える。2010年に橋上駅舎化が完成し、阪急宝塚駅とはペデストリアンデッキでつながり便利になった。宝塚は特急停車駅で、特急以下全ての列車が停車する。
 
 宝塚を出ると左に国道176号線、右手の山手に中国道が並行して走り、山間の風情になっていく。宝塚市から西宮市に入り、武庫川を渡り、国道176号線を跨いで2面2線の生瀬となる。生瀬は宝塚市内の駅のように思えるが、西宮市内にあたる。生瀬を出ると国道176号線、中国道とは離れてトンネルに入る。ここからは国鉄末期に完成した新線をトンネルで突っ切る。途中トンネルの合間に西宮名塩と武田尾がある。西宮名塩は2面2線の快速停車駅で宅地開発が盛んに行われて乗降客も多くなった。しかし、駅自体はトンネルの合間にあるので、外の景色はよくわからない。名塩トンネルを抜けると武田尾で、同駅はほとんどがトンネルの中にある。周りは渓谷で、駅から徒歩10分程度のところに武田尾温泉がある。同駅の明かり部分では武庫川を渡っており、かつての旧線跡を見ることができる。西宮名塩と違い、乗降客は非常に少なく、休日にハイカーの姿が目立つぐらいである。武田尾を出てトンネルを数本抜けて神戸市に入り、2面2線の道場となる。神鉄道場とはかなり離れており、このあたりはまだまだ田畑が広がる景色で、神戸市内とは思えない風景が展開されている。
 
 道場を出ると高架線で進み、山裾を走る。地平に下りて神戸市北区から三田市に入り、国道176号線がオーバークロスすると三田となる。三田は2面2線の橋上駅舎で、駅西側からは神鉄三田線が発着している。駅周辺には三田市役所などがあるが、三田市の中心部とは言い難いところにある。今はむしろ神鉄公園都市線沿線の方が三田の中心といえるだろう。三田は特急停車駅で、特急以下全ての列車が停車する。三田を出ると右側に国道176号線、左側に武庫川が並行し、のどかな風景が展開する。次の新三田はウッディタウンへの最寄り駅にもなっており、通勤時には利用者も多い。新三田は2面4線で、篠山口方には留置線がたくさんあり、JR宝塚線の運転上の要所になっている。ほとんどの普通が同駅で折り返している。
 
 新三田以遠はJR発足後に複線化された区間で、宅地開発されてきているとはいえ、三田周辺とはまだまだ格差がある。新三田を出ると青野川、武庫川と渡って、右にカーブして2面2線の広野となる。広野近辺にはゴルフ場が多く、休日にはゴルフバックを抱えた人が乗る光景も見られる。広野を出ると左にカーブして、左にテクノパークを見ながら走り、舞鶴若狭自動車道が見えてくると2面2線の相野となる。同駅には朝夕ラッシュ時に特急が停車する。相野を出ると大きく右にカーブして行き進路を北に向けて走る。左手に舞鶴若狭自動車道が並行して走り、三田市の北の端に2面2線の藍本がある。同駅を出ると舞鶴若狭自動車道と交差して篠山市に入る。2面2線の草野を過ぎると短いトンネルを抜けて右にカーブして2面2線の古市となる。田畑が広がる景色の中を真っ直ぐ走り2面2線の南矢代を過ぎると少し離れて走っていた舞鶴若狭自動車道が右手に並行して走るようになり、再びそれと分かれるように左にカーブして2面3線の篠山口となる。同駅は大阪からの丹波路快速の終点で、データイムはここで福知山行きの普通とホーム上で連絡している。駅の西側には電留線が並んでおり、223系や221系などが休んでいる光景が見られる。特急も停車する篠山市の中心駅だが、市の中心部は駅から北東方向へ約3キロのところにある。かつてはここから篠山の中心部まで篠山線があったが、戦前の時点で既に廃止されている。ここから先は単線となって福知山へ線路は向かう。

  

JR京都・神戸線〜201系普通〜

201系は関西地区では国鉄時代に京阪神緩行線に投入され、長らく同線にて活躍を続けてきた。7両編成で投入され、車体塗装はブルーになっていた。国鉄時代は中央線のオレンジ色、中央総武緩行線のウグイス色と並んで201系では唯一無 … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸線〜205系普通〜

JR京都線、神戸線の緩行線では国鉄末期に投入された205系7両編成が4本活躍していた。201系と共通で運用されていたが、その後増備されることはなく、関西地区では阪和線の1000番台とともに少数派のまま終わっている。321 … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第255回~JR宝塚線伊丹駅~】

~酒造の町伊丹の古い町並みと巨大ショッピングセンターが対照的~ JR宝塚線伊丹駅は兵庫県伊丹市にある。駅の東側にはイオンモール伊丹があり、その向こう側には猪名川が流れている。さらにその向こうには大阪空港の滑走路がある。大 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その3~

大阪駅中央改札南口は大丸百貨店などが入るサウスゲートビルがある。 中央改札を南に下ると地下に下りるエスカレータと階段がある。これを下りると阪神梅田駅方面へ向かう。 大阪駅南口は大阪駅の表玄関の位置づけで、サウスゲートビル … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その1~

~OSAKA STATION CITY開業で一変し名実ともに大阪の顔として君臨~ JR大阪駅は、大阪市北区にある。JR東海道本線(JR京都線・JR神戸線・JR宝塚線)とJR大阪環状線の2路線が集まるのみだが、東海道本線は … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その2~

~OSAKA STATION CITY開業で一変し名実ともに大阪の顔として君臨~ 大阪駅中央改札は、地上1階にある。ホームは地上2階部分にあり、その上には連絡橋改札が設けられた。 大阪駅中央口はまさに大阪駅の中央にある。 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第133回~JR宝塚線塚口駅~

~阪急塚口と比べて地味だった駅も周辺開発で高層住宅が並び建つ~ JR宝塚線塚口駅は、兵庫県尼崎市にある。西へ1.2kmほどの距離に阪急塚口駅がある。 JR塚口駅はホーム2面3線で、東側には側線が3本並んでおり、207系や … 続きを読む

コメントなし

【JR381系福知山】

福知山所属の381系は、2011年3月12日ダイヤ改正で、福知山区へ日根野区のC編成貸し出しが行われ、287系投入までの間特急こうのとりで運用された。2012年以降、6両編成6本、4両編成1本に組成され、正式に福知山区に … 続きを読む

コメントなし

特急こうのとり(北近畿)

特急こうのとりは2011年3月12日ダイヤ改正で特急北近畿から愛称名変更で誕生した。運転区間は特急北近畿時代と同じで新大阪~福知山、豊岡、城崎温泉間となっている。使用車両は当初は287系と183系で、後に183系が381 … 続きを読む

コメントなし

JR福知山線・山陰本線~急行だいせん~

急行だいせんは1968年10月1日ダイヤ改正で誕生した。昼行3往復、夜行1往復の運転。夜行急行だいせんは、1978年10月2日ダイヤ改正で20系寝台車に置き換えられた。ナハ21座席車3両と3段式B寝台を6両連結した編成に … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第25回~JR宝塚線西宮名塩駅~

1.西宮名塩駅概要 JR宝塚線西宮名塩駅は、1986年11月1日の宝塚〜三田間の複線電化による線路付け替えで新設された。西宮市の中心部からは遠く離れた場所にあるが、飛び地ではなく、れっきとした西宮市内の駅である。周辺では … 続きを読む

コメントなし

JR宝塚線~快速京田辺行き~

JR宝塚線からの快速京田辺行きは平日ダイヤ、土休日ダイヤともに夜間に運転されている。平日ダイヤでは新三田発20時09分、宝塚発22時31分、新三田発22時34分の3本が運転。このうち宝塚発22時31分、新三田発22時34 … 続きを読む

コメントなし

JR宝塚線~普通長尾行き~

JR宝塚線普通長尾行きは平日ダイヤ朝の時間帯に運転されている。新三田発7時25分、8時19分の2本。土休日の運転はない。

コメントなし

関西各駅探訪第15回~JR宝塚線川西池田駅~

1.川西池田駅概要 JR宝塚線川西池田駅は摂津鉄道の終点池田駅が起源とされている。開業当時は現在の呉服橋付近に駅があり、対岸の池田の名が駅名となった。後に阪鶴鉄道が宝塚方面へ延伸するため、駅を移転した。移転先は現在よりも … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線~区間快速塚口行き~

JR学研都市線区間快速塚口行きは平日ダイヤ朝ラッシュ時に1本だけ運転されている。京田辺発6時52分の1本で、土休日ダイヤでは運転はない。

コメントなし

JR東西線・学研都市線~普通四条畷行き~

JR東西線経由学研都市線四条畷行きは朝夜に運転されている。JR宝塚線、JR神戸線の双方から運転がある。JR宝塚線からは平日ダイヤで新三田発5時57分、6時12分、7時09分、塚口発21時46分、宝塚発23時29分に運転。 … 続きを読む

コメントなし

JR宝塚線~普通松井山手行き~

JR宝塚線普通松井山手行きは意外だが運転本数が少ない。普通松井山手行きはJR神戸線からの直通が主流で、JR宝塚線からの直通はごくわずかである。平日ダイヤでは新三田発6時03分、22時48分の2本。土休日ダイヤは新三田発5 … 続きを読む

コメントなし

JR宝塚線・東西線~普通放出行き~

JR宝塚線、東西線の普通放出行きは平日ダイヤ朝ラッシュ時に2本運転されている。塚口発8時13分、新三田発7時50分の2本。土休日ダイヤでは運転はない。

コメントなし

JR宝塚線〜快速大阪発新三田行き〜

JR宝塚線快速新三田行きのうち、大阪始発の電車は夕方ラッシュ時のみに運転されている。平日ダイヤでは、大阪発17時39分、18時39分、19時39分、20時39分の4本が運転。土休日ダイヤでは大阪発16時39分、17時39 … 続きを読む

コメントなし

JR宝塚線〜快速大阪発篠山口行き〜

JR宝塚線大阪発篠山口行き快速のうち、223系、225系を使用しない列車は丹波路快速ではなく、快速篠山口行きとして運転されている。平日ダイヤ、土休日ダイヤともに大阪発18時24分、19時24分、20時24分、22時29分 … 続きを読む

コメントなし

【JR宝塚線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

     JR宝塚線の平日夕方ラッシュ時ダイヤは60分サイクルで運転されている。快速、普通は基本15分毎の運転だが、大阪始発の快速や特急が運転されるため、パターンとしては60分の長いスパンとなる。尼崎発18時台では特急1 … 続きを読む

コメントなし

【JR宝塚線データイムダイヤ】

 JR宝塚線のデータイムダイヤは30分サイクルとなっている。大阪始発で篠山口行きの丹波路快速が30分毎、大阪〜宝塚間の快速が30分毎の運転で、これに加えてJR京都線へ直通する普通が高槻〜新三田間で15分毎に運転されている … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線・東西線~普通木津行き~

JR学研都市線、東西線の普通木津行きは早朝に運転されている。平日ダイヤでは京橋発5時10分(当駅始発)、5時34分(宝塚発)、5時53分(尼崎発)、6時11分(新三田発)、6時30分(当駅始発)の5本。土休日ダイヤでは京 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線・東西線~普通塚口行き~

JR学研都市線・東西線の普通塚口行きは早朝、朝ラッシュ時、夜間に運転されている。平日ダイヤで京橋発5時44分、6時25分、6時56分、7時21分、7時42分、8時37分、9時09分、9時36分、21時12分の運転。合計9 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線・東西線~快速新三田行き~

JR学研都市線、東西線の快速新三田行きは朝夕ラッシュ時に運転されている。平日ダイヤで 京橋発7時02分、7時48分、8時04分、8時47分、16時52分、17時53分、18時53分、19時53分、20時53分、21時23 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線・東西線・宝塚線~快速篠山口行き~

JR学研都市線・東西線快速篠山口行きは平日、土休日ともに朝夕ラッシュ時に運転されている。平日ダイヤでは京橋発7時25分、8時25分、17時23分、18時23分、19時23分、20時23分の6本が運転。土休日ダイヤでは京橋 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線・東西線~快速奈良行き~

JR学研都市線、東西線の快速奈良行きはおおさか東線経由の直通快速とは異なり、学研都市線木津から大和路線に乗り入れて奈良まで運転去れっている。平日ダイヤで尼崎発21時01分、22時15分の2本が運転。いずれもJR宝塚線宝塚 … 続きを読む

コメントなし

JR宝塚線~丹波路快速福知山行き~

JR宝塚線丹波路快速福知山行きは朝夜に運転されている。以前は快速福知山行きだったが、2011年3月12日ダイヤ改正から大阪発着で篠山口以北へ運転される列車は全て丹波路快速となった。平日ダイヤで大阪発6時43分、16時54 … 続きを読む

コメントなし

JR宝塚線~普通篠山口行き~

JR宝塚線では平日ダイヤ大阪発6時12分と7時54分に普通篠山口行きが運転されている。土休日は大阪発6時12分のみ運転。この普通は3扉転換クロスシート車が使用されており、大阪~尼崎間では外側線を走行するため塚本を通過する … 続きを読む

コメントなし

JR宝塚線~普通大阪行き~

JR宝塚線普通大阪行きは平日ダイヤで大阪着6時21分、9時04分、9時21分、9時34分、9時51分の5本が運転。土休日ダイヤでは大阪着6時21分、6時42分、7時17分の3本が運転されている。大阪行き普通は尼崎~大阪間 … 続きを読む

コメントなし