阪神本線

阪神1000系直通特急

【阪神本線ガイド】

阪神本線は大阪の梅田から元町に至る32.1kmの路線で、軌間1435㎜直流1500Vの電化複線鉄道である。元町以西神戸高速鉄道につながっており、元町-西代間の第2種鉄道事業も行っている。阪神と言えば駅間距離が短いのが特徴で、普通車には日本一の加減速度を持つジェットカーと言われる専用車が使用されている。また、阪神は言わずと知れた阪神タイガースの親会社で甲子園球場への観客輸送は有名である。

 運転は山陽姫路まで運転される直通特急、線内西宮で折り返す急行、高速神戸まで運転される普通が中心となっている。直通特急は毎時4本の運転で、この他に須磨浦公園まで運転される特急が毎時2本運転されている。なお、かつては直通特急と特急で停車駅の差があったが、現在は阪神線内での差異はない。この他朝夕ラッシュ時には隔駅停車の準急が運転され、夕方ラッシュ時には快速急行も運転されている。また、野球開催時などには甲子園発着の臨時ノンストップ特急も運転される。
1000系急行 梅田駅は5面4線の地下駅で、同駅と福島までは地下駅となっている。梅田では地下鉄各線(御堂筋線、谷町線、四つ橋線)、JR各線、阪急各線と連絡している。地下鉄との乗り換えはJRや阪急より便利である。また、JR東西線の北新地もそう遠くはない。各線との乗り換えは阪神梅田が一番便利な位置にあるといえる。阪神梅田周辺は地下街が広がっており、甲子園でプロ野球の試合がありタイガースが勝った時には梅田の駅の周辺で阪神ファンが六甲おろしを大合唱することで有名である。福島ではJR大阪環状線と連絡しており、JR東西線の新福島も近い。福島近辺は再開発が進んでおり、阪神も急行を停車させるなど周辺の再開発に対応していたが、09年3月20日改正では急行の停車が中止になり、代わりに朝ラッシュ時に運転される区間急行が停車するようになっている。。福島は以前は地上駅だったが、1993年に連続立体交差事業により地下化されている。08年10月19日に開業した京阪中之島線の中之島駅にも比較的近く、徒歩15分圏内にある。
急行尼崎 地下を出て高架線を駆け上がると野田となる。野田は2面4線の高架駅で、普通は同駅で特急を待避したり、急行と緩急接続したりしている。野田では地下鉄千日前線と連絡しており、JR東西線の海老江も近く難波方面や京橋方面への乗り換え客が多い。中でも東西線が開業してから京阪沿線から阪神沿線への移動が便利になって利用者は増えている。
 野田を出て、左手に阪神高速神戸線が並行してしばらく高架線で進む。淀川橋梁の手前に2面2線の淀川があり、淀川を渡ったところに同じく2面2線の姫島がある。両駅とも高架駅で淀川は最大4両編成しか停まれないので普通のみが停車、姫島は最大6両編成まで停まれるので準急も停車していたが、09年3月20日の改正で準急がなくなり姫島も普通しか停まらない駅になった。姫島から北へ歩いて15分ほどの所にJR東西線御幣島駅があり競合関係にある。さらに西淀川区内を高架線で進み、阪神高速神戸線と分かれて、神崎川を渡ると2面4線の千船となる。同駅は準急停車駅だったが、先述したとおり09年3月20日改正で準急が廃止され、代わりに朝ラッシュ時に運転される区間急行が運転されている。下り区間急行は同駅で普通と緩急接続を行っている。データイムには普通が当駅で特急を待避している。千船を出て左門殿川を渡り兵庫県尼崎市に入って2面2線の杭瀬となる。このあたりもずっと高架線になっており、大阪市内、尼崎市内は全て高架線となっている。杭瀬も準急停車駅だったが、準急の廃止により普通しか停まらない駅となった。杭瀬を出て小田南公園の向こうに西大阪線の高架線が見えてくると大物となる。大物は3面4線の構造で、本線下りホームと阪神なんば線西九条方面のホームは共有となっている。大物-尼崎間はなんば線と線路別複々線となっている。下り本線はなんば線上下線をアンダーパスしてなんば線を本線の上下線に挟み込んで尼崎に到着する。この構造は阪神なんば線開業前に改良されており、以前は西大阪線(現なんば線)と方向別複々線のまま尼崎に到着していた。下り線は一段高い高架線を走るため尼崎車庫が一望できる。
尼崎尼崎はホーム3面5線の構造だったが、西大阪線難波延伸に備えて大改造が行われ、阪神なんば線が開業した09年3月20日現在では4面6線の阪神では最大規模の駅になっている。1番線は阪神本線上り線、2番線は両側をホームに挟まれた阪神本線上り線となっており、通常2番線に普通が停車して、1番線に急行が発着する形になっている。3番線は阪神なんば線大阪難波方面のホームになっており、2番線に到着する列車とは平面移動で乗り換えができる。また、2番線に到着する列車は両側の扉を開き、1番線から3番線への乗り換えを平面的に行えるようにしている。尼崎では従来から西大阪線との乗り換えに下りのみこの方式を採用していたが、なんば線開業により上下線で行うようになった。下りホームは4番線が阪神なんば線尼崎止まり、5番線が両側をホームに挟まれた阪神本線下り線、6番線は阪神本線下り線となっており、ここでも普通が5番線に停まり6番線に入る急行から4番線の快速急行へ平面移動で乗り換えられるようにしている。なお、データイムは特急も2・4番線から発着しており、同一ホーム上でなんば線普通と連絡している。尼崎の元町方には引き上げ線が数本あり、阪神なんば線折り返しや09年3月20日改正より半数が尼崎止まりとなった急行が折り返すほか、尼崎車庫への入出庫の電車もここで折り返している。

尼崎を出てからも高架線で進み、2面2線の出屋敷、3面4線の尼崎センタープール前と比較的最近高架化された区間を走る。尼崎センタープール前は尼崎競艇場への最寄り駅で、駅前には競艇場の水面が広がっている。競艇開催時には急行が臨時停車し、臨時ホームも使用されている。また、データイムには同駅で普通が特急を待避している。次の武庫川は武庫川橋梁上にある。武庫川を境に尼崎市と西宮市に分かれており、本線改札は尼崎市にあるが、川を渡った武庫川線改札は西宮市にある。武庫川は快速急行停車駅で、武庫川線と接続している。先述したように武庫川線は川を渡った西宮市にある。乗換えをするには神戸よりの車両に乗らなければかなり歩かされる。ムービングウォークを設置すれば便利になるだろう。なお、急行は終日停車するが、快速急行は土休日の終日と平日データイムのみの停車となっている。武庫川を渡り西宮市内に入り、地上線に下りる。このあたりも高架化が予定されており、現在工事が始められている。この近辺が高架化されると梅田-香露園間から踏み切りがなくなることになる。鳴尾は2面2線で武庫川女子大の最寄り駅で、学生の利用が多い。朝ラッシュ時には区間急行が停車する。
急行西宮 甲子園は言わずと知れた阪神甲子園球場の最寄り駅で、プロ野球はもちろん、高校野球やその他イベントがあるときは直通特急、特急が臨時停車していたが、09年3月20日ダイヤ改正からデータイムも直通特急、特急が停車するようになった。甲子園はホーム4面4線で、一気に押し寄せてくる観客を捌けるようにしている。神戸方には折り返し線があり、臨時特急や朝ラッシュ時の区間急行はここで折り返している。甲子園駅は現在リニューアル工事中で、ホームの拡張工事などが行われている。甲子園を出ると一旦高架線を下りて、名神高速道路の下をくぐる。そのちょうど交点に2面2線の久寿川がある。久寿川を出ると再び高架線を駆け上がり、2面2線の今津となる。今津は阪急今津線との連絡駅で、両駅とも高架化されて小奇麗になったが、乗り換えはあまり便利ではない。同駅には急行と土休日の終日のみ快速急行が停車する。今津を出ると地平時代には西宮東口があったが、全面高架化を機に廃止されてしまった。高架化に際して下り線が先行して高架化されたが、その時には仮設ホームで高架上に西宮東口駅が設けられていた。西宮は2面4線で、直通特急以下大半の電車が停車するが、朝ラッシュ時に運転される区間特急は通過する。普通は当駅止まりの急行と直通特急、特急、快速急行と緩急接続を行っている。西宮駅のホームは10両編成にも対応しており、21m級8両編成なら十分停まれる有効長を持っているが、同駅で21m級車両が折り返す運用は今のところない。

9300系急行 西宮を出ると中央に折り返し線2線を挟んで左カーブして高架線を進む。香櫨園までが高架線で、2面2線の香櫨園を出ると高架線を下りて地上線を走り、芦屋市に入り2面2線の打出を過ぎると芦屋となる。芦屋は特急停車駅で、全ての優等列車が停車する。芦屋は2面2線の構造で阪急の芦屋川同様芦屋川の上にある。芦屋から魚崎までの間では高架化が予定されており、現在工事中となっている。芦屋を出ると神戸市内に入る。1面2線の深江、2面4線の青木と現在高架化が計画されている区間を行く。青木は快速急行停車駅だったが、09年3月20日改正から快速急行は通過するようになっている。代わりに朝ラッシュ時に運転される区間特急が同駅始発となり、着席サービスを提供している。次の魚崎は特急停車駅で、神戸新交通六甲ライナーと連絡している。
1000系快速急行 魚崎を出ると六甲ライナーがオーバークロスして阪神も高架線となって右カーブする。高架線の住吉を過ぎると左に急カーブしながら御影となる。御影は2面4線の特急停車駅で、普通と緩急接続を行う。元町方には折り返し線もあり、石屋川車庫からの入出庫の電車の発着も多い。また、駅前からは六甲山に向かうバスも発着している。同駅は急カーブの中に手狭なホームがある窮屈な構造で、近鉄の21m級車両を使用している快速急行は同駅を通過している。
御影御影を出ると線路は真直ぐ高架線で神戸に向かう。このあたりは阪神本線で一番線形がよい区間である。石屋川は1面2線で、石屋川車庫への側線があり、神戸方には高架の石屋川車庫が広がっている。石屋川車庫が途切れると2面2線の新在家で、同駅はJR六甲道に近い。この辺りも高架線が続き、阪神としては珍しくずっと直線が続いている。大石は2面4線の追い越し駅で、山陽普通の回送車の折り返しに使用されたり、ラッシュ時には待避駅として機能している。

 大石を出て国道2号線を跨ぐと2面2線の西灘で、西灘を出ると高架線から徐々にレベルを下げていき、掘割になり、地下に入る手前に岩屋がある。岩屋は1面2線から2面2線に改良され、幾分ホームが広がっている。また、周辺の再開発に呼応して快速急行や急行も停車するようになっていたが、09年3月20日の改正で快速急行は通過となり、急行は西宮以西への運転がなくなったため、再び普通のみ停車の駅に逆戻りしている。岩屋はJR灘、阪急王子公園に近い。岩屋から地下に入り、神戸市内を地下で抜ける。国道2号線の下に入り、春日野道となる。春日野道は阪急神戸線の同駅同様かなり狭いホームになっていたが、改良工事が行われ、現在は2面2線で幅が広くなったホームになっている。

近鉄22600系 次の三宮は4面3線の構造で、下り線側に行き止まり式ホームがある。JR神戸線、阪急神戸線、地下鉄山手線、ポートライナーと連絡しており、地下鉄海岸線三宮花時計前にも各線よりも近い位置にある。改良工事が終了し、東側にも改札口が設けられた。また、配線も変更され、中線を行き止まり式にした2面3線になった。行き止まりホームとなった2番線からは奈良行きの快速急行が発着する。三宮を出ると元町となり、阪神本線の終点となる。元町はJR元町と至近距離にあり、地上に上がるとJR元町が目の前にある。同駅は1面2線で梅田方に渡り線がある。線路は元町以西もスルー構造でつながっており、阪神電車のほとんどが元町以西に直通している。西元町は2面2線の地下駅で、花隈とJR神戸駅の中間にある。西元町を出ると阪急からの線路が上り線をオーバークロスして高速神戸となる。高速神戸は2、4番線を阪神が使用し、1、3番線を阪急が使用している。新開地方には折り返し線があり、データイムの普通はここで折り返している。高速神戸を出るとすぐに新開地となる。新開地では神鉄線(神戸高速東西線)と接続している。

【関西各駅探訪第260回~阪神本線尼崎駅~】

~なんば線開業で大変貌を遂げた阪神電車のキーステーション~ 阪神本線、阪神なんば線尼崎駅は兵庫県尼崎市にある。尼崎市の南部にあり、以前から駅周辺は中心市街地になっていたが、阪神なんば線開業後、高層住宅やビジネスホテルなど … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第197回~阪神本線春日野道駅~

~身の危険を感じるほどのごく狭ホームは過去のもの~ 阪神本線春日野道駅は、神戸市中央区にある。神戸市内の地下駅で、地下化当初から1面2線の狭い島式ホームだったが、岩屋駅とともに改良工事が行われ、現在は2面2線で、普通の幅 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第180回~阪神本線神戸三宮駅~

~阪神電車の西の要は近鉄直通快速急行の始発駅~ 阪神本線神戸三宮駅は神戸市中央区にある。阪神本線の西の拠点駅で、直通特急以下全ての電車が停車する。阪神なんば線直通の快速急行も一部を除き当駅発着となっている。また、貸切運転 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第150回~阪神本線梅田駅~

~勝てば六甲おろしを大合唱!聖地阪神甲子園球場への玄関口~ 阪神本線梅田駅は、大阪市北区にある。梅田の中心部に駅があり、地下鉄御堂筋線梅田駅にも近く、東梅田駅や西梅田駅も各線よりかは近くにあり乗換は非常に便利である。同じ … 続きを読む

コメントなし

阪神本線臨時列車~甲子園行き臨時ノンストップ特急~

阪神甲子園球場にてタイガースの主催ゲームなどが開催される時に梅田~甲子園間に臨時のノンストップ特急が運転されている。ゲーム開始前に20分毎に3本運転されるのが基本となっており、デーゲームでは梅田発12時台と13時台に、ナ … 続きを読む

コメントなし

阪神本線尼崎センタープール前

阪神本線尼崎センタープール前駅。ホーム3面4線の高架駅で、尼崎競艇場への最寄り駅となっている。上り待避線には降車用ホームが設けられ、レース開催終了時の多客に備えられている。レース終了後には快速急行、急行の臨時停車が行われ … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第130回~阪神本線西宮駅~

~毎年福男が快走するえべっさんで有名な西宮神社の御膝元~ 阪神本線西宮駅は、兵庫県西宮市にある。平日朝ラッシュ時に運転される区間特急以外すべての電車が停車する。西宮市役所に一番近く、JR西宮、阪急西宮北口もそれぞれ拠点性 … 続きを読む

コメントなし

山陽電鉄本線・阪神本線~普通神戸三宮行き~

山陽電鉄本線、阪神本線では、阪神車による普通神戸三宮行きを夕方と夜間に運転している。平日ダイヤでは、東須磨発20時38分に1本設定がある。土休日ダイヤでは、須磨浦公園発17時52分、18時38分の2本が運転されている。 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~快速急行尼崎行き~

阪神本線では、2016年3月19日ダイヤ改正で、夜間に快速急行尼崎行きが登場した。平日ダイヤで、神戸三宮発21時33分、土休日ダイヤで神戸三宮発21時02分に運転されている。この列車は尼崎止まりではなく、快速急行として走 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・神戸高速鉄道・山陽電鉄本線~普通須磨浦公園行き~

阪神本線、神戸高速鉄道、山陽電鉄本線では、2016年3月19日ダイヤ改正で、これまで特急として運転していた須磨浦公園行きを普通須磨浦公園行きとした。普通須磨浦公園行きは、平日ダイヤで、神戸三宮発10時04分、10時50分 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・神戸高速鉄道~普通新開地行き~

阪神本線、神戸高速鉄道では、2016年3月19日ダイヤ改正で、阪神本線から神戸高速、山陽電鉄への送り込み電車の種別を普通に統一した。これまでは各駅に停まるのに特急を名乗っていたのを改称したものである。普通新開地行きは、土 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・阪神なんば線・近鉄奈良線~快速急行大和西大寺行き~

快速急行大和西大寺行きは、2016年3月19日ダイヤ改正で誕生した。平日のみの運転で、神戸三宮発8時53分に設定されている。近鉄線内でも快速急行大和西大寺行きは、この列車のみで、土休日には運転されない。また、天理教の臨時 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・阪神なんば線~快速急行大阪難波行き~

阪神本線、阪神なんば線では、2016年3月19日ダイヤ改正で、平日朝ラッシュ時に快速急行大阪難波行きが新設された。神戸三宮発7時04分の快速急行で、大阪難波からは普通東生駒行きに変身する。   

コメントなし

関西各駅探訪第56回~阪神本線西灘駅~

1.概要 阪神本線西灘駅は1927年7月1日に阪神国道線開業時に開業した。長らく阪神国道線との連絡駅として機能していたが、1974年3月17日に阪神国道線が廃止となり、単独駅となった。かつては準急も停車していたが、現在は … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~急行御影行き~

阪神本線急行御影行きは2006年10月28日ダイヤ改正で消滅したが、2016年3月19日ダイヤ改正でおよそ10年ぶりに復活した。梅田発0時20分の特急御影行きを置き換える形で設定された。2009年3月20日ダイヤ改正以降 … 続きを読む

コメントなし

山陽電鉄本線・阪神本線~直通特急尼崎行き~

山陽電鉄本線、阪神本線では2016年3月19日ダイヤ改正を実施し、夜間に運転されていた山陽姫路発御影行き直通特急を尼崎行きに変更した。これにより直通特急として初めて尼崎行きが誕生した。山陽姫路発23時01分で、平日、土休 … 続きを読む

コメントなし

【阪神2000系】

阪神2000系は1990年に7001形と7801形を改造して誕生した。7001形4両と7801形2両を組み合わせて、3両2ユニットを組み合わせた6両編成とした。制御方式は界磁添加励磁制御を採用。車体は7001形、7801 … 続きを読む

コメントなし

【阪神1000系】

 阪神1000系は阪神なんば線開業用に製造された車両で、基本6両編成と増結用の2両編成が製造されている。9000系と同様のステンレス車で、阪神では初めて近畿車輛が製造した車両となっている。かご形三相誘導電動機170KWの … 続きを読む

コメントなし

【近鉄5820系】

近鉄5820系は3220系に続くシリーズ21と称される近鉄の通勤型車両で、2000年8月に登場した。5800系L/Cカーのシリーズ21版で、車体はシリーズ21、車内はL/Cカーの形で登場した。他車との増解結を行うため、非 … 続きを読む

コメントなし

【阪神9000系】

阪神9000系は1996年に製造されたステンレス車。1995年1月17日の阪神淡路大震災により、被災した赤胴車の代替として製造された。それまで阪神の車両は武庫川車輌で製造されていたが、同車は川重で製造された。これは短期間 … 続きを読む

コメントなし

【阪神9300系】

会社名 阪神電気鉄道 形式 9300系 使用線区 阪神本線・神戸高速鉄道・山陽電鉄 制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御 1C4M 主電動機 かご形三相誘導電動機 定格130kW ブレーキ 回生制動併用全電気指令 … 続きを読む

コメントなし

【阪神5500系】

阪神5500系は1995年に登場した5000系ジェットカーの後継車。阪神淡路大震災前から投入計画があったが、震災発生後には被災車両の代替として製造された。当初投入された4両編成2本は武庫川車輌、1997年に増備された4両 … 続きを読む

コメントなし

【阪神5550系】

阪神5550系は2010年末に営業運転を開始した5500系の増備車両。基本的には5500系に準じているが、5500系製造からかなり年数が経っているためマイナーチェンジされている部分も多い。制御方式はVVVFインバータを採 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第27回~阪神本線 出屋敷駅~

1.出屋敷駅概要 阪神本線出屋敷駅は尼崎駅の一駅西側にある。2面2線の高架駅で、優等列車の停車はないが、立派な駅である。1905年の阪神本線開業時からの駅で、1994年に高架化が完成した。 2.出屋敷駅周辺 尼崎中央、三 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第16回~阪神本線御影駅~

1.御影駅概要 阪神本線御影駅は1905年4月12日に阪神本線開業と同時に開業した。1929年7月には早々と高架化され、現在もその当時の高架線を使用している。御影駅は特急停車駅で、直通特急、特急が停車するが、快速急行は同 … 続きを読む

コメントなし

関西各駅探訪第11回〜阪神本線元町駅〜

1.元町駅概要 阪神本線元町駅は1936年3月に同線の終点として開業した。開業当時から元町から先への延伸が考えられており、地下の中間駅の構造で開業した。阪急の三宮乗り入れに対抗するため、西への延伸を早めたため、三宮から元 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~神戸三宮始発特急新開地行き~

阪神本線では土休日ダイヤに神戸三宮始発新開地行き特急を運転している。新開地への送り込み電車で、実質的には新開地まで各駅に停まる。神戸三宮発7時19分、7時41分、7時59分、8時19分の4本。4本中3本は新開地発奈良行き … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~急行尼崎行き(なんば線開業前)~

阪神本線急行尼崎行きは、阪神なんば線開業後は尼崎での快速急行連絡列車として20分毎に運転されているが、なんば線開業前はほとんど運転がなかった。唯一運転されていたのが、土休日の早朝の1本のみで、これ以外の急行は全て甲子園以 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~普通石屋川行き~

阪神本線普通石屋川行きは石屋川車庫への入庫を兼ねて深夜に運転されている。平日ダイヤでは、梅田発22時45分、23時11分、23時51分、0時07分の4本が運転。土休日ダイヤでは梅田発22時45分、23時11分、23時51 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~特急須磨浦公園~

阪神本線、神戸高速鉄道東西線、山陽電鉄本線では阪神梅田発須磨浦公園行き特急を運転している。神戸高速鉄道開業時からの伝統の運転系統で、かつては阪急梅田からも須磨浦公園行き特急が運転されていた。梅田から元町までの阪神本線内は … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~区間急行甲子園~

阪神本線区間急行甲子園行きは平日ダイヤ朝ラッシュ時のみに運転されている。梅田発7時31分、7時43分、7時55分、8時07分、8時19分、8時31分、8時43分、8時55分の8本が運転。停車駅は梅田から福島、野田、千船、 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・阪神なんば線~近鉄特急~

阪神なんば線、阪神本線に直通する近鉄特急は団体列車扱いで、2014年3月20日に運転を開始した。神戸三宮~賢島間、神戸三宮~橿原神宮前間などで運転実績がある。列車は近鉄22600系6両編成が使用されている。阪神線内では神 … 続きを読む

コメントなし

【阪神本線夜間ダイヤ】

阪神本線の夜間ダイヤは梅田発20時台から12分サイクルで運転される。20時台は12分サイクルに特急、急行、普通が各1本の運転で、尼崎から快速急行が3本/h加わる。特急は直通特急が4本、東須磨行き特急が1本の運転。急行は5 … 続きを読む

コメントなし

【阪神本線平日夕方ラッシュ時ダイヤ】

阪神本線平日夕方ラッシュ時ダイヤは20分サイクルで運転されている。データイムと同じく直通特急、特急、快速急行、急行、普通の5種別が運転されている。   特急系は直通特急が毎時5本、特急が毎時1本運転され、直通特急の運転が … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~特急東須磨行き~

阪神本線特急東須磨行きはデータイムと夕方ラッシュ時に運転がある。平日ダイヤ梅田発14時25分、20時02分の2本。土休日ダイヤでは梅田発13時15分、20時00分の2本。

コメントなし

【阪神本線平日データイムダイヤ】

阪神本線平日データイムダイヤは直通特急運転の都合で60分サイクルとなっている。電車は10〜20分毎の運転で、運転間隔は短い。30分サイクルの特急の運転と20分サイクルの快急、急行の運転を合わせれば60分サイクルになるだけ … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・山陽電鉄~夕方以降黄色幕直通特急~

阪神、山陽直通特急は三宮~山陽須磨間各駅に停車する黄色幕の電車があるが、2009年3月20日ダイヤ改正以降、黄色幕の直特がデータイム以降、夕方ラッシュ時、夜間などにも運転されるようになった。平日下りは梅田発21時24分、 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・山陽電鉄~直通特急御影行き~

阪神本線、山陽電鉄では夜間に山陽姫路発御影行きの直通特急を運転している。山陽姫路発23時01分で、神戸三宮発0時03分で運転されている。平日、土休日とも同ダイヤで運転されており、上り最終の直通特急となっている。

コメントなし

阪神本線~青木発区間特急梅田行き~

阪神本線では平日朝ラッシュ時に青木始発で区間特急を運転している。2009年3月20日ダイヤ改正からで、それ以前の区間特急は三宮始発だった。青木駅には折り返し線がないので電車は石屋川車庫から回送される。 青木発7時10分、 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~三宮発高速神戸行き特急~

阪神本線では土休日朝の時間帯に三宮発高速神戸行き特急を1本運転している。三宮発7時49分で高速神戸まで各駅に停まる。特急車両の送り込みということで種別が特急となっているが、その実態は各駅停車だ。

コメントなし

阪神本線~普通高速神戸発尼崎行き~

阪神本線では夜間に高速神戸発尼崎行きの普通が3本運転されている。高速神戸発22時22分、23時36分、23時50分の3本。平日、土休日ともに運転がある。

コメントなし

阪神本線~準急梅田行き~

阪神本線では2009年3月20日ダイヤ改正以前に準急梅田行きが運転されていた。平日朝ラッシュ時と夕方ラッシュ時に運転されていた。平日朝ラッシュ時は、尼崎発6時46分、7時00分、西宮発6時54分、7時08分、御影発7時0 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~急行三宮行き~

阪神本線では2009年3月20日ダイヤ改正以前に急行が西宮以西でも運転されていた。その中で急行三宮行きは朝夕夜の時間帯に運転されていた。平日朝の時間帯は梅田発7時00分、7時14分、7時28分、7時41分、7時55分、8 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~青木始発快速急行梅田行き~

阪神本線では2006年10月28日ダイヤ改正で夕方ラッシュ時に青木始発の梅田行き快速急行が新設された。平日のみの運転で青木発16時46分と16時57分の2本。2009年3月20日のダイヤ改正で姿を消している。

コメントなし

阪神本線~山陽車使用特急高速神戸行き~

阪神本線では2009年3月20日ダイヤ改正以前に梅田発22時48分の高速神戸行き特急に山陽5000系が運用されていた。平日、土休日ともに運転されており、特急御影行きとともに阪神線内で山陽車の特急幕が見られる列車であった。 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線・山陽電鉄〜直通特急東二見行き〜

阪神本線、山陽電鉄では2006年10月28日ダイヤ改正以前に梅田発東二見行きの直通特急を運転していた。平日梅田発21時12分、21時36分、23時00分の3本で、土休日は23時00分の1本のみが運転されていた。2006年 … 続きを読む

コメントなし

山陽電鉄本線~特急姫路行き~

山陽電鉄本線では2009年3月20日ダイヤ改正以前の土休日ダイヤで阪神三宮発山陽姫路行きの特急を運転していた。梅田発19時以降で直通特急の運転が開く時間帯があり、その穴埋めに設定されていた。土休日ダイヤのみの運転で、阪神 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~急行東須磨行き~

阪神本線では2006年10月28日ダイヤ改正以降2009年3月20日ダイヤ改正以前のダイヤで早朝、朝ラッシュ時の時間帯に急行東須磨行きを運転していた。平日ダイヤ梅田発6時46分、8時23分、8時51分の3本が運転されてい … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~普通東須磨行き~

阪神本線では2006年10月28日ダイヤ改正以降2009年3月20日ダイヤ改正以前のダイヤで早朝、朝ラッシュ時の時間帯に普通東須磨行きを運転していた。平日ダイヤ梅田発6時30分、6時49分、7時17分の3本が運転されてい … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~準急御影行き~

阪神本線では2009年3月20日ダイヤ改正以前に準急が運転されていた。朝夕の運転だったが、そのうち朝の時間帯には上下で運転されており、2006年10月28日ダイヤ改正以前は御影行きが運転されていた。  

コメントなし

阪神本線~快速急行梅田行き~

阪神本線では2009年3月20日ダイヤ改正以前に夕方ラッシュ時に三宮発梅田行きの快速急行が運転されていた。三宮発16時59分から18時59分まで12分毎の運転で、11本が運転されていた。

コメントなし

阪神本線~快速急行三宮行き~

阪神本線では2009年3月20日ダイヤ改正以前に梅田発三宮行きの快速急行が平日夕方ラッシュ時に運転されていた。梅田発16時54分から19時06分まで12分毎の運転で、12本全てが三宮行きとして運転されていた。停車駅は梅田 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~準急甲子園行き~

阪神本線準急甲子園行きは2009年3月20日ダイヤ改正以前に運転されていた。平日朝ラッシュ時と夕方ラッシュ時に運転されており、朝ラッシュ時は梅田発7時07分、7時21分、7時34分、7時48分、8時02分、8時16分、8 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~特急新開地行き~

阪神本線特急新開地行きは平日ダイヤ梅田発21時36分、22時00分、土休日ダイヤ梅田発21時00分、21時36分で運転されている。阪神特急は通常直通特急か須磨浦公園行きとなっているため、新開地や高速神戸で折り返す特急は少 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~準急尼崎行き~

阪神本線では2009年3月20日の阪神なんば線開業以前は準急が運転されていた。2006年10月28日ダイヤ改正以前は甲子園以西でも運転されていたが、同改正で甲子園以西への運転を取りやめた。準急尼崎行きは2006年10月改 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~特急高速神戸行き~

阪神本線特急高速神戸行きは平日、土休日ともに梅田発22時24分、22時48分の2本が運転されている。阪神の特急は基本的に直通特急か須磨浦公園行き特急となっているため、現在は新開地行きや高速神戸行きは非常に少ない。新開地は … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~普通西宮行き~

阪神本線普通西宮行きは平日、土休日ともに梅田発22時33分に1本だけ運転されている。通常普通は高速神戸から運転されており、ジェットカーという特殊車両を使うこともあり、全線通し運転が基本となっているため途中駅発着の電車は他 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~特急山陽須磨行き~

阪神本線特急山陽須磨行きは平日、土休日ともに梅田発23時20分に1本が運転されている。山陽5000系が使用されている。山陽車で阪神線内で特急の表示を出すのはこの山陽須磨行きと御影行きのみとなっている。

コメントなし

阪神本線~急行甲子園行き~

阪神本線急行甲子園行きは朝と夜間に数本が運転されている。平日朝には梅田発6時44分、7時07分、7時19分、9時43分、10時16分の5本が運転。平日夜間には梅田発23時30分に1本が運転されている。土休日ダイヤでは梅田 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~急行高速神戸行き~

阪神本線急行高速神戸行きは2006年10月28日ダイヤ改正以前に梅田発23時06分で運転されていた。平日、土休日とも運転されていた。

コメントなし

阪神本線~普通元町行き~

阪神本線普通元町行きは平日、土休日ともに梅田発23時23分、23時37分の2本が運転されている。阪神本線は元町が終点になっているが、特急が神戸高速鉄道に乗り入れるのに対して普通は長らく元町行きとして運転されていた。97年 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線ダイヤ変遷【2000年~2009年】

2001年3月10日ダイヤ改正。西宮市内の高架化完成に伴いダイヤ改正が行われた。直通特急は98年の運転開始以来データイム毎時2本の運転だったが、本改正で増発されて毎時4本の運転となった。三宮、神戸高速鉄道内で時間調整を行 … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~特急三宮行き~

阪神本線では特急は基本的に直通特急や須磨浦公園行きが主流となっており、三宮行きは1日に1本だけの運転となっている。平日、土休日ともに梅田発23時40分に運転されている。

コメントなし

阪神本線ダイヤ変遷【1987年~2000年】

1987年12月13日ダイヤ改正。国鉄が分割民営化を控えて、1986年11月1日に国鉄最後のダイヤ改正を実施した。分割民営化後のJR各社の経営基盤確保を考えたダイヤ改正となっており、京阪神では新快速の外側線走行の実施など … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~急行元町行き~

阪神本線では最終の優等が急行元町行きだった時代があった。2006年10月28日ダイヤ改正以前は優等列車の最終が梅田発24時00分の急行元町行きだった。平日のみの運転で、土休日は急行御影行きが運転されていた。

コメントなし

阪神本線~普通石屋川行き~

阪神本線普通石屋川行きは夜間に4本運転されている。平日、土休日とも運転があり、梅田発22時45分、23時11分、23時51分、0時07分(土休日は0時16分)の運転となっている。

コメントなし

阪神本線~特急御影行き~

阪神本線では深夜時間帯に特急御影行きを運転している。0時台に2本運転しており、梅田発0時00分は阪神車、同0時20分は山陽車が使用されている。土休日は0時00分のみ運転で、0時20分発は運休する。

コメントなし

阪神本線~急行須磨浦公園行き~

阪神本線では2006年10月28日ダイヤ改正以前に急行須磨浦公園行きが運転されていた。朝ラッシュ時下りのみの運転で、折り返しは須磨浦公園発の特急となる列車であった。  

コメントなし

阪神本線~準急東須磨行き~

阪神本線では2006年10月28日ダイヤ改正以前に準急東須磨行きが運転されていた。朝の時間帯に梅田から2本、尼崎から2本、大石から2本、石屋川から3本が運転されていた。梅田発は7時11分、7時25分の2本で、当時の下り準 … 続きを読む

コメントなし

関西私鉄列車種別研究~快速急行~

関西私鉄では快速特急の採用は少ないが、快速急行は大手5社とも採用している。もっともメジャーなものは近鉄奈良線の大阪難波~近鉄奈良間の快速急行だろう。終日に渡って運転されており、2009年3月の阪神なんば線開業からは三宮~ … 続きを読む

コメントなし

神戸高速東西線~阪神快速急行奈良行き~

2012年3月ダイヤ改正から土休日に限り、新開地発奈良行きの快速急行が3本新設された。新開地発7時34分、7時55分、8時14分で、いずれも阪神車6連が使用されている。阪神なんば線直通の快速急行が三宮以西で運転されるのは … 続きを読む

コメントなし

阪神武庫川線送り〜甲子園・武庫川〜

阪神武庫川線電車は尼崎車庫から一旦甲子園の引き上げ線に入り、そこで折り返して、武庫川信号所から短絡線を通って武庫川線に入る。武庫川駅でもスイッチバックしてから駅に入る。このため、尼崎から甲子園、武庫川の2度方向転換を行う … 続きを読む

コメントなし

阪神本線~普通三宮行き~

 阪神本線の平日ダイヤ梅田発21時57分に普通三宮行きが1本運転されている。直通特急運転開始直後あたりにはデータイムにも普通三宮行きが運転されていたが、快速急行の運転が復活し、三宮駅の折り返し線はそちらに明け渡し、普通は … 続きを読む

コメントなし
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ