【関西各駅探訪第275回~JR紀勢本線海南駅~】

~和歌山北部の工業都市海南の表玄関~

海南

海南

JR紀勢本線海南駅は、和歌山県海南市にある。特急くろしおの停車駅で、朝には当駅始発の特急くろしおも1本設定されている。1998年10月10日に高架化された。かつては野上電鉄も乗り入れていたが、1994年4月1日に廃止された。

海南

海南

海南駅はホーム2面4線で、特急が普通を追い抜ける構造になっている。ホームは地上2階にあり、改札は1階にある。エスカレータは上りのみで、改札階からはエレベータが設置されている。

海南

海南

ホーム階からはエレベータで改札がある地上階へ出られる。

海南

海南

自動改札が設置され、紀勢線南部では特急停車駅間に限りICカードが利用できるようになっている。

海南

海南

自動券売機とみどりの券売機が設置されており、みどりの窓口も設置されている。

海南

海南

海南駅は西口がメインになっており、駅前にはロータリーがあり、各方面へ向かう路線バスやタクシーが発着している。

海南

海南

路線バスやタクシーの他、夜行バスも発着する西口のロータリー。

海南

海南

西口には鈴木性発祥のまち海南の碑が立っている。

海南

海南

東口はロータリーはあるものの、バスやタクシーの発着はなく、自家用車での送迎用になっている。

海南

海南

駅にはレンタサイクルがあり、自転車を借りて市内を見て回ることができる。

 海南駅の2015年度1日あたりの乗車人員は3,014人で、うち定期利用者は2,025人となっている。定期比率は67.2%で高い数値となっている。10年前の2005年度と比べると全体で、0.3%の減少で、定期利用者は3.3%増加しているが、定期外利用者は6.9%減少しており、定期外利用者の落ち込みが激しい。
  

【関西各駅探訪第242回~JR紀勢本線広川ビーチ駅~】

~駅は山の中にあるが広川ビーチ~

広川ビーチ

広川ビーチ

JR紀勢本線広川ビーチ駅は、和歌山県有田郡広川町にある。ビーチと名が付くだけに、駅近くに海岸が広がる景色を想像してしまうが、駅周辺は山があるだけで、海は陸橋からかすかに望める程度である。JR発足後の1993年3月14日に開業した駅で、紀勢本線では一番新しい。無人駅で、普通のみが停車する。

広川ビーチ

広川ビーチ

広川ビーチ駅は対向式ホーム2面2線で、下り和歌山方面行き側に駅舎がある。上り新宮方面側にも出口はあるが、券売機等の設置はない。上下線間を跨ぐ陸橋があるが、駅構内の陸橋ではない。

広川ビーチ

広川ビーチ

駅舎と言っても簡易型の自動券売機が設置されているだけで改札口はない。紀勢本線では特急停車駅を除いて、海南以南の各駅ではICカードの利用はできない。

広川ビーチ

広川ビーチ

駅舎に見える建屋は、広川町のふれあい館で、駅に併設されている施設である。

広川ビーチ

広川ビーチ

南国ムード漂うヤシの木がある広川ビーチ駅前。南国ムードが漂い、ビーチという駅名から海が近いと想像してしまうが、海岸に出るまでは徒歩で20分ぐらいかかる。

広川ビーチ

広川ビーチ

看板に偽りありと言われても不思議ではない広川ビーチ駅。

広川ビーチ

広川ビーチ

広川ビーチ駅付近では線路は東西方向を向いており、このまま真っすぐ行くと海に突き当たるが、線路は駅構内の先で左にカーブして南下していく。写真の正面に見える小高い山の左手に海が広がっている。

JR紀勢本線快速紀伊田辺行き

快速紀伊田辺

JR紀勢本線(きのくに線)では夕方ラッシュ時に快速紀伊田辺行きを運転している。223系もしくは225系4両編成で運転され、平日ダイヤの和歌山発18時44分に1本のみが設定されている。停車駅は和歌山から紀三井寺、黒江、海南、加茂郷、箕島、藤並、湯浅、紀伊由良、御坊から紀伊田辺までの各駅となっている。
  

JR大阪環状線・阪和線~紀州路快速海南行き~

紀州路快速海南

関空紀州路快速海南行きは2015年3月14日ダイヤ改正で、平日ダイヤの早朝に1本新設された。大阪発6時06分で、紀勢線へ直通する紀州路快速はこの1本のみとなっている。

  

【JR223系2500番台】

223系2500番台223系2500番台は1999年5月10日改正で、増備された。関空快速と紀州路快速の併結運転に伴って0番台の先頭車が不足することから、先頭車4両が製造された。2007年2月には4両編成が新造され、天王寺短絡線の複線化が完成した2008年3月には関空紀州路快速増発と編成組替え用に大量に増備された。2008年の増備により、本家の0番台を上回る両数となった。

  

【JR紀勢支線(和歌山~和歌山市間)ガイド】

紀勢支線105系  JR紀勢本線和歌山~和歌山市間2.1㎞全線単線、直流1500V電化の路線である。紀勢本線の末端部にあたる路線で、運行系統は和歌山以南とは分離されている。JR和歌山線と共通運用の105系が使用されており、和歌山駅でのホームも和歌山線と共用している。どちらかというと和歌山以南の紀勢本線よりも和歌山線とつながりが深い。列車は105系2両編成で運行され、ワンマン運転を行っている。なお、和歌山~和歌山市間ではICOCAの使用はできない。

紀勢支線電車は和歌山では8番線から発着する。7番線から発着する和歌山線や東側から発着しているわかやま電鉄貴志川線とは乗り換えが便利である。紀勢本線、阪和線との連絡は地下道もしくは跨線橋を通っての乗り換えとなる。和歌山を出ると和歌山線と並行して走り、平面交差で和歌山線が東側に出て、紀勢本線は阪和線側を走る。しばらく並行して走ってから和歌山線が右にカーブして分かれ、紀勢本線は左にカー紀勢支線105系ブして築堤に上がる阪和線の下をくぐり、進路を西に向けて走る。このあたりから2008年10月4日に高架化が完成した区間となる。柳通りと交差して、ホーム1面1線の紀和となる。紀勢本線開業当初は紀和が和歌山駅となっており、ターミナル駅として機能していた。地上駅時代はターミナルだった時代の広い構内が残っていたが、高架化によりその面影はなくなりつつある。紀和を出ると国道24号線築地通りと交差する。高架化により踏切による交通渋滞は解消された。もっとも紀勢支線は60分毎の運転のため、1時間に2回踏切が閉まるだけだったので、大した渋滞対策にはなっていない。右手から紀ノ川を渡った南海本線が近づいてきて、高架から下りて並走して走る。南海本線の向こう側に和歌山競輪場を見てしばらく走って和歌山市に着く。和歌山市駅は1面1線で、JRは2番線を使用している。南海ホームとは中間改札を介して乗り換えができる。和歌山市では南海本線の他、南海和歌山港線、南海加太線と連絡している。

  

【JR西日本283系】

283系くろしおjw283

基本 ←京都 新宮→
クハ283 モハ283 サハ283 モハ283 サハ283 クロ282
Tc Mp Mp Tc
HB601 501 1 201 301 1 1
HB602 502 2 202 302 2 2
付属 ←京都 新宮→
クロ283 モハ283 クハ282
Tc Mp Tc
HB631 1 201 701
付属 ←京都 新宮→
クハ283 モハ283 クハ282
Tc Mp Tc
HB632 503 3 501

283系車内JR西日本283系は1996年に誕生した南紀方面への特急車両。オーシャンアローの愛称を持ち、一時期は列車名にも使用されていたが、現在は車両の愛称のみとなっている。制御付振り子車両で、自然振り子の381系より曲線通過速度を向上した。曲線区間で本則+35km/h(実際には30km/h)の性能を有している。最高速度は130km/hで、JR京都線と紀勢線の一部区間で130km/h運転を行う。主電動機は定格220kwで、制御方式はIGBT素子による3レベルPWMインバータ制御を採用している。インバータ制御装置1基に対して電動機1基を制御する1c1M方式となっている。

283系外観は南紀への観光列車と言うことで、先代の381系スーパーくろしおと同じく展望グリーン車を連結している。展望グリーン車は流線形になっており、横から見るとイルカのように見える。普通車の先頭車両は貫通型になっており、増解結に備えた構造である。3号車にはフリースペースが設けられ、足元にも窓を設けて眺望を良くしたラウンジになっている。

編成は6両基本編成に3両の増結車が連結され、最大9両編成で運転される。増結編成は2種類あり、展望グリーン車を連結している編成と普通車のみの編成になっている。グリーン車込みの増結編成を連結した9両編成では、編成中2両のグリーン車を連結する。2014年6月現在、6両編成が2本、3両編成が各1本ずつ存在する。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へにほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

【JR223系0番台】

223系0番台jw223

JR西日本の223系0番台は1994年の関西空港開港に合わせて製造された。アーバンネットワークでは221系に次ぐ新型近郊型車両で、足回りはVVVFインバータ制御を採用した通勤型の207系をベースにした車両である。関西空港への空港輸送を目的に製造され、大阪環状線に直通する関空快速で運用された。空港輸送及び大阪環状線内での混雑に対応するため、221系の2-2配置から1-2配置の転換クロスシートに変更された。これにより通路の広さが確保され、空港利用者の荷物や立客スペースが確保された。車体は221系の鋼製からステンレス製に代わり、空をイメージしたグラデーションのラインが入る斬新なデザインとなった。221系ではヘッドライトはテールライトと一体の角型だったが、223系0番台では丸型のヘッドライトになり、テールライトは別途裾部に設置された。
GTO素子によるVVVFインバータ制御で、主電動機は180KWのかご形三相誘導電動機を採用した。電動機は後に230KWに換装されている。運転最高速度は120km/hで、1000番台以降のように130km/h運転にはその必要性がないため、対応していない。起動加速度2.5km/h/s、減速度は常用3.5km/h/sで、221系と同等の性能を有する。


0番台は6両編成9本、2両編成7本が製造され、当初はデータイムの関空快速は6両編成、ラッシュ時間帯は8両編成で運転され、一部は京橋発の6両編成とJR難波発の2両編成が天王寺で分割併合する運用もあった。2500番台が新製され、紀州路快速運転開始された時には5両編成と3両編成に組み替えられ、一部は2500番台と混結編成となった。2008年3月15日ダイヤ改正では、2500番台が大量増備され、再度編成の組み替えが発生し、4両編成に組成された。
2011年3月12日ダイヤ改正からは区間快速での運用も始まり、現在は225系5000番台、223系2500番台と共通運用で、関空快速、紀州路快速を中心に、快速、B快速、区間快速、紀勢線普通に使用されている。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ

JR阪和・紀勢本線〜特急くろしお〜

287系くろしお

特急くろしおは天王寺~名古屋間を阪和線、紀勢本線、関西本線で結ぶ特急として1965年3月1日ダイヤ改正で誕生した。登場当初は紀勢本線、関西本線が非電化であったため気動車特急くろしお特急として運転されていた。その後増発を重ね、1978年10月2日ダイヤ改正では紀勢本線和歌山~新宮間の電化が完成し、特急くろしおは天王寺~白浜、新宮間の運転となり、381系振り子電車を使用した電車特急となった。この時点で特急くろしおは天王寺~新宮間に7往復、天王寺~白浜間に2往復の運転で、エル特急の仲間となった。当時はグリーン車1両を含む381系9両編成での運転だった。1980年10月1日ダイヤ改正では急行きのくに3往復をくろしおに格上げし、特急くろしおは10往復体制となった。1985年3月14日ダイヤ改正では急行きのくにを格上げし、特急くろしおは16往復運転となった。381系だけでは運用がまかない切れず初めて485系を使用する列車が現れた。1986年11月1日ダイヤ改正では再び381系のみでの運転となり、運転本数は定期11往復、季節4往復の運転となった。381系編成の見直しが行われ、基本9両での運転ながら、くろしお9・23・6・18号の2往復に関してはグリーン車なしの6両編成が使用された。

スーパーくろしお1989年3月11日ダイヤ改正では急行しらはまの廃止により白浜発着のくろしおを1往復増発。季節列車3往復を定期化し、定期15往復、季節1往復の運転となった。1989年7月22日ダイヤ改正ではパノラマグリーン車を連結した特急スーパーくろしおの運転を開始。スーパーくろしおは6両編成で4往復が運転。また、天王寺で阪和線と大和路線を結ぶ短絡線が開業し、梅田貨物線を通って新大阪、京都へ乗り入れるスーパーくろしお、くろしおの運転も開始した。この時のスーパーくろしお、くろしおの運転は以下の通り。スーパーくろしお:京都~新宮間1往復、京都~白浜(新宮)間に1往復、新大阪~新宮間に1往復、天王寺~新宮間に1往復、くろしお:新大阪~新宮間に3往復、新大阪~白浜間に1往復、天王寺~新宮間に3往復、天王寺~白浜間に5往復。

283系くろしお

1991年3月16日ダイヤ改正ではくろしお1往復をスーパーくろしおに変更してスーパーくろしおは5往復体制となった。1996年7月31日新型振り子電車287系オーシャンアローを投入。スーパーくろしおオーシャンアローとして3往復で運用された。1997年3月8日ダイヤ改正で紀勢本283系オーシャンアロー線の地上設備改良が完成し、特急スーパーくろしおオーシャンアローを特急オーシャンアローに改称して、130km/h運転を開始。和歌山~新宮間でスピードアップを実施した。1998年からは381系のアコモ改造が実施され、外観塗装を変更の上、グリーン車を全て1号車に統一し、基本編成を6両編成に変更した。9両運転の場合、3両の増結編成を連結することで対処するようになった。2001年3月3日ダイヤ改正ではおはようくろしおをくろしおに変更して紀伊田辺発新大阪行きくろしお2号となった。2002年3月14日ダイヤ改正でははんわライナー7号をくろしおに格上げ。新大阪発紀伊田辺行きくろしお33号となり、くろしおが9往復体制となった。この時の運転体系は以下の通り。
特急オーシャンアロー:京都~新宮間下り3本、上り2本、新大阪~新宮間上り1本。
特急スーパーくろしお:京都~新宮間下り1本、上り2本、新大阪~新宮間下り3本、上り3本、天王寺~新宮間下り1本。
特急くろしお:京都~新宮間下り2本(季節1本)、上り1本(季節)、新大阪~新宮間上り1本、新大阪~白浜間下り5本(季節1本)、上り6本(季節1本)新大阪~紀伊田辺間下り1本、上り1本。
381系特急くろしお 7月20日よりユニバーサルシティ駅への利便性を図るため、一部列車を西九条に停車とした。下り19号以降33号までの8本、上り2号から12号までの6本。
2004年10月16日ダイヤ改正でははんわライナー1往復を特急くろしおに置換え。スーパーくろしお編成を使用した新大阪~和歌山間のスーパーくろしお2号、35号の運転を開始。このうち2号は2005年3月1日ダイヤ改正から海南から毎日運転の臨時列車となった。
2010年3月13日ダイヤ改正では全てのくろしおが京都、新大阪発着となり、天王寺発着のくろしおは消滅した。また、同改正では停車駅の変更が行われ、くろしおの鳳停車は中止。代わりに日根野停車を増加させた。
2011年3月12日ダイヤ改正では新宮発着のくろしおの運転を見直し、2往復を白浜までの運転に短縮した。新宮発着の列車はオーシャンアローとスーパーくろしおに統一された。また、海南まで毎日運転の臨時列車となっていたスーパーくろしお2号を定期化し、海南~新大阪間の運転とした。運転形態は以下の通り。
オーシャンアロー:京都~新宮間下り1本、上り2本、新大阪~新宮間下り2本、上り1本、新大阪~和歌山間下り1本。スーパーくろしお:京都~新宮間下り1本、新大阪~新宮間下り3本、上り4本、京都~白浜間上り1本、新大阪~白浜間下り1本、新大阪~海南間上り1本。
くろしお:京都~白浜間下り1本、新大阪~白浜間下り5本、上り7本、新大阪~紀伊田辺下り1本。

くろしお

2012年3月17日ダイヤ改正。オーシャンアロー、スーパーくろしお、くろしおの3種の愛称を全て統一して特急くろしおとした。特急くろしお4往復に287系を投入。京都、新大阪~白浜間で運用を開始した。同年6月には287系をさらに増備してくろしお7往復に運用。381系アコモ改造編成の運用が終了した。これによりくろしおの運転は287系を中心に、283系、381系パノラマグリーン編成となった。2013年3月16日ダイヤ改正ではくろしお2号を海南始発から和歌山始発に変更、新たにくろしお4号を新設し、海南始発で運転した。これによりくろしおの運転は下り16本、上り17本となった。
くろしお:京都~新宮間下り1本、上り1本(283系)、新大阪~新宮間下り6本(283系3本)、上り6本(283系2本)、京都~白浜間下り2本、上り2本、上り新大阪~白浜間下り5本、上り6本、新大阪~紀伊田辺下り1本、新大阪~和歌山間下り1本(283系)、上り1本(283系)、新大阪~海南間上り1本。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ JRへ にほんブログ村 鉄道ブログ 私鉄・公営へ