【JR桜井線ガイド】

JR桜井線は奈良と高田を結ぶ29.4kmの単線1500V直流電化路線である。電化は国鉄時代の昭和55年3月に行われている。奈良ではJR大和路線、高田ではJR和歌山線と接続しており、桜井で近鉄大阪線、天理で近鉄天理線と連絡している。運転は奈良-高田間の線内運転が主体で、高田から和歌山線に直通して和歌山まで運転される系統が多い。ラッシュ時には高田から和歌山線王寺を経由して大和路線に乗り入れる直通の区間快速が運転される。

奈良駅は2010年に高架化が完成した。桜井線は1番線から発着している。高架前は行き止まり式ホームだったが、現在は木津側で大和路線とつながっている。隣の2番線は両側をホームで挟まれており、大和路線電車は両側のドアを開けて乗り換えが便利なようにしている。奈良を出ると左にカーブして大和路線と分かれて奈良の市街地の外れを走る。2面3線の構造で島式ホームの外側が使用されていない京終を出ると右にカーブして南下して行く。しばらく国道169号線と並行して走って2面2線の帯解となる。同駅は帯解寺への最寄駅で、駅近くには広大寺池がある。天理市に入ってそのまま真っ直ぐ南下して2面2線の櫟本となる。西名阪自動車道の下をくぐってさらに真っ直ぐ南下して天理の市街地が見えて、右手に天理臨用の留置線が見えて高架で2面4線の天理となる。天理は天理教の本部があり、天理教の行事がある時には全国から天理臨がたくさん運転されている。そのため構内は広く、留置線もたくさん設けられている。駅高架下には近鉄天理線が乗り入れている。

国道25号線と交差して天理の市街地を抜けて高架線から下りて、田畑が目立つ風景の中を進み1面1線の長柄となる。次の柳本は2面2線で駅周辺には古墳がたくさんある。桜井市に入りすぐに1面1線の巻向となる。国道169号線と交差して桜井線はそのまま真っ直ぐ南下して2面2線の三輪となる。三輪は三輪素麺の故郷で、駅近くには神社があり、正月や祭りがある時には賑わう。大和川を渡って近鉄大阪線の高架を見ながら右にカーブして、それと交差して桜井となる。桜井は2面3線で高架の近鉄大阪線と並行して地上にホームがある。ここから進路を西にとって走る。

桜井を出るとしばらく近鉄と並行して走り、近鉄大福駅付近で少しずつ離れていき、桜井市から橿原市に入ってすぐに1面1線の香具山がある。万葉集で歌われた天香具山はあまりにも有名である。その天香具山は駅南側に見える。国道165号線と交差して、さらに同道路ともう一度交差して2面2線の畝傍となる。同駅は橿原市役所の南側にあり、市役所の北側には近鉄八木駅、さらに西側には八木西口駅がある。桜井以西では近鉄が宅地開発を積極的に行ったおかげかJR桜井線周辺も住宅が建て込んでいるが、如何せん便利な近鉄大阪線が近くに走っており、JR桜井線の利用は伸び悩んでいる。畝傍を出ると近鉄橿原線を跨いで真っ直ぐ西に向かって走り、市街地を抜け出して1面1線の金橋となる。大和高田市に入り、左手からJR和歌山線が近づいてきて立派な橋上駅舎が見えると終点の高田である。高田は2面3線でJR和歌山線と接続しており、王寺方面へは桜井線からの直通電車も走り、ラッシュ時には王寺から大和路線に入る快速も運転されている。駅の北側には近鉄大阪線の大和高田駅があり、南へ約1キロほどのところには近鉄南大阪線の高田市駅がある。

  

【関西各駅探訪第243回~JR桜井線帯解駅~】

~安産祈願の帯解寺が近くにある~

帯解

帯解

JR桜井線帯解駅は奈良県奈良市にある。奈良駅から2つ目の駅で奈良市内だが、駅周辺は田畑が多く長閑な景色が展開される。

帯解

帯解

帯解駅は対向式ホーム2面2線の行き違い駅で、かつて各地から運転された天理臨の長大編成に対応するため、駅構内は広く取ってある。ホーム有効長より行き違いの線路有効長がかなり長く取ってある。

帯解

帯解

駅舎は1つで、出口も1ヵ所になっている。無人駅で、ICカードリーダーと簡易の自動券売機が設置されている。

 帯解駅の2014年度1日あたりの乗車人員は490人で、うち定期利用者は303人となっている。定期比率は61.8%で、高い方の数値である。10年前の2004年度と比べると乗車人員で2.8%の減少。定期利用者では3.2%の減少となっている。

関西各駅探訪第157回~JR和歌山線・桜井線高田駅~

~大和の地でJR、近鉄の3路線が凌ぎを削る~

高田

高田

JR和歌山線髙田駅は奈良県大和高田市にある。北へ500mほどの距離に近鉄大阪線大和高田駅があり、南へ1.3㎞程の距離に近鉄南大阪線高田市駅がある。大和高田市の人口は約64,000人で、JR、近鉄の3路線が凌ぎを削り利用者の争奪戦を行っている。街の中心部は、JR高田駅の南西側になるが、近鉄大阪線大和高田駅周辺の方が、店舗などが集まり賑やかである。

高田

高田

駅構内は、ホーム2面3線で、和歌山線電車の他、桜井線(万葉まほろば線)電車も乗り入れている。2・3番線がホームを共有しており、データイムは2・3番線から各方面への電車が発着し、相互に連絡を図っている。

高田

高田

改札は1ヶ所のみで、みどりの窓口もある有人改札となっている。橋上駅舎で出口は2ヶ所ある。西口がメインの出口で、大和高田市役所が西へ800mほどの距離にある。

高田

高田

西口は旧市街地の様相だが、東口は新興住宅地の雰囲気が漂う。東口から北へ歩いて5分ほどの距離に近鉄大和高田駅がある。その途中にオークタウン大和高田があり、街としてはこちらの方が開けている。

高田

高田

東口側は、駅前に高層住宅が建ち並び新興の雰囲気が漂う。西口は駅周辺の道路も狭く、旧市街地の風情が強い。

 2014年度の高田駅の1日あたりの乗車人員は、2,375人で、うち定期利用が1,688人となっている。定期比率は70%を超えており、定期利用が多い。10年前の2004年度には、2,813人の利用があったが、この10年で15%強ほど利用者が減少している。定期外利用が20%以上落ちており、かなり深刻である。通勤、通学以外ではなかなか利用してもらえないようである。近鉄大和高田駅もこの10年で、利用者を減らしており、競合関係で利用者を減らしているわけではない。ロードサイドに街が発展していき、駅前の旧市街地はどんどん廃れていくという地方の窮状がここでも見られるようだ。

  

関西各駅探訪第139回~JR桜井線畝傍駅~

~歴史と伝統の重みを感じさせる木造駅舎~

畝傍

畝傍

JR桜井線畝傍駅は、奈良県橿原市にある。近鉄大和八木駅、八木西口駅の近くにあるが、近鉄橿原線の畝傍御陵前とはかなり離れているので注意が必要だ。

畝傍

畝傍

駅構内はかつては2面3線だったが、1線撤去されて2面2線となっている。

畝傍

畝傍

1番線側に駅本屋があり、2番線とは陸橋で行き来することになる。ホーム有効長はかなりあるが、現在は桜井線電車は2連ワンマン運転で、朝夕に直通してくる大和路線直通電車が最大6両編成で運転されるのみとなっている。

畝傍

畝傍

駅舎は地上駅舎で、自動改札はなく、入出場の際のICカード読取機が設置されている。駅舎は木造で、橿原神宮参拝などで皇族が利用していたこともあり、貴賓室も設けられている。駅構内も荘厳な雰囲気が漂う構造になっている。

畝傍

畝傍

駅舎は立派だが、無人化されており、簡易券売機とICカード読み取り機が置かれているだけである。

畝傍 畝傍駅の2014年度の乗車人員は、438人で10年前の2004年度に比べて5%弱減っている。定期利用は268人で、こちらは10%弱の減少となっている。定期外利用者はわずかに増えているが、全般的には微減傾向である。

  

JR桜井線~快速JR難波行き~

221系快速

JR桜井線経由の快速JR難波行きは平日ダイヤ、土休日ダイヤともに2本が運転されている。奈良発6時55分(土休日6時54分)、8時00分で運転。JR桜井線内は各駅に停まり、王寺から快速運転を行う。6時55分発が201系6両編成、8時00分が221系4両編成を使用している。

201系快速

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

JR桜井線・奈良線~天理臨~

天理臨

天理臨は天理教の大祭などがある時に運転される団体列車である。各地からJR桜井線天理駅へ団体列車が走っていたが、近年は東北からの夜行便と近畿周辺からの列車が運転されるぐらいで運転本数はかなり減少している。かつては各方面からの夜行が運転されていたので普段地味な奈良線や桜井線にバラエティに富んだ車両が走るため鉄道ファンには人気があった。現在も関西地区では見られなくなったブルートレインが見られる数少ないチャンスとあって、東北からの夜行便が走る時には沿線に数多くのファンが集まる。
天理臨

天理臨

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ