阪急京都本線

【阪急京都本線ガイド】

阪急京都本線は京都府京都市下京区の河原町から大阪府大阪市北区の梅田を結ぶ47.7kmの路線で、軌間1435㎜複線直流1500V使用の電化鉄道である。一般には阪急京都線と呼ばれることが多いが、正式には京都本線で、千里線、嵐山線は京都本線の支線となっている。ここでは以後“本”を省略して呼称していく。阪急京都線は元々京阪の高速路線新京阪として建設されているので、直線が多く線形は非常によい。最高速度は115km/hで、並行して走るJR京都線の130km/h運転と比べると見劣りするが、大きな制限速度がなく、ほぼ全線に渡って高速走行できる点はJR京都線以上ともいえる。梅田、正雀、摂津市、茨木市、富田、高槻市、水無瀬、大山崎、長岡天神、東向日、洛西口の各駅がJR京都線と競合しており、京阪間直通の輸送でも競合している。発足以来攻勢を強めてきたJRに対してしばらくの間劣勢であったが、特急の増発やスピードアップなどで幾分阪急が盛り返してきている。

12 08 16_3150 列車の運転は、特急、準急、普通の3本立てが中心で、データイムはこの3種別で10分毎の運転を行っている。特急は2001年3月24日のダイヤ改正から茨木市、長岡天神、桂にも追加停車するようになり、逆に従来停車していた大宮を通過するようになった。準急は07年3月17日に復活した種別で、01年3月改正時点で高槻市以東は各駅に停車するようになった急行を置き換える形で誕生している。準急の停車駅は梅田から十三・南方・淡路・上新庄・南茨木・茨木市・高槻市以遠各駅となっている。2011年5月12日ダイヤ改正からは土休日ダイヤで半数が堺筋線直通で運転されている。普通はデータイムは全て高槻市止まりとなり、梅田行と千里線、堺筋線直通の天下茶屋行が交互に運転されている。朝夕ラッシュ時には十三、茨木市、高槻市、長岡天神、桂、西院、大宮、烏丸に停車する通勤特急、十三、淡路、茨木市、高槻市、長岡天神、桂、西院、大宮、烏丸の01年3月改正までの急行停車駅に停車する快速急行、淡路から千里線を経由して地下鉄堺筋線に直通する堺筋準急が運転されている。通勤特急は2010年3月14日のダイヤ改正から茨木市に追加停車するようになった。

1003212010 03 21_1087阪急京都線の起点は河原町だが、ここでは梅田から紹介していくことにする。阪急宝塚線、阪急神戸線が梅田を起点にしているのに対し、阪急京都線が河原町起点となっているのは先述した元々は京阪の路線だったという生い立ちにも関連していると思われる。梅田は阪急各線(宝塚線、神戸線)、JR大阪駅でJR環状線、JR京都線、JR神戸線、JR宝塚線と連絡し、地下鉄各線の梅田駅(御堂筋線、谷町線、四つ橋線)とも連絡している。梅田駅は1号線から3号線までの3面3線を使用している。2010年3月14日ダイヤ改正からホームの使用が大幅に変わっている。1号線からは特急とラッシュ時には普通が発着している。2号線からはデータイムは普通、ラッシュ時には通勤特急と快速急行が発着する。3号線からデータイムは準急、ラッシュ時には快速、準急、普通が発着している。昼間は各ホームから10分毎に電車が発車していく。梅田では宝塚線、神戸線と改札内でつながっているので乗り換えが可能だが、各線相互の乗り換えは原則十三で行わなければならない。このため、十三~梅田間の重複乗車は認められていない。京都線のホームは一番東に位置しており、近年開発されている茶屋町方面へは京都線が一番近いが、JR大阪駅へは一番遠い位置にある。大阪環状線への乗り換えなどはかなりの距離を歩かなければならない。


5300系準急 梅田を出ると右手に茶屋町のビル群を見ながら左カーブして、JR梅田貨物線をアンダーパスして左手に宝塚線、神戸線の中津駅の細いホームを見ながら進む。京都線には中津駅はないので、京都線沿線から中津へは十三で宝塚線か、神戸線に乗り換えることになる。左手に梅田スカイビルを見ながら新淀川を渡る。新淀川橋梁は、宝塚線、神戸線の橋梁よりも一段高くなっている。中津駅がないことや新淀川橋梁の違いなどは京都線が神宝線より後発であることがわかる。付け加えて言うなら今でも梅田~十三間は線路戸籍上は宝塚本線が複々線となっており、そのうちの2線を京都線が使用する形になっている。現実には京都線が専用線として使用しているので、利用者には全く関係のないことだ。新淀川を渡り切ると築堤を下りてすぐに十三で、京都線の十三構内は右カーブしている。十三は5、6号線を使用しており、5号線は宝塚線の梅田行4号線とホームを共有している。梅田~十三間の重複乗車は認められていないので、宝塚線、神戸線への乗り換えは十三で行わなければならない。そのため十三は乗り換え客で終日混雑している。十三を出てさらに右カーブして進み、新御堂(国道423号線)と地下鉄御堂筋線の高架が見えて、その下をくぐってすぐに南方となる。同駅は2面2線の配線で、地下鉄御堂筋線西中島南方と連絡している。新大阪へは同駅で御堂筋線に乗り換える。もっとも新大阪まで1駅なので、同駅から歩いていけなくもない。南方を出るとJR京都線のガードをくぐり、急カーブを曲がって、右手に桜で有名な柴島浄水場を右手に見ながら2面2線の崇禅寺となる。崇禅寺は柴島高校の最寄り駅だが、乗降は少ない。崇禅寺を出ると柴島浄水場の向こうから千里線が近づいてくるのが見えてきて淡路となる。淡路までは新京阪の路線ではなかったので線形はあまり良くない。多少手を入れれば改良できそうな程度なので、淡路駅の高架化とセットで線形改良も行えばいい。


9300系準急 淡路は2面4線で、千里線天六方面、北千里方面への乗り換え駅となっている。淡路には1号線はなく(かつてはあった)、2号線が上り京都線河原町、北千里方面、3号線が上り京都線、千里線河原町、北千里方面、4号線が下り京都線、千里線梅田、天六方面、5号線が下り京都線梅田、天六方面へのホームとなっている。基本的には京都線が2・5号線、千里線が3・4号線を使用するが、両線直通や特急待避などの関係から、京都線電車は3・4号線も使用している。同駅には乗務員の詰所もあり、京都線の梅田方の運転上の拠点となっている。千里線との相互乗り換えはかなり多く、終日ホームは混み合っている。千里線とは梅田方、河原町方とも平面交差しており、ダイヤ上のネックになっている。このため高架化が計画されており、駅前は高架化の準備のためところどころ空き地が目立ってきている。もっとも大阪府も大阪市も阪急もみな財政難のため、なかなか計画が前に進まない。淡路を出るとJR城東貨物線がオーバークロスする。近い将来同線は旅客化されてJRおおさか東線となって、同線にも淡路駅が造られ阪急京都線と連絡するようになる。こちらの方も計画が延び延びになっており、放出~久宝寺間が部分開業したまでのとどまっている。放出以北についてはまだ工事に着手していない。



13 05 02_5188 淡路を出てしばらく真直ぐ走り、左手に関西大学北陽高校が見えてきて、その向こうに東海道新幹線が見えると左にカーブして、東海道新幹線の下をくぐってすぐに高架線を駆け上がる。高架に上がり終えてすぐに上新庄となる。上新庄は2面2線の高架駅だが、乗降は非常に多く、ラッシュ時には通勤客や学生でホームは混み合っている。同駅は大阪経済大学や先述した関西大学北陽高校の最寄り駅となっている。上新庄を出ると高架線を進み、神崎川を渡ってすぐに相川となる。上新庄-相川間は京都線で一番駅間距離が短い。相川は2面4線の待避駅で、近くに大阪市交の東吹田検車場があるので、朝夕には同駅始発の普通電車も運転されている。同駅は神崎川と安威川に挟まれた狭い空間にあるため、乗降はあまり多くないが、大阪高校、大阪成蹊女子高校、同短大などの最寄り駅になっており、学生の利用が多い。相川を出て安威川を渡り、吹田市に入る。このあたりまではあまり線形がよくないが、ここから桂までほぼ一直線で進む。左手に先述した大阪市交の東吹田検車場を見ながら真直ぐ進み、右手に大阪学院高校、左手に同大学が見えてくると正雀となる。正雀は2面4線の待避駅で、河原町方には正雀車庫、正雀工場が広がっている。JR岸辺とは至近距離にあり、競合駅となっている。正雀車庫や正雀工場の構内は阪急に乗るよりもJRに乗った方がよく見える。正雀を出ると摂津市内を真直ぐ進む。次の摂津市は2010年3月14日に開業した新しい駅である。ホーム2面2線で、太陽光発電やLED照明などを採用したCO2排出ゼロの環境に優しい駅として開業している。日本初のカーボンニュートラルステーションというのが同駅の売りの一つとなっている。駅東側には駅と同じく環境に配慮した街づくりが行われたパークシティ南千里丘の街が広がっている。西側にはJR千里丘駅があり、JRと新たな競合が生まれている。次の南茨木は中央環状線、近畿自動車道、大阪モノレールの高架下にある2面2線の駅である。大阪モノレールとの乗換駅で乗降客も多く、2001年3月のダイヤ改正から急行が停車するようになった。現在は急行が停車駅が増えた準急となっており、梅田方面へは所要時分が大幅に延びている。付近はかつて田んぼが広がるのどかな風景で好撮影地だったが、近年は住宅やマンションが立ち並んでいる。



13 11 10_9806 南茨木を出て、大阪貨物ターミナルに向かう貨物線の高架をくぐり、高架線を駆け上がると2面4線の茨木市となる。茨木市は立派な高架駅で2001年3月のダイヤ改正から特急停車駅となった。JR茨木とは約1キロ離れており、JRの影響が少ないためか、高槻市ほどJRの攻勢を受けていない。そのため、乗降客も多く、高槻市とほぼ同じ乗降数を誇っている。河原町方には折り返し線があり、朝ラッシュ時には07年3月改正で復活した始発の準急が運転されている。この折り返し線は曰く付きの折り返し線で、かつてあった淡路-茨木市間複々線化計画の遺構と言われている。茨木市を出るとその曰く付きの折り返し線を中央に挟んで進み、それが途切れたところで安威川を渡り、2面2線の総持寺となる。安威川橋梁ではJR京都線の姿を一瞬見ることができる。このあたりも真っすぐ進んでおり、次の富田の構内のカーブから上牧手前までは阪急京都線最長の直線区間にもなっている。その富田は高槻市内の駅で、2面3線の構造で、上り河原町方面は待避が可能となっている。JR摂津富田とは至近距離にあり、商店街を介して両駅が対峙している。JR摂津富田はバスターミナルの整備が進んでおり、JR利用者はかなり多い。ここではJRにかなり水を開けられている。富田を出ると住宅に合間にJRが並行して走るのが見える。芥川を渡って、高架線を進んで高槻市となる。同駅は以前から通勤特急の停車駅であったが、1997年3月のダイヤ改正から特急が終日停車するようになった。現在でも通勤特急、特急全てが停まる中間駅では最上位の駅となっている。ホーム2面4線で、河原町方には折り返し線があり、堺筋線直通の普通は同駅で全て折り返している。JR高槻とは500mほど離れているが、その影響はかなり大きい。JRは看板列車である新快速を阪急に先立って高槻停車を行い、阪急の度重なる運賃の値上げなどもあり、現在は安くて速いJRのイメージを利用者に植え付けている。駅周辺の整備もJR側の方が進んでおり、阪急がJRより優っているのは駅構内の綺麗さだけといっても過言ではない。このような状況のため、JR高槻の乗降が10万人を越えるのに対し、阪急高槻市は7万人前後と、茨木市と肩を並べる程度でしかない。



 高槻市を出ると中央に折り返し線を挟んで、高架線を進む。左手には京都大学農学部の試験場が広がり、その向こうにJR京都線の旧高槻電車区が見える。高架を下りて、右手に東海道新幹線が並行し、左手に少し遠めにJR京都線が並行して進み1面2線の上牧となる。上牧、水無瀬、大山崎と新幹線に並行して走る。この3駅は新幹線が通過するたびにホームがその振動で揺れる。同区間はかつて新幹線開業前に阪急電車が新幹線の路盤を走ったという噂の区間でもある。駅周辺は田畑が広がる長閑な駅だったが、近年は開発が進み住宅やマンションが建ちつつある。水無瀬はJR京都線にできた島本駅と、次の大山崎はJR山崎と競合している。このあたりは大阪と京都の府境のため、利用者はそれほど多くないので、激しい競合にはなっていない。もっとも歴史上有名な天王山を背に、国鉄のつばめと覇を競った新京阪のデイ100の話などはオールドファンに今でも語り草となっている。水無瀬、大山崎ともに2面2線の対向式ホームのため、駅付近では真っ直ぐの線路が駅付近では少し左右に振られている。大山崎を出て京都府内に入り、東海道新幹線と分かれて、JR京都線のガードをくぐり、続いて名神高速をくぐって真直ぐ進む。大山崎~長岡天神間も駅間距離が長く、新駅建設の計画がある。しばらく直線を走り、構内手前から右カーブしながら待避線を分岐して長岡天神となる。同駅は2面4線で長岡京市の中心駅となっている。2001年3月のダイヤ改正から特急停車駅となり、07年3月改正からは通勤特急も停車するようになり、全列車が停車するようになった。JR長岡京とは約1キロ離れており、ここでは運賃の安さも手伝ってJRよりも乗降客が多くなっている。もっとも高槻市や茨木市とは桁が違うので、対大阪方面の輸送の大勢にはあまり影響しない。



 長岡天神を出て、さらに真直ぐ進み、向日市に入り、向日町競輪の最寄り駅の西向日、JR向日町と競合駅の東向日と過ぎて、2003年3月に開業した洛西口となる。洛西口は洛西ニュータウンへの最寄り駅で、2面2線の単純な構造になっている。JR京都線もこの近辺に新駅を建設中で、将来は桂とともに競合駅になる。洛西口は高架化を見据えて簡易な構造になっており、近い将来高架化される予定だ。洛西口を出て、右手に陸上自営隊桂駐屯地、桂高校が見えると桂となる。桂は梅田方に折り返し線があり、この折り返し線は桂車庫につながっており入替え電車などが使用している。桂はホーム3面6線の橋上駅舎で、嵐山線の分岐駅になっている。京都線は2~5号線の2面4線を使用し、嵐山線は1号線を使用する。嵐山線の1号線の向こうにはC号線がある。


 桂を出ると左手に嵐山線が高架線となって分かれていき、京都線は右カーブして桂川を渡る。桂川を渡り終えると築堤を走り、左手に西京極総合運動公園が見えてきて天神川を渡ると西京極となる。2面2線の西京極を出ると複線にしてはやや広い築提を進む。これは新京阪時代の壮大な計画の跡で、3線分の線路敷地がある。国道9号線をアンダークロスして、徐々に線路レベルを下げていき地下に入る。右カーブして四条通の下に入って2面2線の西院となる。地上には京福電鉄の西院駅があるが、乗り換えはあまり多くない。同駅は金閣寺や北野天満宮、立命館大学への最寄り駅で、バスの発着も少なくない。07年3月改正から通勤特急の停車となった。しかし、特急は改正後も通過となっている。西院を出ると四条通直下を進み、地上でJR嵯峨野線が交差し、堀川通りとの交点に2面2線の大宮がある。京福電鉄の四条大宮とは交差点を挟んでの乗換えとなる。大宮は先述したとおり2001年3月のダイヤ改正から特急が通過となっている。もっともラッシュ時に運転される通勤特急は従来どおり停車している。大宮を出て、真直ぐ四条通の直下を進み、烏丸通(国道367号線)との交点に1面2線の烏丸がある。烏丸通には地下鉄烏丸線が走っており、烏丸は同線の四条と乗換駅になっている。乗り換えはそう不便ではないが、地下鉄四条がやや京都駅寄りにあるので、少し歩かされる。烏丸を出るとすぐに終点の河原町で、長い切り欠きホームの2号線がすぐに見えてくる。データイムは使用されない2号線を見ながら特急は1号線、準急は3号線に到着する。河原町駅の構造は京阪淀屋橋に似ている。地上に出て鴨川(四条大橋)を渡ると京阪の四条がある。同駅は南座、八坂神社や円山公園に近い。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【阪急1300系】

阪急1300系は京都線用の新型車両で、神宝線の1000系とともに新製された。2014年3月から営業運転を開始し、2017年12月現在7編成56両が製造されている。   

コメントなし

【大阪市交66系】

大阪市交通局66系は市交6号線(堺筋線)用の1500V直流の架空集電方式の車両。大阪市交通局では唯一の架空集電方式の車両で、先代の60系を置き換えるため、1990年に登場した。GTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第240回~阪急京都本線烏丸駅~】

~現在の京都の中心地はとりまるでもからすまるでもおまへんからすまどす!~ 阪急京都本線烏丸駅は京都市下京区にある。終点の河原町の1駅手前で、四条通、烏丸通という京都を代表する通が交差する烏丸四条の交差点付近に駅がある。京 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第199回~阪急京都線上新庄駅~

~かつては優等停車駅を上回る利用者数を誇っていたが、今は立派に優等停車駅となった~ 阪急京都線上新庄駅は、大阪市東淀川区にある。大阪市内の北東部に位置しており、人口密集地ということもあり、乗車人員は非常に多い。かつては普 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第181回~阪急京都線上牧駅~

~かつては隣の線路も走ったことがある逸話が残る新幹線並走区間の駅~ 阪急京都線上牧駅は、大阪府高槻市にある。高槻市~上牧間は駅間距離が長く、高槻市を過ぎると田畑が広がる光景が長らく続いており、今でもまだまだ長閑な風景が残 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第170回~阪急京都本線河原町駅~

~京都四条通の中心部の一つにある阪急の終点は隠れ京阪の連絡駅でもある~ 阪急京都本線河原町駅は、京都市下京区にある。阪急京都本線の終点で、東西に走る四条通と南北に走る河原町通の交点にある。鴨川を挟んで対岸には、京阪本線祇 … 続きを読む

コメントなし

阪急十三駅

  十三駅は阪急電鉄の主要3路線が集まる一大結節駅である。1日の乗降は阪急全体で5位になっているが、乗り換え客が多くホームは終日混み合っている。構内は4面6線で、西側の神戸本線下り線から1号線となっており、京都 … 続きを読む

コメントなし

阪急嵐山線~臨時列車・臨時ダイヤ~

阪急嵐山線は春秋の行楽シーズンに臨時列車を走らせている。直通特急などは別ページにて紹介しているが、ここでは線内の臨時列車を紹介する。嵐山線は通常期は15分毎の運転となっているが、行楽シーズンに限り10分毎の運転を行ってい … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線臨時列車~嵐山直通臨時列車~

臨時列車。現在運転されている直通特急や快速特急の試行的な列車として神戸本線、宝塚本線から直通の臨時列車が運転された。当初運転された列車は十三の引き上げ線が改良工事中だったこともあり、梅田で折り返していた。種別はなく、臨時 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線臨時列車~臨時特急いい古都エクスプレス~

2001年3月ダイヤ改正で阪急京都本線のダイヤパターンが大幅に変わった。従来土休日ダイヤは15分サイクルで運転されていたが、同改正により平日と同じく10分サイクルが採用された。このため従来行楽シーズンに運転されていた臨時 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線臨時列車~臨時快速いい古都エクスプレス~

臨時快速いい古都エクスプレス。2007年3月のダイヤ改正により急行が準急になり、それまで運転されていた臨時特急に置き換わり臨時快速いい古都エクスプレスが行楽シーズンに運転されるようになった。停車駅は十三、南方、淡路、上新 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線臨時列車~66系直通特急~

66系を使用した嵐山行き直通特急。通常天下茶屋からの臨時直通特急には阪急車が使用されているが、過去に2度だけ大阪市交66系が使用されたことがあった。1度目は堺筋線開業40周年記念列車で、行楽シーズンが過ぎた12月に運転さ … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線臨時列車~臨時快速京とれいん~

快速京とれいん。2012年お盆期間に運転された快速京とれいん。6354F京とれいんを使用した快速。停車駅は通常の快速と同じで土休日ダイヤの夕方に上り河原町行き、夜間に下り梅田行きが運転された。2013年8月3日にも前年同 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線臨時列車~直通特急、快速特急~

阪急京都本線では行楽シーズンに嵐山への直通の臨時列車が多数運転されている。神戸、宝塚方面からそれぞれ1本ずつが十三でスイッチバックして京都本線に直通しており、その他に梅田~嵐山間の快速特急が1本、天下茶屋からの直通特急が … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第100回~阪急神戸本線・宝塚本線・京都本線梅田駅~

~関西いや日本有数の巨大私鉄ターミナル~ 阪急梅田駅は大阪市北区にある神戸本線、宝塚本線、京都本線が集まる阪急最大のターミナル駅である。阪急の枠を越えて私鉄最大級のターミナルとも言われる。ホーム10面9線を有し、京都本線 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第72回~阪急京都本線洛西口駅~

阪急京都線洛西口駅は、京都市西京区にある。2003年3月16日に東向日~桂間に開業した新しい駅で、開業後、5年で高架工事に入り、2016年3月5日に上下線とも高架化が完成した。洛西口には準急と普通のみが停車する。 構内は … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第59回~阪急京都本線大宮駅~

阪急京都本線大宮駅は、京都市中京区にあり、かつては京都本線の終点だった。京福本線の四条大宮と隣接しており、四条大宮の交差点を挟んで対峙する形で駅舎がある。かつては特急停車駅だったが、2001年3月24日ダイヤ改正から特急 … 続きを読む

コメントなし

【阪急3300系】

阪急3300系は京都本線で活躍する通勤型車両で、大阪市交堺筋線と直通運転を目的に1967年から製造された。車両寸法は民営鉄道標準車体で造られ、その他は同時期に製造された神宝線の5000系に合わせられている。主電動機130 … 続きを読む

コメントなし

【阪急8300系】

阪急8300系は神宝線8000系の京都線版で、京都本線系統で、本格的VVVFインバータ制御を採用した車両である。大阪市交堺筋線直通に対応し、車体幅は8000系よりも100mm拡大されている。車内設備等は8000系に準じて … 続きを読む

コメントなし

【阪急5300系】

阪急5300系は1972年に登場した京都本線用の通勤型車両。3300系に冷房を搭載した形で設計され、主電動機は140KWに増強され、パンタグラフは下枠交差型となった。阪急では初の全電気指令式電磁直通ブレーキを採用した。制 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第36回~阪急京都本線高槻市駅~

 1.高槻市駅概要 阪急京都本線高槻市駅は、高槻市の中心駅で、阪急京都線中間駅の核となる駅である。JR高槻駅と至近距離にあり、JRとの競合は激しく、国鉄時代から所要時間と運賃面で有利なJR(国鉄)が優勢の状態が長らく続い … 続きを読む

コメントなし

【阪急6300系】

急6300系は1975年に誕生した京都本線の特急車である。2010年2月末に京都本線特急の運用から引退し、一部編成は4両編成化され、嵐山線に転属した。6350F、6354Fの2編成は6両編成化されて、波動用として留置され … 続きを読む

コメントなし

【阪急7300系】

阪急7300系は1982年から京都本線に投入された通勤型車両。神宝線に投入された7000系の京都本線版で、界磁チョッパ制御が採用された。車体は当初6両編成で投入された7300F、7301Fは鋼板、7302F以降はアルミで … 続きを読む

コメントなし

【阪急2300系】

会社名 阪急電鉄 形式 2300系 使用線区 京都本線・千里線・嵐山線 制御方式 界磁チョッパ制御 主電動機 複巻補償巻線付き直流電動機 定格150kW ブレーキ 空気ブレーキ併用回生ブレーキ 台車 S型ミンデン台車FS … 続きを読む

コメントなし

【阪急9300系】

阪急9300系は2003年に登場した京都線向けの特急車両。昭和50年に登場した特急車6300系以来、実に28年ぶりの新形式の特急車となっている。6300系が2扉転換クロスシートで特急専用車となっているのに対し、9300系 … 続きを読む

コメントなし

【阪急京都本線ガイド】

阪急京都本線は京都府京都市下京区の河原町から大阪府大阪市北区の梅田を結ぶ47.7kmの路線で、軌間1435㎜複線直流1500V使用の電化鉄道である。一般には阪急京都線と呼ばれることが多いが、正式には京都本線で、千里線、嵐 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第9回〜阪急京都本線南茨木駅〜

1.南茨木駅概要 阪急京都本線南茨木駅は茨木市南部にあり、大阪モノレールとの連絡駅となっている。1970年3月8日に大阪万博に備えて臨時駅として開業し、後に本設の駅となった。2001年3月24日ダイヤ改正から急行停車駅と … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第5回〜阪急京都本線茨木市駅〜

1.茨木市駅概要 阪急京都本線茨木市駅は1928年1月16日に新京阪鉄道の茨木町駅として開業した。1948年1月1日に茨木市駅に改称された。1992年には高架化が完成。2001年3月24日からは特急停車駅となった 2.茨 … 続きを読む

コメントなし

【阪急京都線データイムダイヤ変遷1989年~2000年】

阪急京都線のデータイムダイヤは1989年12月16日のダイヤ改正により従来からの15分サイクル20分サイクルに変更された。この時特急が毎時4本から毎時3本に減便されたので、当時躍進を始めていたJR西日本の新快速や新型車両 … 続きを読む

コメントなし

【阪急京都本線平日朝ラッシュ時ダイヤ】

阪急京都本線平日朝ラッシュ時下り(梅田方面)ダイヤは17分サイクルで運転されている。17分サイクルに通勤特急、快速急行、堺筋準急が各1本、梅田行き普通が2本、天下茶屋行き普通が1本運転されている。最混雑区間は上新庄~淡路 … 続きを読む

コメントなし

【阪急京都本線平日夜間ダイヤ】

阪急京都本線平日の夜間ダイヤは梅田発20時台、21時台が20分サイクル、22時台は10分サイクルと20分サイクルの中間のようなダイヤ、23時台は15分サイクルで運転されている。 梅田発20時台、21時台は夕方ラッシュ時ダ … 続きを読む

コメントなし

【阪急京都本線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

阪急京都本線の平日夕方ラッシュ時ダイヤは20分サイクルで運転されている。上り梅田発18時台には20分サイクルに通勤特急、快速急行、快速、準急が各1本、普通が3本運転されている。 通勤特急は梅田~河原町間の運転で、梅田発ベ … 続きを読む

コメントなし

【阪急京都本線土休日データイムダイヤ】

阪急京都本線土休日のデータイムダイヤは2011年5月14日ダイヤ改正から平日の同時間帯とは異なるダイヤで運転されている。特急、準急、普通の基本3本立ての運転は変わらないが、準急は半数が堺筋線直通で運転されている。また、快 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~淡路始発快速急行梅田行き~

阪急京都本線では土休日ダイヤの早朝に淡路始発の快速急行梅田行きが運転されている。正雀車庫からの送り込みで9300系が使用されている。

コメントなし

【阪急京都本線平日データイムダイヤ】

阪急京都線のデータイムダイヤは13年12月21日ダイヤ改正後も従来通り20分サイクルが維持されている。20分サイクルに特急、準急が各2本、普通が梅田発高槻市行きと天下茶屋発高槻市行きが各1本の運転となっている。運転形態は … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~9300系準急梅田発茨木市行き~

阪急京都本線では2010年3月14日ダイヤ改正以前に平日ダイヤで梅田発7時22分に茨木市行き準急を運転していた。9300系を使用し、9300系は折り返し茨木市始発の準急に使用されていた。2007年3月17日ダイヤ改正で新 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線〜9300系普通正雀行き〜

阪急京都本線では深夜時間帯に9300系を使用した普通正雀行きを運転している。平日ダイヤでは河原町発21時49分、22時27分の2本。土休日ダイヤでは河原町発22時03分の1本。

コメントなし

阪急京都本線〜9300系普通桂行き〜

阪急京都本線では9300系を使用した河原町発桂行き普通を夜間に運転している。平日ダイヤでは河原町発22時55分、23時08分の2本、土休日ダイヤでは河原町発0時00分の1本。

コメントなし

阪急京都本線〜9300系普通高槻市行き〜

阪急京都本線では平日ダイヤで梅田発0時10分高槻市行き普通を9300系で運転している。

コメントなし

阪急京都本線~普通正雀行き(河原町発)~

阪急京都本線では夜間に河原町発正雀行き普通を運転している。平日ダイヤ河原町発21時49分、22時08分、22時27分、23時18分、23時50分の5本が運転。土休日ダイヤでは河原町発20時13分、22時03分、23時50 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~普通正雀行き(梅田発)~

阪急京都本線梅田発正雀行き普通は朝と夕方以降に運転されている。平日ダイヤ梅田発9時13分、21時05分、0時25分の3本。土休日ダイヤでは梅田発0時25分の1本。

コメントなし

阪急京都本線~普通桂行き(梅田発)~

阪急京都本線普通桂行きは夕方ラッシュ時以降に運転されている。平日ダイヤ梅田発19時46分、22時46分、23時26分の3本が運転。土休日ダイヤでは梅田発19時16分、20時04分、20時18分、23時20分の4本。

コメントなし

阪急京都本線~普通桂行き(河原町発)~

阪急京都本線では河原町発桂行き普通を朝夕夜間に運転している。平日ダイヤ河原町発8時15分、18時57分、19時16分、19時36分、19時56分、22時55分、23時08分、23時40分、23時55分、0時00分、0時1 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~9300系普通梅田行き~

阪急京都本線では9300系を使用した普通梅田行きを数本運転している。平日ダイヤでは洛西口発6時15分、6時52分、正雀発4時45分、河原町発20時24分の3本。土休日ダイヤでは河原町発5時00分の1本のみの運転。

コメントなし

阪急京都本線~9300系普通河原町行き~

阪急京都本線では9300系を使用した普通河原町行きが運転されている。平日ダイヤで梅田発5時20分、5時40分、正雀発5時51分、梅田発21時46分の4本。土休日ダイヤでは正雀発5時51分、正雀発6時08分、梅田発6時19 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~6300系普通河原町行き~

阪急京都線では2010年2月28日まで6300系が活躍していたが、6300系がバリバリの現役のころ、特急運用に入る前に桂発河原町行きの普通として運用されていた。平日ダイヤが桂発6時49分、7時19分、7時34分、8時00 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~快速特急京とれいん~

阪急京都本線快速特急京とれいんは2011年5月14日ダイヤ改正で新設された観光列車。特急運用から外れた6300系を改造し誕生した。京とれいんは6300系6両編成で、全体的に京風のイメージで内装が仕上げられている。3・4号 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~準急高槻市行き~

阪急京都本線では2007年3月ダイヤ改正から2010年3月ダイヤ改正まで最終の準急が高槻市行きで運転されていた。平日のみの運転で土休日は23時台に最終の快速急行が運転されていた。2010年3月ダイヤ改正で桂まで延長され、 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線〜準急桂行き〜

阪急京都本線では平日の最終の準急が桂行きとして運転されている。2007年3月17日ダイヤ改正では準急高槻市行きとして急行高槻市行きを置き換えたが、2010年3月14日ダイヤ改正で桂まで延長されて現在に至っている。

コメントなし

阪急京都本線〜6300系通勤特急河原町行き〜

阪急京都本線では2010年3月14日ダイヤ改正以前に6300系通勤特急が運転されていた。同改正前に6300系は引退しているが、2007年3月17日ダイヤ改正時には通勤特急は6300系が主力で使用されていた。2007年3月 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線〜快速特急河原町行き〜

阪急京都本線では2007年3月17日ダイヤ改正以前に夕方ラッシュ時以降に快速特急を運転していた。河原町行き快速特急は平日朝の時間帯は梅田発7時12分、9時00分、9時15分の3本が運転されていた。平日夕方以降は梅田発16 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線〜快速特急梅田行き〜

阪急京都本線では2007年3月17日ダイヤ改正以前に夕方ラッシュ時以降に快速特急を運転していた。2001年3月24日ダイヤ改正で誕生した種別で、停車駅は河原町から烏丸、大宮、桂、高槻市、十三、梅田。梅田行き快速特急は河原 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線〜6300系通勤特急梅田行き〜

阪急京都本線6300系通勤特急は2010年3月14日ダイヤ改正以前に運転されていた。通勤特急は1997年3月2日ダイヤ改正で一旦消滅したが、2001年3月24日ダイヤ改正で復活した。停車駅は河原町から烏丸、大宮、西院、桂 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線〜6300系普通桂行き〜

阪急6300系が運用されていた2010年3月14日ダイヤ改正以前に河原町発22時57分の普通桂行きに6300系が使用されていた。平日のみの運転で、6300系による普通桂行きはこの1本だけだった。

コメントなし

阪急京都本線〜6300系快速急行〜

阪急京都本線では2007年3月17日ダイヤ改正以前に6300系を使用した快速急行が運転されていた。平日ダイヤでは上り河原町行きが梅田発6時00分、夕方の河原町発18時37分が梅田行きで運転されていた。土休日ダイヤでは早朝 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線〜堺筋急行天下茶屋行き〜

阪急京都本線、千里線、大阪市交堺筋線の堺筋急行は2001年3月24日ダイヤ改正で運転を開始した。それ以前にも運転されていたが、同改正から河原町から高槻市までの各駅と茨木市、南茨木、淡路、天神橋筋六丁目以遠の各駅の停車駅に … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線〜堺筋快速急行河原町行き〜

阪急京都本線、千里線、大阪市交堺筋線で運転されていた堺筋快速急行は2001年3月24日ダイヤ改正で誕生した。従来の堺筋急行と同じ停車駅だったが、京都本線のダイヤ改正に伴い、急行の停車駅が変更され、従来の急行は快速急行とな … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~茨木市始発快速急行梅田行き~

阪急京都本線では2010年3月14日ダイヤ改正以前に土休日ダイヤに茨木市始発の梅田行き快速急行が1本運転されていた。茨木市発6時16分で、前日から茨木市駅4号線に留置されていた車両が使用されていた。

コメントなし

阪急京都本線~急行高槻市行き~

阪急京都本線では2001年3月24日ダイヤ改正以降平日ダイヤの梅田発の最終の急行は高槻市行きで運転されてきた。夕方以降は快速急行が運転され、急行は夕方ラッシュ時以降の運転はなかったが、最終の高槻市行きだけは急行として運転 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~普通長岡天神行き~

阪急京都本線普通長岡天神行きは2013年12月21日ダイヤ改正以前に運転されていた。2010年3月14日改正以降のダイヤでは平日ダイヤ河原町発8時41分、土休日ダイヤ河原町発20時14分にそれぞれ1本ずつ運転されていた。 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~6300系茨木市始発快速急行河原町行き~

阪急京都本線では2007年3月17日ダイヤ改正で茨木市始発の快速急行河原町行きが平日朝ラッシュ時に2本新設された。茨木市発7時11分、7時43分の2本が運転され、いずれも6300系が使用されていた。この電車は2010年3 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~堺筋準急高槻市行き~

堺筋準急高槻市行きは2010年3月14日ダイヤ改正で、それまで運転されていた茨木市行きの堺筋準急を高槻市まで延長して誕生した。運転本数は7本で茨木市行き時代と同様でダイヤもほぼ踏襲される形で運転されていた。2013年12 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~堺筋準急茨木市行き~

準急茨木市行きは2007年3月17日ダイヤ改正で夕方ラッシュ時に新設され、2010年3月14日ダイヤ改正で高槻市行きに変更となり消滅した。2007年3月17日ダイヤ改正時には平日夕方ラッシュ時に天下茶屋発17時37分、1 … 続きを読む

コメントなし

大阪市交堺筋線・阪急京都本線~堺筋準急河原町行き~

2011年5月14日ダイヤ改正で土休日デーダイヤの準急の半数が堺筋準急となった。20分毎の運転で一部は淡路で快速特急京とれいんと連絡する。下りは河原町発8時44分から14時45分まで20分毎の運転。上りは天下茶屋発9時3 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~普通茨木市行き~

阪急京都本線普通茨木市行きは2013年12月21日ダイヤ改正で、平日夕方ラッシュ時に設定された。天下茶屋発18時49分、19時09分、19時29分、20時31分の4本が運転されている。淡路で快速と接続している。4本中3本 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~河原町発高槻市行き快速急行~

阪急京都本線では2013年12月21日ダイヤ改正で河原町発23時30分に高槻市行き快速急行が新設された。これまで梅田発で高槻市行きの急行の運転はあったが、快速急行の高槻市行きの運転はこれが初めてである。長岡天神で梅田行き … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~快速~

阪急京都本線では快速が運転されているが、2013年12月21日ダイヤ改正から幕の色が変更された。従来は準急と同じ緑地に白文字の幕が採用されていたが、準急と紛らわしいということで改正後は青地に白文字の幕に変更された。また、 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線2013年12月21日ダイヤ改正

阪急京都本線では2013年12月21日に西山天王山駅開業に伴うダイヤ改正を実施した。長岡天神~大山崎間に西山天王山駅を新設。同駅には準急と普通が停車する。これに伴い、各列車の所要時分が延びているが、待避駅の変更などは行わ … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~河原町発普通高槻市行き~

阪急京都本線で河原町発23時23分に運転されていた普通高槻市行き。河原町発の高槻市行きはこの1本だけで、2013年12月21日ダイヤ改正で快速急行高槻市行きに置き換えられた。

コメントなし

阪急京都本線~西山天王山駅~

2013年12月21日に阪急京都本線長岡天神~大山崎間に西山天王山駅が開業した。準急と普通が停車し、データイム、夕方ラッシュ時は片道毎時6本、朝ラッシュ時は片道毎時8本の電車が停車する。周辺の道路整備が行われ、京都縦貫道 … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速~

関西私鉄で快速という列車種別を採用しているのは阪急京都本線と神鉄粟生線のみとなっている。それ以外の路線では快速○○という種別はよく使われているが、快速というのは全く使われていない。 阪急京都本線の快速は早朝と夕方ラッシュ … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速急行~

関西私鉄では快速特急の採用は少ないが、快速急行は大手5社とも採用している。もっともメジャーなものは近鉄奈良線の大阪難波~近鉄奈良間の快速急行だろう。終日に渡って運転されており、2009年3月の阪神なんば線開業からは三宮~ … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~直通特急~

関西私鉄では直通特急という種別を阪神、山陽、阪急で採用している。阪急は臨時のみで運転されており、阪神、山陽は両社間の直通列車に終日採用されている。  阪神、山陽の直通特急は両者の直通運転を拡大した1998年2月15日のダ … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~通勤特急~

関西で通勤○○という種別を採用しているのは阪急と京阪だけである。伝統的に阪急がよく採用している印象が強いが、阪急京都本線の通勤特急以外は1995年の震災復興ダイヤ以降で採用されており、意外に歴史は浅い。  阪急京都本線の … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速特急~

関西私鉄で快速特急の種別を採用しているのは定期列車では土休日のみ運転の阪急京都本線快速特急京とれいんのみで現在のところそれ以外では快速特急を使用している会社はない。臨時列車では阪急京都本線の梅田~嵐山間、河原町~嵐山間に … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~堺筋準急~

阪急京都本線では平日朝夕ラッシュ時と土休日のデータイムに堺筋線直通の準急が運転されている。平日朝ラッシュ時は河原町から天下茶屋行きの下りのみが運転され、平日夕方ラッシュ時は天下茶屋発高槻市行きの上りのみが運転されている。 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~快速~

阪急京都本線では平日早朝の下りと平日夕方ラッシュ時の上りに快速が運転されている。平日のみの運転で、土休日の運転はない。停車駅は梅田から十三、南方、淡路、上新庄、南茨木、茨木市、高槻市、長岡天神、桂、西院、大宮、烏丸、河原 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~急行~

阪急京都本線では2007年3月17日ダイヤ改正までデータイムに急行が運転されていた。停車駅は梅田から十三、淡路、茨木市、高槻市以遠の各駅となっていた。2001年3月24日ダイヤ改正以前は現在の快速急行と同じ停車駅で運転さ … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線~準急長岡天神発梅田行き~

 土休日ダイヤで長岡天神発6時02分梅田行きの準急は長岡天神始発となっている。前日から下り副本線で滞泊となり、そのまま始発の準急となる。この電車には9300系が運用されている。

コメントなし

阪急千里線~臨時直通特急ほづ~

地下鉄堺筋線の天下茶屋から阪急嵐山まで運転されている直通特急ほづ。天神橋筋六丁目~淡路間は千里線を走る唯一の特急となっている。行楽シーズンのみの運転で、上り嵐山行きは天下茶屋発10時15分(2013年現在)で嵐山着は11 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線10連快急

 阪急京都本線では平日朝ラッシュ時下り快速急行3本と上り快速急行3本において10連運転を行っている。平日下りは河原町発7時12分、同29分、同46分が10両編成で運転されている。うち1本は河原町駅で2両を増結して10両編 … 続きを読む

コメントなし

阪急京都本線臨時列車~臨時急行さがのエクスプレス~

阪急京都本線の土休日ダイヤが15分サイクルだった時代に行楽シーズンに梅田~嵐山間に臨時急行が運転されていた。当初は梅嵐急行などと呼ばれていたが、後にさがのエクスプレスの愛称が付けられ、晩年にはヘッドマークが付けられるよう … 続きを読む

コメントなし