阪急今津線

3154F

3154F

【阪急今津線ガイド】

阪急今津線は兵庫県西宮市の今津と同県宝塚市の宝塚を結ぶ9.3kmの路線である。かつては西宮北口にダイヤモンドクロスがあり、神戸本線と平面交差していた。これを通って今津~宝塚間を直通していたが、神戸本線のホーム延伸など西宮北口駅改良によりダイヤモンドクロスは廃止された。これにより今津線は南北に分断されて、現在も分断した状態が続いている。このため、運転系統は今津~西宮北口間、西宮北口~宝塚間の2系統に分かれている。前者を通称今津南線、後者を通称今津北線と呼んでおり、現在のところ全く性格が異なる路線となっている。今津北線は2008年に発売された有川浩氏の小説阪急電車の舞台になった。同小説は2011年に映画化され、スクリーンでは本物の阪急電車の中、物語が展開された。

今津南線の今津は島式ホーム1面2線の高架駅で阪神本線今津駅と連絡している。両駅とも高架化されたので連絡通路を通って乗り換えることができる。今津を出ると高架を走り、築堤に変わり対向式ホーム2面2線の阪神国道となる。阪神国道とは国道2号線の通称で、同国道との交点に駅がある。阪神国道を出るとJR神戸線を跨いで、高架線を行く。西宮北口手前で地上に下りる短絡線を分岐して単線になる。単線のまま西宮北口に着く。西宮北口は1面1線の高架駅で神戸線の橋上駅舎につながっている。今津方に南口があり、西宮ガーデンズと連絡橋で繋がっている。

今津北線は西宮北口の6号線、7号線から発着しており、6号線の隣には神戸本線との短絡線がある。この短絡線を通って神戸線直通の準急や臨時急行が運転されている。短絡線にはホームがない。ここを通過する列車は全て西宮北口駅は通過となる。西宮北口では神戸本線と今津南線と接続している。神戸本線との乗り換えには階段の昇り降りが伴う。神戸本線梅田行き副本線には乗降分離用のホームがあり、そのホームは今津線とは壁を隔ててつながっている。朝ラッシュ時などに利用が集中して混乱を避けるために壁を設けて今津線と神戸本線の乗り換えは橋上を介して行っているが、今津線利用者の目からすると当然ながら階段の昇り降りはない方が良い。西宮北口を出ると真っ直ぐ北上していく。国道171号線と交差して対向ホーム2面2線の門戸厄神となる。関西では厄除けの神様として有名な門戸厄神と呼ばれる東光寺は北西へ約700mのところにある。

門戸厄神を出ると山陽新幹線と交差する。1995年1月17日の阪神淡路大震災でこの山陽新幹線の高架橋と先の国道171号線の高架橋がの時に崩落して今津線は不通になった。次の甲東園は対向式ホーム2面2線で橋上駅舎化されている。関西学院大学への最寄駅となっており、他にも私立大学、高校がひしめいており、学生の利用が非常に多い。甲東園を出ると左にカーブして丘陵地を駆け上がり仁川を渡って、宝塚市に入りすぐに対向式ホーム2面2線の仁川となる。阪神競馬場への最寄駅で、競馬場とは地下の連絡通路で結ばれている。今津線の各駅は上り線のみ8連に対応したホームになっているが、仁川は臨時列車運転のため下り線も8連に対応したホームとなっている。宝塚方には折り返し線があり、競馬開催時には臨時急行や西宮北口~仁川間の区間電車が折り返している。また、その引き上げ線があるところに上り臨時降車用ホームがあり、競馬開催時など利用者が集中する時には、上り電車は一旦臨時ホームで乗客を降ろして、仁川駅に入線するようになっている。仁川は競馬場の他に甲山森林公園や仁川自然植物園に近く、休日には家族連れなどで賑わっている。

宝塚市内を北上していき、勾配区間を抜けると桜並木の中を走る。春には満開の桜の中を走る。小林は対向式ホーム2面2線で、小林聖心女子学院への最寄り駅となってい
る。小林を出ると左にカーブして対向式ホーム2面2線で橋上駅舎の逆瀬川となる。同駅は宝塚市役所への最寄駅で、周辺は住宅地が広がり利用者も多い。逆瀬川を渡って高架に上がり、右にカーブしながら対向式ホーム2面2線で高架駅の宝塚南口となる。同駅は宝塚ホテルへの最寄駅で宝塚ホテル前の副タイトルも付く。同駅を出ると対岸に宝塚大劇場を見ながら武庫川を渡る。高架線で宝塚大劇場の横を走り、左にカーブする。かつては宝塚ファミリーランドの姿が左右に見られたが、今は宝塚ガーデンフィールズという有料公園となっている。右手から阪急宝塚線が近づいてきて、屋根に覆われた高架駅が見えると宝塚である。宝塚駅は2面4線の構造で、今津線は1面2線の専用ホームを持っているが、データイムは宝塚線との相互接続を考慮して今津線電車は宝塚線ホームから発着している。今津線電車は1、2号線が専用ホームとなっており、宝塚線ホームへは3号線のみに乗り入れが可能な配線となっている。今津線電車発車時には、鉄腕アトムのメロディが流れる。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【阪急8000系】

阪急8000系は1988年に登場した神戸本線、宝塚本線用の通勤型車両。阪急標準の3扉ロングシート車で、車体は7000系と同様にアルミ製となった。制御方式はGTO素子によるVVVFインバータ制御となった。制御器1台で4基の … 続きを読む

コメントなし

【関西各駅探訪第264回~阪急今津線小林駅~】

~映画阪急電車の舞台の一つにもなったこの駅の名はこばやしではなくおばやし~ 阪急今津線小林駅は兵庫県宝塚市にある。こばやしではなくおばやしと読む。映画阪急電車の舞台の一つになったことでも有名である。 小林駅は対向式ホーム … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第80回~阪急神戸本線西宮北口駅~

~ダイヤモンドクロスも今は夢の跡、ブレーブス本拠地跡地で大躍進を遂げた駅~ 阪急神戸本線西宮北口駅は、西宮市にある。北口と呼ばれているように、先に開業していた国鉄西ノ宮や阪神西宮よりも北に位置している。西宮市の北端は、は … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第80-2回~阪急神戸線・今津線西宮北口駅~

 西宮北口駅の2014年度の1日あたりの乗車人員は、53,422人で、うち定期利用者は26,318人となっている。10年前の2004年度は、39,679人で、うち定期利用が20,112人だった。駅周辺の再開発が進んで、阪 … 続きを読む

コメントなし

【阪急3100系】

阪急3100系は先に登場した3000系の低出力版で、高速走行を必要としない宝塚線用に製造された。1964年から1967年にかけて40両が製造され、後に2000系、2100系の付随車を連結して8両編成化された。3000系は … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第43回〜阪急今津線仁川駅〜

1.概要 阪急今津線仁川駅は兵庫県宝塚市にあり、JRA阪神競馬場への最寄駅となっている。周辺には関西学院など私立の大学や高校があり、仁川ピクニックセンターなどもあるため、平日、土休日ともに賑っている。 2.駅周辺 先述し … 続きを読む

コメントなし

【阪急6000系】

阪急6000系は1976年に登場した通勤型車両。神宝線用として登場した。電装品は5100系を踏襲する抵抗制御車で、外観は先に登場した2200系を踏襲した新しい通勤型のタイプとなった。先頭車には6300系と同様に阪急のイニ … 続きを読む

コメントなし

【阪急3000系】

会社名 阪急電鉄 形式 3000系 使用線区 神戸本線・今津線・伊丹線・宝塚本線・箕面線 制御方式 抵抗制御 主電動機 直流直巻電動機 定格170kW ブレーキ 電磁直通ブレーキ・発電ブレーキ 台車 S型ミンデンFS34 … 続きを読む

コメントなし

【阪急5100系】

阪急5100系は1971年から製造された宝塚本線系統用の電車。神戸本線に投入された直流電圧1500V仕様の5000系、冷房車の試作として製造された5200系の技術を継承し、5100系は直流電圧1500V、冷房車として製造 … 続きを読む

コメントなし

【阪急9000系】

阪急9000系は06年に登場した神宝線の新しい形式で、06年7月31日に9000Fが神戸線で営業運転を開始している。03年に登場した京都線用の9300系と同様の外観を持つが、室内がオールロングシートとなり、側窓の寸法も9 … 続きを読む

コメントなし

阪急今津線~送り込み回送~

阪急今津線の送り込み回送は北線、南線ともに西宮北口の短絡線を通る。北線の短絡線は西宮車庫に直結しており、神戸本線と支障なく出入りができる。 南線短絡線は神戸本線の南側にあり、神戸方の折り返し線で折り返してから短絡線に入る … 続きを読む

コメントなし

阪急今津線~臨時直通特急とげつ~

行楽シーズンに宝塚~嵐山間に今津線経由で運転されている臨時直通特急とげつ。今津線から西宮北口の短絡線を経由し、神戸本線に入り、十三でスイッチバックを行い、京都本線に入る。3本設定されている直通特急でも一番経路が複雑な列車 … 続きを読む

コメントなし

阪急今津線~準急梅田行き~

阪急今津線で平日朝ラッシュ時に運転されている宝塚発梅田行き準急。西宮北口の短絡線を経由して神戸本線に乗り入れている。このため同列車は西宮北口には停まらない。宝塚発7時台に4本、同8時台に2本が運転されている。宝塚~梅田間 … 続きを読む

コメントなし