JR大阪環状線

LS3

LS3

【JR大阪環状線ガイド】

JR大阪環状線は天王寺から鶴橋、京橋、大阪、西九条、新今宮を経て天王寺に至る路線で、線路戸籍上は新今宮~天王寺間はJR関西線の複々線扱いだが、大阪を1周する路線として親しまれている。大阪環状線は1周21.7kmで、東京の山手線34.5kmよりも一回り小さいといったところだ。また、山手線が東京の中心部を走るのに対し、大阪環状線は大阪市内の外延部に近いところを走るため、混雑率はそれほど高くない。特に西側は私鉄ターミナル駅がないこともあり、東側より混雑率が低くなっている。このため、大和路線や阪和線から直通する快速の運転や関空特急はるか、紀勢線特急のバイパス、桜島線直通列車の設定など多種多様な列車の直通運転を行っている。

列車種別は環状運転一系統のみの山手線と違い、大阪環状線は多岐に渡っている。環状運転が基本になるが、これに加えてゆめ咲線(桜島線)直通電車も運転されている。また、大和路線から大和路快速、区間快速、阪和線から関空紀州路快速・直通快速が乗り入れてきて、常時直通運転を行っている。さらに梅田貨物線を介して新大阪、京都から関空特急はるか、紀勢線特急オーシャンアロー、スーパーくろしお、くろしおが乗り入れてくる。

大阪環状線は天王寺駅の11~14番線から発着している。12番線と13番線は乗降分離になっており、天王寺折り返しの大和路快速(環状線を1周してきた電車)やラッシュ時の直通快速、関空紀州路快速、区間快速、ゆめ咲線直通の環状線電車などが折り返しに使用している。環状線ホームは掘割の下にあり、11番線の上には阪和線9番線ホームがある。大和路線・阪和線から直通する特急や快速は15~18番線から発着しており、天王寺で環状線と乗り換えるにはいずれも階段の昇り降りが必要になる。天王寺では阪和線、大和路線の他、地下鉄御堂筋線、谷町線、近鉄南大阪線、阪堺上町線と連絡している。新今宮方には引き上げ線が2線あり、ラッシュ時を中心に折り返し電車が待機する。
天王寺を出ると大和路線と分かれて、阪和線の高架線をくぐり左カーブして進む。左手に大阪教育大学を見ながら走り、高架線に上がり2面2線の寺田町となる。同駅では他線との連絡はない。2015年8月に駅改修の際、壁に直接手書きで書かれた古い駅名板が発掘された。現在補修された上、現地にて保存され公開されている。寺田町を出ると国道25号線と交差して、天王寺区と生野区の境を走り、2面2線の桃谷となる。同駅も他線との連絡はないが、付近にプール学院や天王寺商業高校などがあり、通学時間帯には学生で賑わう。大阪環状線改造プロジェクトで駅舎がリニューアルされ、北改札も新設された。桃谷からさらに区境を北上して行き、一段高い高架に上がり2面2線の鶴橋となる。鶴橋では近鉄奈良線、大阪線と交差しており、連絡改札を介して階段を下りるだけで乗り換えることができる。連絡改札は自動改札化されており、ICOCAなどのICカードが近鉄と共通で使えるようになっている。近鉄はスルッと関西にも加入しているが、鶴橋でのJRとの連絡があるため、以前はJスルーにも参加する唯一の私鉄となっていた。鶴橋では近鉄の他に地下鉄千日前線とも連絡している。鶴橋は大阪屈指のコリアタウンで、近鉄のホームなどは駅付近にある店舗から漂う焼肉の匂いが充満しているが、環状線ホームは一段高いところにあるからか、焼肉の匂いはしない。

次の玉造は2面2線で地下鉄長堀鶴見緑地線と連絡している。駅に隣接する商業施設ビエラ玉造は大阪環状線103系を模した外観で一躍有名になっている。2017年現在大阪環状線改造プロジェクトで駅舎を改築中である。森ノ宮も2面2線で地下鉄中央線、長堀鶴見緑地線と連絡している。森ノ宮には森ノ宮電車区があり、運転士や車掌の交代を行うので、同駅で時間調整を行う電車が多い。2015年に大阪環状線改造プロジェクトで駅舎が改築され、内回り線ホームには大阪城を望める城見エリアが設けられた。森ノ宮を出て阪神高速東大阪線の高架をくぐると左手に大阪城と大阪城公園、右手に森ノ宮電車区が見えてくる。大阪城公園は2面2線の橋上駅舎で、1983年10月1日に開業した比較的新しい駅である。大阪城公園や大阪城ホールへの最寄り駅でイベントがあるときは混雑する。大阪城公園を出ると森ノ宮電車区からの回送線と3線状態で進み、寝屋川を渡り、折り返し線が見えてくると2面2線の京橋となる。京橋ではJR東西線、学研都市線、京阪本線、地下鉄長堀鶴見緑地線と連絡している。京橋での京阪との乗り換えは鶴橋での近鉄との乗り換えほど便利な構造にはなっていない。連絡改札を設けて乗換えを便利なようにして欲しいものだ。京阪・地下鉄との乗り換えは大阪寄り、学研都市線・東西線との乗り換えは天王寺寄りになっており、混雑が分散されるようになっているが、大阪駅の構造上天王寺寄りが混雑している。

京橋を出ると旧淀川電車区への連絡線跡を右手に見ながら進むと2面2線の桜ノ宮となる。同駅は造幣局に近く、造幣局の桜の通り抜けがあるときにはかなり混み合う。また、駅の北側には大川が流れており、天神祭りの時にも駅周辺は賑わう。桜ノ宮を出るとすぐに大川を渡る。大川を渡って右カーブして阪神高速守口線がオーバークロスすると天満となる。天満は2面2線だが、ホームの配置はイレギュラーな配置になっており、外回りホームは内回り線とも接しており、内回り側には柵が設けられている。天満は地下鉄堺筋線扇町に近く、地下鉄では環状線乗り換えの案内がある。天満周辺は天神橋筋の商店街や扇町公園、関西テレビなどがあり、結構開けている。天満を出てカーブしながら右手に谷町線の中崎町駅出口を見て、JR京都線の線路が見えてきて、左手にヘップナビオの観覧車が見えると大阪となる。大阪駅の大阪環状線ホームはかつては環状内と環状外となっていて、さらにその昔は0番線とか言われていたが、現在は内回りが1番線、外回りが2番線となっている。福島方に折り返し線が2線あり、かつてはデータイムでも大阪を始終着とする電車があったが、USJの開園により直通電車が増えたため大阪折り返しは減っている。大阪ではJR京都線、JR宝塚線の他、阪急各線、阪神本線、地下鉄御堂筋線、谷町線、四つ橋線と連絡している。阪神本線や地下鉄各線との乗り換えは比較的便利だが、阪急各線との乗り換えにはかなり歩かなければならない。ラッシュ時の乗り換えは各所が混み合いかなり時間がかかる。特に雨が降ると地下を通って乗り換える人が増えるので御堂筋線との乗り換え客とバッティングして連絡通路は人で溢れ返る。大阪環状線との乗り換えはJR各線の方が圧倒的に便利なので、その面で阪急からJRへ転移した人も多かったのではないかと思う。

大阪を出ると中央に折り返し線を挟み、JR京都線が右カーブして分かれていき阪神高速池田線がオーバークロスすると1面2線の福島となる。福島ではJR東西線新福島、阪神本線福島と連絡している。連絡しているが、どちらも少し離れており、東西線新福島とは同一駅扱いにはなっていない。2012年3月17日ダイヤ改正から関空紀州路快速、大和路快速が停車するようになった。福島駅北側には東海道貨物線の踏切があり、関空特急はるかや特急くろしお、安治川口へ向かう貨物列車などがここを通る。福島を出ると貨物線と合流して3線状態で高架線を進む。阪神本線と国道2号線をアンダーパスして右手に阪神野田を見ながら阪神と離れていき、阪神高速神戸線がオーバークロスすると1面2線の野田なる。野田は阪神野田とは離れているが、地下鉄千日前線玉川に近く連絡している。地下鉄は終点の野田を野田阪神として、JR野田との混同を避けている。全国には場所を混同するような駅名がたくさんあるが、野田もその一つと言える。同駅は関空紀州路快速、大和路快速が通過する。かつてはここから大阪市場への貨物線を分岐していたが、今はその遺構を垣間見ることができるだけとなっている。野田を出ると貨物線と線路が交錯して、2面3線の西九条となる。西九条は1番線と4番線が環状線ホームで、そのホームに挟まれた2番3番線をゆめ咲線が使用している。下りはるか、くろしおはこの中線を停車もしくは通過する。上りの西九条に停車しない特急はホームのない貨物線を通過していく。西九条ではJRゆめ咲線(桜島線)と接続するほか、阪神なんば線と連絡している。阪神なんば線が開業した2009年3月以降、西九条は乗換駅として地位が向上してきている。

西九条を出ると構内の端で阪神なんば線の高々架の下をくぐり、中央のゆめ咲線線路が地上に下りていき、外回り線はこれをアンダーパスして、右に分かれて安治川を渡る。左手には阪神なんば線の巨大なトラス橋を見ることができる。その向こうには京セラドーム大阪の特徴的な屋根も見える。安治川を渡って左にカーブして右手に国道43号線が並行して走り、しばらく走って2面2線の弁天町となる。弁天町の駅下には交通科学博物館跡がある。京都鉄道博物館に移転し、跡地は再開発中である。同駅では地下鉄中央線と連絡している。弁天町を出るとすぐに阪神高速大阪港線、地下鉄中央線がオーバークロスする。左手に市岡高校を見ながら国道172号線をアンダーパスして、左にカーブしていく。カーブが終わるとかつて浪速貨物駅からの臨港線と合流していた境川信号所跡がある。外回り線が臨港線をアンダーパスするため、一段高い高架になっているところが目印である。左手に京セラドーム大阪が見えて、尻無川を渡ると2面2線の大正となる。大正では地下鉄長堀鶴見緑地線と連絡している。京セラドーム大阪の最寄り駅にもなっており、野球やイベントがあるときには混雑する。大正は2011年3月改正から快速停車駅となっている。大正を出ると木津川を渡り、南海汐見橋支線と大阪臨海線をアンダーパスして、阪神高速堺線がオーバークロスすると2面2線の芦原橋となる。芦原橋は大阪環状線のデータイムダイヤが15分毎に変更されて、停車列車がかなり減った。隣の今宮や野田も同様だが、今宮は大和路線普通も停まるし、野田にはゆめ咲線直通が走る時間帯もあるので、芦原橋が一番停車本数が少ない。

芦原橋を出ると左手に地下から上がってくるJR大和路線が見えると今宮となる。今宮は内回りが高々架で、2段式の高架駅となっている。外回りは大和路線と同じレベルの高架駅である。今宮を出て、内回り線が大和路線上下線をアンダーパスして、高架レベルまで下りてきて複々線になって南海本線の高架をくぐって新今宮に着く。新今宮手前には大和路線との間には渡り線があり、大和路快速や関空紀州路快速などはここで転線する。新今宮は1番線4番線を大阪環状線、2番線3番線を大和路線が使用している。大和路快速や関空紀州路快速は大和路線ホームに発着する。関空特急はるかや紀勢特急も同様に大和路線ホームを通過していく。新今宮では南海本線、高野線と西側で連絡しており、東側では地下鉄御堂筋線・堺筋線動物園前、阪堺線の新今宮駅前電停と連絡している。新今宮を出ると阪神高速松原線がオーバークロスし、左手に天王寺動物園を見て掘割になると外回り線は大和路線線路をアンダーパスして大和路線と線路別複々線となって、内回り線と外回り線の間の電留線を見て阿倍野橋の下をくぐって天王寺駅に着く。

【JR西日本323系】

JR西日本323系は2016年12月24日に営業運転を開始した大阪環状線用の新型車両である。大阪環状線用の車両としてはJR発足後初の新型車両で、それまでの103系や201系の4扉ロングシートから3扉ロングシートに変更され … 続きを読む

コメントなし

【JR223系0番台】

JR西日本の223系0番台は1994年の関西空港開港に合わせて製造された。アーバンネットワークでは221系に次ぐ新型近郊型車両で、足回りはVVVFインバータ制御を採用した通勤型の207系をベースにした車両である。関西空港 … 続きを読む

コメントなし

JR貨物~M250系スーパーレールカーゴ~

スーパーレールカーゴM250系は2002年10月に第一編成が落成し、2004年3月13日ダイヤ改正から東京貨物ターミナル~安治川口間にて営業運転を開始した。M250系はJR貨物初の貨物電車で4M12Tの16両編成で運転さ … 続きを読む

コメントなし

JR貨物~EF66-100番台~

EF66-100番台はJR発足後、貨物列車増発のために増備された。基本仕様は0番台と同様だったが、外観は大きく変わり、0番台とは別物のデザインとなった。塗装はJR貨物の標準となるライトブルーとライトグレーの塗り分けとなっ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その3~

大阪駅中央改札南口は大丸百貨店などが入るサウスゲートビルがある。 中央改札を南に下ると地下に下りるエスカレータと階段がある。これを下りると阪神梅田駅方面へ向かう。 大阪駅南口は大阪駅の表玄関の位置づけで、サウスゲートビル … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その1~

~OSAKA STATION CITY開業で一変し名実ともに大阪の顔として君臨~ JR大阪駅は、大阪市北区にある。JR東海道本線(JR京都線・JR神戸線・JR宝塚線)とJR大阪環状線の2路線が集まるのみだが、東海道本線は … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その2~

~OSAKA STATION CITY開業で一変し名実ともに大阪の顔として君臨~ 大阪駅中央改札は、地上1階にある。ホームは地上2階部分にあり、その上には連絡橋改札が設けられた。 大阪駅中央口はまさに大阪駅の中央にある。 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第155回~JR大和路線・大阪環状線新今宮駅~

~通天閣にあべのハルカス大阪ミナミの二大シンボルタワーを望める駅~ JR大和路線、大阪環状線の新今宮駅は、大阪市浪速区にある。浪速区と西成区の区境に位置しており、南海の駅は西成区にあるが、JRの駅は浪速区になる。JR大和 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第82回~JR大阪環状線寺田町駅~

〜大阪環状線プロジェクトの産物がホームに!旧駅名板が物語る駅の歴史~ JR大阪環状線寺田町駅は、大阪市天王寺区にある。天王寺から内回り電車で1駅で、駅周辺は下町情緒あふれる商店街がある。関空紀州路快速、大和路快速なども停 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線~快速東岸和田行き~

快速東岸和田行きは、2016年3月26日ダイヤ改正から天王寺始発から京橋始発に変更された。京橋発22時10分の設定で、平日のみならず土休日にも運転がある。   

コメントなし

【関空特急はるか改善案】

先日提案した有料新快速では、281系を使用するとした。その281系を有料新快速に回すために、関空特急はるか用の新型車両が必要である。海外からの旅行者が増え、関空利用が盛り返したことにより、関空特急はるかの利用者も増えてき … 続きを読む

コメントなし

【JR貨物EF210(吹田)】

EF210は1996年から製造されたJR貨物の直流電気機関車。老朽化したEF65の置き換え用として岡山機関区に投入された。1990年に登場したEF200に続く新型貨物用機関車で、パワーを持て余していたEF200よりスペッ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第62回~JR大阪環状線芦原橋駅~

JR大阪環状線芦原橋駅は、大阪市西成区にあり、大阪環状線では南西部に位置する駅である。近くを南海高野線が走り、芦原町駅があるが、連絡運輸は行っておらず、単独駅となっている。関空紀州路快速、大和路快速は通過し、区間快速と環 … 続きを読む

コメントなし

JR大和路線・JR大阪環状線~区間快速京橋行き~

JR大和路線、大阪環状線の区間快速京橋行きは朝と夜に運転されている。平日朝ラッシュ時は奈良発7時33分、加茂発7時44分の2本が運転。平日夜間は加茂発19時59分と奈良発21時52分に2本が運転されている。土休日は夜間に … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線~紀州路快速海南行き~

関空紀州路快速海南行きは2015年3月14日ダイヤ改正で、平日ダイヤの早朝に1本新設された。大阪発6時06分で、紀勢線へ直通する紀州路快速はこの1本のみとなっている。   

コメントなし

【JR223系2500番台】

223系2500番台は1999年5月10日改正で、増備された。関空快速と紀州路快速の併結運転に伴って0番台の先頭車が不足することから、先頭車4両が製造された。2007年2月には4両編成が新造され、天王寺短絡線の複線化が完 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第44回〜JR大阪環状線大正駅〜

1.概要大正駅は1961年4月25日の大阪環状線開業とともに設置された。それ以前から大阪港への貨物線があったが、駅はなかった。環状線で快速が運転されてからも長らく普通しか停まらなかったが、2011年3月12日ダイヤ改正か … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本283系】

基本 ←京都 新宮→ クハ283 モハ283 サハ283 モハ283 サハ283 クロ282 Tc Mp T Mp T Tc HB601 501 1 201 301 1 1 HB602 502 2 202 302 2 2 … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本103系森ノ宮】

会社名 JR西日本 形式 103系 使用線区 大阪環状線・関西本線・桜島線・阪和線・奈良線・播但線・加古川線 製造メーカー 川崎重工・近畿車輌・日立製作所 制御方式 抵抗制御 主電動機 MT55 定格110kW ブレーキ … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・大和路線~大和路快速五条~

JR大阪環状線、大和路線大和路快速五条行きは土休日ダイヤのみの運転で、大阪発17時58分、19時13分の2本のみ設定。前半分4両が奈良行き、後ろ4両が五条行きで運転されている。

コメントなし

JR大阪環状線・大和路線~大和路快速高田~

JR大阪環状線、大和路線大和路快速高田行きは2015年3月14日ダイヤ改正以前に運転されていた。土休日ダイヤのみの運転で、大阪発18時23分に1本のみ設定。前半分4両が奈良行き、後ろ4両が高田行きで運転されていた。

コメントなし

JR大阪環状線~201系森ノ宮~

JR大阪環状線の201系は吹田総合車両所森ノ宮支所の車両を使用している。4扉ロングシートの通勤電車で、関西地区には1981年から投入された。当初は京阪神緩行に使用され、JR発足後も同様に活躍を続けた。321系の本線投入に … 続きを読む

コメントなし

【JR大阪環状線平日データイムダイヤ】

JR大阪環状線のデータイムダイヤは2011年3月12日ダイヤ改正から15分サイクルとなっている。それ以前は関空紀州路快速、大和路快速に合わせて20分サイクルの運転だった。20分サイクル時は関空紀州路快速、大和路快速が各1 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線・関西空港線~直通快速京橋行き~

JR大阪環状線・阪和線・関西空港線の直通快速京橋行きは平日朝ラッシュ時のみ運転されている。大阪環状線外回り天王寺発ベースで、8時04分、8時25分、8時45分の3本が運転。   

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線・関西空港線~直通快速天王寺~

JR大阪環状線、阪和線、関西空港線の直通快速天王寺行きは平日朝ラッシュ時のみに運転されている。大阪環状線天王寺発ベースで、6時41分(関西空港始発)、6時52分(日根野始発)、7時11分(和歌山始発)、7時28分(日根野 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線・関西空港線~関空紀州路快速京橋行き~

関空紀州路快速京橋行きは以前はレギュラー列車として運転されていたが、2012年3月17日ダイヤ改正以降レギュラー列車は天王寺発着となり、京橋発着はイレギュラー列車となった。2014年5月現在、平日ダイヤでは天王寺発9時0 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・JR阪和線~紀州路快速天王寺行~

紀州路快速単独運転の大阪環状線周回の天王寺行きは午前中に運転されている。平日ダイヤでは天王寺発10時56分、11時57分の2本。土休日ダイヤでは天王寺発7時16分、10時56分、11時57分の3本が運転。  

コメントなし

JR梅田貨物線・阪和線~快速湯浅行き~

 JR梅田貨物線・大阪環状線・阪和線では早朝に新大阪発湯浅行きの快速を運転している。2014年3月15日ダイヤ改正以前は紀伊田辺行きだったが、同改正で湯浅行きに短縮されている。平日ダイヤは新大阪発6時25分、土休日ダイヤ … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線〜普通森ノ宮行き〜

JR大阪環状線では2012年3月16日ダイヤ改正以前に天王寺発森ノ宮行きを夜間に運転していた。天王寺発23時53分の1本で、平日、土休日ともに運転されていた。2012年3月16日ダイヤ改正で廃止になり、森ノ宮行きは消滅し … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線~関空快速単独運転~

JR大阪環状線、阪和線、関西空港線では関空快速の単独運転が夜間に行われている。平日ダイヤ大阪発20時08分、21時14分、21時35分、22時10分、22時33分の5本。土休日ダイヤは21時10分、21時35分、22時1 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線~奈良区103系運用~

JR大阪環状線では奈良区の103系4+4両編成が朝夕ラッシュ時に運用されている。2013年3月16日ダイヤ改正現在の運用は以下の通り。奈良発7時06分区間快速~8時10分大阪8時11分普通天王寺行き~外回り~8時34分天 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線~221系普通~

JR大阪環状線では221系を使用した普通電車が何本か運転されている。平日京橋発7時03分の内回り天王寺方面行きは221系4両×2本の8両編成で天王寺まで普通で運転されている。天王寺到着後は区間快速奈良行きとなる。天王寺発 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・大和路線〜臨時特急まほろば〜

JR西日本では2010年の平城遷都1300年に合わせて同年4月から6月の間に新大阪~奈良間に臨時特急まほろばを運転した。4月1日から運転され、土休日に1往復が運転された。使用車両は日根野の381系モノクラス6両編成。同編 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線~223系・225系普通~

JR大阪環状線では平日ダイヤ天王寺発8時50分の外回り電車で223系・225系による環状運転が行われている。環状線を1周して天王寺に9時36分に着く。折り返し内回りの関空紀州路快速となる。  

コメントなし

JR大阪環状線・JR阪和線~快速日根野行き~

JR大阪環状線、JR阪和線では夕方ラッシュ時と夜間に大阪環状線から快速日根野行きが運転されている。大阪発18時41分、同23時06分、同23時22分の3本で運転されている。停車駅は日根野まで関空紀州路快速と同じとなってい … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・JR大和路線~区間快速加茂行き~

JR大阪環状線、JR大和路線では夕方ラッシュ時に区間快速加茂行きが運転されている。大阪発17時台に2本、18時台に3本、19時台に3本、20時台に1本、21時台に2本、22時台に2本が運転されている。かつては103系や2 … 続きを読む

コメントなし

 JR大阪環状線・JR大和路線~やまとじライナー~

やまとじライナーはJR大阪環状線大阪始発で大和路線加茂まで夕方ラッシュ時1本、夜間に1本が運転されていた。381系6両編成が使用され、通常はグリーン車を連結しないモノクラス編成が使用されていた。 また、朝の時間帯にはJR … 続きを読む

コメントなし

 JR大阪環状線・JRゆめ咲線~ユニバーサルエクスプレス

ユニバーサルエクスプレスは681系・683系6両編成で、富山発ユニバーサルシティ行きで運転されていた。茨木信号所から梅田貨物線に入るはるかと同じルートを走り、西九条からゆめ咲線に入るルートで運転されていた。上りのユニバー … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・JR阪和線~快速京橋行き~

JR大阪環状線、JR阪和線では土休日ダイヤの朝の時間帯にJR阪和線からJR大阪環状線似直通する快速を2本運転していた。1本は御坊始発で、もう1本は和歌山始発で運転されていた。2011年3月12日のダイヤ改正で関空紀州路快 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・JR阪和線~紀州路快速京橋行~

紀州路快速京橋行きは2011年3月12日ダイヤ改正で登場した。平日の天王寺着10時台に1本、土休日の朝8時台、9時台、10時台に各1本が運転されている。土休日の朝の2本はかつては快速として大阪環状線に乗り入れていたが、2 … 続きを読む

コメントなし

 JR大阪環状線・JR阪和線~直通快速和歌山行~

2008年3月15日ダイヤ改正で運転を開始した直通快速。このうち大阪発7時05分で運転されていた直通快速は和歌山行きとして運転されていた。2012年3月17日ダイヤ改正で紀州路快速に置き換えられ消滅している。  

コメントなし

JR大阪環状線・JR阪和線~直通快速鳳行~

2008年3月15日ダイヤ改正で運転を開始した直通快速。朝ラッシュ時にJR阪和線からJR大阪環状線に乗り入れる快速を増発する為、JR大和路線の区間快速と同様に環状線内を各駅に停車とした。当初JR大阪環状線からJR阪和線方 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線~B快速新大阪行き~

早朝のJR大阪環状線を走るB快速新大阪行き。和歌山から新大阪へ直通する列車で折り返しは快速紀伊田辺行きとなる。早朝の新幹線連絡を兼ねた列車として設定されている。2013年現在223系、225系5000番台の4両編成で運転 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線~直通快速関空/和歌山~

2011年3月12日ダイヤ改正で登場した直通快速関西空港/和歌山行き。それ以前は直通快速と関空紀州路快速が続行で運転されていたが、これを統合した形で直通快速関西空港/和歌山行きとなった。翌2012年3月17日ダイヤ改正で … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線~快速日根野行き~

JR大阪環状線で夕方ラッシュ時と夜間に運転されている快速日根野行き。通常阪和線直通は関空紀州路快速と朝ラッシュ時の直通快速が運転されているが、平日大阪発18時41分、同23時06分、同23時22分の3本は快速日根野行きで … 続きを読む

コメントなし