阪急千里線

5300系普通梅田行き

阪急千里線は天神橋筋六丁目と北千里を結ぶ13.6kmの複線直流1500V電化の路線。天神橋筋六丁目では大阪市交堺筋線と直通しており、淡路では阪急京都線と直通運転を行っている。このため運行系統は多岐に渡っており、淡路〜天神橋筋六丁目間では朝夕ラッシュ時堺筋準急の運転もある。千里線は北大阪電気鉄道が発祥で、後に新京阪となり、京阪を経て阪急の路線となっている。当初は十三~豊津間が開業しており、新京阪が開通させた天神橋(現天神橋筋六丁目)~淡路間は後に千里線に組み込まれたため、京都線とは上下の発想が逆になっている。京都線は京阪同様東京に近い京都方を起点とし、大阪方面行を下りとしている。千里線は天神橋筋六丁目を起点としているので、淡路で交差する京都線とは上下 方向が逆になっている。

天神橋筋六丁目は地下にあり1面2線のスルー構造で、千里線からの電車のほとんどは堺筋線に直通している。淡路方には堺筋線線内折り返し用の引上げ線がある。同駅の管理は大阪市交が行っている。ホーム上では阪急と大阪市交の乗務員の交代が頻繁に行われており、7300系堺筋準急車内では阪急の車掌の肉声の車内放送から大阪市交の自動放送に切り替わる。なお、天神橋筋六丁目ではあまりにも長いため、ほとんどの人が天六と略して呼んでいる。天六では堺筋線との直通の他、大阪市交谷町線とも連絡している。天六を出ると右に少しカーブしながら地下から上がって、城北公園通りをアンダーパスして新淀川を渡る。千里線に並行して長柄橋があり、その向こうにはJR京都線の新淀川橋梁が見える。新淀川を渡り終えると右 にカーブして左手に柴島高校と柴島浄水場が見えると2面2線の柴島に着く。淡路駅が高架化される時に同駅も同時に高架化される予定である。付近は2014年現在高架工事中になっている。柴島を出るとS字カーブを曲がりながら進んで柴島浄水場が途切れて阪急京都線が近づいてくるのが見えると淡路である。淡路付近も高架工事がたけなわで、2層構造になるため背の高い高架橋が建ち始めている。 淡路は2面4線の構造で千里線電車は3、4号線を使用するが、京都線との直通電車は2、5号線も使用している。2020年度を目標に高架化が予定されており、それが完工すると京都線、千里線のダイヤはラッシュ時を中心に一変するものと思われる。

普通河原町行き

淡路を出ると上り線(天六方面行)は京都線上り線(河原町方面行)と平面交差して、千里線は左にカーブ、京都線は右にカーブして分かれてJR城東貨物線の下をくぐる。カーブを曲がり終えて東海道新幹線の下をくぐると2面2線の下新庄に着く。下新庄を出て神崎川を渡ると吹田市に入る。中の島公園を右手に見て、S字カーブを曲がってJR京都線のガードをくぐると2面2線の吹田に着く。同駅は吹田市役所の目の前にあるが、吹田の中心駅は少し離れたところにあるJR吹田の方である。JR吹田とは競合関係にあると言えるが、梅田へはJRの方が圧倒的に速くて安いので千里線は不利な状況にある。吹田を出ると国道479号線の下をくぐってしばらく真っ直ぐ走る。そして右カーブに差し掛かるところに2面2線の豊津がある。同駅 から西へ1キロほど歩くと江坂に行ける。豊津を出ると右に左に急カーブを曲がりながら進む。千里線は京都線と違って線路が曲がりくねっているのでかなり遅い。高速性が売りの阪急電車も千里線では本領を発揮できない。右手に関大一高が見えると2面2線の関大前に着く。関西大学への最寄駅で当然ながら学生の利用が多い。駅周辺は学生街と言った雰囲気である。同駅千里線5300系普通を出ると名神高速の下をくぐって右手の高台に関西大学の学舎を見ながら勾配区間を進み2面2線の千里山に着く。開業当初は同駅が終点になっており、年配の方の中には千里線を千里山線と呼ぶ人もいる。このあたりは千里ニュータウンの中にあり、高台には高層マンションや住宅が所狭しと並んでいる。丘陵地を進み次の南千里を出ると千里ト ンネルを抜ける。トンネルを抜けて少し進むと2面2線の山田で、同駅では大阪モノレールと連絡している。ただし、駅構造は双方が乗換えを前提にした造りになっていないので、乗り換えはすこぶる不便である。乗換えが便利な南茨木や蛍池とは大違いである。同駅を出るとモノレールの下をくぐり、中国自動車道、中央環状道路を跨いで広大な万博公園を右手に見ながら真っ直ぐ進み終点の北千里となる。同駅は2面2線で、スルー構造になっており、複線のまま線路が伸びて引上げ線になっている。さらにその先まで路盤が続いており、かつては国際文化公園都市(現在の彩都)まで延伸する計画などもあったようだが、今ではそんな話は全く聞かれなくなった。
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【阪急1300系】

阪急1300系は京都線用の新型車両で、神宝線の1000系とともに新製された。2014年3月から営業運転を開始し、2017年12月現在7編成56両が製造されている。   

コメントなし

【大阪市交66系】

大阪市交通局66系は市交6号線(堺筋線)用の1500V直流の架空集電方式の車両。大阪市交通局では唯一の架空集電方式の車両で、先代の60系を置き換えるため、1990年に登場した。GTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第253回~阪急千里線山田駅~】

~モノレール連絡駅で活況を呈す当駅は大阪万博開催後に開業した~ 阪急千里線山田駅は大阪府吹田市にある。吹田市内と言っても、JRの吹田とはかなり離れており、千里丘陵の中にある千里ニュータウンの駅の一つである。駅の北側で大阪 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第141回~阪急千里線吹田駅~

~JR吹田とは少し離れているが、吹田市役所の最寄駅はこちら~ 阪急千里線吹田駅は、大阪府吹田市にある。同じ駅名のJRの吹田駅とは少し離れており、連絡駅にはなっていない。関西では各社のプライドがあるのか、同一駅名で全く違う … 続きを読む

コメントなし

【阪急3300系】

阪急3300系は京都本線で活躍する通勤型車両で、大阪市交堺筋線と直通運転を目的に1967年から製造された。車両寸法は民営鉄道標準車体で造られ、その他は同時期に製造された神宝線の5000系に合わせられている。主電動機130 … 続きを読む

コメントなし

【阪急8300系】

阪急8300系は神宝線8000系の京都線版で、京都本線系統で、本格的VVVFインバータ制御を採用した車両である。大阪市交堺筋線直通に対応し、車体幅は8000系よりも100mm拡大されている。車内設備等は8000系に準じて … 続きを読む

コメントなし

【阪急5300系】

阪急5300系は1972年に登場した京都本線用の通勤型車両。3300系に冷房を搭載した形で設計され、主電動機は140KWに増強され、パンタグラフは下枠交差型となった。阪急では初の全電気指令式電磁直通ブレーキを採用した。制 … 続きを読む

コメントなし

【阪急7300系】

阪急7300系は1982年から京都本線に投入された通勤型車両。神宝線に投入された7000系の京都本線版で、界磁チョッパ制御が採用された。車体は当初6両編成で投入された7300F、7301Fは鋼板、7302F以降はアルミで … 続きを読む

コメントなし

【阪急2300系】

会社名 阪急電鉄 形式 2300系 使用線区 京都本線・千里線・嵐山線 制御方式 界磁チョッパ制御 主電動機 複巻補償巻線付き直流電動機 定格150kW ブレーキ 空気ブレーキ併用回生ブレーキ 台車 S型ミンデン台車FS … 続きを読む

コメントなし

【阪急京都線データイムダイヤ変遷1989年~2000年】

阪急京都線のデータイムダイヤは1989年12月16日のダイヤ改正により従来からの15分サイクル20分サイクルに変更された。この時特急が毎時4本から毎時3本に減便されたので、当時躍進を始めていたJR西日本の新快速や新型車両 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第3回~阪急千里線北千里駅~

阪急千里線北千里駅は同線の終点で中心駅の一つとなっている。駅自体は吹田市にあるが、吹田市、豊中市、箕面市、茨木市の境界線付近にあり、各方面からのバス路線の乗り入れもあるため、他市からの利用も多い。鉄道他線との連絡はなく、 … 続きを読む

コメントなし

【阪急千里線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

阪急千里線平日夕方ラッシュ時ダイヤは京都本線に合わせて20分サイクルで運転されている。20分サイクルに堺筋準急1本、梅田〜北千里間普通1本、天下茶屋〜高槻市間普通1本、天下茶屋〜北千里間普通2本が運転されている。堺筋準急 … 続きを読む

コメントなし

【阪急千里線データイムダイヤ】

阪急千里線のデータイムダイヤは20分サイクルで運転されている。天下茶屋〜北千里間、梅田〜北千里間、天下茶屋〜高槻市間の普通がそれぞれ20分毎に運転され、京都本線の梅田〜高槻市間の普通とともに淡路で相互に接続し、天神橋筋六 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線〜堺筋急行天下茶屋行き〜

阪急京都本線、千里線、大阪市交堺筋線の堺筋急行は2001年3月24日ダイヤ改正で運転を開始した。それ以前にも運転されていたが、同改正から河原町から高槻市までの各駅と茨木市、南茨木、淡路、天神橋筋六丁目以遠の各駅の停車駅に … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線〜堺筋快速急行河原町行き〜

阪急京都本線、千里線、大阪市交堺筋線で運転されていた堺筋快速急行は2001年3月24日ダイヤ改正で誕生した。従来の堺筋急行と同じ停車駅だったが、京都本線のダイヤ改正に伴い、急行の停車駅が変更され、従来の急行は快速急行とな … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~堺筋準急高槻市行き~

堺筋準急高槻市行きは2010年3月14日ダイヤ改正で、それまで運転されていた茨木市行きの堺筋準急を高槻市まで延長して誕生した。運転本数は7本で茨木市行き時代と同様でダイヤもほぼ踏襲される形で運転されていた。2013年12 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~堺筋準急茨木市行き~

準急茨木市行きは2007年3月17日ダイヤ改正で夕方ラッシュ時に新設され、2010年3月14日ダイヤ改正で高槻市行きに変更となり消滅した。2007年3月17日ダイヤ改正時には平日夕方ラッシュ時に天下茶屋発17時37分、1 … 続きを読む

コメントなし

大阪市交堺筋線・阪急京都本線~堺筋準急河原町行き~

2011年5月14日ダイヤ改正で土休日デーダイヤの準急の半数が堺筋準急となった。20分毎の運転で一部は淡路で快速特急京とれいんと連絡する。下りは河原町発8時44分から14時45分まで20分毎の運転。上りは天下茶屋発9時3 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~普通茨木市行き~

阪急京都本線普通茨木市行きは2013年12月21日ダイヤ改正で、平日夕方ラッシュ時に設定された。天下茶屋発18時49分、19時09分、19時29分、20時31分の4本が運転されている。淡路で快速と接続している。4本中3本 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線2013年12月21日ダイヤ改正

阪急京都本線では2013年12月21日に西山天王山駅開業に伴うダイヤ改正を実施した。長岡天神~大山崎間に西山天王山駅を新設。同駅には準急と普通が停車する。これに伴い、各列車の所要時分が延びているが、待避駅の変更などは行わ … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~堺筋準急~

阪急京都本線では平日朝夕ラッシュ時と土休日のデータイムに堺筋線直通の準急が運転されている。平日朝ラッシュ時は河原町から天下茶屋行きの下りのみが運転され、平日夕方ラッシュ時は天下茶屋発高槻市行きの上りのみが運転されている。 … 続きを読む

コメントなし

阪急千里線~普通北千里発天神橋筋六丁目行き~

深夜時間帯に北千里発天神橋筋六丁目行きが3本運転されている。北千里発23時25分、23時42分、23時59分の3本で、平日も土休日も同じ本数が運転されている。この他、千里線で天神橋筋六丁目行きは早朝に淡路発4時52分の始 … 続きを読む

コメントなし

阪急千里線~天下茶屋発普通河原町行き~

阪急千里線では土休日ダイヤの早朝に天下茶屋発河原町行き普通が1本運転されている。河原町まで直通するため阪急車が運用されている。天下茶屋から河原町へ直通する電車はかつては堺筋急行、堺筋快速急行などが運転されていたが、201 … 続きを読む

コメントなし

阪急千里線~臨時直通特急ほづ~

地下鉄堺筋線の天下茶屋から阪急嵐山まで運転されている直通特急ほづ。天神橋筋六丁目~淡路間は千里線を走る唯一の特急となっている。行楽シーズンのみの運転で、上り嵐山行きは天下茶屋発10時15分(2013年現在)で嵐山着は11 … 続きを読む

コメントなし