阪急箕面線

8040F

阪急箕面線は阪急宝塚線の石橋から箕面に至る路線で、軌間1435㎜の複線、直流1500Vの電化鉄道である。石橋〜箕面間は4.0kmの距離で、この間に桜井、牧落の2駅があり、電車は同区間を6分で結んでいる。運転は線内折り返しを主体に、朝夕ラッシュ時には宝塚線直通の通勤準急や普通が運転されている。線内運転は4連、宝塚線直通は8連で運転されている。

石橋は3号線から5号線までを使用するが、3号線と4号線はラッシュ時の宝塚線直通電車と車両入替の際に一部電車が使用している。通常の折り返し電車は5号線の行き止まりホームから発着している。4号線、5号線は宝塚線上り梅田方面ホームとホーム上で乗換えができる。石橋を出ると国道176号線をくぐり、箕面市に入って、続いて国道171号線をくぐる。それからしばらく真直ぐ進んで相対式ホームの桜井となる。桜井は1万人強ぐらいの乗降があり、近くには箕面自由学園などもあり、学生の利用も多い。桜井を出て左カーブして進行を北に向けて相対式ホームの牧落となる。牧落は箕面市役所に近いが、桜井より乗降客は少ない。桜井、牧落とも朝夕ラッシュ時に運転される宝塚線直通の通勤準急、普通が8連で運転され るためホーム有効長は8連に対応している。牧落を出ると真直ぐ北上して、S字カーブしながら勾配を上がり終点の箕面となる。箕面はホーム2面2線の行き止まり式ホームで、ホームは8連対応となっている。乗降客は2万5千人強で、名実ともに箕面線の中心駅となっている。箕面周辺は住宅地も多いが、駅から少し離れたところに箕面公園や箕面の滝など行楽地もあり、行楽シーズンには賑わう。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【阪急8000系】

阪急8000系は1988年に登場した神戸本線、宝塚本線用の通勤型車両。阪急標準の3扉ロングシート車で、車体は7000系と同様にアルミ製となった。制御方式はGTO素子によるVVVFインバータ制御となった。制御器1台で4基の … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第158回~阪急宝塚本線・箕面線石橋駅~

~阪急創成期からの歴史を持つ路面電車的な分岐がある駅~  阪急宝塚本線石橋駅は、大阪府池田市にある。池田市の中心駅は隣の池田になるが、石橋では箕面線を分岐しており、同線との乗り換え客も多く、ホームは終日賑わっている。 石 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線臨時列車~臨時箕面行き~

2009年春に運転された梅田から直通の臨時箕面行き。この当時、阪急では行楽シーズンの臨時列車を試行的な意味も含めて運転を始めていた。種別はなく、臨時の幕による運転は箕面線だけでなく、本線系統も含めてほぼこの時期に運転され … 続きを読む

コメントなし

【阪急3100系】

阪急3100系は先に登場した3000系の低出力版で、高速走行を必要としない宝塚線用に製造された。1964年から1967年にかけて40両が製造され、後に2000系、2100系の付随車を連結して8両編成化された。3000系は … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第39回~阪急箕面線牧落駅~

1.概要阪急箕面線牧落駅は、大阪府箕面市にあり、1921年12月30日に開業した。箕面有馬電気軌道の開業は1910年3月10日のため、同じ箕面線の中間駅でも桜井駅は1910年4月12日に開業しており、同駅は箕面線の中では … 続きを読む

コメントなし

【阪急6000系】

阪急6000系は1976年に登場した通勤型車両。神宝線用として登場した。電装品は5100系を踏襲する抵抗制御車で、外観は先に登場した2200系を踏襲した新しい通勤型のタイプとなった。先頭車には6300系と同様に阪急のイニ … 続きを読む

コメントなし

【阪急3000系】

会社名 阪急電鉄 形式 3000系 使用線区 神戸本線・今津線・伊丹線・宝塚本線・箕面線 制御方式 抵抗制御 主電動機 直流直巻電動機 定格170kW ブレーキ 電磁直通ブレーキ・発電ブレーキ 台車 S型ミンデンFS34 … 続きを読む

コメントなし

【阪急5100系】

阪急5100系は1971年から製造された宝塚本線系統用の電車。神戸本線に投入された直流電圧1500V仕様の5000系、冷房車の試作として製造された5200系の技術を継承し、5100系は直流電圧1500V、冷房車として製造 … 続きを読む

コメントなし

【阪急9000系】

阪急9000系は06年に登場した神宝線の新しい形式で、06年7月31日に9000Fが神戸線で営業運転を開始している。03年に登場した京都線用の9300系と同様の外観を持つが、室内がオールロングシートとなり、側窓の寸法も9 … 続きを読む

コメントなし

阪急箕面線~普通梅田行き~

阪急箕面線普通梅田行きは平日朝夕に運転されている。朝は箕面発6時20分、6時45分、8時18分の3本。夕方は箕面発18時33分、18時54分、19時14分、19時32分、19時54分の5本が運転。土休日には運転はない。

コメントなし

阪急宝塚本線~普通箕面行き~

阪急宝塚本線では平日夕方ラッシュ時に梅田発箕面行きの普通が運転されている。梅田発17時45分から20分毎に運転され、18時05分、18時25分、18時45分、19時05分、19時25分、19時45分、20時05分の8本が … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~通勤準急~

関西私鉄では阪急宝塚本線と京阪本線で通勤準急という種別を採用している。いずれもラッシュ時限定の運転で、朝ラッシュ時のみの運転というのが共通点となっている。 阪急宝塚本線の通勤準急はかつては準急として運転されていたものを通 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線~通勤準急~

阪急宝塚本線では朝ラッシュ時に通勤準急を運転している。上下とも運転されており、下りは梅田発7時台に4本が運転されている。上りは箕面発7時台に4本、8時台に2本が運転されている。いずれも梅田~箕面間の運転となっている。停車 … 続きを読む

コメントなし