【関西各駅探訪第274回~近鉄志摩線鵜方駅~】

~志摩スペイン村への最寄駅で賑わう志摩市の中心駅~

鵜方

鵜方

近鉄志摩線鵜方駅は、三重県志摩市にある。特急停車駅で、バスでの連絡となるが、志摩スペイン村への最寄駅となっている。

鵜方

鵜方

鵜方駅はホーム1面2線で特急が停車するためホーム有効長は8両分ある。駅付近は1988年に志摩神明までが複線化され、1993年に志摩磯部までが複線化されている。

鵜方

鵜方

橋上駅舎化されており、ICカード対応の自動改札機も設置されている。有人改札になっており、特急券の販売所も設置されている。

鵜方

鵜方

駅舎内にはファミリーマートがあり、土産物なども取り扱っている。

鵜方

鵜方

南口は閑散としており、ロータリーがあるが、バスやタクシーは発着していない。駐輪場があり、近くにオリックスレンタカーなどもある。

鵜方

鵜方

北口がメインになっており、各方面へ向かうバス路線が発着しており、タクシーも待機している。

鵜方

鵜方

北口の駅下には土産物屋もあり、観光地の駅として機能している。

 鵜方駅の2015年1日あたりの乗車人員は1,014人で、うち的利用者は446人だった。定期比率は44.0%で、定期比率は低く、定期外利用者の方が多い。利用者自体は決して多くはないが、志摩スペイン村へ向かう観光客の利用が多いものと思われる。10年前と比べると全体で9%減、定期利用者は23.5%も減少しており、定期利用者の落ち込みが激しい。
  

関西各駅探訪第132回~近鉄志摩線中之郷駅~

~駅周辺の静けさの中、鳥羽水族館の歓声が鳴り響く~

中之郷

中之郷

近鉄志摩線中之郷駅は、三重県鳥羽市にある。鳥羽駅から1駅隣の駅で、鳥羽水族館が目の前にある。志摩線は当駅まで複線になっており、ここから船津までは単線となる。

中之郷

中之郷

駅構内は2面2線で、駅舎は橋上駅舎となっている。立派な橋上駅舎だが、改札は無人で、ICカードの入出場読取機があるだけで、自動改札などの設置はない。

中之郷

中之郷

駅西側は集落があるが、山があり、鳥羽城跡もあるため、駅周辺は非常に狭い。

中之郷

中之郷

駅東側には、国道167号線が通っており、その向こう側に鳥羽水族館がある。近くには伊良湖方面へのフェリー乗り場もある。

中之郷

中之郷

中之郷駅改札。無人化されており、かつての集札口が残るのみでまだ新しい橋上駅舎にしては殺風景な光景が広がる。

中之郷中之郷駅の2014年度の1日あたりの乗車人員は161人で、10年前の2004年度には256人の利用があったので、38%ほど減少している。定期利用者はわずか40人で、こちらは10年前と比べて62%ほど減少しており、定期利用者の落ち込みがひどい。ICカード利用への移行もあるが、全体的に利用者は減少している。
  

【近鉄志摩線ガイド】

賢島駅で並ぶしまかぜ近鉄志摩線は鳥羽と賢島を結ぶ路線である。志摩半島を巡る観光路線で、起点の鳥羽を中心に、近鉄が独自に手掛ける志摩磯部の志摩スペイン村や賢島を中心とした志摩半島観光など見るべきところは多い。とはいっても伊勢志摩方面への観光需要の低迷(景気低迷によるところもあったと思われる)と御決まりのモータリゼーションなどにより志摩線も厳しい状況にあり、志摩スペイン村などは思いのほか観光客が伸びず近鉄としては誤算の一つとなっている。このため、鳥羽以遠に直通する特急の本数も減少しており、季節臨時運転となる列車なども出てきている。

鳥羽を出ると前方に鳥羽港を見ながら右にカーブする。鳥羽名物の真珠島や鳥羽水族館を左手に見ながら国道42号線とともに海沿いを走り中之郷となる。中之郷は2面2線で、ここまで複線となっており、ここから先は単線となる。鳥羽水族館への最寄駅で、鳥羽港フェリーターミナル、鳥羽市役所などの最寄駅にもなっており、鳥羽駅よりも鳥羽市の中心部に駅がある。但し同駅ではPiTaPaは使えるが、特急は停車しない。中之郷から先は海から離れて加茂川沿いに走る。鳥羽までの山田線とは反対に志摩線は急カーブの連続で、俊足自慢の近鉄特急も鳥羽から先は牛歩の歩みとなる。志摩赤崎は2面2線で普通しか停まらないのでホーム有効長は2両分となっている。さらに加茂川に沿って南下して行き、2面2線の船津となる。同駅も普通しか停まらない小駅だ。ここから上之郷までは複線化されている。加茂川を渡りしばらく走って2面2線の加茂となる。ここも普通しか停まらない小駅で次の松尾も同様となっている。加茂川と分かれて山間部に入る手前に白木がある。中央に通過線があり、その脇に2面2線の待避線が設けられている。

白木を出ると青峰トンネルに入る。同トンネル内では130km/h運転が許容されているため、それに対応できる23000系などでは最高130km/hで運転されることがある。青峰トンネルを抜けて志摩市に入ってすぐに2面2線の五知となる。トンネル内は高速運転が可能だが、ここから先はまた元の志摩線に戻り曲がりくねった線路を走る。五知から上之郷までは1993年に複線化された区間である。1面2線の沓掛を過ぎると1面2線の上之郷となり、ここから先は単線となる。大きく左にカーブして神路川を渡って、それと並行しながら走り志摩磯部となる。志摩磯部は2面3線でこのうちの1線は留置線として使用されており営業列車の発着はない。かつてはここから志摩スペイン村への直行バスが出ていたが、同村へは今は鵜方のみが最寄駅となっている。志摩スペイン村への玄関口ということでスペイン風の駅舎が同村開園時に造られたが、今は同村へのアクセスもなくなり、少々場違いな駅舎という印象しか残らない。志摩磯部を出ると再度複線となり、的矢湾につながる伊雑ノ浦を左手に見ながら走る。複線化と同時に高架化された穴川を過ぎると伊雑ノ浦から離れて山間部に入る。ほぼ真っすぐ南下して行き2面2線の志摩横山を過ぎると左にカーブして鵜方となる。鵜方は1面2線の配線で特急停車駅となっている。駅前からは志摩スペイン村への直行バスが出ており、同村への最寄駅となっている。スペイン村は駅から北へ3kmほど離れた所にある。この他志摩市役所も駅近くにあり、志摩市の中心部に駅がある。鵜方を出ると単線となる。左にカーブして進路を南に向けて1面2線の志摩神明となる。同駅を出ると賢島近辺のリアス式海岸の中を走り左にカーブして終点の賢島に着く。賢島は4面5線の行き止まり式ホームを持ち1番線から4番線までが特急、5番線から普通が発着している。列車の運転本数に比してホームの数が多いが、特急の折り返し作業も全てホーム上で行われるため、特急車両の滞留時間は長いので、ピーク時にはあまり余裕がない。
にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

近鉄~クラブツーリズム専用列車かぎろひ~

かぎろひ近鉄クラブツーリズム専用列車かぎろひは旅行会社が年間を通して団体列車を走らせるという国内では初の試みとして2011年末にデビューした。車両は近鉄12200系特急車を改造した
15400系が使用されている。外観は深みあるダークグリーンの塗装が施され、内装も団体列車用に改造されてバーカウンターやイベントスペースが設けられ一新している。2014年4月現在、15401+15301と15402+15302の2両編成2編成が存在している。

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

近鉄大阪線~観光特急しまかぜ~

近鉄50000系しまかぜ近鉄大阪線では2013年3月20日から新型観光特急しまかぜの運転を開始した。大阪線では大阪難波~賢島間に1往復運転され、予備車がないため水曜は運休の形で運行を開始した。下り大阪難波発は平日が10時40分、賢島着12時59分、土休日が10時20分、賢島着が12時46分となっている。上り賢島発は平日、土休日ともに16時00分で、大阪難波着18時19分で運転されている。停車駅は大阪難波から大阪上本町、鶴橋、大和八木、伊勢市、宇治山田、鳥羽、鵜方、賢島。かつての阪伊甲特急は宇治山田までノンストップ運転だったが、大和八木と伊勢市が停車駅に加えられている。大和八木での奈良、京都方面への乗継ぎの利便性と伊勢市での観光利用を見込んでの停車と思われる。

近鉄観光特急しまかぜ

しまかぜは全車が豪華なプレミアムシートで構成されており、通常の特急料金に上乗せの形で料金が設定されている。最近流行りの豪華列車に値するが、料金は比較的リーズナブルでセレブでしか乗れないという列車ではない。座席は全て1-2配列になっており、個室車もあり、ダブルデッカーのラウンジ、ビュッフェ車も連結されている。定員が少なく、前述したように豪華な割にリーズナブルなところもあるので、非常に人気が高く、平日でもチケットが入手困難な列車となっている。

近鉄50000系しまかぜ
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ