阪神なんば線

9203F

9203F

【阪神なんば線ガイド】

阪神なんば線1000系快急

阪神なんば線は大阪市中央区の大阪難波駅と兵庫県尼崎市の尼崎駅を結ぶ10.1kmの路線である。長らく西九条~尼崎間の阪神西大阪線として運転されていたが、2009年3月20日に大阪難波~西九条間が開通し、阪神なんば線となった。大阪難波では近鉄難波線と直通しており、大阪難波駅は従来からあった近鉄難波線の駅に乗り入れる形となっている。大阪難波では近鉄難波線の他に、地下鉄御堂筋線、四つ橋線、千日前線、南海本線、南海高野線、阪神1000系普通尼崎行きJR大和路線と連絡している。桜川では地下鉄千日前線、南海汐見橋支線、ドーム前では地下鉄長堀鶴見緑地線、九条では地下鉄中央線、西九条ではJR大阪環状線、JRゆめ咲線とそれぞれ連絡している。大物、尼崎では阪神本線と連絡しており、尼崎から先、三宮まで快速急行
が直通運転を行っている。西大阪線時代はN特と呼ばれた特急の設定が短期間にあった以外は普通のみの運転であった。2009年3月20日の全線開通以降は快速急行、準急、区間準急、普通の4種別が運転されるようになっている。このうち準急と区間準急は近鉄難波・奈良線からの乗り入れ運転のため便宜上、種別分けされているだけで、阪神なんば線内は各駅に停車する。当初は快速急行も平日データイムに関しては阪神なんば線内は各駅に停まり、平日朝夕ラッシュ時と土休日は桜川、ドーム前、九条、西九条のみ停車となっていた。2012年3月ダイヤ改正で快速急行の西九条〜尼崎間の各駅停車はなくなり、全て通過運転となった。各駅停車の穴埋めのためデータイムの区間準急は平日も尼崎まで延長されている。

大阪難波は近鉄難波線の旧近鉄難波に乗り入れる形になっている。阪神なんば線開業に際して近鉄難波から大阪難波へと改称されている。駅構内は従来通り近鉄が管理しており、阪神の顔が覗けるのは専用の券売機があることと車両が乗り入れてくるぐらいであとは従来通り近鉄一色といった感じだ。ホームの配線は従来通り2面3線となっており、奈良方面へのホームが1面2線になっている。阪神なんば線開業に際して3番線は下りエスカレータの設置などが行われ、尼崎方面へのスルー運転に対応している。1・2番線は従来通り奈良方面行きホームだが、1番線は特急専用から一般車の発着も行われるようになっており、逆に2番線から発車する特急も設定されている。なお、1番線では近鉄特急が縦列停車して発車の順番を待つ光景が見られたが、これは現在も継続されている。尼崎方の引き上げ線は従来は3本あったが、うち2本が阪神なんば線の本線となったため、1本に減少している。このため隣の駅の桜川に近鉄専用の引き上げ線が2本設けられており、ここで近鉄難波・奈良線の電車が多数折り返している。また、大阪難波では近鉄の乗務員から阪神の乗務員への交代が行われていない。大阪難波~桜川間は近鉄の乗務員が受け持ち、阪神の乗務員への交代は桜川で行われている。線路戸籍上は大阪難波~桜川間は阪神の路線だが、実質的には近鉄の路線のような感じになっている。阪神特有の発車メロディが流れるのも桜川からとなっており、桜川以西が阪神なんば線で、大阪難波~桜川間は近鉄難波線の延伸線のような趣きに なっている。なお、大阪難波では近鉄難波線と直通するほか、地下鉄御堂筋線、四つ橋線、千日前線、南海本線、南海高野線、JR大和路線と連絡している。地下鉄各線との乗り換えは割合便利だが、南海、JRとはかなり離れている。立地としては大阪難波が一番便利な位置にあると言え、南海とJRの難波が街の外れにあると言ったところだろうか。

桜川は1面2線の構造で、先述したとおり尼崎方に引き上げ線が2本ある。この引き上げ線は近鉄の電車が折り返しに使用しており、近鉄電車が大阪難波から桜川まで回送されてくることが多い。阪神電車の折り返しはなく、阪神なんば線の電車は全て大阪難波まであるいはそれ以遠へ直通している。桜川では地下鉄千日前線と連絡しており、近くには南海汐見橋支線の汐見橋もある。汐見橋支線は将来的にはなにわ筋線につながる予定で、その時には関空輸送を担う重要路線へと飛躍する。なにわ筋線が実現すれば桜川は重要な結節点となる。地下鉄千日前線は桜川を出ると右にカーブして野田阪神へ向かうが、阪神なんば線はしばらく千日前通の下を走る。木津川の手前あたりで右にカーブして千日前通から離れて 木津川の下をくぐり、地下鉄長堀鶴見緑地線と交差してドーム前に着く。ドーム前は1面2線でホームは吹き抜け構造で開放感のある構造になっている。京セラドーム(大阪ドーム)への最寄駅で、長堀鶴見緑地線のドーム前千代崎と連絡している。京セラドームの間近に駅があり、今後難波方面、奈良方面、神戸方面からドームへ向かう利用は阪神なんば線が独占しそうだ。阪神としてはサブフランチャイズの京セラドームへ路線がつながり、フランチャイズの強化が行える。近鉄としては球団を手放す前に開業して欲しかったところだろうが、オリックスバファローズは京セラドームがフランチャイズとなっているので、近鉄バッファローズの血を引く同球団の観客輸送を担うことが漸くできるようになる。ドーム前を出ると民有地の下を走り、左にカーブして九条となる。

九条は1面2線で、ホームの尼崎方先端からは地上への開口部が望める。この開口部は曰くつきで阪神なんば線開業を大幅に遅らせた反対運動があったのはこの開口部周辺の地域である。それに配慮してか地上部では高架路線ながらシェルターで線路を覆っており、電車からの見晴らしはあまり良くない。九条では地下鉄中央線と連絡している。九条を出ると先述したとおり地上に出て高架線に上がる。シェルター付の高架線を走り、安治川を渡るトラス橋で一瞬視界が広がるが、渡り終えるとすぐにシェルター付高架に戻る。JR大阪環状線と交差して西九条に着く。西九条は2面2線で、従来は西大阪線の終点だったが、尼崎方に渡り線がある以外は完 全にスルー構造になっている。西九条はホームが延伸されて21m級の近鉄車10両編成が停まれる長さになっている。ここまでの各駅は快速急行が終日停車するため、全て近鉄車10両編成が停まれるホーム有効長が確保されている。西九条ではJR大阪環状線の他に、JRゆめ咲線と連絡している。ゆめ咲線との連絡によりUSJと直結しており、神戸方面はもとより難波や奈良方面からUSJへ行くのが便利になった。

西九条を出ると左にカーブして六軒家川を渡る。このあたりは制限がきついカーブが連続する。左カーブしながら2面2線の千鳥橋に着く。同駅から大物までは近鉄車6両編成分のホーム有効長に延伸されている。千鳥橋はかつての計画では2面4線となって普通の追い抜きを行えるようになっていたが、先述したように九条周辺で阪神の難波延伸に対して反対運動が起こり、西九条から先の計画がとん挫したため、その間に待避線予定地にビルが建ち、現在はとても待避線が設置できるような状態ではない。ここに待避線があればなんば線のダイヤも今少し違ったダイヤとなっていただろう。千鳥橋を出ると右にカーブして正蓮寺川を渡ってしば快速急行三宮行きらく走り2面2線の伝法に着く。伝法は阪神西大阪線の当初の終点で、当時は 伝法線と呼ばれていた。千鳥橋同様近鉄車6両編成に対応したホームの延伸が行われている。伝法を出ると淀川を渡る。並行して国道43号線も淀川を渡るが、淀川下流域のためかなり長い鉄橋となっている。なんば線沿線は海抜ゼロメートル地帯となっており、高潮などの時には淀川橋梁は閉鎖されてしまう。伝法から出来島までは直線区間が続くため、西九条~尼崎間ノンストップの快速急行はMAXの100km/hで疾走する。淀川を渡り終えると2面2線の福となる。福駅は駅周辺に余裕があり、2面4線化が容易にできそうな感じがする。今のところそのような計画はないが、近鉄特急の乗り入れなどでダイヤが切迫してきた時には同駅か千鳥橋の2面4線化が検討されるかもしれない。福を出ると高架線に駆け上がり2面2線の出来 島となる。立派な高架駅となっており、旧西大阪線の駅の中では西九条とともに小奇麗な駅になっている。同駅の延伸に関しては高架化と同時に行われており、各駅に先立って近鉄車6両編成が停まれる有効長になっている。出来島を出ると頭上を阪神高速神戸線が越えていき、すぐに神崎川を渡る。続いて左門殿川を渡って大阪市西淀川区から兵庫県尼崎市に入る。小田南公園の向こう側に本線の高架線を見ながら左にカーブして本線と合流する形で3面4線の大物となる。大物は本線と線路別複々線の形で本線下りとなんば線上りが同一ホームで乗り換えが可能となっている。大物を出ると左手に尼崎車庫を見ながら本線と並行して走り、一段高い高架に上がった近鉄5820系本線下り線の下をくぐって終点の尼崎に到着する。尼 崎ではなんば線は3・4番線を使用している。全体では4面6線の構造になっており、2・5番線は両側をホームで挟まれており、両側の扉を開けてなんば線電車との乗り換えを平面移動で済むようにしている。なんば線快速急行は原則2・5番線に停車する本線普通と連絡し、さらにその向こうの1・6番線に停まる本線尼崎止まりの急行と普通を介して乗り換えられるようにしている。神戸方には引き上げ線があり、基本的には尼崎止まりの電車は一旦引き上げ線に引き上げて再入線するようになっている。
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【関西各駅探訪第260回~阪神本線尼崎駅~】

~なんば線開業で大変貌を遂げた阪神電車のキーステーション~ 阪神本線、阪神なんば線尼崎駅は兵庫県尼崎市にある。尼崎市の南部にあり、以前から駅周辺は中心市街地になっていたが、阪神なんば線開業後、高層住宅やビジネスホテルなど … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~快速急行尼崎行き~

阪神本線では、2016年3月19日ダイヤ改正で、夜間に快速急行尼崎行きが登場した。平日ダイヤで、神戸三宮発21時33分、土休日ダイヤで神戸三宮発21時02分に運転されている。この列車は尼崎止まりではなく、快速急行として走 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第84回~阪神なんば線千鳥橋駅~

〜阪神西大阪線難波延伸計画時の幻の待避線を見る〜 阪神なんば線千鳥橋駅は、大阪市此花区にある。阪神西大阪線時代からの駅で、難波延伸計画の際に、当駅を待避線にする計画があり、島式ホーム2面4線にできる構造になっていた。しか … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・阪神なんば線・近鉄奈良線~快速急行大和西大寺行き~

快速急行大和西大寺行きは、2016年3月19日ダイヤ改正で誕生した。平日のみの運転で、神戸三宮発8時53分に設定されている。近鉄線内でも快速急行大和西大寺行きは、この列車のみで、土休日には運転されない。また、天理教の臨時 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・阪神なんば線~快速急行大阪難波行き~

阪神本線、阪神なんば線では、2016年3月19日ダイヤ改正で、平日朝ラッシュ時に快速急行大阪難波行きが新設された。神戸三宮発7時04分の快速急行で、大阪難波からは普通東生駒行きに変身する。   

コメントなし

関西各駅探訪第45回〜阪神なんば線ドーム前〜

1.概要  阪神なんば線ドーム前駅は、2009年3月20日の阪神なんば線開業と同時に開業した新しい駅である。京セラドームOSAKAの最寄駅として設置され、同球場を本拠地とするオリックスバッファローズはもとより、サブメイン … 続きを読む

コメントなし

【近鉄5820系】

近鉄5820系は3220系に続くシリーズ21と称される近鉄の通勤型車両で、2000年8月に登場した。5800系L/Cカーのシリーズ21版で、車体はシリーズ21、車内はL/Cカーの形で登場した。他車との増解結を行うため、非 … 続きを読む

コメントなし

【阪神9000系】

阪神9000系は1996年に製造されたステンレス車。1995年1月17日の阪神淡路大震災により、被災した赤胴車の代替として製造された。それまで阪神の車両は武庫川車輌で製造されていたが、同車は川重で製造された。これは短期間 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・阪神なんば線~近鉄特急~

阪神なんば線、阪神本線に直通する近鉄特急は団体列車扱いで、2014年3月20日に運転を開始した。神戸三宮~賢島間、神戸三宮~橿原神宮前間などで運転実績がある。列車は近鉄22600系6両編成が使用されている。阪神線内では神 … 続きを読む

コメントなし

【阪神なんば線データイムダイヤ】

阪神なんば線のデータイムダイヤは20分サイクルで運転されている。2009年3月20日の開業時には平日ダイヤでは10分毎の運転だったが、2012年3月20日ダイヤ改正で、快速急行の通過運転を行い、平日、土休日ダイヤともに2 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線ダイヤ変遷【2000年~2009年】

2001年3月10日ダイヤ改正。西宮市内の高架化完成に伴いダイヤ改正が行われた。直通特急は98年の運転開始以来データイム毎時2本の運転だったが、本改正で増発されて毎時4本の運転となった。三宮、神戸高速鉄道内で時間調整を行 … 続きを読む

コメントなし

阪神なんば線~快速急行各駅停車~

阪神なんば線では2009年3月20日ダイヤ改正から2012年3月20日ダイヤ改正までデータイムの快速急行は尼崎~西九条間は各駅に停車していた。これは尼崎~大阪難波間で快速急行と普通をそれぞれ20分毎に運転して、阪神なんば … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速急行~

関西私鉄では快速特急の採用は少ないが、快速急行は大手5社とも採用している。もっともメジャーなものは近鉄奈良線の大阪難波~近鉄奈良間の快速急行だろう。終日に渡って運転されており、2009年3月の阪神なんば線開業からは三宮~ … 続きを読む

コメントなし

神戸高速東西線~阪神快速急行奈良行き~

2012年3月ダイヤ改正から土休日に限り、新開地発奈良行きの快速急行が3本新設された。新開地発7時34分、7時55分、8時14分で、いずれも阪神車6連が使用されている。阪神なんば線直通の快速急行が三宮以西で運転されるのは … 続きを読む

コメントなし

阪神なんば線~普通大和西大寺行き~

阪神なんば線尼崎発大和西大寺行き普通。かなり走ってそうなイメージだが、意外に少ない。 平日ダイヤ尼崎発では5時台に1本、6時台に1本、7時台に2本、8時台に2本、9時台に1本、17時台に2本、18時台に1本、19時台に4 … 続きを読む

コメントなし

阪神なんば線~普通東生駒行き~

阪神なんば線東生駒行きは朝夕を中心に運転されている。東生駒止まりの普通はかつてはデータイムにも運転されていたが、今は東花園で折り返す電車が増えているので、東生駒行きは朝夕の時間帯の運転となった。平日尼崎発6時台に2本、7 … 続きを読む

コメントなし

阪神なんば線~普通瓢箪山行き~

阪神なんば線普通瓢箪山行きは平日早朝に2本、朝の時間帯に1本、夜間に1本が運転されている。土休日ダイヤでは早朝に1本と夜間に2本が運転されている。  

コメントなし

阪神なんば線~普通奈良行き~

阪神なんば線普通奈良行きは朝夕ラッシュ時の時間帯を中心に運転されている。平日朝は尼崎発早朝5時台と6時台に各1本、朝の時間帯は8時台に2本が運転されている。夕方は16時台と18時台に各1本、夕方以降は20時台に1本、21 … 続きを読む

コメントなし

阪神なんば線~桜川回送~

阪神なんば線は大阪難波と尼崎を結ぶ路線だが、近鉄との境界線が大阪難波~桜川間にあるのと大阪難波駅の近鉄の引き上げ線容量の不足などがあり、大阪難波から桜川へ回送される近鉄車が多く運転されている。 近鉄の一般車のみならず特急 … 続きを読む

コメントなし

阪神なんば線~準急大和西大寺行き~

阪神なんば線の尼崎発大和西大寺行き準急は平日朝ラッシュ時に1本、平日夕方ラッシュ時に2本、平日夜間に1本が運転されている。土休日は朝の運転はなく、夕方以降に4本が運転されている。  

コメントなし

阪神なんば線~準急尼崎行き~

平日ダイヤで大阪難波発7時27分の1本、 土休日ダイヤで大阪難波発19時16分、同21時49分、同23時05分の3本が準急尼崎行きとなっている。近鉄線内で準急の運転が縮小してきているため尼崎行きの準急は減少傾向にある。 … 続きを読む

コメントなし

阪神なんば線~快速急行尼崎行き~

平日ダイヤで大阪難波発6時31分、同6時55分、同21時16分、同21時48分、同22時15分、同22時40分の6本が尼崎止まりの快速急行として運転されている。 土休日ダイヤでは朝の運転はなく、夜間に大阪難波発20時34 … 続きを読む

コメントなし