阪急宝塚本線

6006F

6006F

【阪急宝塚本線ガイド】

阪急宝塚本線は梅田と宝塚を結ぶ23.3kmの全線複線電化鉄道である。軌間1435㎜、直流1500Vの規格は阪急の他線と同じである。線内運転の他、石橋から箕面線に直通して箕面まで運転される系統、川西能勢口から能勢電に乗り入れ、日生中央まで運転される日生エクスプレスなどもあり、短い路線ながらバラエティに富んだ運転系統を持つ。列車種別は、急行、普通が中心で、データイムダイヤは2006年10月28日改正から急行、普通の2本立ての運転となっている。この他にラッシュ時に運転される能勢電直通の日生エクスプレス、通勤急行、通勤準急、準急などがある。2003年8月改正までデータイムには特急が、朝ラッシュ時には通勤特急があったが、現在は日生エクスプレス以外の特急はなくなってしまっている。また、2006年10月改正以前は快速急行も運転されていた。


梅田は神戸本線、京都本線とともに一大ターミナルを築いており、昔から関西私鉄を代表する駅となっている。JR大阪駅に隣接しており、JR各線(JR京都、神戸、環状線)、地下鉄各線(御堂筋、谷町、四つ橋線)、阪神本線と連絡している。このうち地下鉄との連絡では四つ橋線西梅田はかなり離れている。梅田〜十三間の重複乗車は認められていないので、阪急各線との乗り換えは十三で行うのが基本となっている。梅田駅は他線同様3面3線を使用している。宝塚線は4号線、5号線、6号線から発着している。昼間は急行が4号線、普通が5号線を使用し、6号線は使用されていない。夕方ラッシュ時に運転される日生エクスプレスや箕面行の普通は6号線から発車している。梅田を出ると右手に阪急本社ビルや茶屋町のビル群を見通勤特急梅田ながら左カーブして、JR梅田
貨物線をアンダーパスして中津となる。周辺には梅田貨物駅があったが、北ヤード開発により、貨物駅は撤去され、今後北ヤードの二期工事が進められる。中津を出ると左手に梅田スカイビルを見ながら進み、新淀川を渡り十三となる。十三は先述したとおり神戸線、京都線との乗り換え駅である。ホームは乗り換え客で終日混雑している。宝塚方面下りホームは神戸本線上り線と共用しており、宝塚方はホームがかなり広くなっている。このホーム上には阪急そばやマクドなどの店舗がひしめいている。


十三を出ると高架線を駆け上がり、JR北方貨物線をアンダーパスして、その頭上を山陽新幹線がオーバークロスする。さらに高架線を進み、一段高い高架へと駆け上がると1面2線の三国となる。このあたりは高架化で線形が改良されて、最高速度が100km/hに引き上げられている。三国を出て神崎川を渡り豊中市に入る。国道176号線をアンダーパスして右カーブすると2面4線の庄内に着く。同駅では普通が特急や急行を待避していたが、2003年8月の改正で昼間の普通は雲雀丘花屋敷まで先着するダイヤになったので、庄内待避は少なくなっている。庄内を出るとしばらく真っ直ぐに進み、名神高速道路、西宮豊中線の下をくぐり2面2線の服部天神となる。同駅は2013年12月20日までは服部駅だったが、翌21日から服部天神に改称された。服部緑地公園への最寄り駅になるが、少し離れている。同公園へは北大阪急行の緑地公園の方が近い。服部を出て左に急カーブして、右手に豊中ローズ球場を見て高架線を駆け上がり右カーブしながら2面4線の曽根となる。同駅での待避はラッシュ時を除いてないが、宝塚方には折り返し線もある。曽根駅が過剰なほど立派な設備を備えているのはかつての壮大な計画の夢の跡と思われる。
日生エクスプレス曽根を出て高架線を進むと1面2線の岡町、そしてさらに豊中市内を高架線で進むと同じく1面2線の豊中となる。この辺りは1997年11月に高架化された比較的新しい高架線である。豊中は日生エクスプレスこそ停まらないが、通勤急行以下の優等列車停車駅で、かつての特急も停車していた。宝塚方には折り返し線があり、同駅折り返しの普通電車もラッシュ時には数多く設定されている。高架化されて見晴らしが良くなり、北西方向に遠く大阪空港を望むことができるようになった。豊中を出て高架の折り返し線を中央に挟んで、本線は地上に下りていく。右に左にカーブしながら進み、左手から大阪空港からのモノレールが近づいてくると2面2線の蛍池となる。同駅は大阪空港から近く、モノレールやバスへの乗換えが必要だが、大阪空港へのアクセスとして機能している。2003年8月のダイヤ改正から急行、通勤準急の停車駅となっている。なお、朝ラッシュ時に運転される通勤急行は10両運転を行うこともあり、同駅には停まらない。蛍池を出るとしばらくモノレールと並行して走り、中国自動車道、中央環状線の高架が見えてくるとモノレールは右に分かれて行き、千里中央方面へ向かう。宝塚線は真っ直ぐ進み、国道171号線の高架がオーバークロスすると箕面線への分岐線が分かれて石橋となる。石橋は2面2線の構造に箕面線専用のホームが3面3線ある。宝塚本線の1・2号線はホームが宝塚方で急カーブしている。上り梅田方面は箕面線折り返し線とホーム上で乗換えができる。箕面線直通は直通用の3号線、4号線ホームに発着する。3・4号線も箕面線と合流するため、ホームは急カーブしている。箕面線折り返し用ホームは5号線となっており、宝塚本線2号線、3号線ホームと共用しており、ホームはかなり広い。十三や塚口などと同様に構内に阪急そばや喫茶店、コンビニがあり、駅ナカブームになる前からホーム内に店舗があった。石橋は日生エクスプレス以下全ての電車が停車する。


石橋を出ると高架線を駆け上がり、国道171号線をアンダーパスして、古い高架線をしばらく直線で進む。この辺りは昔から宝塚本線では数少ない“飛ばせる”区間となっている。次の池田は1面2線の高架駅で、1986年4月に高架化された。2003年8月のダイヤ改正から日生エクスプレスも停車するようになり、宝塚線の全ての電車が停車する駅となった。宝塚方に折り返し線があるが、最近は池田折り返しの電車は少なくなっている。池田を出ると右手にかつての車庫跡に造られたゴルフ練習場を見て高架線のまま真っ直ぐ進んでいく。猪名川を渡り兵庫県川西市に入り、阪神高速池田線の高架がオーバークロスして右手から能勢電の高架線が急カーブで近づいてくると川西能勢口となる。同駅は3面5線の高架駅で、宝塚線が2面3線、能勢電が2面2線を使用している。能勢電とは改札も共用しており、朝夕ラッシュ時には日生エクスプレスが直通運転を行っている。1992年12月に宝塚本線上下線の高架化が完了し、1997年11月に全ての高架工事が完了し、日生エクスプレスの運転を開始した。JR川西池田と連絡通路で結ばれており、少し歩かなければならないが連絡しているといえる。梅田方には引上げ線があり、ラッシュ時に増結車が待機するのに使用されている。日生エクスプレスは朝ラッシュ時のみ川西能勢口で2両増結して、川西能勢口〜梅田間で10両運転を行う。川西能勢口を出ると地上線となり、高台を曲がりくねりながら進み2面4線の雲雀丘花屋敷となる。同駅の宝塚方には高架の平井車庫が広がっており、同駅折り返しの普通電車が多く設定されている。また、朝ラッシュ時には10両運転を行う通勤急行の増解結作業が同駅で行われる。改札口は宝塚方と川西能勢口方にあり、このほか、雲雀丘学園専用の臨時改札がある。雲雀丘花屋敷から宝塚市に入り、左手に平井車庫への線路が分かれていき、目下にJR宝塚線の線路を見て西に向けて進む。次の山本は特急停車駅だったが、川西能勢口以西への特急は廃止されてしまった。北側に広がる山手台などの住宅地の最寄り駅になっている。このあたりは国道176号線、JR宝塚線と並行しているが、JR宝塚線には中山寺以外に駅はない。


次の中山観音は中山寺への最寄り駅で、2013年12月21日に中山から中山観音へと改称された。かつては正月などに臨時特急が停車することもあったが、今は臨時特急の運転自体がなくなっている。JR中山寺は国道176号線を挟んで約500mほどのところにある。JR中山寺には2003年12月のダイヤ改正から快速が停車している。このあたりは有名な社寺が続き、売布神社、清荒神なども正月などには賑わっている。売布神社は対向ホーム2面2線で、駅周辺は閑静な住宅街が広がっている。次の清荒神も対向ホーム2面2線で、荒神さんとして親しまれている清荒神清澄寺への最寄駅となっている。清荒神清澄寺はかまど神の一種で火を取り扱う台所などの安全祈願に訪れる人が多く、正月などは特に賑わう。阪急清荒神駅から清澄寺へは徒歩20分ぐらいかかる。清荒神を出るとJR宝塚線をアンダーパスして今津線の高架線が近づいてくると終点の宝塚となる。宝塚は2面4線の構造で、頭端部ではホームがつながっている。1994年10月に高架化がかんせいした。1997年11月ダイヤ改正から通常データイムは今津線電車とホームトゥホームで乗り換えられるように1面2線のみを使用している。JR宝塚駅とは至近距離にあり、連絡通路で結ばれている。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【阪急8000系】

阪急8000系は1988年に登場した神戸本線、宝塚本線用の通勤型車両。阪急標準の3扉ロングシート車で、車体は7000系と同様にアルミ製となった。制御方式はGTO素子によるVVVFインバータ制御となった。制御器1台で4基の … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第227回~阪急宝塚線服部天神駅~】

~服部天神の御神木が見守る駅~ 阪急宝塚本線服部天神駅は大阪府豊中市にある。1910年3月10日に箕面有馬電気軌道の駅として開業した歴史ある駅である。開業当初は今と同じ服部天神駅だったが、後に服部駅に改称され、2013年 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第158回~阪急宝塚本線・箕面線石橋駅~

~阪急創成期からの歴史を持つ路面電車的な分岐がある駅~  阪急宝塚本線石橋駅は、大阪府池田市にある。池田市の中心駅は隣の池田になるが、石橋では箕面線を分岐しており、同線との乗り換え客も多く、ホームは終日賑わっている。 石 … 続きを読む

コメントなし

阪急十三駅

  十三駅は阪急電鉄の主要3路線が集まる一大結節駅である。1日の乗降は阪急全体で5位になっているが、乗り換え客が多くホームは終日混み合っている。構内は4面6線で、西側の神戸本線下り線から1号線となっており、京都 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線臨時列車~臨時嵐山行き~

現在の直通特急の前身とも言える臨時列車は宝塚本線からも運転されていた。当初梅田折り返しで運転されていた時の話で、神戸本線からの臨時列車も梅田駅6号線で折り返すダイヤが組まれていた。

コメントなし

阪急宝塚本線臨時列車~臨時特急~

現在運転はなくなったが、かつては正月の臨時ダイヤで梅田~宝塚間に臨時特急が運転されていた。停車駅は十三、石橋、川西能勢口、中山、清荒神となっており、通常運転されていた特急とは停車駅が異なっていた。

コメントなし

阪急宝塚本線臨時列車~臨時箕面行き~

2009年春に運転された梅田から直通の臨時箕面行き。この当時、阪急では行楽シーズンの臨時列車を試行的な意味も含めて運転を始めていた。種別はなく、臨時の幕による運転は箕面線だけでなく、本線系統も含めてほぼこの時期に運転され … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線臨時列車~臨時日生エクスプレス~

 阪急宝塚本線では行楽時期に臨時の日生エクスプレスを運転している。午前中に上り2本を運転しており、十三で快速特急京とれいん、直通特急嵐山行きに連絡している。 日生中央906→945十三→949梅田 日生中央1006→10 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線朝ラッシュ時雲雀丘花屋敷駅

【通勤急行増結】  同駅初7時19分、36分、51分の3本は梅田方に2両連結して10両編成で運転されている。2両増結編成が先に入線し、宝塚からの基本編成8両を連結する。宝塚本線の10連運転は日生エクスプレス、通勤急行のみ … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線川西能勢口駅

川西能勢口駅はホーム3面5線で2面3線を阪急宝塚本線が使用し、2面2線を能勢電妙見線が使用している。1号線が阪急宝塚本線下り線、2号線が阪急宝塚本線上り線、3号線が阪急宝塚本線上り線、4・5号線が能勢電妙見線が使用してい … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第100回~阪急神戸本線・宝塚本線・京都本線梅田駅~

~関西いや日本有数の巨大私鉄ターミナル~ 阪急梅田駅は大阪市北区にある神戸本線、宝塚本線、京都本線が集まる阪急最大のターミナル駅である。阪急の枠を越えて私鉄最大級のターミナルとも言われる。ホーム10面9線を有し、京都本線 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線~準急雲雀丘花屋敷行き~

 阪急宝塚本線では2015年3月22日ダイヤ改正で朝ラッシュ時後の入庫を兼ねて2本が新設された。これまでは通勤急行雲雀丘花屋敷行きが運転されていたが、通勤急行の廃止、10連運転の縮小などにより今回準急雲雀丘花屋敷行きが新 … 続きを読む

コメントなし

【阪急1000系】

阪急1000系は2013年に新造された車両で神戸本線、宝塚本線で運用されている。2013年11月28日に第一編成である1000Fが神戸本線で営業運転を開始した。12月25日には第二編成である1001Fが宝塚本線で営業運転 … 続きを読む

コメントなし

【阪急6000系】

阪急6000系は1976年に登場した通勤型車両。神宝線用として登場した。電装品は5100系を踏襲する抵抗制御車で、外観は先に登場した2200系を踏襲した新しい通勤型のタイプとなった。先頭車には6300系と同様に阪急のイニ … 続きを読む

コメントなし

【阪急3000系】

会社名 阪急電鉄 形式 3000系 使用線区 神戸本線・今津線・伊丹線・宝塚本線・箕面線 制御方式 抵抗制御 主電動機 直流直巻電動機 定格170kW ブレーキ 電磁直通ブレーキ・発電ブレーキ 台車 S型ミンデンFS34 … 続きを読む

コメントなし

【阪急5100系】

阪急5100系は1971年から製造された宝塚本線系統用の電車。神戸本線に投入された直流電圧1500V仕様の5000系、冷房車の試作として製造された5200系の技術を継承し、5100系は直流電圧1500V、冷房車として製造 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線〜準急箕面行き〜

 阪急宝塚本線では2015年3月21日のダイヤ改正で、通勤準急を準急と統合した。これにより準急箕面行きが復活した。平日ダイヤで、梅田発7時27分、37分、59分の3本が運転。

コメントなし

【阪急9000系】

阪急9000系は06年に登場した神宝線の新しい形式で、06年7月31日に9000Fが神戸線で営業運転を開始している。03年に登場した京都線用の9300系と同様の外観を持つが、室内がオールロングシートとなり、側窓の寸法も9 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第34回~阪急神戸線・宝塚線中津駅~

1.中津駅概要 阪急神戸本線、宝塚本線の中津駅は梅田~十三間にある。同区間では京都本線も並行して走っているが、京都本線にはホームはない。ホーム有効長は8両分あるが、両線ともホーム幅は非常に狭い。JR東海道貨物線が近くを走 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線〜通勤特急梅田行き〜

 阪急宝塚本線通勤特急梅田行きは2015年3月21日ダイヤ改正で新設された。平日朝ラッシュ時のみの運転で、川西能勢口〜梅田間の運転となっている。10両編成での運転で、それまでの10両運転されていた日生エクスプレスや通勤急 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第21回~阪急宝塚本線中山観音駅~

1.中山観音駅概要 中山観音駅は阪急宝塚本線の駅で、2013年12月21日に中山駅から現駅名に改称された。急行停車駅で、かつて運転されていた特急は通過していたが、臨時特急は停車していた。 2.中山観音駅周辺 中山寺(中山 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線~普通梅田行き(川西能勢口始発)~

阪急宝塚本線川西能勢口発普通梅田行きは夜間に運転されている。平日ダイヤ川西能勢口発19時35分、19時54分、20時05分、20時25分、20時56分、21時06分の6本が運転。日生エクスプレスの回送を活用しているため、 … 続きを読む

コメントなし

阪急箕面線~普通梅田行き~

阪急箕面線普通梅田行きは平日朝夕に運転されている。朝は箕面発6時20分、6時45分、8時18分の3本。夕方は箕面発18時33分、18時54分、19時14分、19時32分、19時54分の5本が運転。土休日には運転はない。

コメントなし

阪急宝塚本線〜普通池田行き〜

阪急宝塚本線では夕方ラッシュ時終盤に普通池田行きを運転している。平日ダイヤ梅田発20時26分の1本のみの運転で、土休日ダイヤでは梅田発池田行き普通の運転はない。

コメントなし

【阪急宝塚本線データイムダイヤ】

阪急宝塚線2006年10月28日改正現在のデータイムダイヤは10分サイクルに急行、普通が各1本の運転となっている。同改正前は快速急行と普通が10分毎の運転となっていたが、快速急行が急行化された。急行は梅田~宝塚間の運転で … 続きを読む

コメントなし

【阪急宝塚本線朝ラッシュ時ダイヤ】

阪急宝塚線の朝ラッシュ時ダイヤは2003年8月30日のダイヤ改正により大幅に変更され、16分サイクルに日生エクスプレス、通勤急行、通勤準急、準急が各1本、普通が2本のダイヤとなっている。それまでのダイヤは15分サイクルに … 続きを読む

コメントなし

【阪急宝塚本線夕方ラッシュ時ダイヤ】

阪急宝塚本線梅田発16時台はデータイムダイヤと同様10分サイクルに宝塚行きの急行と雲雀丘花屋敷行き普通が各1本の運転となっている。ダイヤパターンも同様だが、急行の所要時分はデータイムより2分遅い35分となっている。なお、 … 続きを読む

コメントなし

【阪急宝塚本線夜間ダイヤ】

阪急宝塚線の20時以降のダイヤは下り梅田発で、20時台は20分サイクルで運転されている。20時台前半は夕方ラッシュ時同様、日生エクスプレスが1本、急行が2本、普通が3本の運転となっているが、日生エクスプレスは梅田発20時 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線~普通豊中行き~

阪急宝塚本線普通豊中行きは平日ダイヤで朝ラッシュ時と夜間に運転されている。平日ダイヤ朝ラッシュ時には梅田発7時02分、7時19分の2本。夜間は梅田発20時36分1本の運転。土休日には運転されない。

コメントなし

阪急宝塚本線~普通箕面行き~

阪急宝塚本線では平日夕方ラッシュ時に梅田発箕面行きの普通が運転されている。梅田発17時45分から20分毎に運転され、18時05分、18時25分、18時45分、19時05分、19時25分、19時45分、20時05分の8本が … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~通勤準急~

関西私鉄では阪急宝塚本線と京阪本線で通勤準急という種別を採用している。いずれもラッシュ時限定の運転で、朝ラッシュ時のみの運転というのが共通点となっている。 阪急宝塚本線の通勤準急はかつては準急として運転されていたものを通 … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~通勤急行~

関西私鉄各線で通勤急行の種別を採用しているのは阪急神戸本線、阪急宝塚本線の2路線である。通勤○○という種別は阪急で採用例が多く、後発で京阪も採用しているが、他の3社では採用例は見当たらない。阪急神戸本線の通勤急行は震災復 … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速急行~

関西私鉄では快速特急の採用は少ないが、快速急行は大手5社とも採用している。もっともメジャーなものは近鉄奈良線の大阪難波~近鉄奈良間の快速急行だろう。終日に渡って運転されており、2009年3月の阪神なんば線開業からは三宮~ … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線~準急~

阪急宝塚本線準急はかつては箕面線方面への列車種別に使用されていたが、そちらは通勤準急に譲り、現在は宝塚~梅田間の運転となっている。朝ラッシュ時上りのみの運転で6本が運転されている。停車駅は宝塚から曽根までの各駅と十三、中 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線~通勤準急~

阪急宝塚本線では朝ラッシュ時に通勤準急を運転している。上下とも運転されており、下りは梅田発7時台に4本が運転されている。上りは箕面発7時台に4本、8時台に2本が運転されている。いずれも梅田~箕面間の運転となっている。停車 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線~急行雲雀丘花屋敷行き~

平日梅田発0時00分の最終の急行は雲雀ヶ丘花屋敷行きとなっている。通勤急行雲雀丘花屋敷行きは2本運転されているが、急行は最終の1本のみとなっている。

コメントなし

阪急宝塚本線~通勤急行宝塚行~

平日梅田発8時02分、同8時18分、同8時34分の3本は通勤急行宝塚行きとして運転されている。いずれも10両編成で運転され、雲雀丘花屋敷で後ろ2両を切り離す。  

コメントなし

阪急宝塚本線~通勤急行雲雀丘花屋敷行~

平日梅田発8時10分、同8時26分に通勤急行雲雀丘花屋敷行きが運転されている。入庫も兼ねた朝ラッシュ時の折り返し電車だが、蛍池には停車しない通勤急行として運転されている。  

コメントなし