阪急神戸本線

8000F

8000F

【阪急神戸本線ガイド】

阪急神戸本線は梅田~神戸三宮間を結ぶ32.3kmの路線で、全線複線の軌間1435㎜、1500V直流の電化鉄道である。また、第2種鉄道事業として神戸三宮~西代間も神戸線の一部といえる。ただし、阪急が神戸高速に乗り入れるのは、1998年2月のダイヤ改正より阪急三宮~新開地間に限られている。同改正では山陽電車の乗り入れも朝夕のラッシュ時と夜間に限定されるようになった。しかし、2006年10月28日のダイヤ改正で山陽普通車のデータイムの阪急三宮乗り入れが復活している。
阪急神戸本線は、阪神間の輸送を担う特急と普通を中心とした運転で、ラッシュ時にはそれらを補完するために通勤特急、通勤急行が運転され、朝ラッシュ時には今津線からの直通準急も運転されている。特急はかつては山陽本線の須磨浦公園まで直通していたが、現在は神戸高速の新開地までの運転となっている。山陽乗り入れが中止となったことと今津線への乗り入れが朝ラッシュ時のみに限られたため、神戸線の全ての電車が8両以上で運転されるようになっている。この他、夜間には快速急行や急行も運転されており、列車種別は案外複雑になっている。


阪急神戸本線は梅田で阪急各線(十三~梅田間の重複乗車は認められていないが)と接続し、地下鉄各線(御堂筋線、谷町線、四つ橋線)、JR各線(JR京都線、宝塚線、大阪環状線)と連絡している。梅田駅の神戸本線ホームの構造は他線同様3面3線となっている。神戸本線電車は7号線、8号線、9号線から発着している。7号線は普通、8、9号線からは特急や通勤急行が発着している。梅田を出ると他の2線と3複線で進む。北ヤードの開発によりすっかり整地された梅田貨物駅跡を左手に見て、JR梅田貨物線をアンダーパスすると1面2線の細いホームの中津となる。春日野道と双璧と言ってよいほどホームは狭い。同駅は地下鉄御堂筋線の中津とは少し離れており、乗り換えるには不便である。中津を出て3複線が揃って新淀川を渡り、十三となる。

十三の神戸本線ホームは2面2線で、神戸本線ホームは1号線、2号線が割り当てられている。上り2号線ホームは宝塚本線下りホームと共用している。このホームには関西立ち食いそば発祥と言われる阪急そばが店を構えており、ホームには古くから多くの店舗が店を出している。十三では阪急宝塚線、京都線と接続しており、梅田までの重複乗車は認められていないので、阪急各線との乗り換えは十三で行う。最近では梅田で空いていても十三からたくさん乗ってくるという光景も珍しくない。十三の梅田方の宝塚線との間には引上げ線が設けられている。この引上げ線は宝塚線、京都線の線路につながっており、行楽シーズンに嵐山方面への臨時列車がここでスイッチバックして京都本線にはいる。また、京都本線の正雀工場に車両を送り込む際によく使われている。


13 03 31_1290十三を出ると国道176号線十三バイパスの下をくぐり、それから高架線を駆け上がり、北方貨物線を跨いで、その上を山陽新幹線がオーバークロスする。次の神崎川は対向ホーム2面2線で普通しか停まらない駅である。神戸方は神崎川橋梁となっており、台風などで高潮が発生した時には防潮堤が閉められ、阪急電車も運転が休止される。神崎川から西宮北口までは最高速度が115km/hに引き上げられている。神崎川を渡り、左手につるやゴルフの練習場を見て、高架線を走り、すぐに地上に下りる。なおも直線で進んでいき、阪神高速11号池田線、府道10号空港線がオーバークロスする。この近辺の線路敷地はかなり広くなっている。現在は桜がたくさん植えられていて春には綺麗な景色が展開されるが、この用地はかつての新大阪への新線建設のためのものである。但し、京都線側の淡路〜新大阪間の免許を失効しており、新大阪周辺の土地も売却されているため、新大阪〜神崎川間が建設される可能性はほとんどない。旧猪名川を渡って兵庫県尼崎市に入り、続いて猪名川を15 06 28_8884渡って高架線を駆け上がると4面4線の園田となる。通常の2面4線に加えて待避線に臨時ホームが設けられており、園田競馬の観客輸送に対応した構造となっている。ラッシュ時や臨時急行が運転される際の回送がここで待避を行う。園田も普通しか停まらない。園田を出てすぐに左カーブする。ここは90km/h程度の制限となっており、阪急神戸線ではきつい部類のカーブになっている。藻川を渡り再び山陽新幹線がオーバークロスしてからは真直ぐ進む。そしてJR宝塚線をアンダークロスして高架を走り抜け2面3線の塚口となる。塚口では伊丹線と接続している。神戸本線は2面2線を使用し、伊丹線が1面1線を使用している。伊丹線とは梅田行上り線がホームを共有している。塚口は通勤特急と急行、通勤急行、準急が停車するが、これらはラッシュ時のみの運転となっている。データイムは普通のみが停車する。



12 12 09_7877塚口を出てもなお真直ぐ進み、対向ホーム2面2線の武庫之荘となる。武庫之荘も乗降が多く、朝夕ラッシュ時には通勤急行が停車する。上りホームは通勤急行の10両運転に対応している。武庫之荘を出ると武庫川を渡り西宮市に入る。武庫川橋梁は老朽化のためコンクリート橋に最近架け替えられている。武庫川橋梁付近に新駅設置の要望があるが、今のところ実現していない。武庫川を渡り、右手に西宮車庫が見えると西宮北口である。西宮北口は4面4線の橋上舎駅で、これに加えて今津線のホームが北と南にある拠点駅である。今津北線との間には連絡線もあり、ここを通って朝ラッシュ時の準急や競馬開催時の臨時急行、行楽期の直通特急は運転されている。西宮北口では通常特急と普通が緩急接続を行う。特急は通常両側をホームに挟まれた1、4番線に停まる。三宮方には折り返し線があるが、ラッシュ時以外は使われていない。


13 07 20_6990西宮北口を出ると高架線を駆け上がる。このあたりは阪神大震災で被害が大きかった区間である。次の夙川では甲陽線と接続している。ホーム2面3線で、上りホームは甲陽線ホームと共用しており、T字型になっている。同駅は2006年10月28日ダイヤ改正から特急停車駅となった。同改正から特急以下全ての種別が停車するようになった。神戸三宮方には甲陽線の引き上げ線があり、甲陽線への回送電車はここでスイッチバックして短絡線を経由して同線に入っていく。次の芦屋川は対向ホーム2面2線で、その名のとおり芦屋川の上にある。周辺は大きなお屋敷が多い。芦屋川を出ると神戸市に入り、特急停車駅の岡本となる。対向ホーム2面2線で、特急以下全ての電車が停車する。JR摂津本山とは至近距離にあり、山手には甲南大学などがあり、学生の利用も多い。このあたりはかなり山の手を走っている感がある。岡本を出てS字カーブを過ぎると御影で、対向ホーム2面2線ながら、三宮方にかつての山陽用の折り返し線がある。この折り返し線はかつて山陽電車が六甲まで運転されていた時に折り返していたもので、現在はラッシュ時に増結車が待避線として使用する以外はほとんど使われていない。


15 06 28_8521次の六甲は2面4線の追い越し駅で、中央が通過線となっている。通過線にはホームがないため緩急接続はできない。六甲は神戸大学の最寄り駅で学生の利用も多い。JR六甲道と近いが、岡本と摂津本山ほど至近距離ではない。かつてはデータイムの普通がここで特急を待避していたが、中間駅の競争力の向上と特急の岡本停車により、普通は三宮まで逃げ切るようになった。六甲を出ると山の手から市街地へ向かって行く格好で、左カーブして高架線を上がり、王子動物園の最寄り駅の王子公園となる。同駅はパンダが来園してから来園者が増えたため、阪急も行楽期に特急を臨時停車させたりしていた。パンダブームも落ち着き、現在は特急の臨停もなくなった。王子動物園は北側へ歩いてすぐの所にあり、南側に歩けばJR灘があり、それを越すと阪神岩屋がある。王子公園を出るとJR神戸線が近づいてきて並行する。春日野道は1面2線で非常に狭いホームとなっている。少し離れたところに阪神春日野道も地下駅であるが、同駅も非常に狭いホームとなっていた。阪神の方は改良工事で対向ホームになってホームの幅は広くなった。阪急の春日野道は今のところ改良計画はなく、しばらくは現状のまま推移しそうだ。



13 05 02_5275春日野道を出るとさらにJRと並行して進み、右手に新神戸駅を見ながら生田川を渡り、JR三ノ宮のホームが先に見えてきてそれを通り越してドーム型の屋根が見えると神戸三宮となる。このあたりはJRと並行しているため、新快速との直接対決が見られるところで、加速では阪急に一日の長がありそうだが、高速域ではとても敵わなくなっている。神戸三宮は2面3線の構造で、中央の2番線が折り返し用で、三宮止まりの通勤急行や普通が折り返している。また、数少なくなったが山陽電車の普通も同駅で折り返しており、梅田方の本線で折り返し作業を行う。2013年12月21日に三宮から神戸三宮へと改称された。正式名称として神戸を冠するようになったが、以前から案内放送などでは神戸三宮とアナウンスされていた。同じく梅田は大阪梅田、河原町は京都河原町でアナウンスされることが多い。
神戸三宮を出ると神戸高速鉄道東西線となり、阪急は同社に線路を借りて営業を行うことになる。JRとなお並行しながら進み、地下に潜って2面2線の花隈となる。花隈を出て下り線が阪神の上り線と立体交差して高速神戸となる。高速神戸は2面4線で阪急は下り線が3番線、上り線は1番線を使用する。姫路方に折り返し線があるが、阪急の折り返し線は上り線側にある。駅の南側にJR神戸駅があり、両駅は地下街で直結している。高速神戸を出るとその折り返し線が終わったところで新開地となる。新開地は2面3線で阪急特急は中央の2、3番線で折り返しを行っている。新開地では神戸高速山陽方面と接続、神戸高速神鉄方面と連絡している。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【阪急8200系】

阪急8200系は1995年6月12日の阪神淡路大震災の復興ダイヤで、運転を開始した座席収納型車両。神戸本線の混雑に対応するため、震災前から投入が計画されていた。系列としては8000系列となっているが、3桁目には試作車両に … 続きを読む

コメントなし

【阪急8000系】

阪急8000系は1988年に登場した神戸本線、宝塚本線用の通勤型車両。阪急標準の3扉ロングシート車で、車体は7000系と同様にアルミ製となった。制御方式はGTO素子によるVVVFインバータ制御となった。制御器1台で4基の … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第223回~阪急神戸本線武庫之荘駅~】

~阪急神戸線東部屈指の桜の名所~ 阪急神戸本線武庫之荘駅は兵庫県尼崎市にある。当駅の塚口方には線路沿いに桜並木があり、神戸線でも阪急電車と桜が一緒に撮影できる名所となっている。朝夕ラッシュ時には通勤急行が停車し、以前は朝 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第209回~阪急神戸線御影駅~

~山の手には神戸市内屈指の高級住宅街、構内には山陽電車直通時代の遺構引上線が残る駅~  阪急神戸線御影駅は、神戸市東灘区にある。西宮北口以西各駅に停まる通勤急行と普通が停車する。阪神御影駅とは1.3㎞程離れているので、連 … 続きを読む

コメントなし

阪急十三駅

  十三駅は阪急電鉄の主要3路線が集まる一大結節駅である。1日の乗降は阪急全体で5位になっているが、乗り換え客が多くホームは終日混み合っている。構内は4面6線で、西側の神戸本線下り線から1号線となっており、京都 … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線臨時列車~臨時急行~

今津線仁川駅が最寄の阪神競馬場開催時に梅田直通の臨時急行が運転されている。開催されているレースの規模などにより運転本数に差異がある。桜花賞や宝塚記念などのG1開催時にはG1レース終了後に多数の臨時急行が運転され、10本前 … 続きを読む

コメントなし

阪急宝塚本線臨時列車~臨時嵐山行き~

現在の直通特急の前身とも言える臨時列車は宝塚本線からも運転されていた。当初梅田折り返しで運転されていた時の話で、神戸本線からの臨時列車も梅田駅6号線で折り返すダイヤが組まれていた。

コメントなし

阪急神戸本線快速急行3

深夜時間帯の梅田行き快速急行は新開地発が4本、高速神戸発が1本運転がある。土休日も同様の運転がある。 最終の新開地発快速急行は西宮北口行きとなっている。土休日も同様に運転がある。

コメントなし

阪急神戸本線臨時列車~臨時直通特急~

阪急神戸本線では行楽シーズンに嵐山へ直通特急が運転されている。高速神戸から1本、宝塚から今津線経由で1本運転されており、往路のみならず復路も運転されているのが特徴である。十三で引き上げ線に入り、ここでスイッチバックして宝 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第100回~阪急神戸本線・宝塚本線・京都本線梅田駅~

~関西いや日本有数の巨大私鉄ターミナル~ 阪急梅田駅は大阪市北区にある神戸本線、宝塚本線、京都本線が集まる阪急最大のターミナル駅である。阪急の枠を越えて私鉄最大級のターミナルとも言われる。ホーム10面9線を有し、京都本線 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第80回~阪急神戸本線西宮北口駅~

~ダイヤモンドクロスも今は夢の跡、ブレーブス本拠地跡地で大躍進を遂げた駅~ 阪急神戸本線西宮北口駅は、西宮市にある。北口と呼ばれているように、先に開業していた国鉄西ノ宮や阪神西宮よりも北に位置している。西宮市の北端は、は … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第80-2回~阪急神戸線・今津線西宮北口駅~

 西宮北口駅の2014年度の1日あたりの乗車人員は、53,422人で、うち定期利用者は26,318人となっている。10年前の2004年度は、39,679人で、うち定期利用が20,112人だった。駅周辺の再開発が進んで、阪 … 続きを読む

コメントなし

【阪急1000系】

阪急1000系は2013年に新造された車両で神戸本線、宝塚本線で運用されている。2013年11月28日に第一編成である1000Fが神戸本線で営業運転を開始した。12月25日には第二編成である1001Fが宝塚本線で営業運転 … 続きを読む

コメントなし

【阪急6000系】

阪急6000系は1976年に登場した通勤型車両。神宝線用として登場した。電装品は5100系を踏襲する抵抗制御車で、外観は先に登場した2200系を踏襲した新しい通勤型のタイプとなった。先頭車には6300系と同様に阪急のイニ … 続きを読む

コメントなし

【阪急3000系】

会社名 阪急電鉄 形式 3000系 使用線区 神戸本線・今津線・伊丹線・宝塚本線・箕面線 制御方式 抵抗制御 主電動機 直流直巻電動機 定格170kW ブレーキ 電磁直通ブレーキ・発電ブレーキ 台車 S型ミンデンFS34 … 続きを読む

コメントなし

【阪急5000系】

阪急5000系は1968年に誕生した神戸本線用の通勤型車両。神戸高速鉄道直通のため、1500V昇圧に備えて投入された神戸本線初の1500V専用車。抵抗制御車で、主電動機は定格170kWの高出力車でモーター車2両1ユニット … 続きを読む

コメントなし

【阪急9000系】

阪急9000系は06年に登場した神宝線の新しい形式で、06年7月31日に9000Fが神戸線で営業運転を開始している。03年に登場した京都線用の9300系と同様の外観を持つが、室内がオールロングシートとなり、側窓の寸法も9 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第34回~阪急神戸線・宝塚線中津駅~

1.中津駅概要 阪急神戸本線、宝塚本線の中津駅は梅田~十三間にある。同区間では京都本線も並行して走っているが、京都本線にはホームはない。ホーム有効長は8両分あるが、両線ともホーム幅は非常に狭い。JR東海道貨物線が近くを走 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第24回~阪急神戸本線園田駅~

1.園田駅概要 阪急神戸本線園田駅は兵庫県尼崎市にあり、塚口駅の1駅東に位置する。公営競馬の園田競馬場への最寄駅で、競馬客に対応するため、臨時改札や臨時ホームも設けられているが、現在は使われていない。駅設置のはしりが園田 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第8回~阪急神戸本線神戸三宮駅~

1.概要阪急神戸三宮駅は1936年4月1日に開業した。当時ライバルだった阪神や国鉄よりも後発で、それ以前は現在の王子公園付近に神戸のターミナルを持っていた。当初は神戸駅と命名されていたが、1968年の神戸高速鉄道開業によ … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線~通勤特急梅田行き~

阪急神戸本線では平日朝ラッシュ時上りに通勤特急梅田行きを運転している。新開地始発が6時08分、6時23分、6時38分、6時44分、7時26分、7時42分、7時58分、8時25分、8時41分、8時52分、9時01分の11本 … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線~通勤急行神戸三宮行き~

阪急神戸本線では平日夕方ラッシュ時に梅田〜神戸三宮間に通勤急行を運転している。梅田発の下りのみの運転で、梅田発17時26分から21時56分の間に10分毎に運転されている。停車駅は梅田から十三、塚口、武庫之荘、西宮北口以遠 … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線【朝ラッシュ時ダイヤ】

阪急神戸本線平日朝ラッシュ時上りダイヤは15分サイクルに特急、通勤特急、通勤急行、準急が各1本、普通が2本運転されている。特急は新開地〜梅田間の運転、通勤特急は新開地、高速神戸、神戸三宮〜梅田間の運転、通勤急行は神戸三宮 … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線~普通高速神戸行き~

阪急神戸本線普通高速神戸行きは平日ダイヤ朝ラッシュ時を中心に運転されている。平日梅田発7時31分、7時47分、8時10分、8時33分の4本。土休日ダイヤの運転はない。 また、梅田発以外に西宮北口発高速神戸行き普通が平日ダ … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線〜急行西宮北口行き〜

阪急神戸本線では平日朝ラッシュ時に急行西宮北口行きを運転している。梅田発7時57分、8時12分、8時28分、8時43分の4本。土休日の運転はなく、朝ラッシュ後の入庫電車の役割を果たしている。

コメントなし

【阪急神戸本線夕方ラッシュ時ダイヤ】

阪急神戸線の夕方ラッシュ時ダイヤは、2001年3月のダイヤ修正前は、12分サイクルに特急、急行、普通、西宮北口止まりの普通が各1本運転され、ピーク時には今津線経由の宝塚行準急が24分毎に運転されていた。ダイヤ修正により、 … 続きを読む

コメントなし

【阪急神戸本線データイムダイヤ】

 阪急神戸線のデータイムダイヤは10分サイクルに新開地行き特急1本、神戸三宮行き普通1本の運転となっている。各駅で10分に1本の電車を確保するわかりやすいダイヤで、データイムダイヤの基本は長らく変わっていない。特急は20 … 続きを読む

コメントなし

【阪急神戸本線夜間ダイヤ】

阪急神戸本線の20時台、21時台は夕方ラッシュ時ダイヤと全く同じで、22時以降から夜間ダイヤに入る。22時台は梅田発22時00分の特急以外は、快速急行の運転となり、快速急行、普通で10分サイクルを組む。快速急行の停車駅は … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~通勤急行~

関西私鉄各線で通勤急行の種別を採用しているのは阪急神戸本線、阪急宝塚本線の2路線である。通勤○○という種別は阪急で採用例が多く、後発で京阪も採用しているが、他の3社では採用例は見当たらない。阪急神戸本線の通勤急行は震災復 … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速急行~

関西私鉄では快速特急の採用は少ないが、快速急行は大手5社とも採用している。もっともメジャーなものは近鉄奈良線の大阪難波~近鉄奈良間の快速急行だろう。終日に渡って運転されており、2009年3月の阪神なんば線開業からは三宮~ … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~直通特急~

関西私鉄では直通特急という種別を阪神、山陽、阪急で採用している。阪急は臨時のみで運転されており、阪神、山陽は両社間の直通列車に終日採用されている。  阪神、山陽の直通特急は両者の直通運転を拡大した1998年2月15日のダ … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~通勤特急~

関西で通勤○○という種別を採用しているのは阪急と京阪だけである。伝統的に阪急がよく採用している印象が強いが、阪急京都本線の通勤特急以外は1995年の震災復興ダイヤ以降で採用されており、意外に歴史は浅い。  阪急京都本線の … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線普通西宮北口行

1.高速神戸発西宮北口行き普通。平日朝ラッシュ時後半に3本が運転。 2.三宮発西宮北口行き普通。夜間に4本が運転されている。新開地発2本、高速神戸発1本も運転されており、神戸方面から西宮北口へ夜間に7本の普通の運転がある … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線特急三宮行き

平日朝ラッシュ時に梅田発8時00分に三宮行き特急が1本ある。

コメントなし

阪急神戸本線急行梅田行き

早朝。平日三宮発6時31分に梅田行き急行が1本ある。土休日三宮発6時41分に梅田行き急行が1本ある。

コメントなし

阪急神戸本線急行新開地行き

土休日深夜時間帯に梅田発23時15分に急行新開地行きが1本ある。平日には設定がなく、急行新開地行きは後にも先にもこの1本のみとなっている。  

コメントなし

阪急神戸本線急行三宮行き

1.早朝。かつて7時台に三宮行き急行が運転されていた。 2.平日朝ラッシュ時に梅田発8時53分に三宮行き急行が1本ある。 3.平日深夜に梅田発23時45分、同0時00分に三宮行き急行が2本ある。土休日ダイヤではこれに23 … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線特急高速神戸行き

1.早朝。土休日の早朝から朝の時間帯にかけて梅田発高速神戸行きの特急が3本運転されている。梅田発6時55分、同7時30分、同7時50分。 2.朝ラッシュ時。平日ダイヤ梅田発8時30分に高速神戸行き特急が1本ある。 3.夜 … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線普通新開地行き

1.早朝。梅田発新開地行き普通は早朝に3本運転されている。土休日も同様で、5時台に20分毎の運転となっているのも同じである。 2.平日朝ラッシュ時には梅田発新開地行き普通は梅田発6時46分、同7時39分の2本が運転されて … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線快速急行2

平日梅田発22時以降の下りで快速急行の運転がある。梅田発22時10分から23時00分まで10分毎の運転、23時以降は15分毎の運転となっている。新開地行きが8本運転されている。梅田発23時30分が最終となっており、それ以 … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線快速急行1

早朝快速急行梅田行き。新開地発5時54分の梅田行き快速急行。快速急行は早朝にはこの上り1本しか設定がない。土休日にも運転がある。

コメントなし

阪急神戸本線~西宮北口駅~

阪急神戸本線西宮北口駅では平日朝ラッシュ時に上り通勤急行の増結作業が行われている。最混雑時間帯の通勤急行3列車のみで、特急、通勤特急は三宮で増結作業を行う。増結作業は4号線で行われ、通勤急行が増結している間に通勤特急が追 … 続きを読む

コメントなし

阪急神戸本線平日朝ラッシュ時~三宮駅~

阪急神戸本線三宮駅では平日朝ラッシュ時に8両編成を10両編成に増結する作業が行われている。対象は10両運転を行う上り特急、通勤特急で、10本中8本が三宮駅で増結作業を行う。また、下り特急3本が三宮駅で増結車2両の解放を行 … 続きを読む

コメントなし