JR神戸線

321系D14

D14

【JR神戸線ガイド】

JR神戸線は大阪~神戸間33.1kmの東海道本線と神戸~姫路間54.8kmの山陽本線の愛称で、大阪~姫路間ではかなり定着している。ホームの案内放送などは全てJR神戸線を使用しており、東海道山陽線と言う言葉を聞くことがない。そのため国鉄時代に呼称されていた東海道山陽線と言う表現は地元ではあまり使われなくなっている。尼崎、芦屋、三ノ宮、神戸、明石、西明石、加古川、姫路に停車する新快速、尼崎、西ノ宮、芦屋、住吉、六甲道、三ノ宮、元町、神戸、兵庫、須磨、垂水、舞子、明石以遠各駅に停まる快速と普通電車の3本立てを中心とした運転を行っている。普通電車は尼崎で系統分割しており、京都線~神戸線間をスルーする系統、京都線から運転され尼崎から宝塚線に入る系統、東西線から乗り入れて西明石まで運転される系統の3種類がある。この他大阪~尼崎間ではJR宝塚線の電車が乗り入れており、大阪~塚本信号所間では宮原運転所に入庫もしくは車内整備のために引き上げる優等列車も走っているので列車密度は相当高い。塚本信号所で合流する北方貨物線からは西へ向かう貨物列車が乗り入れてくる。優等列車は山陰へ向かうスーパーはくととはまかぜが運転されており、夜には夜行列車が運転されているが、今ではサンライズ瀬戸・出雲1往復が運転されるのみとなっている。

大阪駅ではJR京都線やJR宝塚線と直通し、JR大阪環状線と連絡している。この他、阪急、阪神、大阪市営地下鉄各線の梅田と連絡している。JRでは前記各線との乗り換え案内の放送を流すことが多くなっているが、私鉄ではJRとの乗り換え案内は基本的に行っていない。新快速、快速は通常5、8番線から発着し、普通は6、7番線から発着している。山陰や九州へ向かう長距離列車は3、4、9、10、11番線に発着している。また、尼崎からJR宝塚線に入る列車は、JR京都線に直通する普通電車を除いて、3、4、9、10番線から発着している。ラッシュ時の新快速、快速の一部は3、4、9、10番線から発着している。

大阪を出ると阪神高速の梅田ランプの下をくぐり、はるかやオーシャンアローなどが走る梅田貨物線をアンダーパスし、大阪環状線が左にカーブして離れて行く。右にカーブして左手から阪神高速空港線が近づいてきてそれと並行して新淀川を渡る。新淀川を渡ってすぐに塚本に着く。新快速は普通電車と大阪駅を同時発車するが、構内のポイントを渡るのに手間取り、普通電車に塚本付近まで先行される。そのため塚本で普通を追い越す光景がよく見られる。塚本は普通のみの停車駅で、朝晩に運転されるJR宝塚線大阪行きの普通は外側線を走るため、塚本には停車しない。上下ともに有名な撮影地になっており、イベント列車が走る時には賑わう。塚本の先で宮原運転所へ向かう線路を分岐し、その先で北方貨物線と合流する。北方貨物線の向こう側には新大阪から同線に並行してきた山陽新幹線の姿も見え、右にカーブして離れて行く。阪神高速空港線が右にカーブしてオーバークロスして離れて行き、その先で左にカーブして地下から出てきた東西線を挟み3複線となって神崎川を渡って、兵庫県尼崎市に入り大規模なマンションが立ち並ぶのが見えると尼崎に着く。

 

尼崎は、東西線開業により尼崎は1番線から8番線まである一大ジャンクションとなった。1番線、8番線はJR神戸線下り神戸方面の外側線が使用し、新快速はここに発着する。2番線、7番線は主に大阪駅発着のJR宝塚線電車が発着している。3、4、5、6番線はJR神戸線の内側線とJR神戸線、JR宝塚線のJR東西線直通電車が発着している。東西線電車と神戸線の快速、普通は同一ホームで接続を行っており、同時進入同時発車なども行っている。尼崎周辺は再開発が進んで駅北側には高層マンションが建ち並んでいて、国鉄時代とは周囲の様相は一変している。

尼崎を出るとJR宝塚線がオーバークロスし、神戸方に向かって左手に車両製造をやめたアルナ工機を見ることができる。県道、産業道路などがオーバークロスして立花に着く。立花を出ると盛り土になって行き、武庫川を渡る。武庫川を渡って西宮市に入りすぐに甲子園口に着く。甲子園口は2面4線だが、下り外側線はホームに面しておらず、内側線の折り返し線がある。国鉄時代には同駅で折り返す電車が多かった。現在でも同駅で折り返す電車が数本あり、JR発足当初には甲子園で高校野球が開催されている期間中にナインドリーム甲子園と言う夜行列車?を甲子園口に停泊させて全国各地から訪れる高校野球ファンの宿泊地の役割を果たしていたこともある。ただ、甲子園口から甲子園球場へはかなり離れており、阪神電車を利用するのが便利なこともあり、そのサービスは短命に終っている。甲子園口の先で名神高速と阪急今津線がオーバークロスし、2面4線と貨物待避線がある西宮に着く。西宮は以前は西ノ宮になっていたが、平成19年3月18日のダイヤ改正より西宮に変更されている。また、平成15年12月のダイヤ改正から快速が終日停車するようになっている。西宮から阪神西宮まではだいたい1キロ弱の距離がある。阪急西宮北口とは直線距離で1キロぐらいになる。

西宮を出ると左手に阪神本線の背の高い高架線が見える。さくら夙川は平成19年3月18日のダイヤ改正で新設された新しい駅である。構造的には甲南山手と同様で、内側線のみに1面2線のホームがある。この付近は3線が最も接近しており、阪急神戸線夙川、阪神本線香櫨園と競合関係にある。芦屋は新快速停車駅で、ホーム2面4線の他に、外側に通過線が上下線にある構造となっている。通常ここで新快速、快速と普通が緩急接続を行う。平成15年12月のダイヤ改正から新快速が平日も終日停車するようになり、全ての新快速が芦屋に停車するようになった。芦屋は阪神芦屋と1キロほど、阪急芦屋川とは800mほど離れている。

芦屋を出ると天井川となっている芦屋川の下をくぐり、神戸市東灘区に入る。阪急神戸線が山の手の方で接近して甲南山手に着く。同駅は1996年10月に開業した新しい駅で、内側緩行線にのみホームがある。ホームから山の手を見ると阪急電車が走っているのが見える。このあたりはずっと山の手に阪急が並行しているが住宅地に阻まれてほとんど見えない。次の摂津本山は普通のみしか停まらない駅だが、阪急岡本と500mほどしか離れていないため阪急に脅威を与え、阪急は特急を岡本に停めるようになっている。阪急岡本の北側には甲南大学などがあり、学生の利用も多くなっている。摂津本山を出ると阪急神戸線とは少し離れて走り、天井川の住吉川の下をくぐって左手から神戸新交通六甲ライナーの高架が並行すると住吉に着く。住吉は六甲ライナーとの連絡駅で、六甲アイランド方面への利便性を図るため、六甲ライナー開業時に快速が停車するようになった。阪神も六甲ライナーと連絡する魚崎に直通特急を停車させているが、当初はラッシュ時以外優等列車を停めていなかった為、六甲アイランドからの利用者をJRにかなり取られてしまっている。

住吉を出ると右にカーブして高架線を上がって行き、灘区に入り左にカーブして六甲道に着く。六甲道も快速停車駅で、阪急六甲と1km弱、阪神新在家と500m強ほど離れている。同駅も住吉同様JR発足後に快速が停車するようになっている。かつての快速は阪神間では芦屋にしか停まらなかったから現在の新快速よりも停車駅が少ない。六甲道を出ると右にカーブして高架線から下りて、左手に折り返し線が見えると東灘信号所である。かつてはここから神戸港へ貨物線が走っていたが、平成15年末で廃止されている。かつてはここでデータイムの快速が外側線から内側線に転線していた。灘は王子公園への最寄り駅で阪急王子公園や阪神岩屋とも近い。王寺公園内にある王寺動物園にはパンダが来園して人気を博しているが、灘駅にもそこら中にパンダが描かれている。阪急は王子公園の目の前に駅があるので、行楽期には特急を臨時停車させたりしていたが、JRや阪神はそこまで力は入っていない。灘を出ると阪急神戸線と並行して高架線を走り、阪急春日野道を横目に見て新生田川を渡って神戸の市街地に入って三ノ宮に着く。

三ノ宮は新快速、快速はもちろん優等列車も停車する神戸の中心駅だが、2面4線の平凡な構造になっている。データイムは新快速と普通が接続するようにダイヤが組まれているが、遅延などがあれば普通が先に発車する。三ノ宮では阪急神戸線、阪神本線、神戸市営地下鉄山手線、神戸新交通システムポートライナーと連絡している。各線との乗換えはJRが一番便利な位置にあると言えるだろう。三ノ宮駅からサン地下を南へ歩いて行くと神戸市営地下鉄海岸線の三宮・花時計前駅もある。山陽新幹線新神戸駅へは神戸市営地下鉄山手線で1駅で行ける。新神戸駅にはJR在来線が乗り入れていないので、地下鉄がアクセス路線として重要な役割を果たしているが、JRと神戸市営がもっと協力して、三ノ宮や神戸市内への連絡切符を発売するなどして有機的結合を行って欲しいところだ。なお、西ノ宮は他線や西宮市に合わせてノを外して西宮に改称したが、三ノ宮は他線のように三宮とせずノを入れたまま存続している。

三ノ宮を出ると阪急と直通している神戸高速東西線と並行して高架線を走り、それが地下に潜っていくところに元町がある。神戸高速東西線には元町はなく、JR元町の南側を走る阪神本線に阪神元町がある。元町は2面4線で快速が停車する。元町を出ると左にカーブして、神戸駅の手前でさらに左にカーブする。このあたりは神戸市内を走る昔からの高架線のためカーブが多い。神戸は東海道線の終点だが、それは昔の話で、今は単なる中間駅に過ぎない。国鉄時代は新快速も通過するような駅だったが、現在は新快速も停車し、ハーバーランドなどができて結構賑わっている。3面6線の構造になっており、上り線は2面3線の構造になっている。朝ラッシュ時にはこれを利用して新快速が快速を同駅で追い抜いている。この快速が停まる1番線は由緒あるホームで、貴賓室も備える立派な造りとなっている。内側電車線には明石方に折り返し線があり、早朝深夜の普通電車の一部はここで折り返している。神戸駅の山手に神戸高速鉄道の高速神戸駅がある。

神戸を出ると線路戸籍上は山陽線となり、左にカーブしてしばらく高架線を走る。次の兵庫は快速停車駅で、和田岬線と接続している。兵庫を出ると和田岬線とつながっている訓練線が並行する。この線路は鷹取付近までつながっており、和田岬線沿線にある川重の工場から新車が搬送される時に使用されている。兵庫-新長田間で方向別複々線が終わり、ここから先は線路別複々線となる。列車線が山側、電車線が海側になっており、列車線を新快速や優等列車、貨物が走り、電車線を快速、普通が走っている。兵庫から明石まで列車線にホームはない。新長田は普通しか停まらないが、神戸市営地下鉄山手線と海岸線と連絡している。

新長田を出るとかつての鷹取工場の跡地を見ながら鷹取に着く。同駅北側には神戸港から移転した貨物ターミナルが設置されて稼動している。同貨物ターミナルは列車線の上下線間に広がっているので、列車線は上下線が離れている。鷹取を出ると列車線の上り線が合流して阪神高速神戸線がオーバークロスする。少し走ると2008年3月15日ダイヤ改正で新設された須磨海浜公園となる。電車線のみにホームがあり、1面2線の橋上駅舎となっている。南側には須磨海浜水族園があり、ここを訪れる人にも便利な駅となりそうである。北側には山陽の月見山があり、新たな競合関係ができている。国道2号線と交差して海側に出て須磨に着く。須磨は快速停車駅で電車線にのみホームがあるが、2面4線の追越ができる構造になっており、快速と普通が緩急接続を行う。山陽須磨は国道2号線を挟んで目と鼻の先にある。

須磨からは山陽電鉄と国道2号線と並行しながら海岸沿いを行く。山の手に須磨浦公園を見ながら走るが、このあたりは釣りに訪れる人も多く、鉄道ファンで撮影に訪れる人も多い。京阪神では東の山崎、西の須磨が有名な撮影地と言える。国道2号線がオーバークロスして塩屋に着く。塩屋は普通しか停まらない駅で、須磨と同様に山陽塩屋は目と鼻の先にある。このあたりは山陽電鉄本線と完全に並行して走っているが、山陽電鉄本線は高台を走っており、滝の茶屋や東垂水といった駅はJR神戸線からは見えにくい。山陽電鉄本線が高台から下りて来て北側に平地が広がると垂水に着く。垂水は1面2線の快速停車駅で、山陽垂水と並んでいる。  垂水を出ると一旦山陽電鉄本線が離れて行き、舞子公園の中を走り、前方に巨大な吊り橋が見えると1面2線の舞子となる。巨大な吊り橋は本州と淡路島を結ぶ明石大橋で、舞子は明石大橋開業時に快速停車駅となり、淡路島へ向かうバス路線と連絡している。バスは京阪神の各駅から淡路島、徳島方面へ運行されているが、朝夕には神戸市内の阪神高速が渋滞するため定時運行が乱れる場合が多い。乗り換えは面倒でも舞子でJRの快速に乗り換えた方が速く三ノ宮や大阪に着くことができる。淡路島や徳島からの需要は旺盛なだけに明石大橋に鉄道が通っていればと今更ながら残念に思う。舞子も山陽舞子公園駅に近く、山陽も一部の直通特急を停車させて競争力を高めている。須磨、垂水、舞子の各駅は列車線にホームがないため、朝ラッシュ時の快速や夕方の一部の快速はこの3駅を通過する。このあたりは線路別複々線の欠陥が出ているが、今のところ対抗馬となるべき山陽電車が頼りないためJRは普通で十分対抗し得ている。ある意味でJRがあぐらを掻いていると言えるので、山陽電車にはもう少し頑張って欲しいところだ。

舞子を出てすぐに山陽がオーバークロスしてJRが山側、山陽が海側となる。朝霧まで海沿いを走り、市街地に入って高架線を駆け上がり、左手に明石の天文台を見て、山陽電鉄本線の高架線と並行して明石となる。ここも山陽明石と並ぶ高架駅になっており、山陽からJRに乗り換える人が多い。明石は2面4線の構造になっているが、線路別の構造になっているのでホーム上での緩急接続はできない。明石以東で遅くなる山陽電車からの乗り換え客と明石からの利用者で乗降客は10万人前後にもなっている。明石を出ると山陽電鉄本線とは離れて進み、網干総合車両所明石派出所の留置線が広がると西明石となる。西明石は3面6線で1番線が上り列車線、2番線が下り列車線用ホームで3、4、5、6番線は電車線用ホームとなっている。西明石では新幹線と連絡しているが、新幹線は姫路方の端で交差しており、乗り換えはあまり便利ではない。西明石で複々線は終わり一部を除いて普通電車はここで折り返す。

西明石からは複線になり、真っ直ぐ北西方向を向いて走る。住宅やマンションが建て込む明石の市街地を走り2面4線の大久保となる。同駅周辺はマイカル明石などができてマンションも数多く建てられており成長が著しい。朝の時間帯には同駅始発の普通電車も設定されている。さらに真っ直ぐ走り、左手から山陽新幹線が近づいてきて、それを見ながら2面2線の魚住となる。このあたりまでは明石市の住宅地が広がっているが、これより先は所々田畑が目立つようになる。魚住を出ると山陽新幹線が左手に離れて行き、JR神戸線は真っ直ぐ北西方向に走り、播磨町に入って2面3線の土山となる。同駅は橋上駅舎化されて立派な駅になっている。かつてはここから別府港まで別府鉄道の土山線が出ていたが、今はもう廃止されてしまっている。加古川市に入り、左手に加古川バイパスが並行するのを見て2面3線の東加古川となる。同駅ではデータイムの上り普通が新快速を待避しているが、加古川駅の高架化が完成するとそれも解消されるものと思われる。さらに真っ直ぐ北西方向を向いて走り、真新しい高架線を駆け上がり加古川の市街地を見て加古川となる。同駅は現在高架工事中で、JR神戸線は上下とも高架に上がっており、現在は2面4線化の工事と加古川線の高架化が行われている。加古川では加古川線と接続しており、かつてはここから高砂線も発着していたが国鉄時代に廃止されてしまっている。

加古川を出るとすぐに加古川を渡り、2面3線の宝殿となる。同駅は加古川市と高砂市の境にある。姫路バイパスがオーバークロスして右にカーブしながら2面2線の曽根となる。ここまでが高砂市で、同駅を出ると姫路市に入る。近い将来別所付近に新駅が造られる予定である。姫路貨物ターミナルが広がり、左手から山陽新幹線が近づいてきて並行して走る。播但連絡道がオーバークロスして、しばらく走ると2面3線の御着となる。御着を過ぎると市川を渡り姫路の市街地に入る。右手に電留線が見えて高架線を走り、それが途切れて地上に下りて、左手に播但線が近づいてくるのを見て姫路駅の構内に入る。姫路は現在高架化工事中でJR神戸線側は工事がかなり進行している。同駅では山陽新幹線、播但線、姫新線、山陽線岡山方面と接続しており、赤穂線直通電車も接続している。駅の北側には山陽姫路駅もあり、播磨地区の一大ターミナルを形成している。姫路は乗降客が9万人前後となっており、JR西日本でもトップ20に入る大きな駅で、その大半がJR神戸線を利用している。時間帯によっては姫路発車時点で席が埋まっている新快速もあるぐらいだ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【EF210-300番台】

EF210-300番台は、2013年3月に登場した瀬野八補機用の機関車である。老朽化したEF67を置き換えるため、製造されたが、所属機関区は吹田機関区となり、瀬野八越えのみならず、本務機として吹田区のEF210と同じよう … 続きを読む

コメントなし

【EF65-1000番台】

EF65-1000番台、2000番台は国鉄時代に製造された旅客貨物両用の直流電気機関車。貨物機として製造された0番台、旅客用と貨物用に分けられて製造された500番台の後継として旅客貨物両用として1000番台が製造された。 … 続きを読む

コメントなし

【EF65-2000】

JR貨物所属のEF65-1000番台は2012年5月から旅客会社所属車との区別のため、1000を足した2000番台に改番された。新鶴見機関区に集中配置されており、2014年12月現在、24機が存在している。首都圏の貨物牽 … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸線〜201系普通〜

201系は関西地区では国鉄時代に京阪神緩行線に投入され、長らく同線にて活躍を続けてきた。7両編成で投入され、車体塗装はブルーになっていた。国鉄時代は中央線のオレンジ色、中央総武緩行線のウグイス色と並んで201系では唯一無 … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸線〜205系普通〜

JR京都線、神戸線の緩行線では国鉄末期に投入された205系7両編成が4本活躍していた。201系と共通で運用されていたが、その後増備されることはなく、関西地区では阪和線の1000番台とともに少数派のまま終わっている。321 … 続きを読む

コメントなし

JR貨物~EF66-100番台~

EF66-100番台はJR発足後、貨物列車増発のために増備された。基本仕様は0番台と同様だったが、外観は大きく変わり、0番台とは別物のデザインとなった。塗装はJR貨物の標準となるライトブルーとライトグレーの塗り分けとなっ … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第246回~JR神戸線朝霧駅~】

~明石海峡を望む駅はかつて神戸シーサイドレジャー号も停車した~ JR神戸線朝霧駅は兵庫県明石市にある。線路別複々線区間のため緩行線のみにホームがあり、普通電車のみが停車する。過去に運転された臨時快速神戸シーサイドレジャー … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その3~

大阪駅中央改札南口は大丸百貨店などが入るサウスゲートビルがある。 中央改札を南に下ると地下に下りるエスカレータと階段がある。これを下りると阪神梅田駅方面へ向かう。 大阪駅南口は大阪駅の表玄関の位置づけで、サウスゲートビル … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その1~

~OSAKA STATION CITY開業で一変し名実ともに大阪の顔として君臨~ JR大阪駅は、大阪市北区にある。JR東海道本線(JR京都線・JR神戸線・JR宝塚線)とJR大阪環状線の2路線が集まるのみだが、東海道本線は … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その2~

~OSAKA STATION CITY開業で一変し名実ともに大阪の顔として君臨~ 大阪駅中央改札は、地上1階にある。ホームは地上2階部分にあり、その上には連絡橋改札が設けられた。 大阪駅中央口はまさに大阪駅の中央にある。 … 続きを読む

コメントなし

【JR神戸線データイムダイヤ】

JR神戸線はデータイムに新快速、快速がそれぞれ15分毎、普通が15分に2本運転されている。基本的にはJR京都線と同じパターンのダイヤである。大阪~尼崎間ではJR宝塚線の丹波路快速、快速も外側線を走行するため、同区間だけは … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第134回~JR神戸線摩耶駅~

~摩耶駅の前身はかつて快速が内側から外側線に転線していたこともある灘信~ JR神戸線摩耶駅は、神戸市灘区にあり、2016年3月26日ダイヤ改正で開業した新しい駅である。六甲道~灘間に開業し、かつて神戸臨港線が分岐していた … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷7

7.停滞期に入る2008年以降 2008年10月18日にJR京都線西大路~向日町間に桂川駅が開業した。これまでの新駅と同様に内側線のみに島式ホームが設けられた。快速が停車する為、ホームは12両対応となっている。同駅新設に … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷6

6.アーバンネットワーク失速~福知山線事故・ゆとりダイヤ実施~ 2005年3月1日ダイヤ改正ではデータイムの新快速のうち毎時1本を姫路以西播州赤穂まで延長運転するようになった。同時に山陽本線普通の運行体系を変更して、姫路 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷5

5.アーバンネットワークビックアップ計画 1999年度にはアーバンネットワークビックアップ計画として新快速の130km/h運転化などの計画が推進されていった。第1弾として朝ラッシュ時における新快速の130km/h運転化を … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷4

4.JR東西線開業~1997年3月8日ダイヤ改正~ 1997年3月8日にJR東西線が開業した。本線系統のダイヤも大きく変わり、新快速・快速が尼崎に停車するようになり、本線から東西線方面への連絡強化を図っている。また、新快 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷3

3.阪神淡路大震災発生~1994年3月1日ダイヤ改正~1997年3月8日東西線開業まで 1994年3月1日ダイヤ改正では新快速のダイヤには特に変更はなく、目新しいところでJR京都線・JR神戸線の普通、俗に言われる京阪神緩 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷2

2.JR西日本発足1987年4月1日~1993年 国鉄最後のダイヤ改正で眠れる獅子がいよいよ起きたということで、並行私鉄に影響を与え始めてきたが、これはほんの序章であり、国鉄=JR西日本の本当の反撃はJR発足後の1989 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷

1国鉄最後のダイヤ改正~1987年3月31日 国鉄末期の新快速は117系6両編成を使用し、彦根・草津・堅田・京都~西明石・姫路間で15分毎の運転となっていた。今のように姫路まで15分毎の運転ではなく、半数が西明石折り返し … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第90回~JR神戸線西明石駅~

~新幹線停車駅と言うよりも普通の終点で有名~ JR神戸線、山陽新幹線西明石駅は、兵庫県明石市にある。山陽新幹線の停車駅だが、新幹線は各駅に停まるひかりが停車するぐらいで、山陽新幹線でもローカルな駅の部類になる。逆にJR神 … 続きを読む

コメントなし

【有料新快速を考える】

昨今首都圏を中心に有料列車が増加している。関西でも京阪が特急にプレミアムシートを導入する計画で、今後他社にも広がっていくか注目されるところだ。JR西日本の新快速も以前より、グリーン車の連結などの噂があったが、色々問題があ … 続きを読む

コメントなし

JR東日本・JR貨物~EF510-500~

EF510-500は2009年からJR東日本が夜行列車牽引用に製造した機関車で、JR貨物のEF510-0をベースに製造された。2009年度に2両、2010年度に13両が製造され、うち2両はカシオペア専用塗装に塗られ、その … 続きを読む

コメントなし

【JR貨物EF210(吹田)】

EF210は1996年から製造されたJR貨物の直流電気機関車。老朽化したEF65の置き換え用として岡山機関区に投入された。1990年に登場したEF200に続く新型貨物用機関車で、パワーを持て余していたEF200よりスペッ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第55回~JR神戸線六甲道駅~

1.概要 JR神戸線六甲道駅は神戸市灘区にある高架駅である。国鉄時代に高架化されたが、阪神淡路大震災では高架橋の損傷が激しくJR神戸線で復旧に時間を要した区間の一つとなった。1934年7月20日に開業し、1972年4月2 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第37回~JR神戸線さくら夙川駅~

1.概要JR神戸線さくら夙川駅は2007年3月18日に西宮~芦屋間に開業した新しい駅である。開業当初は列車接近時にコブクロの桜が流れていた。2010年3月2日からは通常のメロディに戻されている。 2.駅周辺周辺には阪急夙 … 続きを読む

コメントなし

特急こうのとり(北近畿)

特急こうのとりは2011年3月12日ダイヤ改正で特急北近畿から愛称名変更で誕生した。運転区間は特急北近畿時代と同じで新大阪~福知山、豊岡、城崎温泉間となっている。使用車両は当初は287系と183系で、後に183系が381 … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本225系0番台】

JR西日本225系0番台は2010年に誕生した223系1000番台、2000番台の後継車種。本線の新快速、快速用に0番台、阪和線、関西空港線の関空紀州路快速用に5000番台が投入され、0番台は新快速で使用するため、最高速 … 続きを読む

コメントなし

JR福知山線・山陰本線~急行だいせん~

急行だいせんは1968年10月1日ダイヤ改正で誕生した。昼行3往復、夜行1往復の運転。夜行急行だいせんは、1978年10月2日ダイヤ改正で20系寝台車に置き換えられた。ナハ21座席車3両と3段式B寝台を6両連結した編成に … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線〜快速西明石行き〜

JR神戸線快速西明石行きは平日ダイヤに米原発7時20分に1本だけ運転されている。土休日の運転はない。かつては最終の快速が西明石行きだったが、新快速に置き換わったため、平日朝ラッシュ時後に見られるのみとなった。

コメントなし

JR神戸線〜新快速大阪行き〜

JR神戸線では早朝に大阪行き新快速を運転している。平日ダイヤ姫路発5時46分の1本が運転。

コメントなし

JR西日本・JR四国~サンライズ瀬戸~

サンライズ瀬戸・出雲は1998年7月に従来のブルートレインを置き換え誕生した電車寝台特急。サンライズ瀬戸は東京〜高松間、サンライズ出雲は東京〜出雲市間の運転で、寝台特急瀬戸、寝台特急出雲2・3号を置き換えで、運転を開始し … 続きを読む

コメントなし

【JR神戸線夜間ダイヤ】

  JR神戸線20時以降のダイヤは夕方ラッシュ時ダイヤの延長で運転されている。15分サイクルに新快速、快速が各1本、普通が2本の運転で、運転本数は昼間と同じである。大阪発20時台、21時台が同様のダイヤで、22時台から運 … 続きを読む

コメントなし

【JR神戸線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

JR神戸線平日夕方ラッシュ時ダイヤはデータイムと同じ15分サイクルで運転され、新快速、快速が各1本、普通が2本運転される。ピーク時間帯にはこれに加えて大阪始発の新快速が運転されている。 新快速はデータイム同様、大阪発毎時 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線〜快速大阪行き〜

JR神戸線では平日朝ラッシュ時に快速大阪行きを5本運転している。また、土休日ダイヤ朝にも2本が運転されている。

コメントなし

JR京都線〜普通尼崎行き〜

JR京都線・神戸線では朝の時間帯に普通尼崎行きを運転している。平日ダイヤ高槻発5時42分、6時07分、7時00分、7時20分、7時44分、8時01分、8時10分、8時18分、京都発6時11分の9本。土休日ダイヤでは早朝に … 続きを読む

コメントなし

JR京都線~新快速9番線発着~

JR京都線では平日朝ラッシュ時と夕方ラッシュ時以降の新快速は大阪駅9番線からの発車となっている。ホーム上の混雑緩和のため、快速、普通と新快速のホームを分ける処置で、土休日ダイヤでは実施されない。夕方以降の新快速は9番線か … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線〜普通大久保行き〜

JR京都線、神戸線で普通大久保行きは早朝に1本だけ運転されていた。平日ダイヤ高槻発5時12分1本で、それ以前にJR学研都市線~東西線経由で2本が朝ラッシュ時に運転されていたこともある。

コメントなし

特急スーパーはくと

特急スーパーはくとは1994年12月3日の智頭急行(上郡~智頭間)開業とともに運転を開始した。当初は新大阪~鳥取、倉吉間に3往復が運転された。智頭急行のHOT7000系気動車5両編成が使用され、グリーン車の連結はなかった … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸線〜205系普通尼崎行き

JR京都・神戸線の205系は321系増備により2006年2月に運用を撤退して、のちに阪和線へと転属された。2010年末の225系5000番台増備により、阪和線の運用を外れ、2011年3月12日ダイヤ改正から再びJR京都・ … 続きを読む

コメントなし

キハ181系特急はくと

特急はくとは1994年12月3日の智頭急行開業に伴い、スーパーはくととともに新設された特急である。スーパーはくとは智頭急行のHOT7000形気動車を使用したが、特急はくとはJR西日本のキハ181系を使用して運転された。当 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸・播但・山陰線〜特急はまかぜ〜

特急はまかぜは大阪と但馬地区を結ぶ特急列車である。大阪~香住、浜坂、鳥取間の運転で、香住、浜坂、鳥取へ各1往復が運転されている。キハ189系6両編成が使用されている。基本編成は3両編成だが、6両で運転されることが多い。キ … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線〜平日上り朝ラッシュ時外側快速〜

JR神戸線では平日朝ラッシュ時に上り快速が西明石~兵庫間で列車線、兵庫~大阪間で外側線を走行する。JR京都線でも同様に朝ラッシュ時の快速は外側線を走行するが、JR神戸線の場合、兵庫以西が線路別複々線となっており、電車線に … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~普通姫路発西明石行き~

JR神戸線では深夜時間帯に姫路発西明石行きの普通が運転されている。平日ダイヤで姫路発22時21分、22時42分、23時21分、土休日ダイヤで姫路発22時37分、22時59分、23時21分の3本。

コメントなし

JR京都・神戸・琵琶湖線〜リバイバル新快速〜

2004年10月10日に運転されたリバイバル新快速。新快速で使用されていた113系と117系で運転された。113系が大阪発10時57分〜京都着11時25分、京都発12時22分〜西明石着13時31分、西明石発14時11分〜 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~ルミナリエ臨新快速西明石行き~

  JR神戸線ではルミナリエ開催時の週末に大阪方面へ臨時新快速を運転しているが、かつては西明石方面へも臨時新快速を運転していた。現在は臨時の快速を運転しているが、以前は大阪方面と同様に20分毎の運転の穴を埋める … 続きを読む

コメントなし

JR山陽・瀬戸大橋・土讃線〜ムーンライト高知

ムーンライト高知は1989年夏臨から京都〜高知間で運転を開始した。当初は単独運転だったが、途中から京都〜岡山間でムーンライト山陽との併結運転を行った。また、ムーンライト高知は全車グリーン車3両編成で運転された。他のムーン … 続きを読む

コメントなし

JR山陽本線〜ムーンライト山陽〜

ムーンライト山陽は1988年夏臨で新大阪〜広島間に運転を開始した。1989年夏臨から京都発着となり、京都〜岡山間でムーンライト高知と併結運転を行った。1995年春臨からムーンライト松山も併結運転を開始した。これにより京都 … 続きを読む

コメントなし

JR山陽・鹿児島線〜ムーンライト九州〜

臨時快速ムーンライト九州は1989年冬臨でふるさとライナー九州として京都〜博多間で運転を開始した。 1990年春臨からムーンライト九州の愛称が使用されるようになり、車両もシュプール&リゾートの14系座席車が使用さ … 続きを読む

コメントなし

JR山陽本線・伯備線・山陰本線~臨時快速ムーンライト八重垣~

臨時快速ムーンライト八重垣の起源は1989年冬臨で京都〜出雲市間に山陽~伯備~山陰線経由で運転された臨時夜行快速ふるさとライナー山陰である。以降1990年夏臨では同区間でムーンライト山陰として運転。同年末の冬臨では再びふ … 続きを読む

コメントなし

JR琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線~普通草津行き~

JR神戸、京都、琵琶湖線では列車番号末尾にCが付くC電と呼ばれる緩行電車が運転されている。通常緩行電車はJR京都線の京都か高槻からの運転で琵琶湖線には乗り入れしない。しかし、平日ラッシュ時限定で草津まで足を延ばす電車があ … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR神戸線~普通近江舞子行き~

JR神戸線、JR京都線、JR湖西線の普通近江舞子行きは夕方ラッシュ時1本、夜間に1本が運転されている。平日ダイヤで西明石発17時22分~大阪発18時41分と西明石発20時37分~大阪発21時56分の2本が運転。土休日ダイ … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線・JR京都線~快速上郡行き~

JR神戸線、JR京都線、JR琵琶湖線では快速上郡行きを夜間に2本運転している。平日ダイヤ、土休日ダイヤともに米原発19時29分、20時34分の2本。大阪発は21時26分と22時26分となっている。終点上郡には23時28分 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~新快速西明石行き~

JR神戸線では平日ダイヤ朝ラッシュ時に大阪発8時30分に西明石行き新快速が1本運転されている。このほか、平日、土休日ともに大阪発0時25分に最終の新快速西明石行きが1本運転されている。

コメントなし

JR京都線・JR神戸線~普通加古川行き~

JR京都線、JR神戸線では平日早朝に普通加古川行きを4本運転している。高槻発5時00分、5時10分、5時19分の3本と京都発5時04分の1本。土休日には運転はない。

コメントなし

JR神戸線~普通甲子園口行き~

JR神戸線では普通甲子園口行きが土休日ダイヤ早朝と平日ダイヤ夜間に運転されている。土休日ダイヤ早朝には松井山手発5時03分の東西線直通と京都発5時36分の2本が運転されている。平日夜間の1本は長尾発22時17分で、土休日 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~普通四条畷行き~

JR神戸線からの普通四条畷行きは朝夜に運転されている。平日ダイヤでは西明石発6時32分、7時14分、21時12分、21時32分、21時52分、22時12分の6本が運転。土休日ダイヤでは早朝に甲子園口発6時51分に1本、西 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~ルミナリエ臨時新快速~

JR神戸線ではルミナリエ開催時の土曜日の夜に臨時新快速や臨時快速を運転している。大阪着で20分毎の運転となる21時00分以降に運転され、三ノ宮始発で大阪行きの新快速が20分毎に運転される。また、三ノ宮始発で西明石方面への … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~新快速上郡行き~

JR神戸線、JR京都線、JR琵琶湖線の新快速上郡行きは大阪発21時00分に1本運転されている。平日、土休日とも運転があり、草津発の運転となっている。新快速が上郡に乗り入れるのはこの1本と朝の上郡始発が2本あるのみだ。

コメントなし

JR神戸線~普通同志社前行き~

JR神戸線普通同志社前行きは平日ダイヤ西明石発20時52分に1本だけ運転されている。途中尼崎で区間快速に変身するため普通同志社前として走るのはJR神戸線内のみとなっている。

コメントなし

JR神戸線~快速播州赤穂行き~

JR神戸線快速播州赤穂行きは平日大阪発7時51分、20時50分、土休日は大阪発20時50分のみが運転されている。播州赤穂への直通列車は新快速が中心となっており、快速の乗り入れは少なくなった。

コメントなし

JR神戸線・JR東西線・JR学研都市線~普通京田辺行き~

JR神戸線、JR東西線、JR学研都市線の普通京田辺行き。平日西明石発18時31分、尼崎発19時39分で運転されている。土休日の運転はない。JR神戸線からの直通で京田辺行きはこの他、早朝に平日西明石発5時47分、土休日西明 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線、JR東西線、JR学研都市線~普通長尾行き~

JR神戸線、JR東西線、JR学研都市線では普通長尾行きが運転されている。2012年3月17日ダイヤ改正以前は朝ラッシュ時終盤と夜間に1本ある程度だったが、同改正でデータイムの普通が長尾止まりとなったことから本数はかなり増 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線、JR播但線、JR山陰本線~特急カニカニはまかぜ~

特急カニカニはまかぜは冬のかにのシーズンに運転される臨時列車で、大阪~浜坂間に1往復が運転されている。運転経路は定期はまかぜと同様で、キハ189系が使用されている。キハ181系時代は専用のカニの絵が描かれたヘッドマークが … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~普通放出行き~

JR神戸線では朝ラッシュ時後半と深夜に放出行き普通が運転されている。三ノ宮発ベースで8時04分、8時26分、8時45分、23時37分の4本。朝の3本は平日のみの運転で、23時37分発は土休日も運転がある。

コメントなし

JR神戸線~普通神戸行き~

JR神戸線普通神戸行きは平日早朝と深夜に1本ずつ運転されている。土休日は深夜の1本のみとなっている。平日早朝は京都発5時36分で、神戸着は7時07分(2013年3月改正現在)、深夜は平日、土休日ともに京都発21時55分、 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~夕方ラッシュ時外側快速~

JR神戸線では平日夕方ラッシュ時に大阪発17時31分と17時46分に外側線を走る快速が運転されていた。どちらも姫路までの運転で西明石まで外側線、列車線を走行するため、須磨、垂水、舞子の3駅は通過していた。2013年3月1 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~普通大阪行き~

JR神戸線の普通大阪行きは深夜に3本運転されている。西明石発が2本、神戸発が1本で、西明石発0時01分がJR神戸線上り最終となっている。

コメントなし

JR京都線~新快速京都行き~

JR京都線の最終の新快速は京都行きとなっている。以前は新快速は大阪発23時40分の野洲行きが最終だったが、2009年3月14日のダイヤ改正で最終の快速を新快速に置き換えて大阪発0時25分に京都行き新快速が新設された。従来 … 続きを読む

コメントなし

JR湖西線~4扉通勤車普通近江舞子行き~

JR湖西線では夕方と夜間に4扉通勤型による普通近江舞子行きが運転されている。大阪発18時41分、21時56分の2本で、平日のみの運転となっている。  

コメントなし