【JR西日本323系】

LS7

LS7

JR西日本323系は2016年12月24日に営業運転を開始した大阪環状線用の新型車両である。大阪環状線用の車両としてはJR発足後初の新型車両で、それまでの103系や201系の4扉ロングシートから3扉ロングシートに変更されている。Sic素子を使用した1C2Mのインバータ制御で、主電動機の定格出力は220kWとなっている。321系で採用され、225系などJR西日本の標準となりつつある1車両に動力台車と付随台車を1台ずつ搭載する0.5M方式が取られており、8両全ての電動機が搭載されている。実質的には4M4Tとなっており、従来の103系や201系と電動機の台数は変わらない。集電装置にはシングルアームパンタが採用され、2号車、5号車、8号車にパンタを搭載している。2号車には予備パンタが搭載されている。

車内はロングシートになっており、扉間は10人掛け、車端部は3人掛けとなっており、混雑する8号車は扉間を8人掛けとして立席スペースを増やしている。4号車は女性専用車となっており、当車両のみ電球色の照明が採用されている。車内情報装置は321系や225系とは異なり、各扉上に2面の17インチモニターが設置され、車端部両側にも同様のモニターが設置された。

323系は2017年12月末現在、8両編成12本が稼働している。2018年度までに8両編成21本が出揃うことになっており、201系を全て淘汰する予定である。

LS1

2016年12月24日に営業運転を開始した323系LS1編成では、クリスマスイブのデビューということもあってクリスマスツリー表示が出るというサービスも提供され好評を博した。なお、2017年のクリスマスにもLS7編成が同様にクリスマスツリーの表示を出している。

正面貫通ドアに描かれた円の模様は大阪環状線を表している。特徴的なヘッドライトとフォグランプなどと相まって大阪環状線の新しい顔として定着している。

  

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その3~

大阪

大阪

大阪駅中央改札南口は大丸百貨店などが入るサウスゲートビルがある。

大阪

大阪

中央改札を南に下ると地下に下りるエスカレータと階段がある。これを下りると阪神梅田駅方面へ向かう。

大阪

大阪

大阪駅南口は大阪駅の表玄関の位置づけで、サウスゲートビルを中心に構成されている。この対面には阪神百貨店があり、阪神梅田駅の百貨店口がある。

大阪

大阪

2階はスカイウォークにつながっており、その下に広がるバスターミナルや阪急百貨店、阪神百貨店とつながっている。ここから3階に上がれば連絡橋改札がある。

大阪

大阪

大阪駅中央南口1階。ここから入れば中央改札や中央きっぷ売り場がすぐにある。隣には大丸の入口もある。

大阪

大阪

大阪駅中央南口にある水の時計。なかなか時刻が分かりにくいが、見ているだけで面白い時計である。

大阪

大阪

中央南口の柱には歴代大阪駅の写真が掲示されている。

大阪

大阪

中央口と桜橋口付近にある大阪駅のEKI MARCHE。様々な店舗が駅ナカにある。

大阪

大阪

大阪駅桜橋口。桜橋口は南側にのみ改札があり、北側には改札はない。

大阪

大阪

大阪駅桜橋口の南西側には大阪中央郵便局があったが、現在はイベント広場である西梅田スクエアがある。

大阪

大阪

かつては高速バスターミナルが広がっていた桜橋口には、現在はタクシーの待機場となっている。

大阪

大阪

桜橋口は西側に出口があり、信号を渡ると先述した西梅田スクエアや梅三小路がある。

大阪

大阪

南側から地下に下りると阪神梅田駅西口があり、さらにその向こうには地下鉄四つ橋線の西梅田駅がある。

大阪

大阪

桜橋口西側には高架下に飲食店が建ち並ぶ梅三小路がある。

大阪

大阪

大屋根が特徴になった大阪駅を南西側から望む景色。大阪駅に停車中の大阪環状線電車などを見ることができる。

大阪 大阪駅の2015年度1日あたりの乗車人員は431,743人で、うち定期利用者は226,384人となっている。定期比率は52.4%で、JR西日本の駅としては定期比率は低い方である。10年前の2005年度には、乗車人員が425,197人で、定期利用者は239,462人だった。乗車人員はこの10年で1.5%ほど増加しているが、定期利用者は5%強ほど減少している。その分、定期外利用者が10%弱増加しており、OSAKASTATIONCITYの開業などにより、定期外利用者が増加傾向にある。大阪駅の乗車人員はJR西日本で1位で、関西地区でも断トツの1位である。全国的に見ても、新宿、池袋、東京に次いで4位を誇っており、日本有数の利用者数を誇る駅となっている。

  

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その2~

~OSAKA STATION CITY開業で一変し名実ともに大阪の顔として君臨~

大阪

大阪

大阪駅中央改札は、地上1階にある。ホームは地上2階部分にあり、その上には連絡橋改札が設けられた。

大阪

大阪

大阪駅中央口はまさに大阪駅の中央にある。各線への乗り換えは阪神本線の梅田駅以外はあまり便利ではない。南の大丸、北のグランフロント大阪があり、大阪駅周辺でのショッピングなどで訪れる人が多く利用する。

大阪

大阪

JR各線間の乗り換えは中央改札内の連絡通路を通る。御堂筋口の場合は、大阪環状線ホームがやや西側に寄っているため、やや乗り換えが不便だが、中央口は同じ位置にあるため、乗り換えは便利である。

大阪

大阪

中央きっぷ売り場は、大阪駅最大のみどりの窓口で、有人の窓口が数多く並ぶ。帰省シーズンなどには、切符を買い求める人で長蛇の列ができる。

大阪

大阪

みどりの券売機も数多く設置されており、有人窓口の混雑緩和に一役買っている。

大阪

大阪

中央きっぷ売り場付近にあるセントラルコートではおみやげ売り場などがあり、大阪のおみやげを買うことができる。

大阪

大阪

大阪駅中央口の北側にはグランフロント大阪がある。グランフロント大阪へは2階の連絡橋を通ることになる。1階には高速バス乗り場が設けられている。

大阪

大阪

阪急梅田駅下の阪急高速バス大阪梅田ターミナル(阪急三番街)と並ぶ大阪梅田地区の巨大バスターミナルとなった大阪駅高速バスターミナル。以前は大阪駅南側にあったが、大阪駅再開発に伴い北側に移転した。

大阪

大阪

大阪駅中央口北側2階からグランフロント大阪を望んだ景色。グランフロント大阪とは連絡橋で結ばれており、1階に下りるとうめきた広場がある。将来的には梅田貨物線の地下化により、北梅田駅(仮称)が近くにできる予定である。

大阪

大阪

グランフロントへの連絡橋から大阪駅中央口方向を望んだ景色。時計の向こう側には11番線があり、ガラス越しに停車する列車を見ることができる。

大阪

大阪

うめきた広場とその向こうにそびえ立つ梅田スカイビル。スカイビルの手前にはかつての梅田駅ヤード後があり、うめきたの2期開発地域となっており、これから整備が始まる。

大阪

大阪

連絡橋改札へのアクセス部とその上に設置された南北自由通路へ上がる階段。

大阪

大阪

3階に位置している連絡橋改札。改札の周辺は広く取られており、椅子に座って休憩するスペースも設けられている。ガラス越しに大阪駅を発着する列車を見ることもできる。

大阪

大阪

中央きっぷ売り場ほどの大規模なものではないが、連絡橋改札にもみどりの窓口が設置されている。

大阪

大阪

連絡橋改札付近から大阪駅構内西側を望んだ景色。元々の計画ではホームには屋根の設置はなく、最上部に設けられた大屋根のみで開放的なホームにする予定だった。風雨にさらされ、夏場は直射を受けることもあり、部分的にホーム上屋が設けられ、橋上駅舎の下側にもガラス張りの屋根が設けられている。

大阪

大阪

連絡橋改札は、ちょうど中央改札の上に位置している。真ん中にホームがあるイメージで、改札内は各線との乗り換えが便利である。

大阪

大阪

大阪環状線ホームへ向かう西側のエスカレータは、スペースの都合上トリッキーな形になっており、真ん中に水平になる部分がある。

大阪

大阪

連絡橋改札の改札内の部分も広く取られており、こちらにも休憩できる椅子が設けられている。

大阪

大阪

鉄道ファンにとっては極楽の大阪駅ホームを見下ろす連絡橋改札内の椅子。ここからひっきりなしにホームに出入りする電車を眺められる。鉄道ファンや子供たちには胸躍るスポットと言える。

大阪

大阪

こちらは大阪環状線ホーム東側から連絡橋へのアクセス部。こちらのエスカレータは通常の形状になっている。大阪環状線ホームは8両編成分しかないため、このエスカレータは東側の先頭車両部に位置しており、さらに東へ進んで1階の御堂筋口へ向かい階段がある。

大阪

大阪

大阪環状線電車は8両までだが、ホームは意外に長く、御堂筋口方は電車は止まらないが、柵が設けられて、階段までのアクセス部が続いている。

大阪

大阪

大阪環状線ホーム西側から北側を望んだ景色。巨大な連絡橋は2層構造で、3階に連絡橋改札があり、その上の4階には自由通路があり、カフェなどがある広大な時の広場があり、催し物なども行われる。

大阪

大阪

時の広場には、北側のノースゲートビル近くに金の時計が設置されている。

大阪

大阪

サウスゲートビル側には銀の時計があり、それぞれが待ち合わせ場所になっている。
  

関西各駅探訪第200回~JR京都線、神戸線、大阪環状線大阪駅その1~

~OSAKA STATION CITY開業で一変し名実ともに大阪の顔として君臨~

大阪

大阪

JR大阪駅は、大阪市北区にある。JR東海道本線(JR京都線・JR神戸線・JR宝塚線)とJR大阪環状線の2路線が集まるのみだが、東海道本線は実際には、大阪を境にJR京都線、JR神戸線となっており、さらには尼崎からJR福知山線(JR宝塚線)電車も乗り入れてくるので、阪急梅田駅と同様、京阪神並びに宝塚方面からの路線が集結する一大ターミナルとなっている。また、JR大阪環状線には、阪和線、関西空港線、大和路線からの快速が直通しており、京阪神のみならず、近畿2府4県の県庁所在地からの列車が一堂に集結する駅にもなっている。近畿圏で、2府4県からの路線が一堂に会する駅は大阪駅のみである。JR西日本はもちろんのこと、西日本一の規模と乗降者数を誇る、西の巨大ターミナルで、日本全体でも4位の乗降者数を誇っている。2011年5月に開業した大阪ステーションシティの影響もあり、現在も利用者数は伸びている。

大阪

大阪

当然ながら大阪駅には全列車が停車すると言いたいところだが、夜行のサンライズ瀬戸・出雲のうち、早朝時間内に大阪に差し掛かる下り列車は、大阪駅を通過する。昔は、数多くのブルートレインが大阪を通過していたが、現在は下りサンライズ瀬戸が通過するのみとなっている。貨物列車は北方貨物線を経由するため大阪駅は通過しない。

大阪

大阪

大阪駅はホーム6面11線で、南側に大阪環状線の1番線、2番線があり、一番北側に11番線がある。かつては、大阪環状線のホームは環状内回り、環状外回りの乗り場で案内されていた。東海道本線下りから1番線で番線が振られていた。大阪駅開発プロジェクト工事前は、環状線内回り、外回りホームを含めて7面13線の陣容だった。これが改良工事により、北側の9番線、10番線、11番線が撤去されて、JR京都線、JR神戸線ホームが6面11線から5面9線に縮小されて現在に至っている。

大阪

大阪

大阪環状線ホームは現在1番線、2番線となっており、ホーム有効長は環状線の最大編成両数である8両になっている。

大阪

大阪

福島方には引き上げ線が2線あり、環状線外回り線の当駅止まり電車、内回り線の当駅始発電車が折り返している。

大阪

大阪

JR京都線、JR神戸線ホームは5面9線で、下りホームは、3、4番線が優等列車とJR宝塚線快速、朝夕ラッシュ時の新快速、快速発着用となっている。

大阪

大阪

5番線は下り新快速と快速発着用で、ラッシュ時にはサンダーバード回送も到着用として使用している。

大阪

大阪

6番線は下り普通電車が発着している。6番線には2017年4月22日からホームドアが使用開始されている。

大阪

大阪

7番線は上り普通電車用ホームで、2017年5月27日からホームドアの使用を開始している。

大阪

大阪

8番線は上り新快速、快速発着用で、ラッシュ時にはJR宝塚線の快速なども到着用として使用している。

大阪

大阪

9番線、10番線は優等列車の発着とラッシュ時の新快速、快速の発着、JR宝塚線快速の発着に使用されている。夕方ラッシュ時には10番線から当駅始発の新快速が停車し、9番線にはレギュラーの新快速が発着するため、新快速の並びが見られる。

大阪

大阪

11番線は優等列車専用ホームで、主にサンダーバードの発着に使用されている。

大阪

大阪

大阪駅の改札は5ヵ所ある。一番東の改札は御堂筋改札で、北改札と南改札がある。北改札は大阪市交御堂筋線、阪急各線への乗り換えに便利である。

大阪

大阪

かつて御堂筋口にもみどりの窓口があったが、現在はみどりの券売機が設置されているのみとなっている。

大阪

大阪

阪急梅田駅と大阪駅を結ぶ北側にある連絡橋は御堂筋北口につながっている。

大阪

大阪

御堂筋北口からは地下道でも阪急梅田と結ばれており、御堂筋線梅田駅北改札やヨドバシカメラともつながっている。この地下道は阪急三番街や阪急梅田駅の待ち合わせ場所として有名なBIGMANがある紀伊国屋書店ともつながっている。

大阪

大阪

JRと阪急の連絡橋の終点にあるカリヨン広場。そのまま直進すればルクアがあり、さらにグランフロント大阪までつながっている。階段を下りれば、大阪駅御堂筋北口がある。

大阪

大阪

大阪駅御堂筋北口。阪急各線梅田と御堂筋線北改札に近く、乗り換え客も多い。

大阪

大阪

大阪駅御堂筋北口から連絡橋を望んだ景色。正面にヨドバシカメラのビルが見える。ヨドバシカメラへは地下道で結ばれているが、連絡橋とはつながっていない。

大阪

大阪

御堂筋南改札は、阪神梅田駅や大阪市交谷町線東梅田駅などへ向かうのに便利である。駅前には近年整備されたバスターミナルがあり、市バスとの乗り換えが便利である。

大阪

大阪

御堂筋南口は、大阪市バスのバスターミナルや阪急百貨店、阪神百貨店へ向かうのに便利で、各方面を結ぶ陸橋にはエスカレータ、エレベータも設置されている。

大阪

大阪

大阪駅前に整備されたバスターミナルには各方面へ向かう大阪市バスが所狭しと並んでいる。

大阪

大阪

OSAKASTATIONCITYのサウスゲートビルと阪急百貨店、阪神百貨店など各方面を結ぶSKYWALKはバスターミナルを囲むように設置されている。

大阪

大阪

大阪駅御堂筋南口と阪急百貨店を結ぶ横断歩道。阪急梅田と大阪駅を結ぶ大動脈の一つで、信号機には待ち時間が表示されることで有名。
  

関西各駅探訪第155回~JR大和路線・大阪環状線新今宮駅~

~通天閣にあべのハルカス大阪ミナミの二大シンボルタワーを望める駅~

新今宮

新今宮

JR大和路線、大阪環状線の新今宮駅は、大阪市浪速区にある。浪速区と西成区の区境に位置しており、南海の駅は西成区にあるが、JRの駅は浪速区になる。JR大和路線とJR大阪環状線の実質的な分岐駅で、大阪環状線の今宮駅が出来るまでは、ここが大和路線との連絡駅であった。また、南海本線、南海高野線、阪堺線、地下鉄動物園前と連絡している。

新今宮

新今宮

駅構内は2面4線になっており、2・3番線が大和路線、1・4番線が大阪環状線が使用している。大阪環状線の普通は1・4番線からの発着となっているが、大和路線から大阪環状線に直通する関空紀州路快速、大和路快速は2・3番線から発着している。

新今宮

新今宮

改札は2ヶ所あり、西改札は南海との連絡口となっている。南海とは改札が分かれているため連絡改札にはなっていない。西改札からも出場することができる。

新今宮

新今宮

東改札は新今宮駅のメイン改札で、南海線との乗り換えは出来ないが、阪堺線新今宮駅前駅、地下鉄動物園前駅と連絡している。通天閣や新世界へは東改札が近く、南海乗り換え以外ではこちらがメインの改札となっている。

新今宮

新今宮

新今宮駅のホームからは、大阪ミナミのシンボル通天閣を望むことができる。駅から通天閣へは徒歩10分ほどかかる。

 

新今宮

新今宮

駅の東端からはもう一つのミナミのシンボルタワーあべのハルカスも望むことができる。大阪を代表する高層建造物を二つとも見られるのは新今宮駅の醍醐味とも言える。

新今宮

新今宮

関空紀州路快速、大和路快速は、新今宮を出ると今宮、芦原橋を通過する。環状線には追い抜き設備がないため、データイムは、新今宮で関空紀州路快速と環状線普通が連絡を行い、関空紀州路快速を先に通すようにしている。朝夕ラッシュ時には当駅で特急を待避する光景も見られる。
 2014年度の新今宮駅の1日あたりの乗車人員は、62,143人で、うち定期利用者は、39,796人である。定期比率は64%で、定期比率はあまり高くない。南海との乗り換えが多いので、定期外利用も多いものと思われる。10年前の2004年度は、乗車人員が67,183人だったので、8.5%ほど減少している。定期利用の落ち込みが激しく、9%ほど減少している。近年南海では、天下茶屋での堺筋線乗り換えが主流の一つとなっており、そちらへの転移も新今宮駅利用者減の理由の一つと思われる。なお、新今宮での南海への乗り換えは、意外に天王寺方面からの利用が多い。かつて南海天王寺支線があったことなども影響しているのかもしれないが、南海沿線から天王寺方面、あるいは大和路線、阪和線方面への乗り換えが目立つ。
  

関西各駅探訪第82回~JR大阪環状線寺田町駅~

〜大阪環状線プロジェクトの産物がホームに!旧駅名板が物語る駅の歴史~

HF409

HF409

JR大阪環状線寺田町駅は、大阪市天王寺区にある。天王寺から内回り電車で1駅で、駅周辺は下町情緒あふれる商店街がある。関空紀州路快速、大和路快速なども停車するが、天王寺~大阪間は各駅に停車するため、実質的には各駅停車と同じである。大阪環状線東部は、全て各駅に停まる電車しか走らないため、寺田町駅を通過する定期列車はない。

寺田町

寺田町

ホーム2面2線で、高架駅ではあるが、改札は地上にある。1駅先には南の巨大ターミナル天王寺が控えているが、駅周辺は下町の風情が残る。

寺田町

寺田町

改札は北口と南口の2ヶ所がある。メインの改札は北口で、周辺には飲食店の店舗が建ち並んでいる。

寺田町

寺田町

寺田町駅や大阪環状線の各駅は、高架下に駅舎がある古いタイプの高架駅。高架の支柱が歴史を物語ってくれる。

寺田町

寺田町

駅の目の前を国道25号線が走るため、北口駅前は意外に狭い。出口付近は歩行者が通れるのみ。

寺田町

寺田町

南口は人通り、車通りは少ないが、東側に商店街が広がっている。

寺田町

寺田町

高架下に大衆食堂があるのも大阪環状線の下町の風情として当たり前の光景。どこにでもある光景だが、耐震の問題など今後の課題は多い。

寺田町

寺田町

外回りホームには、旧駅名板があり、保存されている。大阪環状線改造プロジェクトの副産物で出て来た旧駅名板。すっかり同プロジェクトの目玉となっている。

寺田町 寺田町駅の2014年度の1日あたりの乗車人員は、16,362人で、うち定期利用は10,506人となっている。定期比率は64.2%で、10年前の2004年度よりも定期比率は上がっている。駅周辺には大阪教育大附属高校、中学校、生野工業、興国高校などがあり、それらの生徒の利用も多い。

寺田町

寺田町

寺田町駅では、データイムに関空紀州路快速、大和路快速、環状普通がそれぞれ15分毎に運転されている。一部時間帯にはユニバーサルシティ方面桜島行きも加わるが、基本形はこの3種による毎時12本の運転となっている。関空紀州路快速、大和路快速は、天王寺~京橋~大阪間は各駅に停車する。快速は、天王寺出発時点では、普通の幕を表示しているが、天王寺~寺田町間で幕を回して、関空紀州路快速、大和路快速に変身する。

平日朝ラッシュ時は、7時台の内回りが15本、8時台の内回りが18本の運転で、環状運転や桜島線直通が増える。7時台の外回りは15本、8時台の外回りは18本の運転で、こちらも同様に環状運転と天王寺止まりの運転が増える形になっている。快速は朝ラッシュ時には、大和路線直通が区間快速、阪和線直通が直通快速となり、環状線内は各駅に停車する。平日夕方ラッシュ時は、18時台、19時台の内回りが16本、18時台、19時台の外回りが20本の運転となっている。夕方ラッシュ時は、関空紀州路快速はデータイム同様の運転で、概ね15分毎の運転、大和路線直通は区間快速となり、こちらも15分毎の運転となっている。最終電車は、内回りが寺田町発0時21分の大阪行き、外回りが寺田町発0時29分の天王寺行きとなっている。外回り最終は、天王寺で、阪和線最終の普通鳳行き、大和路線最終の普通王寺行きと連絡している。内回り最終は、大阪での各線への連絡は、最終電車の繰り上げにより、現在はなくなっている。

  

【関空特急はるか改善案】

281系はるかA607先日提案した有料新快速では、281系を使用するとした。その281系を有料新快速に回すために、関空特急はるか用の新型車両が必要である。海外からの旅行者が増え、関京とれいん空利用が盛り返したことにより、関空特急はるかの利用者も増えてきている。現在の281系も、外観は和風の様相で、日本、とりわけ終点の京都を意識した車両になっているが、実際の造りは短距離特急ということもあり、シートなど車内設備は簡素な造りとなっている。海外からの利用者にとっては、やや物足りないおもてなしなのではなかろうか。もっと和風を表に出した造りにしてもよいのではないかと思う。阪急6300系を改造した京とれいんのように和風のクロスシートや思い切ってお座敷のフリースペースなどを設けて、乗った瞬間から京都を感じさせる造りにすればよい。フリースペースには、お座敷の他、かつて餘部鉄橋に散った悲運の列車14系みやびにもあった日本庭園などを設けてもよい。海外でも話題になるような車両造りを期待したいものだ。

  

【JR貨物EF210(吹田)】

ギャラリー

このギャラリーには27枚の写真が含まれています。

EF210は1996年から製造されたJR貨物の直流電気機関車。老朽化したEF65の置き換え用として岡山機関区に投入された。1990年に登場したEF200に続く新型貨物用機関車で、パワーを持て余していたEF200よりスペッ … 続きを読む

関西各駅探訪第62回~JR大阪環状線芦原橋駅~

芦原橋

JR大阪環状線芦原橋駅は、大阪市西成区にあり、大阪環状線では南西部に位置する駅である。近くを南海高野線が走り、芦原町駅があるが、連絡運輸は行っておらず、単独駅となっている。関空紀州路快速、大和路快速は通過し、区間快速と環状運転の普通が停車する。

芦原橋 駅は高架駅で、駅舎は地上にある。ホーム2面2線でホーム有効長は大阪環状線標準の8両である。

芦原橋 駅北側は新なにわ筋、あみだ池筋、なにわ筋の3本の幹線道路が重なる交差点になっている。道路交通はにぎやかだが、人通りはあまり多くない。

芦原橋 駅南側は新なにわ筋が通っており、大阪市バスのバス停がある。

芦原橋 バス停のベンチは太鼓をモチーフにしている。付近では太鼓が地場産業のため、あちこちに太鼓の画がある。

芦原町 南海高野線芦原町は徒歩5分ほどの距離にある。乗り換えの便がどうこうというよりも南海の利用者が少ないので、ほとんど乗り換える客はいないに等しい。

芦原橋 2013年度の乗車人員は、1日あたり5,455人で、うち定期利用者が3,896人で、定期比率は70%を越えている。10年前の2003年度には、1日あたり6,611人の利用があり、うち定期利用者は4,320人だった。総数、定期利用ともに10年前に比べ、減少している。とりわけ定期外利用が30%強減少しており、定期利用も10%弱減少している。大阪環状線各駅の中では、今宮の次に利用者数が少ない。

大和路快速 データイムダイヤは、15分毎に環状運転の普通が停まるのみとなっている。15分に1回しか乗車チャンスがないのは、大阪環状線では、当駅と野田、今宮のみである。野田は桜島線直通が走る時間帯があり、今宮は大和路線普通も停まるので、芦原橋は、乗車チャンスが一番少ない駅と言える。朝ラッシュ時間帯は、大和路線直通の区間快速、阪和線直通の直通快速も停車する。7時台の外回りは16本、8時台は17本、内回りが7時台12本、8時台13本が停車する。内回りは、阪和線直通の直通快速の運転がないため、停車本数が若干少ない。夕方ラッシュ時は、大和路線直通の区間快速が停車し、内回りは18時台、19時台に各8本が停車する。外回りも同様に18時台、19時台ともに8本が停車する。最終電車は、外回りが芦原橋発0時05分の京橋行きで、内回りは、芦原橋発0時23分の天王寺行きとなっている。内回り最終の大阪発時刻は0時09分である。