JR湖西線

湖西線117系

【JR湖西線ガイド】

山科

山科

JR湖西線は京都府山科区の山科と滋賀県伊香郡西浅井町の近江塩津を結ぶ74.1kmの路線である。関西と北陸を結ぶ短絡路線として建設され、高架線とトンネルが多く、踏切もなく新幹線のような高規格路線となっている。建設当時は関西から北陸へは米原経由しかなかったため、遠回りを余儀なくされていた。湖西線開業により北陸特急は全て同線経由となり、大幅にスピードアップされた。国鉄時代から湖西線における速度向上を目論んでおり、130km/h運転や160km/h運転を行うべく速度試験を繰り返し行っていた。国鉄時代には他線と同じ在来線最高の120km/h運転に留まっていたが、JR発足後485系を使用して踏切がない特認区間ということで130km/h運転を開始している。これは651系を使用して踏切区間でも130km/h運転を行ったスーパーひたちとともに国内の在来線で初の130km/h運転となった。130km/h運転は当初は専用編成のスーパー雷鳥のみで行われていたが、後には485系特急全てが130km/h運転となった。JR西日本になってからは160km/h運転への取り組みも積極的に行われ、221系を用いて速度試験を行った。160km/h運転用に新製した681系で将来的には160km/h運転を行う計画だった。速度試験は行われていたが、今のところ湖西線にて160km/h運転は実現していない。なお、681系はほくほく線にて160km/h運転を実現しており、別の場所にはなったが、そこで実力を発揮した。

 

JR湖西線は山科が起点となっているが、運転上は京都が起点となっている。普通列車は京都駅では3番線と6・7番線から発着しており、データイムは3番線で折り返しを行っている。なお、JR京都線から直通する新快速は敦賀方面行きは2番線、大阪方面行きは5番線と6番線から発着している。京都を出ると湖西線普通電車は山科まで内側線を走る。新快速も同様で、北陸特急は当然ながら外側線を走る。山科は2面4線に外側に通過線がある高槻や芦屋と同じような構造の駅となっている。湖西線電車は下りが3・4番ホーム、上りが1番ホームから発着している。特急は下りは通過線を通過し、上りは1番線を通過する。山科では、JR琵琶湖線の他に、地下鉄東西線、京阪京津線と連絡している。山科を出ると湖西線は高架に上がり、琵琶湖線の線路を跨いで長等山トンネルに入る。下り線は高架線への勾配がきついため、別途勾配の緩いバイパスが設けられており、特急列車や貨物列車はここを通る。この線路は長等山トンネル内で高架に上がった下り線と合流する。トンネルを抜けると高架を走り、京阪石山坂本線を跨いですぐに2面4線の大津京に着く。新快速・快速停車駅で、かつては特急雷鳥も一部の列車が停車した主要駅だ。大津市役所に近く、駅周辺は琵琶湖線の大津駅よりも賑やかだ。大津京は08年3月15日改正以前は西大津だったが、同改正で改称されている。京阪石山坂本線にも駅があり連絡が可能だが、駅名は皇子山駅と異なっている。乗り換えには少し歩かなければならない。大津京を出ると左にカーブして大津市内の113系湖西線普通住宅の中を高架線で駆け抜ける。唐崎は1面2線の高架駅で新快速は通過する。山側に京阪石山坂本線が並行して走るが、近くに競合する駅はない。東側に広大な琵琶湖が広がっている。唐崎を出ると左手に国道161号線西大津バイパスが並行して走る。比叡山坂本も1面2線で、こちらは新快速停車駅となっている。元々は叡山という駅名だったが、1994年に現駅名に改称された。駅の西側約500mほどの所に京阪の坂本駅がある。さらにその山側には比叡山坂本ケーブルのケーブル坂本駅がある。比叡山坂本を出るとトンネルを3つ抜けておごと温泉に着く。おごと温泉は2面4線で、新快速は通過するが朝夕ラッシュ時の快速は停車する。2008年3月15日改正前は雄琴駅だった。駅名が解消されて温泉が付くようになったが、雄琴温泉は琵琶湖岸にあり、駅からはかなり離れている。駅周辺はどちらかと言えば山の手の住宅地になっている。このため朝夕ラッシュ時の快速は同駅に停車するものと思われる。近年甲子園で活躍している北大津高校は同駅の北側にある。


 117系湖西線普通雄琴温泉を出るとトンネルを2本抜けて堅田となる。2面4線の高架駅で、サンダーバードの一部が停車し、新快速が停車する主要駅だ。同駅を始終着とする普通列車も多く、国鉄時代は新快速も同駅発着だった。利用者は多く、京都や大阪方面へ通勤する人も多い。かつてはびわこタワーの遊園地があり、レジャーの街というイメージもあったが、現在はそれもなくなり、通勤利用が主体の駅となっている。琵琶湖大橋があり、対岸の守山方面へ連絡している。ここにLRTを走らせて琵琶湖を挟んだ地域の交通の利便性を向上させれば面白いように思う。
堅田を出ると右手に琵琶湖を見ながらの道中となる。2面2線の小野はびわこローズタウンへの最寄駅として1988年12月に京阪電鉄の請願駅として同社の出資により開業した新しい駅だ。京阪は学研都市線の松井山手の設置にも出資している。沿線開発が一通り終わり、JR沿線の開発に手を出したといったところだろうが、小野はともかく、松井山手に関しては敵に塩を送った形になった。このあたりは阪急や阪神と違って直接対決が少ない京阪の良く言えば余裕、悪く言えば悠長さを物語っているようにも思える。次の和邇は2面2線の高架駅で、“わに”とはなかなか読めない難読駅名だ。駅の東側には琵琶湖の湖岸が広がり、水泳場がたくさんある。このあたりからは住宅地よりも田畑や水泳場の方が目立つようになる。小野〜和邇間には比良山系をバックに撮影できるポイントがあり、日本海、トワイライト、雷鳥のラストランでは、鉄道ファンで賑わった。右手にほうらい浜を見ながら走り、2面2線の蓬莱となる。関西では肉まんで有名な551の蓬莱と同じなので簡単に読むことができるが、全国的に見れば同駅も難読駅名の一つと言える。次の志賀も2面2線で、琵琶湖岸には水泳場やキャンプ場があり、山側にはびわこバレイにつながるロープウェイの乗り場があり、夏冬ともにレジャーが楽しめる土地になっている。山側を走る国道161号線バイパスの湖西道路はかつてはこの付近で途切れていたが、今は北小松付近まで延伸されている。次の比良は1面2線で、ここも湖岸には水泳場があり、山側は比良山への登山口になっている。
成蹊スポーツ大学が近江舞子寄りにあり、学生の利用も見込めるようになっている。和邇、蓬莱、志賀、比良はいずれも普通しか停まらない。なお、この4駅には簡易自動改札が設置されており、ICOCAでの乗降も可能になっている。

近江舞子は2面4線でかつての新快速の終着で、ここで折り返す普通電車も多い。新快速停車駅となっているが特急の停車はない。新快速は当駅から各駅に停まる。景勝地として名高い神戸の舞子の滋賀県版の近江舞子が東側に広がっている。景勝地というよりも良好な水泳場ということで夏には京阪神から多くの人が遊泳やキャンプに訪れる。右手に琵琶湖を見ながら走り2面2線北小松となる。近江舞子以遠各駅に停まる新快速と夕方の快速は停まるが、朝に運転される快速は停まらない。同駅近辺には琵琶湖と湖西線列車を絡めた写真が撮れる有名な撮影地があるが、駅からは徒歩40分ぐらいかかる。トンネルを2本抜けて、高島市に入り長大な高島トンネルを抜けて近江高島に着く。近江高島は2面2線で、新快速と夕方の快速が停車する。旧高島町の中心駅にあたるが、それよりも行楽地として名高く、平日よりも土休日の方が賑わう駅だ。ここから少し内陸に入る。安曇川は2面4線で新快速と快速が停車する。旧安曇川町の中心駅で、近江舞子や近江高島よりも乗降が多く、この辺りの駅の中では頭一つ抜けた感がある駅だ。もっとも近江舞子で折り返す電車が多いので、安曇川までは30分毎程度しか電車が来ない。次の新旭は2面2線で、高島市役所への最寄駅となっている。近江高島と似たり寄ったりの乗降数で、夕方の快速は停車するが、朝の快速は通過する。一旦離れていた琵琶湖に再び近づき、かつては交直両用の419系や475系が休んでいた電留線を見ながら2面4線の近江今津に着く。近江今津は湖西線北部の要となる駅で、2面4線に加えて上下とも待避線があり、貨物列車が特急列車の待避が行えるようになっている。前述したように山科方には電留線があり、近江今津止めの電車がここで折り返したり、滞泊したりしている。乗降も多く、安曇川と並ぶ湖西線北部の中心駅となっている。一部特急の停車もあり、中には各駅に停まる新快速と連絡を行う特急もある。新快速は敦賀までの直流電化完成により、大半の電車が近江今津以北へ運転されている。近江今津まで8連で運転され、ここで4連切り離して敦賀まで運転されている。


EF510貨物 近江今津を出るとかつては列車本数が大きく減り、毎時1本も運転がないということもあった。敦賀までの直流化後は新快速がほぼ毎時1本直通するようになり便利になった。近江中庄は2面2線の無人駅で駅周辺は閑散としている。乗降者数は3桁台前半と隣の駅の近江今津との落差が大きい。駅近くには有名撮影地があり、鉄道ファンが訪れる。次のマキノは片仮名の駅として国鉄時代から有名で、かつては町名も片仮名になっていた。今は高島市に合併されて町名は消えてしまったが、駅名の方はカタカナが健在である。2面2線の構内を持ち、近江中庄同様乗降者数は少ない。ただ、マキノの場合は、周辺にリゾート地が点在しており、夏は琵琶湖でのマリンリゾート、冬はマキノ高原でのスキーリゾートがあり、年間
通してリゾートが楽しめるため土休日の利用はそれなりに多い。マキノを出ると長大な峰山トンネルを抜けて2面4線の永原となる。かつては直流電化区間の終着駅として京都からの普通電車が同駅で折り返し、1日1往復新快速の発着もあった。敦賀直流化により永原折り返しの電車は減ったが、新快速、普通ともに一部は同駅折り返しとして残存している。駅は西浅井町にあり、駅前には同町役場がある。しかし、乗降者数は近江中庄と似たり寄ったりでかなり少ない。駅南側には琵琶湖が広がっているが、広大な琵琶湖もここが北端になっており、周辺は奥琵琶湖と呼ばれている。
永原を出ると長大トンネルを抜けて、少し高い高架を走り、右手に米原からの北陸本線が山間部を走るのを見ながら走る。国道8号線と交差して、北陸本線と合流して近江塩津に着く。近江塩津は2面4線に通過線を持つ北陸本線と湖西線のジャンクション駅で、敦賀までの直流電化完成により、同駅も改良工事が行われ、敦賀方に折り返し線が2線設けられている。電車の運転回数は直流電化により飛躍的に増加したが、利用者の方は少なく、ホーム上で乗り換えの客がちらほら見られるだけで、当駅での乗り降りはかなり少ない。

JR京都・神戸線〜201系普通〜

201系は関西地区では国鉄時代に京阪神緩行線に投入され、長らく同線にて活躍を続けてきた。7両編成で投入され、車体塗装はブルーになっていた。国鉄時代は中央線のオレンジ色、中央総武緩行線のウグイス色と並んで201系では唯一無 … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸線〜205系普通〜

JR京都線、神戸線の緩行線では国鉄末期に投入された205系7両編成が4本活躍していた。201系と共通で運用されていたが、その後増備されることはなく、関西地区では阪和線の1000番台とともに少数派のまま終わっている。321 … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第235回~JR湖西線堅田駅~】

~湖西線要の駅は湖西と湖東を結ぶびわこ大橋の終点~ JR湖西線堅田駅は滋賀県大津市にある。大津市の北部に位置しているが、大津市は市町村合併でかなり北側まで市域が広がっているので、湖西線側では大津市の中部地区に位置している … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第178回~JR湖西線和邇駅~

~鉄っちゃんにはオノワニで有名なワニの方の駅~ JR湖西線和邇駅は、滋賀県大津市にある。大津市と言っても合併でかなり市域が広がっており、和邇駅周辺はかつては志賀町だった。湖西線には新快速、快速が走っているが、和邇駅は普通 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第123回~JR湖西線北小松駅~

~大津市内最北の駅は新快速は停車するが近江今津以南最小の乗降者数~ JR湖西線北小松駅は、滋賀県大津市内にある。大津市最北端の駅で、大津京から当駅まで湖西線の大部分が大津市内となっている。近江舞子以遠各駅に停まるが、一応 … 続きを読む

コメントなし

JR東日本・JR貨物~EF510-500~

EF510-500は2009年からJR東日本が夜行列車牽引用に製造した機関車で、JR貨物のEF510-0をベースに製造された。2009年度に2両、2010年度に13両が製造され、うち2両はカシオペア専用塗装に塗られ、その … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本225系0番台】

JR西日本225系0番台は2010年に誕生した223系1000番台、2000番台の後継車種。本線の新快速、快速用に0番台、阪和線、関西空港線の関空紀州路快速用に5000番台が投入され、0番台は新快速で使用するため、最高速 … 続きを読む

コメントなし

【JR湖西線データイムダイヤ】

JR湖西線のデータイムダイヤは、60分サイクルに新快速敦賀行き1本、普通近江今津行き1本、普通近江舞子行き2本が運転される。以前はこれに加えて普通堅田行き1本が運転されていたが、減量ダイヤにより廃止された。 特急はサンダ … 続きを読む

コメントなし

JR京都線〜新快速大阪行き〜

JR京都線では土休日ダイヤ朝に大阪行き新快速を1本運転している。敦賀発6時02分の運転で京都まで快速、京都から新快速に変身して大阪まで運転されている。変身前の列車はこちらを参照。

コメントなし

トワイライトエクスプレス

  トワイライトエクスプレスは1989年7月に大阪〜札幌間で運転を開始した豪華寝台列車である。運転開始当初は団体専用列車として運行されチケットの一般販売はなかった。同年12月から臨時列車として運行し、チケットの … 続きを読む

コメントなし

JR北陸本線~普通京都行き~

JR北陸本線では敦賀発19時19分に京都行き普通が運転されている。平日、土休日ともに運転で近江塩津から湖西線に入る。敦賀から新快速以外で京都へ直通する列車はこの普通のみとなっている。

コメントなし

JR湖西線~普通近江今津行き~

JR神戸線、JR京都線、JR湖西線では2004年10月16日ダイヤ改正で夜間に普通近江今津行きが新設された。4扉ロングシート車が使用され、大阪発21時41分で、西明石始発で運転されていた。平日のみならず土休日にも運転され … 続きを読む

コメントなし

JR湖西線~普通尼崎行き~

JR湖西線では早朝の時間帯にJR京都線へ直通する4扉ロングシート車による普通電車(通称C電)が1本運転されている。現在は西明石行きだが、2008年3月15日ダイヤ改正以前は堅田始発で尼崎行きだった。

コメントなし

ふるさと雷鳥

2001年3月3日のダイヤ改正で新潟行き雷鳥が廃止され、同年より臨時で大阪~新潟間の雷鳥が運転されていたが、2002年夏シーズンからふるさと雷鳥と命名され、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始に運転された。2009年ゴール … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR神戸線~普通近江舞子行き~

JR神戸線、JR京都線、JR湖西線の普通近江舞子行きは夕方ラッシュ時1本、夜間に1本が運転されている。平日ダイヤで西明石発17時22分~大阪発18時41分と西明石発20時37分~大阪発21時56分の2本が運転。土休日ダイ … 続きを読む

コメントなし

JR湖西線〜快速永原行き〜

JR湖西線では2006年10月21日ダイヤ改正以前に土休日の夕方ラッシュ時に京都発18時48分の快速永原行きを運転していた。同列車には223系が使用されており、以前は117系も運用されていたこともあった。停車駅は京都から … 続きを読む

コメントなし

JR湖西線~普通堅田行き~

JR湖西線では2009年3月14日ダイヤ改正以前に平日朝ラッシュ時に尼崎発8時54分の普通堅田行きを1本運転していた。4扉ロングシート車が使用されていた。同列車は2008年3月15日ダイヤ改正で設定されたが、それ以前にも … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR湖西線~夕方ラッシュ時新快速敦賀行き~

JR京都線・湖西線では夕方ラッシュ時に大阪発18時22分新快速敦賀行きを運転している。レギュラーの15分毎とは別枠で18時台に大阪始発で3本が運転されているが、そのうちの1本が湖西線経由の敦賀行きとなっている。新快速とは … 続きを読む

コメントなし

JR湖西線~普通西明石行き~

JR湖西線では早朝の時間帯にJR京都線へ直通する4扉ロングシート車による普通電車(通称C電)が1本運転されている。堅田始発で西明石まで運転されており、土休日の運転もある。土休日はかつては新三田行きだった。

コメントなし

JR湖西線~普通近江塩津行き~

 JR湖西線では普通近江塩津行きが夕方に運転されていたことがある。現在は近江今津行きに置き換わっているが、京都発19時56分で運転されていた。2011年3月12日のダイヤ改正で近江今津で系統分割されて消滅した。湖西線の終 … 続きを読む

コメントなし

JR湖西線~4扉通勤車普通近江舞子行き~

JR湖西線では夕方と夜間に4扉通勤型による普通近江舞子行きが運転されている。大阪発18時41分、21時56分の2本で、平日のみの運転となっている。  

コメントなし

 JR湖西線~快速大阪行き・快速姫路行き~

 JR湖西線では朝ラッシュ時に快速が運転されている。平日は姫路行き、土休日は大阪行きで運転されている。停車駅は敦賀から近江舞子までの各駅、堅田、おごと温泉、比叡山坂本、大津京、山科、京都。  また、同じパターンで大阪始発 … 続きを読む

1件のコメント

JR湖西線~臨時新快速京都行き~

JR湖西線では海津大崎の桜見物のために永原始発で京都行きの臨時新快速を運転している。午前の下りは定期列車の延長運転、夕方の上りは臨時の新快速が京都まで運転されている。2012年シーズンまで117系6両編成で運転されていた … 続きを読む

コメントなし

 JR湖西線~臨時急行きたぐに~

急行きたぐには定期運転終了後、2012年ゴールデンウィーク、同年お盆期間、同年の年末年始にJR湖西線経由で臨時運転された。定期時代は米原経由で運転されていたが、臨時運転ではJR湖西線経由となった。湖西線内は無停車で運転さ … 続きを読む

コメントなし

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ