JR琵琶湖線

新快速

【JR琵琶湖線ガイド】

JR琵琶湖線は東海道本線米原~京都間の線路愛称となっている。最近は駅案内などではほとんど愛称名で呼ばれており、一般の利用者には東海道線よりも琵琶湖線や京都線の方が通りが良くなっている。JR琵琶湖線の路線愛称は米原までだが、実際の運転系統は北陸線長浜までがほぼ一体となっているので、ここでは長浜~京都間を一体の路線として取り上げることにする。
琵琶湖線の運転は、ほとんどの電車がJR京都線と直通しており、新快速とJR京都線高槻から快速となる普通の2本立てが基本になっている。新快速はJR京都線神戸線に直通し、姫路や網干、播州赤穂から運転されている。琵琶湖線内は長浜、米原、野洲への運転の他、山科から湖西線に入る近江今津・敦賀方面行き、米原から北陸本線に入り近江塩津、敦賀方面へ運転される系統がある。米原経由近江塩津・敦賀行きは米原で分割併合を行い、米原以北は4両編成で運転されている。新快速は琵琶湖線内でも最高130km/h運転を行う。
普通もJR京都線JR神戸線に乗り入れ、網干、加古川まで運転されている。この普通はJR京都線高槻以西明石まで快速運転を行っている。琵琶湖線内は朝夕を除いて野洲、米原までの運転となっている。朝夕ラッシュ時には長浜直通や安土発着、草津線直通の運転もあり、早朝深夜には長浜~京都間という系統もある。
この他では朝夕にJR京都線の普通(緩行)の一部が草津・野洲まで乗り入れてくる。昼行特急はワイドビューひだが1往復乗り入れてくる。2016年3月26日ダイヤ改正までは、大阪から長野まで直通するワイドビューしなのも乗り入れていたが、大阪~名古屋間が廃止され、JR東海へ直通する特急はワイドビューひだのみとなった。また、2003年6月の改正からは、朝夕に特急びわこエクスプレスの運転、関空特急はるかの米原乗り入れなども実施されている。

東海道本線は当然ながら東京が起点で、神戸が終点の路線のため、本来であれば米原から路線を紹介していかなければならないが、琵琶湖線としての利用者は京都から東の方へ流れる傾向が強いのでここでは京都駅から紹介していくことにする。京都駅は当然ながらJR京都線とスルー構造になっており、大半の電車が直通している。京都駅は0番線、6・7番線が特急列車の発着と湖西・草津線直通電車の発着に使用され、琵琶湖線電車は2・3・4・5番線を使用する。このうち3番線は湖西線普通の発着用、4番線はJR京都線普通の発着用に使用されているので、琵琶湖線電車は通常2・5番線を使用している。なお京都駅の大阪方には折り返し線がないので、京都止まりの電車は京都総合運転所に引き上げていく。

EF65-1135

EF65-1135

京都を出ると複々線のまま東山トンネルに入る。新快速は京都まで外側線を走るが、京都以東ではデータイムの時間帯を中心に内側線を走るようになる。京都以西の内側線は最高速度120km/hになっているが、京都以東は130km/h運転が可能になっている。トンネルを抜けて、かつて有名撮影地だった大築堤を走り、地下から京阪京津線が上がってくるのが見えると山科となる。山科は2面4線の外側に通過線がある構造で、特急や貨物列車は通過線を通過していく。米原方で湖西線を分岐する。同駅では京阪京津線、地下鉄東西線と連絡しているので乗降客はかなり多い。新快速が停車するほか、ラッシュ時運転される特急びわこエクスプレスや関空特急はるかも停車する。山科を出ると高架に上がる湖西線を左手に分けて、滋賀県に入ってから逢坂山トンネルに入る。トンネルを出ると頭上を国道161号線と京阪京津線が越えていき、すぐに大津となる。大津は2面4線の複々線としては単純な構造の駅で、県庁所在地の駅としては寂しい感じがするが、新快速をはじめ特急列車(ひだは除く)も停車し、その点では県庁所在地としての面目を保っている。もっとも乗降客は石山よりも少ない。駅構内には北緯35度線のモニュメントがある。

大津

大津

大津を出ると右手に国道1号線その向こうの山側に名神高速が並行し、左手には京阪石山坂本線が並行して、難読駅名の膳所(ぜぜ)となる。2面4線の他に上下線とも待避線があり、貨物列車が新快速などを待避できるようになっている。米原方面からは大津市の中心市街地浜大津方面へはここで京阪に乗り換えとなる。京阪との乗り換え駅ではあるが、ここは普通しか停まらない。膳所を出ると右カーブして、次に左カーブしながら京阪石山坂本線がオーバークロスすると石山となる。石山は新快速停車駅で乗降も多い。朝夜に運転される特急びわこEXP・はるかも停車する。膳所同様外側線の外側に待避線があり、貨物列車が待避を行う。京阪石山は以前はJR石山から少し離れたところにあったが、JRの駅前に移設されて橋上駅舎化されて人口地盤でJR石山と連絡している。石山を出ると石山寺に向かう京阪と分かれて瀬田川を渡る。瀬田川橋梁は有名撮影地になっており、下り外側線の列車の撮影ができる。瀬田川を渡るときには左手に琵琶湖を望むことができる。瀬田は2面4線で普通しか停まらない駅となっている。膳所、石山と琵琶湖に最接近していたが、瀬田あたりからは琵琶湖と離れて進んでいく。次の南草津はJR発足後に新設された駅で駅前に高層マンションが立ち並んでいる。南草津も2面4線で、近隣に大学のキャンパスができたり、宅地開発が積極的に行われた結果、乗降客数がかなり増えている。2011年3月12日ダイヤ改正から新快速が停車するようになった。南草津を出て天井川の草津川をくぐるとすぐに草津となる。草津は3面6線の構造で、米原方には電留線が並ぶ琵琶湖線の拠点駅である。同駅は草津線が発着しており、朝夕には新快速や普通の発着もあり、朝夜に運転される特急も停車する他、特急ワイドビューひだも停車するようになった。近隣の駅に比べて乗降者数も多く、草津線からの乗り換えも多いので、ホームは終日賑わっている。

EF65-2086

EF65-2086

草津を出ると複々線のまま進むかたちになっているが、これは草津線を分けるところまでで、草津線の下り線(ほとんど使われていない)がオーバークロスして右手に分かれていくと複線となる。栗東は1991年に開業した新しい駅で、2面2線の橋上駅舎で普通しか停まらない駅となっている。栗東市は最近市制化されたが、駅は市内の中心から離れている。近年はマンションが立ち並び京都や大阪のベッドタウンとなっている。栗東を出て守山市に入ると2面2線の守山となる。新快速が停車するほか、朝夜の特急3往復が停車する。かつては京都方面が1面2線の構造になっており、次の野洲が米原方面が1面2線になっているので、上下で整合性をとっていたが、緩急接続が行われることはなかった。2003年まで貨物列車が発着しており、貨物列車の入れ替えや待避を行うための中線だった。守山を出てコンクリートで固められた橋梁で野洲川を渡ると野洲市に入り、2面3線で橋上駅舎の野洲となる。野洲は米原方に野洲電車区(留置のみ)があり、一部の新快速、普通は同駅で折り返す。ここもラッシュ時に特急が3往復停車する。ここまでは琵琶湖線もフリークェンシー運転を行っているといえるが、野洲以東はぐっと本数が減って、データイムは新快速、普通がそれぞれ30分毎の運転となる。

野洲

野洲

野洲を出ると駅間距離がかなり長くなり、特急(ひだは120km/h)や新快速は130km/hで突っ走る。右手には東海道新幹線が並行して走り、新幹線からも琵琶湖線や野洲の電留線が見える。野洲市から近江八幡市に入り、すぐに2面2線の篠原となる。篠原は野洲市と近江八幡市、竜王町の狭間にあり、利用者はあまり多くない。篠原を過ぎると市街地が見えてきて東海道新幹線が離れていき、近江八幡に着く。同駅は2面3線で橋上駅舎を持つ。京都方面行が1面2線となっている。南側からは近江鉄道八日市線も発着している。駅北側には滋賀県の各駅ではお馴染みのスーパー平和堂があり、南側にはそれに対峙するかのようにイオンがある。近江八幡もまたラッシュ時の特急3往復と新快速停車駅となっている。近江八幡を出ると安土桃山時代で一時代を築いた安土となる。安土は2面3線で朝に当駅始発の普通電車の発着がある。安土駅の乗降者は少ないが、近江八幡で輸送量の格差が生じるため、国鉄時代から安土始発の電車が設定されている。安土を出ると右手に安土城の天守閣を模したドーム状の建屋が特徴的な滋賀県立安土城考古博物館を見ながら進み、短いトンネルを抜けて東近江市に入る。しばらく走って新快速停車駅の能登川となる。このあたりは駅間距離がかなり長い。能登川も2面3線の構造で、米原方面ホームが1面2線となっている。同駅には朝夜に運転される特急は停車しない。駅前には平和堂系スーパーフレンドマートがある。能登川を出ると愛知川を渡り彦根市に入り、2面2線の稲枝となる。聖泉大学や各種工場が駅の周りにあるが利用者は少ない。この辺りでは自動車交通が主体となっている。次の河瀬は2面3線の橋上駅舎で、比較的乗降が多いが、新快速は通過する。ここも駅周辺に工場が点在しているが、それにしては利用者は少ない。土地があるので、広大な駐車場を持つ工場が多く、通勤にも電車の利用は少ないものと思われる。次の南彦根は国鉄時代の1981年に開業した駅で2面2線の橋上駅舎となっている。2面4線化も考慮された構造になっているが、今のところ駅拡張の計画はない。利用者数は比較的多いが、新快速が停まらないので、近江八幡あるいは能登川まで普通に乗らなければならない。単線の近江鉄道本線が並行して、しばらく3線のまま走り彦根に着く。彦根は2面2線の単純な構造の駅だが、新快速停車駅で湖東の中心地でもある。上下線の間に中線があり、貨物列車の待避などに使用されることがある。駅の西側には市役所やひこにゃんで一躍全国区の人気となった彦根城があり、琵琶湖にも近い。東側には近江鉄道の隣接しており、同鉄道の車庫が広がっている。彦根を出ると近江鉄道と分かれて進み、短いトンネルを抜けて米原市に入ると右手から新幹線が近づいてきて、貨物ターミナルを抜けると米原となる。米原は3面6線の構造で、これに加えて新幹線のホームがあり、さらに少し離れたところに近江鉄道の米原駅がある。2、8番線がJR東海電車の発着と名古屋方面へのスルー電車の通過発着に使用され、琵琶湖線電車、長浜・敦賀方面直通は3、7番線が使用されている。5、6番線は北陸線電車の発着に使用している。米原駅は2009年3月21日に橋上駅舎化された。これにより東西を結ぶ自由通路も設けられている。

米原

米原

米原はJR琵琶湖線、東海道本線名古屋方面と接続、東海道新幹線と連絡している。北陸線電車は3、5、6、7番線のいずれかから発着している。米原を出ると名古屋方面に向かう東海道本線が右手に分かれていき、JR琵琶湖線の電留線を見ながら北陸本線は左にカーブして東海道新幹線の下をくぐり、そのまま真っ直ぐ北上する。坂田は2面2線で、かつては米原方に交直のデッドセクションがあった。坂田を出ると田園風景が広がり、左手に琵琶湖が見えてくる。このあたりは線路が真っ直ぐ延びていて特急は120km/hで飛ばす。左手に長浜ドームが見えて長浜市に入ると2面2線の田村となる。同駅は国鉄時代客車列車が機関車の交換を行っていたので、構内は広い。現在は側線が撤去されて殺風景な構内になっている。バイオ大学を見ながら田村を出ると再び田園風景の中を行く。やや左にカーブして琵琶湖岸を走り、長浜の市街地が見えてきて、左手にD51の姿が見える旧長浜駅舎が見えると2面4線の長浜となる。長浜は駅本屋がある1番線には特急が停車し、2番線には北陸線敦賀方面行の下り列車、切り欠きホームの3番線からは長浜始終着の敦賀方面行きが発着している。4番線は京阪神方面への新快速と北陸本線下り列車が発着している。長浜駅前にはアルプラザなどがあり湖東地区で一番賑やかになっている。なお2003年7月に旧長浜駅舎内に北陸線電化記念館が開業している。北陸本線長浜~敦賀間の直流電化が完成した2006年10月21日ダイヤ改正より現在の新ホーム及び橋上駅舎が使用されている。それ以前は2面3線の地上駅だった。

【EF65-1000番台】

EF65-1000番台、2000番台は国鉄時代に製造された旅客貨物両用の直流電気機関車。貨物機として製造された0番台、旅客用と貨物用に分けられて製造された500番台の後継として旅客貨物両用として1000番台が製造された。 … 続きを読む

コメントなし

【EF65-2000】

JR貨物所属のEF65-1000番台は2012年5月から旅客会社所属車との区別のため、1000を足した2000番台に改番された。新鶴見機関区に集中配置されており、2014年12月現在、24機が存在している。首都圏の貨物牽 … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸線〜201系普通〜

201系は関西地区では国鉄時代に京阪神緩行線に投入され、長らく同線にて活躍を続けてきた。7両編成で投入され、車体塗装はブルーになっていた。国鉄時代は中央線のオレンジ色、中央総武緩行線のウグイス色と並んで201系では唯一無 … 続きを読む

コメントなし

JR東海道本線〜寝台急行銀河〜

 寝台急行銀河は東京~大阪間を結ぶ列車で、JR発足時点では唯一の寝台専用急行列車だった。1986年11月1日ダイヤ改正で、14系14形から24系25形に置き換わり、この形でJR発足を迎えた。24系25形を使用しながら、オ … 続きを読む

コメントなし

JR貨物~M250系スーパーレールカーゴ~

スーパーレールカーゴM250系は2002年10月に第一編成が落成し、2004年3月13日ダイヤ改正から東京貨物ターミナル~安治川口間にて営業運転を開始した。M250系はJR貨物初の貨物電車で4M12Tの16両編成で運転さ … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸線〜205系普通〜

JR京都線、神戸線の緩行線では国鉄末期に投入された205系7両編成が4本活躍していた。201系と共通で運用されていたが、その後増備されることはなく、関西地区では阪和線の1000番台とともに少数派のまま終わっている。321 … 続きを読む

コメントなし

JR貨物~EF66-100番台~

EF66-100番台はJR発足後、貨物列車増発のために増備された。基本仕様は0番台と同様だったが、外観は大きく変わり、0番台とは別物のデザインとなった。塗装はJR貨物の標準となるライトブルーとライトグレーの塗り分けとなっ … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第268回~JR琵琶湖線・近江鉄道八日市線近江八幡駅~】

~近江商人で有名な商業都市の中心駅~ JR琵琶湖線、近江鉄道八日市線近江八幡駅は滋賀県近江八幡市にある。JR琵琶湖線と近江鉄道八日市線の構内は分かれており、改札は個別に設置されている。JRの方は、新快速停車駅となっており … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第205回~JR琵琶湖線彦根駅~

~がちゃんこ近江鉄道に出会いひこにゃんがいるお城を望む駅~ JR琵琶湖線彦根駅は滋賀県彦根市にある。近江鉄道本線と連絡しており、東口には近江鉄道の車庫が広がっている。西口からは彦根城を望むことができる。彦根城にいるゆるキ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第171回~JR琵琶湖線南草津駅~

~急成長の新興駅は、新快速停車で草津追い抜き体制に入った!~ JR琵琶湖線南草津駅は、滋賀県草津市にある。1994年9月4日に開業した比較的新しい駅で、計画当初は野路駅という駅名だった。立命館大学びわこ・くさつキャンパス … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第146回~JR琵琶湖線野洲駅~

~野洲町から野洲市へと発展した街とともに発展してきた駅~ JR琵琶湖線野洲駅は、滋賀県野洲市にある。野洲町から野洲市へと発展した都市とともに駅の方も発展してきた。新快速停車駅になったことはもちろん、現在は朝夕ラッシュ時に … 続きを読む

コメントなし

急行ちくま変遷

  急行ちくまは1961年10月1日ダイヤ改正で大阪~長野間の急行として新設された。それまでは準急だったので同改正で格上げされての急行ちくま誕生であった。当初は昼行1往復の運転であった。 1966年3月29日ダ … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷7

7.停滞期に入る2008年以降 2008年10月18日にJR京都線西大路~向日町間に桂川駅が開業した。これまでの新駅と同様に内側線のみに島式ホームが設けられた。快速が停車する為、ホームは12両対応となっている。同駅新設に … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷6

6.アーバンネットワーク失速~福知山線事故・ゆとりダイヤ実施~ 2005年3月1日ダイヤ改正ではデータイムの新快速のうち毎時1本を姫路以西播州赤穂まで延長運転するようになった。同時に山陽本線普通の運行体系を変更して、姫路 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷5

5.アーバンネットワークビックアップ計画 1999年度にはアーバンネットワークビックアップ計画として新快速の130km/h運転化などの計画が推進されていった。第1弾として朝ラッシュ時における新快速の130km/h運転化を … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷4

4.JR東西線開業~1997年3月8日ダイヤ改正~ 1997年3月8日にJR東西線が開業した。本線系統のダイヤも大きく変わり、新快速・快速が尼崎に停車するようになり、本線から東西線方面への連絡強化を図っている。また、新快 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷3

3.阪神淡路大震災発生~1994年3月1日ダイヤ改正~1997年3月8日東西線開業まで 1994年3月1日ダイヤ改正では新快速のダイヤには特に変更はなく、目新しいところでJR京都線・JR神戸線の普通、俗に言われる京阪神緩 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷2

2.JR西日本発足1987年4月1日~1993年 国鉄最後のダイヤ改正で眠れる獅子がいよいよ起きたということで、並行私鉄に影響を与え始めてきたが、これはほんの序章であり、国鉄=JR西日本の本当の反撃はJR発足後の1989 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・神戸線・琵琶湖線ダイヤ変遷

1国鉄最後のダイヤ改正~1987年3月31日 国鉄末期の新快速は117系6両編成を使用し、彦根・草津・堅田・京都~西明石・姫路間で15分毎の運転となっていた。今のように姫路まで15分毎の運転ではなく、半数が西明石折り返し … 続きを読む

コメントなし

【関空特急はるか改善案】

先日提案した有料新快速では、281系を使用するとした。その281系を有料新快速に回すために、関空特急はるか用の新型車両が必要である。海外からの旅行者が増え、関空利用が盛り返したことにより、関空特急はるかの利用者も増えてき … 続きを読む

コメントなし

【有料新快速を考える】

昨今首都圏を中心に有料列車が増加している。関西でも京阪が特急にプレミアムシートを導入する計画で、今後他社にも広がっていくか注目されるところだ。JR西日本の新快速も以前より、グリーン車の連結などの噂があったが、色々問題があ … 続きを読む

コメントなし

【JR貨物EF210(吹田)】

EF210は1996年から製造されたJR貨物の直流電気機関車。老朽化したEF65の置き換え用として岡山機関区に投入された。1990年に登場したEF200に続く新型貨物用機関車で、パワーを持て余していたEF200よりスペッ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第68回~JR琵琶湖線能登川駅~

  JR琵琶湖線能登川駅は、東近江市にある。新快速停車駅だが、特急びわこエクスプレス、関空特急はるかは通過する。  構内はホーム2面3線の橋上駅舎になっている。また、中線もあり、貨物列車の待避ができる構造にもな … 続きを読む

コメントなし

JR琵琶湖線夜間ダイヤ

 JR琵琶湖線の20時台以降のダイヤは、京都発20時台から22時台は15分サイクル、23時台、0時台は20分サイクルでの運転となっている。20時台には新快速が長浜行き2本、野洲行き2本の運転で、普通は大垣行き1本、米原行 … 続きを読む

コメントなし

【JR琵琶湖線夕方ラッシュ時ダイヤ】

JR琵琶湖線の夕方ラッシュ時ダイヤは15~30分サイクルで運転されている。上り京都発18時台には新快速4本、普通5本が運転されている。新快速は敦賀(米原経由)、長浜、野洲、草津へ各1本運転されている。普通は大垣へ1本、米 … 続きを読む

コメントなし

JR琵琶湖線~特急びわこエクスプレス2号~

JR琵琶湖線では2014年3月15日ダイヤ改正で、特急びわこエクスプレスは上り1本が増発された。従来は大阪〜米原間に1往復の運転だったが、大阪〜草津間に上り1本が新設された。特急はまかぜ6号の間合い運用で、キハ189系3 … 続きを読む

コメントなし

【JR西日本225系0番台】

JR西日本225系0番台は2010年に誕生した223系1000番台、2000番台の後継車種。本線の新快速、快速用に0番台、阪和線、関西空港線の関空紀州路快速用に5000番台が投入され、0番台は新快速で使用するため、最高速 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第28回〜JR琵琶湖線安土駅〜

1.安土駅概要 JR琵琶湖線安土駅は滋賀県近江八幡市安土町にある。織田信長が築城した安土城跡がある町の玄関口となっている。駅前には織田信長の銅像があり、町のあちこちに安土城の天守閣を模した建物がある。   2. … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線〜快速西明石行き〜

JR神戸線快速西明石行きは平日ダイヤに米原発7時20分に1本だけ運転されている。土休日の運転はない。かつては最終の快速が西明石行きだったが、新快速に置き換わったため、平日朝ラッシュ時後に見られるのみとなった。

コメントなし

JR西日本・JR四国~サンライズ瀬戸~

サンライズ瀬戸・出雲は1998年7月に従来のブルートレインを置き換え誕生した電車寝台特急。サンライズ瀬戸は東京〜高松間、サンライズ出雲は東京〜出雲市間の運転で、寝台特急瀬戸、寝台特急出雲2・3号を置き換えで、運転を開始し … 続きを読む

コメントなし

【JR琵琶湖線~朝ラッシュ時ダイヤ】

JR琵琶湖線では平日朝ラッシュ時京都着7時台に13本、同8時台に13本が運転されている。草津線から京都へ直通する普通を除いて、列車は全て京都から先大阪方面へ直通する。山科〜京都間では湖西線が乗り入れてくるため、増発がまま … 続きを読む

コメントなし

【JR琵琶湖線データイムダイヤ】

JR琵琶湖線データイムダイヤは60分サイクルで運転されている。実際には湖西線直通の新快速が存在するため、60分パターンになっているだけで、JR京都高槻以東とダイヤはほぼ同じとなっている。新快速は近江塩津から米原経由で1本 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線〜新快速大阪行き〜

JR京都線では土休日ダイヤ朝に大阪行き新快速を1本運転している。敦賀発6時02分の運転で京都まで快速、京都から新快速に変身して大阪まで運転されている。変身前の列車はこちらを参照。

コメントなし

JR京都線・琵琶湖線~普通野洲行き~

JR京都線、琵琶湖線では2013年3月16日ダイヤ改正以前に4ドア通勤型による普通野洲行きが平日ダイヤで運転されていた。西明石発5時20分、大阪発6時28分のダイヤで運転されていた。土休日には運転はなかった。

コメントなし

JR琵琶湖線〜新快速南草津停車〜

JR琵琶湖線では2011年3月12日ダイヤ改正から南草津に新快速が停車している。朝夕ラッシュ時も含めて終日停車している。南草津駅は1994年に開業した比較的新しい駅だが、付近の開発のスピードは物凄く、今では滋賀県内で有数 … 続きを読む

コメントなし

JR琵琶湖線~普通草津発西明石行き~

JR琵琶湖線では深夜時間帯に4扉通勤型使用の普通が草津〜西明石間で1本運転されていた。平日ダイヤのみの運転で、草津発21時11分の西明石行きで、2013年3月16日ダイヤ改正まで運転されていた。

コメントなし

JR京都・琵琶湖線〜びわこライナー〜

JR京都線、琵琶湖線で運転されていたびわこライナー。大阪~米原間で運転されていたホームライナーで米原発大阪行きは朝、大阪発米原行きは夜に運転されていた。JR発足後の1987年10月に運転を開始した。当初は臨時列車だったが … 続きを読む

コメントなし

JR京都・神戸・琵琶湖線〜リバイバル新快速〜

2004年10月10日に運転されたリバイバル新快速。新快速で使用されていた113系と117系で運転された。113系が大阪発10時57分〜京都着11時25分、京都発12時22分〜西明石着13時31分、西明石発14時11分〜 … 続きを読む

コメントなし

JR琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線~普通草津行き~

JR神戸、京都、琵琶湖線では列車番号末尾にCが付くC電と呼ばれる緩行電車が運転されている。通常緩行電車はJR京都線の京都か高槻からの運転で琵琶湖線には乗り入れしない。しかし、平日ラッシュ時限定で草津まで足を延ばす電車があ … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線・JR京都線~快速上郡行き~

JR神戸線、JR京都線、JR琵琶湖線では快速上郡行きを夜間に2本運転している。平日ダイヤ、土休日ダイヤともに米原発19時29分、20時34分の2本。大阪発は21時26分と22時26分となっている。終点上郡には23時28分 … 続きを読む

コメントなし

JR琵琶湖線・JR草津線~普通柘植行き~

JR琵琶湖線、草津線では朝夕ラッシュ時に京都~柘植間に普通電車を運転している。朝ラッシュ時は柘植発京都行きが平日、土休日ともに3本、夕方ラッシュ時と夜間に3本が運転されている。京都発柘植行きが平日、土休日ともに夕方に5本 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~特急はるか3・9・13・38・42号~

関空特急はるかは京都~関西空港間の運転が基本だが、朝の下りと夜の上りには草津、米原まで足を延ばす列車がある。JR琵琶湖線沿線から関西空港へのアクセスのために設定されている意味合いと朝夜の通勤特急としての二面性の役割を持っ … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~快速併結運転~

JR琵琶湖線では平日朝ラッシュ時に野洲始発の727Mと草津線柘植始発の5327Mが草津で併結して大阪へ向かっていた。2013年3月16日ダイヤ改正で草津線柘植からの単独運転となったため琵琶湖線からの列車と草津線からの列車 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~特急びわこエクスプレス~

特急びわこエクスプレスは2003年6月1日のダイヤ改正でホームライナーだったびわこライナーを置き換える形で誕生した。大阪~米原間に1往復の運転で、通勤特急のため大阪行きは朝ラッシュ時前に、米原行きは大阪発21時37分の夜 … 続きを読む

コメントなし

JR神戸線~新快速上郡行き~

JR神戸線、JR京都線、JR琵琶湖線の新快速上郡行きは大阪発21時00分に1本運転されている。平日、土休日とも運転があり、草津発の運転となっている。新快速が上郡に乗り入れるのはこの1本と朝の上郡始発が2本あるのみだ。

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~快速大垣行き~

JR京都線、JR琵琶湖線では夕方ラッシュ時に大垣行きが大阪発17時台に1本、18時台に1本、20時台に1本が運転されている。また、この折り返しで翌朝に大垣発が運転されている。大垣発5時56分、6時24分、6時55分の3本 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線~最終快速大阪行き~

JR京都線下りの最終の快速は大阪行きで運転されている。平日、土休日とも米原発22時03分で、京都発は23時23分、大阪着0時04分となっている。5分後に姫路行き新快速があり、途中で追い抜かれる。さらにその後に最終の新快速 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~特急しなの~

JR京都線、JR琵琶湖線では特急しなの1往復がJR東海から乗り入れてきている。大阪~長野間の運転で、大阪発は8時57分、大阪着は19時18分で運転されている。JR京都線、JR琵琶湖線内の停車駅は大阪から新大阪、京都、米原 … 続きを読む

コメントなし

JR京都線・JR琵琶湖線~特急ひだ~

JR京都線、JR琵琶湖線では特急ひだが1往復が大阪~高山間で運転されている。これはかつての急行たかやまを格上げしたもので、特急しなのとともにJR東海エリアから乗り入れる特急列車である。キハ85系3両編成が使用され、高山方 … 続きを読む

コメントなし