阪急甲陽線

阪急甲陽線6000系阪急甲陽線は夙川と甲陽園を結ぶ2.2kmの路線で、軌間1435㎜単線直流1500Vの電化鉄道である。夙川で阪急神戸本線と接続している。電車は終日6000系3両編成が運行されており、データイムはワンマン運行を行っている。

夙川駅ホームは阪急神戸本線とT字になっており、短絡線が設けられている。甲陽線電車はそこを通って西宮車庫への入出庫を行っている。短絡線は神戸本線上り線と接続している。下り線から甲陽線に入るには下り本線上、上り夙川駅ホーム、引き上げ線の3回の方向転換を行う。夙川駅甲陽線ホームは1面1線のみで短絡線もホームに接しているが柵が設けられ、停車はできない。


夙川を出ると夙川に沿って真っ直ぐ単線で進む。苦楽園口は行き違い可能駅で、2面2線の構造となっている。苦楽園口を出て右にカーブして夙川を渡り左手に夙川学院を見て左カーブすると終点の甲陽園となる。甲陽園はホーム3面2線の行き止まり駅となっており駅北側には甲山などの山並みが広がっている。こじんまりとした駅前風景など阪急の他線にはない独特の雰囲気がある。のんびりとした雰囲気とは裏腹に乗降数は案外多く、平日は学生の利用、土休日などにはハイキング客などで賑わっている。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

関西各駅探訪第51回〜阪急甲陽線甲陽園駅~

1.概要 阪急甲陽線甲陽園駅は兵庫県西宮市にある甲陽線終点の駅である。六甲山脈東部の麓に位置している。西宮七園の一つで、駅周辺には高級住宅地が広がっている。2.駅周辺 駅前の道路は非常に狭い。山の手に高級住宅街が広がって … 続きを読む

コメントなし

【阪急6000系】

阪急6000系は1976年に登場した通勤型車両。神宝線用として登場した。電装品は5100系を踏襲する抵抗制御車で、外観は先に登場した2200系を踏襲した新しい通勤型のタイプとなった。先頭車には6300系と同様に阪急のイニ … 続きを読む

コメントなし