JR学研都市線

JR学研都市線

【JR学研都市線ガイド】

JR学研都市線は、木津から京橋に至る44.8㎞の路線で、軌間1067mm直流1500Vの電化鉄道である。正式路線名は片町線で、JR発足後に学研都市線の愛称が付けられて、そちらの方が定着している。木津が起点で、終点は京橋となるため、木津発が下りとなる。京橋~松井山手間は複線、松井山手~木津間は単線となっている。かつては京橋から片町まで線路が延びていたが、JR東西線の開業により、片町駅は廃止され、JR東西線大阪城北詰駅がその替わりとなっている。2002年3月に松井山手~京田辺間の改良工事が行われ、京田辺まで7両編成の乗り入れが可能になり、同駅で増解結が行われるようになった。また、2010年3月には京田辺~木津間の7両編成対応化が行われ、これをもって全線で7両編成の運転が可能になった。列車種別は快速、区間快速、普通の3本立てで、データイムは区間快速、普通の2本立て、ラッシュ時は快速が主体となり、ピーク時間帯等に区間快速が運転されている。快速は京橋から放出、住道、四条畷、星田、河内磐船、長尾、松井山手以遠各駅に停まる。区間快速は京橋から放出、住道、四条畷以遠各駅に停まる。快速、区間快速、普通とも全ての電車が207系により運行されていたが、2008年3月改正から321系の運用が始まり、2010年3月の全線7連対応化により321系の運用範囲が広がった。

ここでは起点の木津ではなく、終点の京橋から路線を紹介していく。京橋は2面2線の構造で、JR東西線の尼崎方に折り返し線がある。学研都市線の電車はほとんどが東西線に乗り入れるが、一部の電車は京橋で折り返す。駅構内は2面2線だが、対向式にはなっておらず、上り木津方面行ホームは下り線にも面した島式ホームになっており、柵が設けられて、乗り降りはできない構造になっている。2016年3月19日に下りホームにホームドアが設けられ、2017年2月25日に上りホームにも設置された。当駅に設置されたホームドアは、六甲道や高槻で採用されたロープ昇降式ではなく、通常の可動式ホーム柵となっている。京橋ではJR大阪環状線、京阪本線、地下鉄長堀鶴見緑地線と連絡している。大阪環状線との乗換えは鶴橋寄りの車両に乗れば近いが、大阪寄りの車両に乗るとかなり歩かなければならない。京阪、地下鉄との乗換えはかなり遠く。京阪との乗り換えは西口を利用した方がよい。

京橋を出ると狭い路地裏の雰囲気の中を行く。路地裏を曲がりくねりながら走り、鴫野手前で城東貨物線が合流してくる。将来これがJRおおさか東線となって、鴫野~放出間は線路別複々線となる予定で2017年現在工事中である。鴫野は2面2線の高架駅で、現在おおさか東線乗り入れのため、工事中となっている。おおさか東線開業後は3面4線となるが、現在は学研都市線が2番線と4番線を使用している。鴫野を出て高架線を下りて、曲がりくねりながら進み、内環状線(国道479号線)がオーバークロスすると放出となる。放出はJRおおさか東線開業に備えて2面4線の構造に改良された。京橋方にはおおさか東線が使用する引き上げ線があり、将来的にはこれが新大阪方面へのおおさか東線の本線となる。木津方のおおさか東線沿いには淀川電車区が広がっている。1、4番線を学研都市線が使用し、おおさか東線は2、3番線を使用している。

放出を出ると中央にJRおおさか東線の線路を挟み、学研都市線下り線は高架になって、東線が右にカーブして分かれていく。高架の下り線は東線を跨いで高架から下りて上り線と合流する。JRおおさか東線と一緒に淀川電車区(現在は電車区ではない)への線路も本線と分かれて行く。放出からは路地裏というような雰囲気はないが、それでも適度に曲がりくねりながら走る。JRの路線は比較的線形がいいが、学研都市線はお世辞にも線形がいいとは言えない。徳庵は近畿車輛に隣接する駅で、京橋方面行の線路は近畿車輛とつながっており、甲種回送などはここを通って行われている。駅構造は2面3線で駅舎は橋上化されている。京橋方面行に待避線があるが、ほとんど使われておらず、近畿車輛からの車両の出場などに使用されるのが主である。徳庵は大阪市と東大阪市の境目にあり、駅と近畿車輛は辛うじて東大阪市内にある。

徳庵を出ると高架線を駆け上がり、近畿自動車道、中央環状線と立体交差する。高々架の近畿自動車道が学研都市線を跨ぎ、学研都市線は地上を走る中央環状線を跨いでいる。将来的にはここ大阪モノレールも加わる予定で、学研都市線も連絡駅ができるかもしれない。この3層構造の立体交差を過ぎると2面2線の鴻池新田となる。鴻池新田も徳庵同様東大阪市の北端に位置している。鴻池は東大阪市内の地名で、新田は北側の大東市の地名となっている。鴻池新田を出て、大東市に入り、寝屋川沿いに高架線でしばらく進むと2面4線の住道となる。住道は快速停車駅で、大東市の中心駅になっている。かつてはデータイムにも必ず快速と普通が緩急接続を行っていたが、現在は四条畷での緩急接続となっている。住道を出ると高架線を下りて地上線を走る。右手に生駒の山を望みながら進み、外環状線(国道170号線)がオーバークロスすると野崎観音で有名な野崎となる。野崎は2面2線の地上駅で、橋上駅舎化が計画されている。野崎を出ると真直ぐな線路を進む。四条畷は2面4線の橋上駅舎で、データイムには区間快速と普通が接続を行う。四条畷で折り返す電車があるが、折り返し線はない。京橋方に渡り線があり、折り返し電車はこの渡り線を使用している。なお四条畷の駅は四条畷を名乗っているものの大東市内にある。駅周辺には四条畷学園や四条畷高校があり、学生の利用も多い。楠木正成公の墓も駅から10分程度のところにある。区間快速は四条畷から各駅に停まる。

四条畷を出ると国道163号線と交差して、高架線を駆け上がると2面2線の忍ヶ丘となる。この駅は四条畷市内にある。山の手には大阪電気通信大学があるが、駅からはやや遠い。大学へは四條畷からバスが主流である。忍ヶ丘を出て高架線を下りて、寝屋川市に入る。地上線から掘割に入ると1面2線の東寝屋川となる。東寝屋川を出ると左手に寝屋川公園を見て進み、交野市に入るとすぐに星田となる。星田は2面2線の高架駅で2002年3月のダイヤ改正から快速停車となった。

星田を出ると高架から下りて国道168号線と平面交差して、京阪交野線の築提が見えてきて、それと交差してすぐに河内磐船となる。河内磐船は快速停車駅で、京阪交野線河内森と競合している。河内磐船と河内森は少々離れているが、両駅を行き来する人は多い。河内磐船を出ると田園風景がより濃くなる雰囲気の中を走る。枚方市に入り津田となる。津田は2面2線の構造だが、改造すれば2面4線にできるような構造になっている。津田を出て、国道307号線を跨いで、線路右手にアルプラザや枚方津田高校を見ながら進み2面2線の藤阪となる。藤阪を出るとかつて気動車との乗換駅になっていた長尾となる。かつては2面3線で、気動車への乗換え駅になっていたが、現在は1面2線の橋上駅舎に整備された。駅前からは各方面へのバス路線も出ており、快速停車駅に相応しい駅になった。

長尾を出ると丘陵地の中を行く雰囲気で、第二京阪道路と国道1号線のバイパスと交差して、住宅地が見えてくると松井山手となる。松井山手は2面2線の掘割構造で、普通電車の大半がここで折り返す。周辺には京阪東ローズタウンなどニュータウンが広がっている。松井山手から先は単線となり右カーブして進む。京都府京田辺市に入り、大住は7連対応にホームが延伸され行き違い設備も整備された。大住駅の頭上には京奈和自動車道が越えている。大住を出て京田辺市内を行くが、住宅地よりも田園風景が目立つ。京阪奈学研都市も壮大な構想であったが、現状では中途半端さを拭えない状態にある。京田辺は2002年3月に改良工事により橋上駅舎化され、ホームも7連対応になった。しばらく快速は同駅で連結解放を行っていたが、2010年3月ダイヤ改正で、木津までの7連対応化完了により同駅での連結解放作業はなくなった。近鉄京都線新田辺駅とは約200mほど離れている。

京田辺から先はしばらく近鉄京都線と並行して走る。向こうは複線で特急も走る線区だけに線路もいいが、こちらの学研都市線は単線で普通しか走らない路線なので、線路は近鉄に比べ見劣りする。次の同志社前は同志社大学の最寄り駅で、ホーム2面2線で1面1線は同駅折り返しの電車用に使われていたが、現在は棒線化されて1面1線となっている。区間快速・快速はここまで15分毎に運転されている。同志社大学の最寄り駅は近鉄にも興戸駅があるが、同大学からは少し離れている。同志社前を出て、真新しい高架線を駆け上がると1面2線の高架駅のJR三山木となる。近鉄も高架化され、ロータリーを挟んで両駅が対峙する形になっている。
JR三山木を出て、高架線を下りて、右手に近鉄宮津車庫を見ながら進み、京都府精華町に入る。1面1線の下狛を過ぎると精華町の中心駅といえる祝園となる。祝園は2面2線の橋上舎駅で、近鉄の新祝園駅と総合駅となっている。近鉄は2面4線で急行も停車する立派な駅だが、JRは普通しか停まらないというより、普通しか走っていないので、ここでもやはり見劣りする。祝園を出てもしばらく近鉄京都線と並行し続けるが、近鉄の木津川台を過ぎたあたりで、学研都市線は木津方面へ向かうため、進行方向を東にとるため、左カーブして近鉄京都線の下をくぐる。そのまま近鉄京都線とは離れて進み、木津川の支流の山田川を渡ったところに1面1線の西木津がある。西木津を出て、左に木津川を望みながら進み、木津川を渡る奈良線のトラス橋が見えてくると右に急カーブして木津となる。木津駅は1番線を使用し、大和路線加茂方面、奈良線京都方面とホーム上で乗換えが行える。1番線は大和路線本線ともつながっており、早朝夜間には奈良から直通電車が運転されている。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

関西各駅探訪第162回~JR学研都市線四条畷駅~

~実は四条畷市内に駅はない四条畷駅~ JR学研都市線四条畷駅は、大阪府大東市にある。四条畷市と大東市の境に駅があり、駅自体は完全に大東市の市域にある。大東市にあるのに四条畷を名乗り、さらに市は、四條畷なのに、駅名は四条畷 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第129回~JR学研都市線・JRおおさか東線放出駅~

~JRおおさか東線開業により激変した学研都市線の中心駅~ JR学研都市線、おおさか東線放出駅は、大阪市鶴見区にある。おおさか東線開業前は2面3線の地上駅だったが、おおさか東線開業とともに2面4線の橋上駅舎に生まれ変わった … 続きを読む

コメントなし

【JR貨物EF210(吹田)】

EF210は1996年から製造されたJR貨物の直流電気機関車。老朽化したEF65の置き換え用として岡山機関区に投入された。1990年に登場したEF200に続く新型貨物用機関車で、パワーを持て余していたEF200よりスペッ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第47回〜JR学研都市線住道駅〜

1.概要JR学研都市線住道駅は大阪府大東市にあり、1895年8月22日に浪速鉄道の駅として開業した。大東市の中心駅で、快速が停車する。1989年に高架化が完成し、1990年には待避線が設けられ、快速と普通が緩急接続を行う … 続きを読む

コメントなし

【JR学研都市線朝ラッシュ時ダイヤ】

JR学研都市線平日朝ラッシュ時ダイヤは、放出発7時台、8時台ともに18本/H運転されている。快速、区間快速と普通の比率は1対1で、それぞれ8本ずつ運転されているが、これに加えておおさか東線からの直通快速が毎時2本運転され … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線~区間快速塚口行き~

JR学研都市線区間快速塚口行きは平日ダイヤ朝ラッシュ時に1本だけ運転されている。京田辺発6時52分の1本で、土休日ダイヤでは運転はない。

コメントなし

JR東西線・学研都市線~普通四条畷行き~

JR東西線経由学研都市線四条畷行きは朝夜に運転されている。JR宝塚線、JR神戸線の双方から運転がある。JR宝塚線からは平日ダイヤで新三田発5時57分、6時12分、7時09分、塚口発21時46分、宝塚発23時29分に運転。 … 続きを読む

コメントなし

JR東西線~普通尼崎行き~

JR東西線普通尼崎行きは朝ラッシュ時と夜間に運転されている。朝ラッシュ時は松井山手発6時22分、6時53分(区快)、7時05分、7時31分(区快)、四条畷発7時35分、京田辺発7時30分(区快)の6本が運転。夜間は四条畷 … 続きを読む

コメントなし

【JR学研都市線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

   JR学研都市線平日夕方ラッシュ時ダイヤは30分サイクルで運転されている。京橋発18時台には快速4本、直通快速2本、区間快速2本、普通8本が運転されている。同19時台には快速4本、直通快速2本、区間快速1本 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線~区間快速尼崎行き~

JR学研都市線区間快速尼崎行きは平日ダイヤ朝ラッシュ時に運転されている。松井山手発6時53分、7時31分、京田辺発7時30分の3本。土休日の区間快速は全てJR神戸線かJR宝塚線に直通する。

コメントなし

JR学研都市線~区間快速新三田行き~

JR学研都市線区間快速新三田行きは平日朝ラッシュ時に運転されている。松井山手発6時31分、7時53分、京田辺発8時08分、8時25分の4本。

コメントなし

JR学研都市線~普通新三田行き~

JR学研都市線普通新三田行きは朝と深夜の時間帯に運転されている。平日ダイヤ四條畷発4時53分、長尾発5時30分、松井山手発6時01分、7時20分、8時06分、22時54分、同志社前発23時12分の7本が運転。土休日ダイヤ … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線~区間快速宝塚行き~

JR学研都市線では朝ラッシュ時に区間快速宝塚行きを運転している。平日ダイヤ京田辺発7時47分、土休日ダイヤ奈良発5時39分の各1本が運転。

コメントなし

【JR学研都市線データイムダイヤ】

JR学研都市線データイム下りダイヤ 2013年3月16日改正現在 種別 始発駅 時刻 終着 時刻 所要時分 距離 表定速度 快速 同志社前 11:27 塚口 12:33 1時間06分 49.3km 44.8km/h 普通 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線~普通宝塚行き~

JR学研都市・東西線では朝夜に普通宝塚行きが運転されている。平日ダイヤ四条畷発5時08分、7時17分、松井山手発7時41分、四条畷発23時53分の4本。 土休日ダイヤ四条畷発5時08分、6時13分、23時53分の3本。

コメントなし

JR学研都市線・東西線~普通木津行き~

JR学研都市線、東西線の普通木津行きは早朝に運転されている。平日ダイヤでは京橋発5時10分(当駅始発)、5時34分(宝塚発)、5時53分(尼崎発)、6時11分(新三田発)、6時30分(当駅始発)の5本。土休日ダイヤでは京 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線・東西線~普通塚口行き~

JR学研都市線・東西線の普通塚口行きは早朝、朝ラッシュ時、夜間に運転されている。平日ダイヤで京橋発5時44分、6時25分、6時56分、7時21分、7時42分、8時37分、9時09分、9時36分、21時12分の運転。合計9 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線・東西線~快速新三田行き~

JR学研都市線、東西線の快速新三田行きは朝夕ラッシュ時に運転されている。平日ダイヤで 京橋発7時02分、7時48分、8時04分、8時47分、16時52分、17時53分、18時53分、19時53分、20時53分、21時23 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線・東西線~奈良発快速新三田行き~

JR学研都市線では早朝に奈良始発で快速新三田行きを1本運転している。かつてはその前を走る区間快速とともに207系8両編成で奈良駅に入線して、4両編成に分割されて、前が区間快速、後ろが快速として運転されていた。

コメントなし

JR学研都市線・東西線~普通同志社前行き~

JR学研都市線、東西線ではかつて普通同志社前行きが土休日早朝に2本だけ運転されていた。尼崎発5時38分と6時03分の2本で、これが唯一の普通同志社前行きだった。現在でもJR神戸線で普通同志社前行きとなる電車はあるが、尼崎 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線・東西線・宝塚線~快速篠山口行き~

JR学研都市線・東西線快速篠山口行きは平日、土休日ともに朝夕ラッシュ時に運転されている。平日ダイヤでは京橋発7時25分、8時25分、17時23分、18時23分、19時23分、20時23分の6本が運転。土休日ダイヤでは京橋 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線~普通松井山手行き(京橋発)~

JR学研都市線では早朝に京橋発松井山手行き普通が運転されている。京橋発の場合、学研都市線線内運転となるため、幕に入るラインは学研都市線のイメージカラーである黄緑色のラインとなる。平日ダイヤ京橋発5時27分、5時40分、6 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線・東西線~快速塚口行き~

JR学研都市線、東西線ではデータイムに快速塚口行きが運転されている。2011年3月11日ダイヤ改正以前は宝塚まで運転されていたが、同改正で運用の効率化と大阪発着の快速の増発により塚口止まりの運転となった。京橋発ベースで1 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線~普通京田辺行き~

JR学研都市線普通京田辺行きは早朝と夜間に運転がある。平日ダイヤで京橋発6時42分、7時13分、7時30分、7時48分、20時02分の5本が運転。土休日ダイヤでは京橋発6時25分、20時30分の2本が運転。

コメントなし

JR学研都市線~快速京橋行き~

JR学研都市線では2010年3月13日ダイヤ改正以前に同志社前発23時06分に京橋行き快速が運転されていた。平日も土休日も運転されており、快速としては唯一の京橋行きだった。

コメントなし

JR学研都市線・東西線~快速奈良行き~

JR学研都市線、東西線の快速奈良行きはおおさか東線経由の直通快速とは異なり、学研都市線木津から大和路線に乗り入れて奈良まで運転去れっている。平日ダイヤで尼崎発21時01分、22時15分の2本が運転。いずれもJR宝塚線宝塚 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~普通甲子園口行き~

JR神戸線では普通甲子園口行きが土休日ダイヤ早朝と平日ダイヤ夜間に運転されている。土休日ダイヤ早朝には松井山手発5時03分の東西線直通と京都発5時36分の2本が運転されている。平日夜間の1本は長尾発22時17分で、土休日 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~普通四条畷行き~

JR神戸線からの普通四条畷行きは朝夜に運転されている。平日ダイヤでは西明石発6時32分、7時14分、21時12分、21時32分、21時52分、22時12分の6本が運転。土休日ダイヤでは早朝に甲子園口発6時51分に1本、西 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線・JR東西線・JR学研都市線~普通京田辺行き~

JR神戸線、JR東西線、JR学研都市線の普通京田辺行き。平日西明石発18時31分、尼崎発19時39分で運転されている。土休日の運転はない。JR神戸線からの直通で京田辺行きはこの他、早朝に平日西明石発5時47分、土休日西明 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線、JR東西線、JR学研都市線~普通長尾行き~

JR神戸線、JR東西線、JR学研都市線では普通長尾行きが運転されている。2012年3月17日ダイヤ改正以前は朝ラッシュ時終盤と夜間に1本ある程度だったが、同改正でデータイムの普通が長尾止まりとなったことから本数はかなり増 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~普通放出行き~

JR神戸線では朝ラッシュ時後半と深夜に放出行き普通が運転されている。三ノ宮発ベースで8時04分、8時26分、8時45分、23時37分の4本。朝の3本は平日のみの運転で、23時37分発は土休日も運転がある。

コメントなし

JR学研都市線・東西線~区間快速同志社前行き~

JR学研都市線の区間快速同志社前行き。平日ダイヤに尼崎発22時03分に運転されている。始発は西明石で、西明石から尼崎まで普通同志社前行きとして運転されている。  

コメントなし

JR学研都市線・東西線~区間快速松井山手行き~

JR学研都市線の区間快速松井山手行き。平日ダイヤに尼崎発23時32分に運転されている。始発駅は新三田となっており、尼崎まで普通松井山手行きで運転され、同駅で区間快速に変身する。  

コメントなし

JR学研都市線・東西線~区間快速木津行き~

JR学研都市線区間快速木津行きは平日尼崎発22時34分に1本、土休日尼崎発22時59分に1本が運転されている。平日は新三田始発、土休日は宝塚始発となっている。尼崎まで普通として運転され、尼崎から区間快速に変身する。  

コメントなし

JR学研都市線・東西線~区間快速京田辺行き~

JR学研都市線、東西線では夕方ラッシュ時、夜間に木津方面へ向かう区間快速が運転されている。このうち区間快速京田辺行きは平日ダイヤで18時台、19時台に2本ずつ運転され、23時台にも2本が運転されている。土休日ダイヤでは2 … 続きを読む

コメントなし

JR学研都市線~区間快速西明石行き~

JR学研都市線・東西線では朝夕ラッシュ時を中心に区間快速が運転されている。このうち尼崎からJR神戸線普通となり、西明石まで運転される電車があり、学研都市線内では区間快速西明石行きとして表示されている。京橋で普通西明石行き … 続きを読む

コメントなし