JR阪和線

225系関空紀州路快速 JR阪和線は天王寺から和歌山に至る61.3kmの路線で、途中鳳から東羽衣に至る羽衣支線を持つ。阪和線の前身は私鉄で阪和間を高速で結ぶ鉄道として開業しているため線形はいい。途中待避駅が多く、2面4線の私鉄型の駅が多いのも、JRの他の路線にはない特徴となっている。運行系統は多岐に渡っており、阪和間の都市間輸送のみに留まらず関西空港輸送、紀勢線直通輸送など数多くの使命を果たしている。特急は関空特急はるかと紀勢線特急くろしおの2本立てで、快速も関空快速と紀州路快速が軸になっている。データイムには鳳以南各駅に停まる区間快速が運転され、普通は全て鳳止まりとなっている。早朝深夜には日根野以南各駅に停まるB快速も運転される。
阪和線の天王寺駅ホームはターミナル構造で、地上の大阪環状線や大和路線とは一線を画している。阪和電気鉄道という私鉄として建設された経緯を感じさせる。天王寺駅はホーム5面5線の構造で、1番線以外は乗降が分離されている。1番線はかつては特急くろしおが発着していた。大和路線との連絡線ができてからは、くろしおの大半が、新大阪、京都へ直通するようになった。現在は臨時のくろしおも新大阪発着となっているため、イベント以外で1番線から発着する優等列車はない。なお、快速系の電車が1番線を使用することもある。2~5番ホームは快速、6~9番ホームは普通が発着している。天王寺から大和路線に入りJR難波、大阪環状線の京橋へ向かう関空・紀州路快速は大和路線ホームの15、18番線から発着している。関空特急はるかや紀勢線特急も同じホームから発着している。かつては16番線、18番線から発着していたが、08年3月15日に天王寺短絡線が複線化されてから阪和線和歌山方面行きは15番線発着に変更された。阪和線天王寺駅には、長らく天王寺うどんという立ち食いうどん屋があったが、2016年1月で閉店してしまった。天王寺にはこの他にも駅ナカの店は、多数あるが、阪和線ホームは、直通電車の増加とともに店舗も少なくなっている。
天王寺を出ると右にカーブして、大阪環状線を跨ぐ。かつてはここに機回し線があったが、今は引き明け線が残るのみとなっている。大和路線から下り短絡線がまず合流し、その後、大和路線をアンダーパスしてから上り短絡線と合流する。次の美章園は2面2線の高架駅で、美章園手前で高々架の近鉄南大阪線がオーバークロスしている。美章園近辺の高架線は、歴史が古く、高架下はレトロな飲み屋などがひしめいている。美章園からかつては地上に下りていたが、現在は杉本町手前まで高架化されている。大阪市内の大半が高架化されて開かずの踏切は解消された。まだ新しい高架線に入り、阪神高速14号松原線と交差して、右手に桃ヶ池公園を見ながら走り2面2線の南田辺となる。南田辺から南西へ約1㎞程の距離に地下鉄御堂筋線の西田辺駅がある。また、北東方向に700mほどの距離には地下鉄谷町線の田辺駅がある。右手にシャープ本社が見えると鶴ヶ丘となる。同駅は現在2面4線の待避駅となっているが、高架化前は2面2線で、次の長居が2面4線の待避駅だった。朝ラッシュ時などは鶴ヶ丘で大半の普通が優等や快速を待避している。鶴ヶ丘も地下鉄御堂筋線の西田辺駅に近く、徒歩8分ぐらいの距離にある。左手に長居公園が見えてきて、ヤンマースタジアム長居などを見ながら走り、あびこ筋と平面交差して2面2線の長居となる。長居はそれほど乗降客は多くないが、ヤンマースタジアム長居の最寄駅となっているので、サッカー開催時には快速が臨時停車することがある。もっともスタジアムへは鶴ヶ丘の方が距離は短い。
我孫子町は対向式ホーム2面2線の平凡な構造で、地下鉄御堂筋線のあびことは東へ徒歩10分ほど離れている。乗降客数では断然御堂筋線のあびこの方が多い。また、西へ徒歩15分ほどの距離に南海高野線の我孫子前駅がある。我孫子町を出ると左にカーブする。高架から下りて2面4線の杉本町となる。同駅は上り電車は2番線で待避を行う変則的な構造となっている。杉本町からは阪和貨物線が分岐し、毎日線路を研磨する電車が運転されていたが、09年3月31日を持って廃線となっている。杉本町は大阪市立大の最寄駅で、大阪市内の駅では一番乗降が多い。杉本町を出るとしばらく阪和貨物線への分岐線と3線状態で走り、それが合流して大和川を渡ると堺市に入り、浅香となる。浅香駅上りホームから下り列車を狙った撮影は有名である。
浅香を出ると右にカーブしてしばらく真っ直ぐ走り堺市となる。同駅は対向式ホームの平凡な構造だが、快速停車駅となっている。堺市という駅名から、堺市の中心部にあるイメージがあるが、実際には南海高野線の堺東が、堺市の中心部となっており、そちらの方が街が開けている。さらに堺市内を真っ直ぐ南下して行き、掘割になり2面2線の三国ヶ丘となる。同駅は1999年のダイヤ改正から快速が停車するようになっている。その時に8連停車可能なようにホームが延伸されている。南海高野線と連絡しており、乗降客は天王寺、和歌山に次いで多い。以前は南海との間に連絡改札があったが、駅改良により、連絡改札はなくなり、乗り換えはやや不便になった。南海高野線がオーバークロスして三国ヶ丘を出て、左手に日本最大の前方後円墳仁徳天皇稜を見て2面2線の百舌鳥となる。大仙公園を右に見ながら、あちらこちらに古墳を見て走り上野芝となる。同駅は中央に通過線がある待避駅で、次の津久野とともに普通しか停まらない駅にしては乗降が多い。真っ直ぐ南西方向に走って2面2線の津久野となる。同駅を出て右手に大鳥大社が見えてしばらく走ると鳳となる。
鳳はホーム3面5線の駅構造で、東羽衣へ向かう羽衣支線の分岐駅となっている。和歌山方には留置線が広がっており、ラッシュ時などは鳳始発の快速電車も運転されている。
鳳を出るとかつての鳳電車区を左手に見て、しばらく走り2面2線の富木となる。富木は阪和線では高石市内唯一の駅である。和泉市に入り、さらに真っ直ぐ南下していく。この辺りは線形も良く、鳳までの95km/h制限も解かれ、特急や快速は120km/h運転を行う。堺泉北有料道路と交差して2面2線の北信太となる。葛の葉物語の舞台の信太森葛葉稲荷神社への最寄駅となっている。2面2線の信太山を過ぎると和泉市の中心駅和泉府中となる。和泉府中は快速停車駅で2面4線の待避構造になっており、快速と普通が緩急接続を行う。朝夕ラッシュ時には一部の関空特急はるかや紀勢特急くろしおが停車する。はるかやくろしおは最大9両編成で運転されるため、その分のホームが延伸されている。和泉府中は2013年5月25日に橋上駅舎化された。西へ約3kmの距離に南海本線泉大津駅がある。次の久米田から岸和田市に入る。久米田は2面2線だが、上下線とも保線用線路があり、2面4線の形になっている。駅の南東側に歴史ある久米田寺、久米田池がある。下松は2面2線の橋上駅舎で、1984年に開業した阪和線では一番新しい駅である。下松はしもまつと読む。山口県にある下松は、くだまつと読む。下松を過ぎると快速停車駅で2面4線の東岸和田となる。ここでも快速と普通が緩急接続を行ったり、特急が快速、普通を追い抜いたりしている。東岸和田は高架工事中で、2015年2月8日に下り線が高架化された。東岸和田は、南海岸和田とは2kmほど離れている。次の東貝塚も2面4線の構造だが、快速は停車しない。東貝塚は南海本線貝塚と2㎞ほど離れている。東貝塚を出て水間鉄道と交差するが、連絡駅はない。水間鉄道活性化のためにも駅設置が望ましい。2面2線の和泉橋本を過ぎると貝塚市から泉佐野市に入る。東佐野は2面2線で、駅周辺は阪和電気鉄道時代に開拓された住宅地がある。泉ヶ丘経営地と呼ばれた高級住宅街が広がる。東佐野を過ぎると熊取町に入り快速停車駅の熊取となる。ここも2面4線の待避駅で、始発の普通電車も運転されている。駅が熊取町の西端に位置しているため、熊取町の中心部からは意外に遠く、泉佐野市役所へ行くのも距離的には変わらない。京都大学の原子力研究所や大阪体育大などがあり、学生の利用も少なくない。また、東側には熊取ニュータウンが広がっており、利用者は多い。
熊取を出ると左手にイオンモールを見ながら日根野に着く。日根野も2面4線の構造だが、関西空港線開業時に配線が大幅に変更され、1番線、2番線、3番線は上下列車が進入できるような構造になっている。関空快速と紀州路快速はここで分割併合を行う。ラッシュ時には関空特急はるか、紀勢特急くろしおの停車もある。付近には大阪観光大学や日根野高校があり、学生の利用も多い。日根野を出ると関西空港線が真ん中を走り、それが高架に上がり、右にカーブして分かれる。関西空港自動車道の下をくぐり、左手に日根野電車区を見ながら進み、それが途切れると2面4線の長滝となる。駅から日根野電車区の南端を見ることができる。泉南市に入り、1面2線の新家を過ぎると、次は快速停車駅の和泉砂川となる。和泉砂川も2面4線の構造で、天王寺方に渡り線があり、ここで折り返す快速や普通も運転されている。和泉砂川にはかつて阪和電鉄が運営していた砂川遊園があった。今は砂川公園団地、砂川台団地となっているが、電鉄創成期の各社同様阪和電鉄も遊園地の運営を行っていた。
和泉砂川を過ぎるとだんだんと山に入っていく趣きになり、阪南市に入り2面2線の和泉鳥取となる。和泉鳥取を過ぎると渓谷を思わす景色となる。山中渓は大阪府内最後の駅で、サクラの季節には多くの撮影者が訪れる。普段は大阪府とは思えないほど静かなところで、利用者は阪和線で一番少ない。山中渓を出ると紀伊まで8.1キロ駅がない。この間に和泉山脈を越えて和歌山県に入る。県境を越えると緩やかに下り坂を走り、2面4線の紀伊に着く。1988年に朝夕ラッシュ時のみ快速停車となった。その後、紀州路快速の停車駅となり、終日快速が停車するようになった。駅周辺にはかつて紀伊国の国府があったとされている。次の六十谷も紀伊とともに快速停車駅に格上げされた。2面2線で和歌山高校、開智高校などの最寄駅で高校生の利用が多い。紀ノ川を渡ると2面2線の紀伊中ノ島で、かつてはこの駅付近で和歌山線から紀勢支線への連絡線が交差していた。紀伊中ノ島を出ると和歌山市からの紀勢支線と交差して、左手から和歌山線が近づいてきて並走する。広い構内に入り終点の和歌山に着く。和歌山はホーム4面8線の大きな駅で、和歌山線、紀勢本線、和歌山市へ向かう紀勢支線と接続しており、南海貴志川線とも連絡している。阪和線電車は主に1番線から3番線を使用している。新宮方には引き上げ線があり、紀州路快速や普通の一部は引き上げ線で折り返しまで待機する。和歌山駅から和歌山の中心部にある和歌山城までは西へ2.5㎞ほど離れている。また、南海本線和歌山市駅とは2.7㎞ほど離れている。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ  にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ

【JR223系0番台】

JR西日本の223系0番台は1994年の関西空港開港に合わせて製造された。アーバンネットワークでは221系に次ぐ新型近郊型車両で、足回りはVVVFインバータ制御を採用した通勤型の207系をベースにした車両である。関西空港 … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸線〜205系普通〜

JR京都線、神戸線の緩行線では国鉄末期に投入された205系7両編成が4本活躍していた。201系と共通で運用されていたが、その後増備されることはなく、関西地区では阪和線の1000番台とともに少数派のまま終わっている。321 … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第249回~JR阪和線山中渓駅~】

~大阪と和歌山の府県境にある桜の名所~ JR阪和線山中渓駅は大阪府阪南市にある。大阪と和歌山の府県境にあり、阪和線の中では秘境駅の風情となっている。桜の名所として有名で、春には線路際に幾本もの桜が咲き誇り、ホーム上から桜 … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第212回~JR阪和線南田辺駅~】

~高架化とともに東住吉区から阿倍野区に移転した駅~ JR阪和線南田辺駅は大阪市阿倍野区にある。高架化前は東住吉区にあったが、高架化により区界を跨いで阿倍野区の駅となった。南西方向に約850mの距離に御堂筋線の西田辺がある … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第167回~JR阪和線紀伊中ノ島駅~

~旧和歌山線ホームや昭和の香りが漂うレトロな駅舎を持つ駅~ JR阪和線紀伊中ノ島駅は、和歌山県和歌山市にある。阪和電気鉄道時代に開業した古い駅で、国鉄和歌山線にも紀伊中ノ島駅が設置され、連絡駅として機能していた。国有化後 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第137回~JR阪和線浅香駅~

~阪和線いや関西屈指の撮り鉄の聖地~ JR阪和線浅香駅は、大阪府堺市堺区にある。駅の北側には大和川が流れており、川を渡ると大阪市内に入る。浅香駅の上りホーム天王寺方は、撮り鉄のメッカとなっており、今後103系が終焉を迎え … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線~快速東岸和田行き~

快速東岸和田行きは、2016年3月26日ダイヤ改正から天王寺始発から京橋始発に変更された。京橋発22時10分の設定で、平日のみならず土休日にも運転がある。   

コメントなし

関西各駅探訪第77回~JR阪和線鳳駅~

JR阪和線鳳駅は、堺市西区にある。東羽衣へ向かう阪和支線の分岐駅で、南側には旧鳳電車区の電留線が並んでおり、阪和線の運転上の拠点の一つになっている。関空紀州路快速、快速、区間快速が停車し、かつては特急くろしおの停車もあっ … 続きを読む

コメントなし

【関空特急はるか改善案】

先日提案した有料新快速では、281系を使用するとした。その281系を有料新快速に回すために、関空特急はるか用の新型車両が必要である。海外からの旅行者が増え、関空利用が盛り返したことにより、関空特急はるかの利用者も増えてき … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線~紀州路快速海南行き~

関空紀州路快速海南行きは2015年3月14日ダイヤ改正で、平日ダイヤの早朝に1本新設された。大阪発6時06分で、紀勢線へ直通する紀州路快速はこの1本のみとなっている。   

コメントなし

【JR223系2500番台】

223系2500番台は1999年5月10日改正で、増備された。関空快速と紀州路快速の併結運転に伴って0番台の先頭車が不足することから、先頭車4両が製造された。2007年2月には4両編成が新造され、天王寺短絡線の複線化が完 … 続きを読む

コメントなし

【JR阪和線羽衣支線ガイド】

JR阪和線羽衣支線は鳳と東羽衣を結ぶ1.7㎞の路線である。阪和線の支線で、全線単線、直流1500V電化の路線となっている。阪和線との直通運転はなく、電車は全て鳳~東羽衣間のピストン運行となっている。羽衣支線電車は、鳳駅で … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本283系】

基本 ←京都 新宮→ クハ283 モハ283 サハ283 モハ283 サハ283 クロ282 Tc Mp T Mp T Tc HB601 501 1 201 301 1 1 HB602 502 2 202 302 2 2 … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本205系1000番台】

JR西日本205系1000番台はJR発足後1988年に阪和線に投入された。基本的には京阪神緩行線にも投入されていた0番台を踏襲するものだが、フロントガラスの配置を変更し、阪和線快速での110km/h運転に対応するため、主 … 続きを読む

コメントなし

【JR阪和線205系0番台】

JR阪和線205系0番台はJR京都線、JR神戸線、JR宝塚線で使用されていた車両が転属されてきたものである。国鉄末期に京阪神緩行に投入された7両編成4本で、JR発足後も京阪神緩行で活躍を続け、321系が投入された際に阪和 … 続きを読む

コメントなし

【JR阪和線夜間ダイヤ】

  JR阪和線の天王寺発20時以降のダイヤは概ね夕方ラッシュ時の延長で運転されている。天王寺発20時台は60分サイクルに関空特急はるか2本、特急くろしお白浜行き1本、関空紀州路快速2本、関空快速が1本、快速が3本、普通が … 続きを読む

コメントなし

【JR阪和線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

JR阪和線の平日夕方ラッシュ時ダイヤは概ね20分サイクルで運転されている。天王寺発18時台は関空特急はるか2本、特急くろしお白浜行き1本、関空紀州路快速3本、快速和歌山行き3本、快速日根野行き2本、普通6本が運転されてい … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線・関西空港線~直通快速京橋行き~

JR大阪環状線・阪和線・関西空港線の直通快速京橋行きは平日朝ラッシュ時のみ運転されている。大阪環状線外回り天王寺発ベースで、8時04分、8時25分、8時45分の3本が運転。   

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線・関西空港線~直通快速天王寺~

JR大阪環状線、阪和線、関西空港線の直通快速天王寺行きは平日朝ラッシュ時のみに運転されている。大阪環状線天王寺発ベースで、6時41分(関西空港始発)、6時52分(日根野始発)、7時11分(和歌山始発)、7時28分(日根野 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線・関西空港線~関空紀州路快速京橋行き~

関空紀州路快速京橋行きは以前はレギュラー列車として運転されていたが、2012年3月17日ダイヤ改正以降レギュラー列車は天王寺発着となり、京橋発着はイレギュラー列車となった。2014年5月現在、平日ダイヤでは天王寺発9時0 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・JR阪和線~紀州路快速天王寺行~

紀州路快速単独運転の大阪環状線周回の天王寺行きは午前中に運転されている。平日ダイヤでは天王寺発10時56分、11時57分の2本。土休日ダイヤでは天王寺発7時16分、10時56分、11時57分の3本が運転。  

コメントなし

JR梅田貨物線・阪和線~快速湯浅行き~

 JR梅田貨物線・大阪環状線・阪和線では早朝に新大阪発湯浅行きの快速を運転している。2014年3月15日ダイヤ改正以前は紀伊田辺行きだったが、同改正で湯浅行きに短縮されている。平日ダイヤは新大阪発6時25分、土休日ダイヤ … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線〜快速鳳行き〜

 JR阪和線では平日朝ラッシュ時、土休日ダイヤ夜間に快速鳳行きを運転している。平日ダイヤ朝ラッシュ時には天王寺発6時39分、6時55分、7時20分、7時45分、8時28分の5本が運転。土休日ダイヤは天王寺発20時43分、 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・阪和線~関空快速単独運転~

JR大阪環状線、阪和線、関西空港線では関空快速の単独運転が夜間に行われている。平日ダイヤ大阪発20時08分、21時14分、21時35分、22時10分、22時33分の5本。土休日ダイヤは21時10分、21時35分、22時1 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和・紀勢本線〜特急くろしお〜

特急くろしおは天王寺~名古屋間を阪和線、紀勢本線、関西本線で結ぶ特急として1965年3月1日ダイヤ改正で誕生した。登場当初は紀勢本線、関西本線が非電化であったため気動車特急として運転されていた。その後増発を重ね、1978 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線〜紀州路快速天王寺行き〜

  JR阪和線紀州路快速天王寺行きは天王寺止まりの紀州路快速で大阪環状線には乗り入れない。平日ダイヤでは和歌山発15時36分、16時34分が運転されている。土休日は和歌山発15時37分、16時36分となる。大阪 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和・関西空港線〜関空特急はるか〜

関空特急はるかは関西国際空港が開港した1994年9月4日から京都〜関西空港間で運転を開始した。281系が専用車両として新製され、グリーン車を含む5両編成で全車指定席で運転された。1995年7月には中間車1両を増結して6両 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線〜普通熊取行き〜

JR阪和線普通熊取行きは平日、土休日ともに朝の時間帯と夕方に運転されている。平日ダイヤで天王寺発7時34分、7時43分、8時42分、8時51分、8時57分、9時26分、16時08分、16時21分、18時33分の9本が運転 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線〜快速紀伊田辺行き〜

JR阪和線では早朝の新大阪発紀伊田辺行き快速以外に夜間に1本天王寺発紀伊田辺行き快速が運転されている。天王寺発20時41分で平日のみの運転で土休日に運転はない。8両編成で運転され、後ろ4両は和歌山で切り離す。2010年1 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和・関西空港線〜関空特急はるか日根野停車〜

関空特急はるかは朝夕ラッシュ時間帯に一部列車が日根野に停車する。平日上り朝ラッシュ時には日根野発6時38分の2号、7時36分の4号、8時04分の6号、8時54分の8号、9時25分の10号が停車する。土休日上り朝の時間帯は … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線〜通勤型使用快速〜

JR阪和線では2012年3月17日ダイヤ改正以前に4扉ロングシート車が快速に運用されていた。223系増備以前は朝夕ラッシュ時の天王寺止まりの快速は103系、205系が快速の主力だった。103系6両編成か、103系または2 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線〜普通和泉砂川行き〜

JR阪和線普通和泉砂川行きは早朝、夕方、夜間の時間帯に数本運転されている。平日早朝に天王寺発5時53分に1本、平日夕方に天王寺発16時34分、17時04分、17時56分、18時23分の4本、平日夜間には天王寺発23時16 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線〜区間快速和歌山行き〜

JR阪和線では2008年3月15日ダイヤ改正以前に早朝に区間快速和歌山行きが運転されていた。現在は関空快速に置き換えられている。平日天王寺発5時58分、土休日天王寺発5時57分の運転で、223系4両編成が使用されていた。 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和・紀勢線〜113系快速御坊行き〜

JR阪和線では天王寺発21時43分の快速御坊行きに113系8両編成が使用されていた。2010年末で225系5000番台投入により、223系、225系に置き換えられて、JR阪和線での113系の運用は消滅した。

コメントなし

JR阪和線~区間快速日根野行き~

JR阪和線の最終の優等列車は天王寺発0時20分の区間快速日根野行きとなっている。データイムにも区間快速は走っているが、データイム以降ではこの最終の区間快速日根野行き以外運転はない。2012年3月17日ダイヤ改正以前の土休 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線~区間快速天王寺行き~

JR阪和線では平日朝ラッシュ時上りに区間快速天王寺行きを運転している。日根野発5時18分、6時02分、7府44分の3本と和歌山発6時58分の1本。いずれの電車もデータイムの区快とは違い、4扉ロングシート車を使用している。 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線~快速和泉府中行き~

JR阪和線快速和泉府中行きは2009年3月14日ダイヤ改正以前に運転されていた。平日天王寺発21時04分の1本のみで4扉ロングシート車が使用されていた。

コメントなし

JR阪和線~B快速和歌山行き~

JR阪和線B快速和歌山行きは以前は夜間などに運転されていたが、近年は紀州路快速が日根野以南各駅停車が増えておりB快速の運転は、朝の時間帯に見られるのみとなっている。なお、B快速は市販の時刻表などでは快速としか記載されてい … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線~区間快速熊取行き~

JR阪和線区間快速熊取行きは平日ダイヤで天王寺発7時09分、8時45分の2本が運転されている。基本的に4扉ロングシート車が運用されており、かつては103系が運用されていたが、現在は205系が運用されている。

コメントなし

JR阪和線~はんわライナー~

はんわライナーはJR阪和線で運転されていたホームライナーで、国鉄時代末期に設定されたホームライナーいずみがその前身となっている。1984年9月1日にホームライナーいずみとして運転を開始。当初は天王寺~日根野間の運転でくろ … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・JR阪和線~快速日根野行き~

JR大阪環状線、JR阪和線では夕方ラッシュ時と夜間に大阪環状線から快速日根野行きが運転されている。大阪発18時41分、同23時06分、同23時22分の3本で運転されている。停車駅は日根野まで関空紀州路快速と同じとなってい … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線~普通東岸和田行き~

JR阪和線では天王寺発22時11分に普通東岸和田行きが運転されている。平日、土休日とも運転されており、土休日は天王寺発22時12分となっている。

コメントなし

JR阪和線~普通和泉府中行き~

JR阪和線では天王寺発22時35分に普通和泉府中行きが運転されている。平日、土休日ともに運転されており、当列車が唯一の和泉府中行きとなっている。

コメントなし

JR阪和線データイムダイヤ 2013年3月16日改正

JR阪和線のデータイムダイヤは特急を除いて15分サイクルとなっている。15分サイクルに関空紀州路快速、区間快速、普通がそれぞれ1本運転されている。これに加えて毎時1本、関空特急はるかと特急くろしおが運転されており、1時間 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・JR阪和線~快速京橋行き~

JR大阪環状線、JR阪和線では土休日ダイヤの朝の時間帯にJR阪和線からJR大阪環状線似直通する快速を2本運転していた。1本は御坊始発で、もう1本は和歌山始発で運転されていた。2011年3月12日のダイヤ改正で関空紀州路快 … 続きを読む

コメントなし

JR大阪環状線・JR阪和線~紀州路快速京橋行~

紀州路快速京橋行きは2011年3月12日ダイヤ改正で登場した。平日の天王寺着10時台に1本、土休日の朝8時台、9時台、10時台に各1本が運転されている。土休日の朝の2本はかつては快速として大阪環状線に乗り入れていたが、2 … 続きを読む

コメントなし

 JR大阪環状線・JR阪和線~直通快速和歌山行~

2008年3月15日ダイヤ改正で運転を開始した直通快速。このうち大阪発7時05分で運転されていた直通快速は和歌山行きとして運転されていた。2012年3月17日ダイヤ改正で紀州路快速に置き換えられ消滅している。  

コメントなし

JR大阪環状線・JR阪和線~直通快速鳳行~

2008年3月15日ダイヤ改正で運転を開始した直通快速。朝ラッシュ時にJR阪和線からJR大阪環状線に乗り入れる快速を増発する為、JR大和路線の区間快速と同様に環状線内を各駅に停車とした。当初JR大阪環状線からJR阪和線方 … 続きを読む

コメントなし

JR阪和線新大阪発着快速

新大阪発22時44分御坊行き快速はかつては太公望列車、魚釣り列車と言われ、新大阪から新宮まで運転されていた。2000年10月1日ダイヤ改正で運転区間が新大阪~紀伊田辺間に短縮され、夜行列車としての性格が薄くなった。さらに … 続きを読む

コメントなし