JR京都線

225系L9

L9

【JR京都線ガイド】

L2

L2

JR京都線はJR東海道本線の京都~大阪間42.8kmに付けられた名称で、現在では東海道線よりもJR京都線という呼び方の方が定着している。但し後発のため阪急、近鉄の京都線と区別するためにも必ずJR京都線という風にJRを付けて呼ばれている。京都~大阪間の全線が複々線となっている。高槻、新大阪のみに停まる新快速、高槻までの各駅と茨木、新大阪に停まる快速、普通の3本立てを中心に、北陸、山陰、紀勢、関西空港方面への優等列車や貨物列車が数多く運転されている近畿圏一の大動脈である。新快速は終日外側線を走るが、新大阪~大阪間の上り列車のみデータイム以降は内側線を走るようになっている。下り列車も同区間を内側線走行していたが、新大阪駅ホーム改良工事に伴い、15・16番線が新ホームに切り替えられた際に外側走行に切り替えられた。快速は平日朝ラッシュ時を除いて内側線を走る。普通は終日内側線走行、特急列車と貨物列車は外側線走行となっている。内側電車線は基本的に快速と普通しか走らないが、回送列車の一部が内側線を走ることもあり、夜行列車や貨物列車で線路保守と時間帯がぶつかる時には内側線を走ることもある。

 

京都

京都

京都駅では、JR嵯峨野山陰線、JR奈良線、JR湖西線、東海道新幹線、近鉄京都線、地下鉄烏丸線と連絡している。JR京都線の電車は通常2番線、4番線、5番線に発着しており、2番線、5番線はJR琵琶湖線へ直通する新快速、快速(普通)が発着し、4番線からは京都始発の普通電車が発着している。朝ラッシュ時の新快速や京都止まりの普通電車は6番線に発着することもある。また、夕方の草津線直通の京都始発の普通電車は0番線から発車している。北陸方面の特急列車は下り北陸方面が0番線、上り大阪方面が6、7番線から発着している。関空特急はるかは専用ホームの30番線、紀勢線特急、スーパーはくとやその他優等列車は0番線、6、7番線から発着している。京都で折り返す紀勢線特急やスーパーはくとは米原方にある折り返し線や中線で折り返し作業や折り返し待ちを行っている。

西大路

西大路

京都を出ると近鉄京都線が左に急カーブして離れて行くのを見て、右手にしばらくJR嵯峨野線が並行して、それが高架になって右にカーブして離れて行くと右手に梅小路のヤードが広がる。ヤードの向こうには梅小路蒸気機関車館があるが、JR京都線に駅がないので、電車で見学に行くのは不便なところだ。JR京都線に駅を設置してもかなり歩かなければならないので、JR嵯峨野線に駅を設置して同館への利用を促進した方がよさそうだ。東海道新幹線が京都からずっと左手に並行するが、それと再接近して、下り外側線の直上に新幹線の線路が来るあたりに西大路がある。同駅は2面4線で朝ラッシュ時を除いて快速も停車するが、京都市内にも関わらず接続している路線はない。同駅付近で梅小路のヤードが途切れて上り線の隣を貨物線が並行する。この貨物線は梅小路貨物線と呼ばれ、関空特急はるかは京都駅30番線に発着するため同貨物線を経由している。また、臨時のJR嵯峨野線への直通列車は同貨物線を経由して梅小路のヤードを抜けて短絡線を介してJR嵯峨野線に乗り入れていた。桂川を渡って、京都総合運転所への線路がオーバークロスする。内側線はこのガードをくぐったらすぐに1面2線の桂川駅がある。2008年10月に開業した新しい駅で、久世の副名称も付けられている。阪急の桂や洛西口と競合している。朝ラッシュ時を除いて快速が停車するが、2010年3月の改正でデータイムの普通が減便されたため、15分電車が来ない時間帯ができている。桂川を出て左手にヤードが広がると向日町に着く。向日町は国鉄時代から有名な向日町運転所がある駅で、現在は京都総合運転所と名前が変わったが、北陸や九州へ向かう列車が数多く配置され、停泊する車両も多い。駅から西へ約500mほどのところに阪急東向日駅があり競合している。

桂川

桂川

向日町を出ると左手に京都総合運転所が広がり、多種多様な車両が止まっていてファンの目を楽しませてくれる。同運転所が途切れて、運転所からの線路を跨いでそれと合流して長岡京に着く。長岡京は終日快速停車駅だが、阪急の長岡天神とは約1km離れており、どちらかといえば長岡天神の方が活気がある。もっとも近年は長岡京周辺も、駅周辺にマンションやショッピングセンターができて阪急長岡天神と遜色ない駅になってきている。ここから大阪へは特定運賃の適用がなされていないので阪急の方がかなり安くなっている。長岡京を出ると左手から名神高速が姿を現し、それがオーバークロスして、右手から阪急京都本線が近づいてきて少しの間並行して走る。このあたりはかつて新京阪とつばめのマッチレースが展開された決戦の場で今も新快速と阪急特急が凌ぎを削っている。天王山をバックにした戦いは今も熱いが、実際には新快速の攻勢に勝負あったという感がある。もっとも山崎付近では新快速が大カーブの区間で減速しているので、110km/hでかっ飛ばす阪急特急も負けていない。阪急京都本線をアンダーパスして右にカーブして山崎に着く。山崎は撮影のメッカで、駅から10分程度のところに有名な撮影地がある。ここも阪急大山崎に近く競合している。京都競馬開催時などにはここから京都競馬場までの臨時バスが発着している。

瑞風

瑞風

山崎を出ると有名な山崎の大カーブを通過する。休日やイベント列車が走る時には数多くのファンの姿が見られる。もっともサントリーカーブと称される好撮影地は近年防護柵が立ち並びかつてほどの賑わいはない。サントリーカーブ以外にも周辺各所に撮影できるポイントがあり、三脚が鈴なりに並ぶ光景もあり、まだまだ撮影のメッカのイメージは残っている。山側に名神高速、東側には阪急京都本線と東海道新幹線が並行し、国道171号線の向こうには淀川が流れ、その対岸には京阪本線と国道1号線が走っている。京阪間の主要交通機関が狭い所に集まるこの付近はまさに交通の要衝と言うのに相応しい場所と言える。山崎~高槻間は駅間距離が7.5kmもあり、この間に島本駅が2008年3月15日のダイヤ改正で新設された。甲南山手、さくら夙川などと同様に内側線にのみホームが設けられ、1面2線の橋上駅舎になっている。朝と深夜を除いて高槻以東各駅に停まる快速も停車するため、ホーム有効長は12両編成に対応している。隣の山崎にサントリーウィスキーの工場があるので、着メロにはサントリーオールドのCMソングが流される。南東側500m程には阪急京都本線水瀬駅があり、南へ1kmほど離れた所には阪急京都本線上牧があり、この両駅と競合関係にあると言える。

EF66-36

EF66-36

島本を出ると上牧付近の大築堤を走る。ここも古くからの撮影のメッカになっている。このあたりで、東海道新幹線と淀川が離れていき、阪急京都本線との間に住宅が建てこみ、同線が見えなくなり、右手に高槻電車区の留置線(元吹田工場高槻派出所、国鉄時代の高槻電車区)が広がり、そこからの連絡線が上り本線をオーバークロスして中央に折り返し線が広がると高槻に着く。高槻は4面6線の配線で、内側線の2面4線に加えて、外側線の通過線があったが、2016年3月26日ダイヤ改正から外側線にもホームが設けられた。同駅は1日の乗降客が10万人を越えるJR京都線の中心駅で、1997年から新快速が終日停車するようになった。また、2016年3月26日ダイヤ改正からは朝夜の時間帯に関空特急はるかが停車するようになった。さらに2017年3月4日ダイヤ改正からは朝夜の特急サンダーバードも停車するようになり、特急列車の停車が増えてきている。大阪方面からの普通電車はここで半数が折り返しており、データイムの快速はここから京都まで各駅に停まっている。阪急高槻市とは約500mの至近距離にあり、激しい競合を繰り広げているが、JRは運賃が大阪まで250円、所要時分は大阪まで新快速で15分、快速で17分となっており、阪急の同270円、同特急で21分を上回っており、ここでは阪急を大きくリードしている感がある。駅周辺もJR高槻周辺はデパートが建ち並び、北側では大規模な開発がなされており、阪急高槻市駅よりも活気がある。高槻駅は現在拡張工事中で、外側線にもホームが設けられ、新快速専用のホームが上下線に造られる。

高槻

高槻

摂津富田

摂津富田

高槻を出ると芥川を渡ったあたりで阪急京都本線が近づいてきて、明治製菓の工場の大きなチョコレートが見えて来ると摂津富田に着く。摂津富田はJR京都線の中では一番阪急京都本線と接近している駅で、阪急富田とは商店街を隔てておよそ200mほどの距離にある。ここもJR摂津富田の方が活気がある。駅の北側にはバスターミナルもあり、乗降客は阪急より多い。摂津富田を出ると茨木市に入り、阪急京都本線とは少し離れて並行する。安威川を渡る前の総持寺付近に新駅が建設されている。島本や桂川と同様に内側線のみにホームが設けられる。安威川を渡って大きく左にカーブしていき茨木に着く。茨木は快速停車駅で、駅西口のバスターミナルからは万博方面へのバスが発着している。阪急茨木市とはおよそ1km離れており、ここの場合はどちらもそこそこ活気があるといえる。それでも大阪まではJRが210円で快速で最速12分となっており、阪急の260円、特急で16分よりも便利になっている。

JR総持寺新駅

茨木を出ると巨大なイオンのショッピングセンターを右手に見て、左手には立命館大学の茨木キャンパスを見ながら走る。大阪モノレールと近畿自動車道、中央環状と交差し、その向こうで貨物線を分岐する。北方貨物線、梅田貨物ターミナルへ入る線路を分岐し、それと大阪貨物ターミナルからの線路が合流する貨物線の一大ジャンクションとなっている。下りのはるかやオーシャンアロー、くろしおなどはここから貨物線に入る。貨物線は本線を乗り越えて、上り線側に出て、大阪貨物ターミナルからの線路と並行して走る。千里丘は2面4線の橋上駅舎で、普通しか停まらないが、利用者は多い。阪急との競合駅はなかったが、2010年3月14日に阪急京都本線摂津市駅が開業し、競合駅となった。千里丘付近から旧吹田操車場の跡地を再開発した貨物ターミナルが右手に広がる。広大な貨物留置線を右手に見ながら走り、右にカーブして左手に阪急の正雀工場を見て岸辺に着く。阪急の正雀車庫や正雀工場は阪急に乗るよりもJRに乗った方がよく見える。岸辺は阪急正雀と競合しており、約800m離れている。

V58

V58

岸辺は2面4線の橋上駅で、大阪方面行きホームの京都方は有名な撮影地になっており、関西のファンには有名なところである。また、近年貨物列車の撮影者も増えているが、上りホームから貨物線を走る列車も撮影することができる。岸辺を出ると左手に吹田機関区と吹田工場を見ながら走り、2面4線の吹田に着く。内側線は京都方に折り返し線があり、国鉄時代は緩行電車はここで折り返していた。JR発足後も午前中に特急タンゴエクスプローラが折り返しに使用していたが、同列車がなくなり、現在は早朝に吹田発着の普通が折り返すのみとなっている。阪急千里線にも吹田という駅はあるが、JR吹田とはかなり離れており、連絡駅とは言い難い。吹田市役所へは阪急吹田の方が近いが、利便性で勝るJRの方が利用者は多い。吹田を出るその阪急千里線をアンダーパスして、途中城東貨物線(将来のおおさか東線)を分岐し、左手から建設中のおおさか東線が合流し、神崎川を渡り大阪市に入り東淀川に着く。東淀川と新大阪の間はわずかで、これぞ目と鼻の先と言う表現が似合うところだ。

EF65-2127

EF65-2127

新大阪は新幹線との連絡駅で、在来線コンコースはJR西日本の管轄、新幹線コンコースはJR東海の管轄となっている。その他梅田貨物線経由で関西空港や紀勢線方面への特急とも連絡している。また、地下鉄御堂筋線とも連絡している。新大阪駅では新快速、快速が通常13、16番線から発着し、ラッシュ時などには12、17番線から発着するものがある。普通は14、15番線から発着している。11、12番線は関空特急はるかや紀勢線特急の上下列車と北陸方面の特急などの上り列車が発着している。17、18番線は下りの優等列車が主として発着している。新大阪駅は上下とも駅撮りが可能な構造になっており、手軽に撮影が楽しめる主要駅である。現在、おおさか東線乗り入れのためホームを拡張中で、JR京都線のホームをそれぞれ1つずつ東へずらす形で拡張工事を行っている。2017年6月現在、17番線、18番線ホームから順次新ホームへの切替が行われ、現在、11番線から18番線ホームは新ホームに切り替わっている。今後、おおさか東線乗り入れ用のホームが整備されていくことになる。

サンライズ出雲91号

サンライズ出雲91号

新大阪を出ると大阪方面から宮原運転所への線路が本線を跨いでいるのが見える。それが右手に分かれて行き、北方貨物線はそれと合流する。阪急京都本線をアンダーパスして新淀川を渡る。右手に新御堂と地下鉄御堂筋線の新淀川大橋、左手に長柄橋とその向こうに阪急千里線を見ながら渡る。新淀川を渡り終えると梅田貨物線が右にカーブして離れて行く。国道423号線新御堂がオーバークロスして、ナビオ阪急の観覧車が見えてきたところで右にカーブする。右手に阪急梅田駅ビルを見て、左手から大阪環状線が近づいてきて、構内の線路が広がっていき大阪となる。大阪は5、6、7、8番線がJR京都線電車の発着番線で、ラッシュ時の一部の新快速や快速は3、4、9、10番線から発着するものがある。3、4、9、10、11番線は長距離列車やJR宝塚線の電車が発着している。2004年から1、2番線の改修作業が行われ、それが完成した2005年3月より発着番線の変更が行われ、大阪環状線の環状内回り、環状外回りホームがそれぞれ新1、2番線となった。旧1、2番線は3、4番線として生まれ変わっている。引き続き旧3、4番線の改修作業が行われ、新5、6番線として生まれ変わった。このように順次ホームの改造作業が行われ、2009年12月20日新11番線の使用が開始され、大規模なホーム改良工事はこれで完了した。その後、駅舎の工事が行われ、ホーム全体を大屋根で覆い、ホームの屋根の一部が撤去された。橋上駅舎も設けられ、2011年4月から供用を開始した。2011年5月4日には駅全体の工事が完了し、大阪ステーションシティがグランドオープンした。

【EF210-300番台】

EF210-300番台は、2013年3月に登場した瀬野八補機用の機関車である。老朽化したEF67を置き換えるため、製造されたが、所属機関区は吹田機関区となり、瀬野八越えのみならず、本務機として吹田区のEF210と同じよう … 続きを読む

コメントなし

【EF65-1000番台】

EF65-1000番台、2000番台は国鉄時代に製造された旅客貨物両用の直流電気機関車。貨物機として製造された0番台、旅客用と貨物用に分けられて製造された500番台の後継として旅客貨物両用として1000番台が製造された。 … 続きを読む

コメントなし

【EF65-2000】

JR貨物所属のEF65-1000番台は2012年5月から旅客会社所属車との区別のため、1000を足した2000番台に改番された。新鶴見機関区に集中配置されており、2014年12月現在、24機が存在している。首都圏の貨物牽 … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸線〜201系普通〜

201系は関西地区では国鉄時代に京阪神緩行線に投入され、長らく同線にて活躍を続けてきた。7両編成で投入され、車体塗装はブルーになっていた。国鉄時代は中央線のオレンジ色、中央総武緩行線のウグイス色と並んで201系では唯一無 … 続きを読む

コメントなし

JR東海道本線〜寝台急行銀河〜

 寝台急行銀河は東京~大阪間を結ぶ列車で、JR発足時点では唯一の寝台専用急行列車だった。1986年11月1日ダイヤ改正で、14系14形から24系25形に置き換わり、この形でJR発足を迎えた。24系25形を使用しながら、オ … 続きを読む

コメントなし

JR貨物~M250系スーパーレールカーゴ~

スーパーレールカーゴM250系は2002年10月に第一編成が落成し、2004年3月13日ダイヤ改正から東京貨物ターミナル~安治川口間にて営業運転を開始した。M250系はJR貨物初の貨物電車で4M12Tの16両編成で運転さ … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸線〜205系普通〜

JR京都線、神戸線の緩行線では国鉄末期に投入された205系7両編成が4本活躍していた。201系と共通で運用されていたが、その後増備されることはなく、関西地区では阪和線の1000番台とともに少数派のまま終わっている。321 … 続きを読む

コメントなし

JR貨物~EF66-100番台~

EF66-100番台はJR発足後、貨物列車増発のために増備された。基本仕様は0番台と同様だったが、外観は大きく変わり、0番台とは別物のデザインとなった。塗装はJR貨物の標準となるライトブルーとライトグレーの塗り分けとなっ … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第271回~JR京都線吹田駅~】

~かつて東洋一といわれた吹田操車場があった吹田は今でも鉄道の要衝~ JR京都線吹田駅は大阪府吹田市にある。国鉄時代には東洋一と言われた吹田操車場があり、跡地には吹田貨物ターミナルが開業した。吹田機関区、吹田工場など鉄道の … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その3~

大阪駅中央改札南口は大丸百貨店などが入るサウスゲートビルがある。 中央改札を南に下ると地下に下りるエスカレータと階段がある。これを下りると阪神梅田駅方面へ向かう。 大阪駅南口は大阪駅の表玄関の位置づけで、サウスゲートビル … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その1~

~OSAKA STATION CITY開業で一変し名実ともに大阪の顔として君臨~ JR大阪駅は、大阪市北区にある。JR東海道本線(JR京都線・JR神戸線・JR宝塚線)とJR大阪環状線の2路線が集まるのみだが、東海道本線は … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その2~

~OSAKA STATION CITY開業で一変し名実ともに大阪の顔として君臨~ 大阪駅中央改札は、地上1階にある。ホームは地上2階部分にあり、その上には連絡橋改札が設けられた。 大阪駅中央口はまさに大阪駅の中央にある。 … 続きを読む

コメントなし

【JR京都線データイムダイヤ】

JR京都線は2013年3月16日改正で高槻~京都間の普通が減便されている。以前は30分毎に京都行き普通が運転されていたが、これが減便となった。これにより高槻~京都間の普通電車は各駅に停まる快速が15分毎に運転されるだけと … 続きを読む

コメントなし

急行ちくま変遷

  急行ちくまは1961年10月1日ダイヤ改正で大阪~長野間の急行として新設された。それまでは準急だったので同改正で格上げされての急行ちくま誕生であった。当初は昼行1往復の運転であった。 1966年3月29日ダ … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷7

7.停滞期に入る2008年以降 2008年10月18日にJR京都線西大路~向日町間に桂川駅が開業した。これまでの新駅と同様に内側線のみに島式ホームが設けられた。快速が停車する為、ホームは12両対応となっている。同駅新設に … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷6

6.アーバンネットワーク失速~福知山線事故・ゆとりダイヤ実施~ 2005年3月1日ダイヤ改正ではデータイムの新快速のうち毎時1本を姫路以西播州赤穂まで延長運転するようになった。同時に山陽本線普通の運行体系を変更して、姫路 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷5

5.アーバンネットワークビックアップ計画 1999年度にはアーバンネットワークビックアップ計画として新快速の130km/h運転化などの計画が推進されていった。第1弾として朝ラッシュ時における新快速の130km/h運転化を … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷4

4.JR東西線開業~1997年3月8日ダイヤ改正~ 1997年3月8日にJR東西線が開業した。本線系統のダイヤも大きく変わり、新快速・快速が尼崎に停車するようになり、本線から東西線方面への連絡強化を図っている。また、新快 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷3

3.阪神淡路大震災発生~1994年3月1日ダイヤ改正~1997年3月8日東西線開業まで 1994年3月1日ダイヤ改正では新快速のダイヤには特に変更はなく、目新しいところでJR京都線・JR神戸線の普通、俗に言われる京阪神緩 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷2

2.JR西日本発足1987年4月1日~1993年 国鉄最後のダイヤ改正で眠れる獅子がいよいよ起きたということで、並行私鉄に影響を与え始めてきたが、これはほんの序章であり、国鉄=JR西日本の本当の反撃はJR発足後の1989 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷

1国鉄最後のダイヤ改正~1987年3月31日 国鉄末期の新快速は117系6両編成を使用し、彦根・草津・堅田・京都~西明石・姫路間で15分毎の運転となっていた。今のように姫路まで15分毎の運転ではなく、半数が西明石折り返し … 続きを読む

コメントなし

【関空特急はるか改善案】

先日提案した有料新快速では、281系を使用するとした。その281系を有料新快速に回すために、関空特急はるか用の新型車両が必要である。海外からの旅行者が増え、関空利用が盛り返したことにより、関空特急はるかの利用者も増えてき … 続きを読む

コメントなし

【有料新快速を考える】

昨今首都圏を中心に有料列車が増加している。関西でも京阪が特急にプレミアムシートを導入する計画で、今後他社にも広がっていくか注目されるところだ。JR西日本の新快速も以前より、グリーン車の連結などの噂があったが、色々問題があ … 続きを読む

コメントなし

JR東日本・JR貨物~EF510-500~

EF510-500は2009年からJR東日本が夜行列車牽引用に製造した機関車で、JR貨物のEF510-0をベースに製造された。2009年度に2両、2010年度に13両が製造され、うち2両はカシオペア専用塗装に塗られ、その … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第70回~JR京都線高槻駅~

 JR京都線高槻駅は、高槻市の中心駅である。阪急高槻市と競合しているが、大阪、京都への所要時間が圧倒的に有利なJRの利用が多いため、駅も駅周辺もJR高槻の方が賑やかである。 駅構造は、ホーム2面4線に加えて、2016年3 … 続きを読む

コメントなし

【JR貨物EF210(吹田)】

EF210は1996年から製造されたJR貨物の直流電気機関車。老朽化したEF65の置き換え用として岡山機関区に投入された。1990年に登場したEF200に続く新型貨物用機関車で、パワーを持て余していたEF200よりスペッ … 続きを読む

コメントなし

JR琵琶湖線~特急びわこエクスプレス2号~

JR琵琶湖線では2014年3月15日ダイヤ改正で、特急びわこエクスプレスは上り1本が増発された。従来は大阪〜米原間に1往復の運転だったが、大阪〜草津間に上り1本が新設された。特急はまかぜ6号の間合い運用で、キハ189系3 … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本283系】

基本 ←京都 新宮→ クハ283 モハ283 サハ283 モハ283 サハ283 クロ282 Tc Mp T Mp T Tc HB601 501 1 201 301 1 1 HB602 502 2 202 302 2 2 … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本225系0番台】

JR西日本225系0番台は2010年に誕生した223系1000番台、2000番台の後継車種。本線の新快速、快速用に0番台、阪和線、関西空港線の関空紀州路快速用に5000番台が投入され、0番台は新快速で使用するため、最高速 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第19回~JR京都線千里丘駅~

1.千里丘駅概要 JR京都線千里丘駅は大阪府摂津市北部にあり、かつては東洋一と言われた吹田操車場の東端に位置していた。現在でも吹田貨物ターミナルと大阪貨物ターミナルへ向かう貨物が行き来するため、千里丘付近には側線がたくさ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第18回~JR京都線東淀川駅~

1.東淀川駅概要 JR京都線東淀川駅は1940年4月1日に開業した。戦前弾丸列車との接続駅で計画され、同駅を新大阪駅とする予定だった。戦後に弾丸列車の計画が変更され、東海道新幹線計画となり、さらに山陽方面への延伸を考慮し … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線〜快速西明石行き〜

JR神戸線快速西明石行きは平日ダイヤに米原発7時20分に1本だけ運転されている。土休日の運転はない。かつては最終の快速が西明石行きだったが、新快速に置き換わったため、平日朝ラッシュ時後に見られるのみとなった。

コメントなし

JR西日本・JR四国~サンライズ瀬戸~

サンライズ瀬戸・出雲は1998年7月に従来のブルートレインを置き換え誕生した電車寝台特急。サンライズ瀬戸は東京〜高松間、サンライズ出雲は東京〜出雲市間の運転で、寝台特急瀬戸、寝台特急出雲2・3号を置き換えで、運転を開始し … 続きを読む

コメントなし

【JR京都線平日朝ラッシュ時ダイヤ】

JR京都線の平日朝ラッシュ時ダイヤは外側線の新快速、快速は15分サイクル、内側線の普通は4分サイクルで運転されている。また、通勤特急びわこエクスプレスの運転、関空特急はるかの琵琶湖線への延長運転なども行われている。特急は … 続きを読む

コメントなし

【JR京都線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

JR京都線平日夕方ラッシュ時ダイヤはデータイムダイヤと同じく15分サイクルで運転されている。新快速、快速はそれぞれ15分毎、普通は15分に2本運転されている。ピーク時間帯には新快速3本が増発され、新快速が7〜8分毎に運転 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線〜快速大阪行き〜

JR京都線では平日朝ラッシュ時に快速大阪行きを3本運転している。米原発6時21分、柘植発6時34分、近江舞子発7時17分の3本。以前は土休日ダイヤ朝にも2本運転されていたが、新快速に置き換えられた。

コメントなし

JR京都線〜新快速大阪行き〜

JR京都線では土休日ダイヤ朝に大阪行き新快速を1本運転している。敦賀発6時02分の運転で京都まで快速、京都から新快速に変身して大阪まで運転されている。変身前の列車はこちらを参照。

コメントなし

JR京都線〜普通尼崎行き〜

JR京都線・神戸線では朝の時間帯に普通尼崎行きを運転している。平日ダイヤ高槻発5時42分、6時07分、7時00分、7時20分、7時44分、8時01分、8時10分、8時18分、京都発6時11分の9本。土休日ダイヤでは早朝に … 続きを読む

コメントなし

JR京都線~新快速9番線発着~

JR京都線では平日朝ラッシュ時と夕方ラッシュ時以降の新快速は大阪駅9番線からの発車となっている。ホーム上の混雑緩和のため、快速、普通と新快速のホームを分ける処置で、土休日ダイヤでは実施されない。夕方以降の新快速は9番線か … 続きを読む

コメントなし

トワイライトエクスプレス

  トワイライトエクスプレスは1989年7月に大阪〜札幌間で運転を開始した豪華寝台列車である。運転開始当初は団体専用列車として運行されチケットの一般販売はなかった。同年12月から臨時列車として運行し、チケットの … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・琵琶湖線~普通野洲行き~

JR京都線、琵琶湖線では2013年3月16日ダイヤ改正以前に4ドア通勤型による普通野洲行きが平日ダイヤで運転されていた。西明石発5時20分、大阪発6時28分のダイヤで運転されていた。土休日には運転はなかった。

コメントなし

JR京都線・神戸線〜普通大久保行き〜

JR京都線、神戸線で普通大久保行きは早朝に1本だけ運転されていた。平日ダイヤ高槻発5時12分1本で、それ以前にJR学研都市線~東西線経由で2本が朝ラッシュ時に運転されていたこともある。

コメントなし

特急スーパーはくと

特急スーパーはくとは1994年12月3日の智頭急行(上郡~智頭間)開業とともに運転を開始した。当初は新大阪~鳥取、倉吉間に3往復が運転された。智頭急行のHOT7000系気動車5両編成が使用され、グリーン車の連結はなかった … 続きを読む

コメントなし

ふるさと雷鳥

2001年3月3日のダイヤ改正で新潟行き雷鳥が廃止され、同年より臨時で大阪~新潟間の雷鳥が運転されていたが、2002年夏シーズンからふるさと雷鳥と命名され、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始に運転された。2009年ゴール … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸線〜205系普通尼崎行き

JR京都・神戸線の205系は321系増備により2006年2月に運用を撤退して、のちに阪和線へと転属された。2010年末の225系5000番台増備により、阪和線の運用を外れ、2011年3月12日ダイヤ改正から再びJR京都・ … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線〜平日上り朝ラッシュ時外側快速〜

JR神戸線では平日朝ラッシュ時に上り快速が西明石~兵庫間で列車線、兵庫~大阪間で外側線を走行する。JR京都線でも同様に朝ラッシュ時の快速は外側線を走行するが、JR神戸線の場合、兵庫以西が線路別複々線となっており、電車線に … 続きを読む

コメントなし

JR京都・琵琶湖線〜びわこライナー〜

JR京都線、琵琶湖線で運転されていたびわこライナー。大阪~米原間で運転されていたホームライナーで米原発大阪行きは朝、大阪発米原行きは夜に運転されていた。JR発足後の1987年10月に運転を開始した。当初は臨時列車だったが … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸・琵琶湖線〜リバイバル新快速〜

2004年10月10日に運転されたリバイバル新快速。新快速で使用されていた113系と117系で運転された。113系が大阪発10時57分〜京都着11時25分、京都発12時22分〜西明石着13時31分、西明石発14時11分〜 … 続きを読む

コメントなし

JR山陽・瀬戸大橋・土讃線〜ムーンライト高知

ムーンライト高知は1989年夏臨から京都〜高知間で運転を開始した。当初は単独運転だったが、途中から京都〜岡山間でムーンライト山陽との併結運転を行った。また、ムーンライト高知は全車グリーン車3両編成で運転された。他のムーン … 続きを読む

コメントなし

JR山陽本線〜ムーンライト山陽〜

ムーンライト山陽は1988年夏臨で新大阪〜広島間に運転を開始した。1989年夏臨から京都発着となり、京都〜岡山間でムーンライト高知と併結運転を行った。1995年春臨からムーンライト松山も併結運転を開始した。これにより京都 … 続きを読む

コメントなし

JR山陽・鹿児島線〜ムーンライト九州〜

臨時快速ムーンライト九州は1989年冬臨でふるさとライナー九州として京都〜博多間で運転を開始した。 1990年春臨からムーンライト九州の愛称が使用されるようになり、車両もシュプール&リゾートの14系座席車が使用さ … 続きを読む

コメントなし

JR山陽本線・伯備線・山陰本線~臨時快速ムーンライト八重垣~

臨時快速ムーンライト八重垣の起源は1989年冬臨で京都〜出雲市間に山陽~伯備~山陰線経由で運転された臨時夜行快速ふるさとライナー山陰である。以降1990年夏臨では同区間でムーンライト山陰として運転。同年末の冬臨では再びふ … 続きを読む

コメントなし

JR琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線~普通草津行き~

JR神戸、京都、琵琶湖線では列車番号末尾にCが付くC電と呼ばれる緩行電車が運転されている。通常緩行電車はJR京都線の京都か高槻からの運転で琵琶湖線には乗り入れしない。しかし、平日ラッシュ時限定で草津まで足を延ばす電車があ … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR神戸線~普通近江舞子行き~

JR神戸線、JR京都線、JR湖西線の普通近江舞子行きは夕方ラッシュ時1本、夜間に1本が運転されている。平日ダイヤで西明石発17時22分~大阪発18時41分と西明石発20時37分~大阪発21時56分の2本が運転。土休日ダイ … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線・JR京都線~快速上郡行き~

JR神戸線、JR京都線、JR琵琶湖線では快速上郡行きを夜間に2本運転している。平日ダイヤ、土休日ダイヤともに米原発19時29分、20時34分の2本。大阪発は21時26分と22時26分となっている。終点上郡には23時28分 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~新快速西明石行き~

JR神戸線では平日ダイヤ朝ラッシュ時に大阪発8時30分に西明石行き新快速が1本運転されている。このほか、平日、土休日ともに大阪発0時25分に最終の新快速西明石行きが1本運転されている。

コメントなし

JR京都線・JR神戸線~普通加古川行き~

JR京都線、JR神戸線では平日早朝に普通加古川行きを4本運転している。高槻発5時00分、5時10分、5時19分の3本と京都発5時04分の1本。土休日には運転はない。

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~特急はるか3・9・13・38・42号~

関空特急はるかは京都~関西空港間の運転が基本だが、朝の下りと夜の上りには草津、米原まで足を延ばす列車がある。JR琵琶湖線沿線から関西空港へのアクセスのために設定されている意味合いと朝夜の通勤特急としての二面性の役割を持っ … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~快速併結運転~

JR琵琶湖線では平日朝ラッシュ時に野洲始発の727Mと草津線柘植始発の5327Mが草津で併結して大阪へ向かっていた。2013年3月16日ダイヤ改正で草津線柘植からの単独運転となったため琵琶湖線からの列車と草津線からの列車 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~普通甲子園口行き~

JR神戸線では普通甲子園口行きが土休日ダイヤ早朝と平日ダイヤ夜間に運転されている。土休日ダイヤ早朝には松井山手発5時03分の東西線直通と京都発5時36分の2本が運転されている。平日夜間の1本は長尾発22時17分で、土休日 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~特急びわこエクスプレス~

特急びわこエクスプレスは2003年6月1日のダイヤ改正でホームライナーだったびわこライナーを置き換える形で誕生した。大阪~米原間に1往復の運転で、通勤特急のため大阪行きは朝ラッシュ時前に、米原行きは大阪発21時37分の夜 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~新快速上郡行き~

JR神戸線、JR京都線、JR琵琶湖線の新快速上郡行きは大阪発21時00分に1本運転されている。平日、土休日とも運転があり、草津発の運転となっている。新快速が上郡に乗り入れるのはこの1本と朝の上郡始発が2本あるのみだ。

コメントなし

JR神戸線~快速播州赤穂行き~

JR神戸線快速播州赤穂行きは平日大阪発7時51分、20時50分、土休日は大阪発20時50分のみが運転されている。播州赤穂への直通列車は新快速が中心となっており、快速の乗り入れは少なくなった。

コメントなし

JR神戸線~普通神戸行き~

JR神戸線普通神戸行きは平日早朝と深夜に1本ずつ運転されている。土休日は深夜の1本のみとなっている。平日早朝は京都発5時36分で、神戸着は7時07分(2013年3月改正現在)、深夜は平日、土休日ともに京都発21時55分、 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR湖西線~夕方ラッシュ時新快速敦賀行き~

JR京都線・湖西線では夕方ラッシュ時に大阪発18時22分新快速敦賀行きを運転している。レギュラーの15分毎とは別枠で18時台に大阪始発で3本が運転されているが、そのうちの1本が湖西線経由の敦賀行きとなっている。新快速とは … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~快速大垣行き~

JR京都線、JR琵琶湖線では夕方ラッシュ時に大垣行きが大阪発17時台に1本、18時台に1本、20時台に1本が運転されている。また、この折り返しで翌朝に大垣発が運転されている。大垣発5時56分、6時24分、6時55分の3本 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線~普通吹田行き~

JR京都線では早朝に普通吹田行きが1本運転されている。始発は新三田で、大阪発5時46分の時刻で平日、土休日ともに運転されている。この折り返しで吹田始発の普通が運転されており、平日は吹田発6時08分西明石行き、土休日は吹田 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線~最終快速大阪行き~

JR京都線下りの最終の快速は大阪行きで運転されている。平日、土休日とも米原発22時03分で、京都発は23時23分、大阪着0時04分となっている。5分後に姫路行き新快速があり、途中で追い抜かれる。さらにその後に最終の新快速 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線~普通大阪行き~

JR京都線の普通大阪行きは深夜に2本運転されている。京都発23時55分と0時15分の2本で、0時15分発がJR京都線の下り最終電車となっている。

コメントなし

JR京都線~新快速京都行き~

JR京都線の最終の新快速は京都行きとなっている。以前は新快速は大阪発23時40分の野洲行きが最終だったが、2009年3月14日のダイヤ改正で最終の快速を新快速に置き換えて大阪発0時25分に京都行き新快速が新設された。従来 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~特急しなの~

JR京都線、JR琵琶湖線では特急しなの1往復がJR東海から乗り入れてきている。大阪~長野間の運転で、大阪発は8時57分、大阪着は19時18分で運転されている。JR京都線、JR琵琶湖線内の停車駅は大阪から新大阪、京都、米原 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~特急ひだ~

JR京都線、JR琵琶湖線では特急ひだが1往復が大阪~高山間で運転されている。これはかつての急行たかやまを格上げしたもので、特急しなのとともにJR東海エリアから乗り入れる特急列車である。キハ85系3両編成が使用され、高山方 … 続きを読む

コメントなし

JR湖西線~4扉通勤車普通近江舞子行き~

JR湖西線では夕方と夜間に4扉通勤型による普通近江舞子行きが運転されている。大阪発18時41分、21時56分の2本で、平日のみの運転となっている。  

コメントなし

JR京都線臨時列車~嵐山もみじ号~

 2002年~2006年ごろ運転されていた臨時嵐山もみじ号。当初は神戸~嵯峨嵐山間の運転で、梅小路貨物線経由でJR京都線からJR嵯峨野線に直通していた。2004年シーズンから京都駅でスイッチバックする形に変更された。

コメントなし