【JR赤穂線ガイド】

C10

C10

JR赤穂線はJR山陽線の相生と東岡山を結ぶ路線で、東岡山方は1本を除いて全ての電車が岡山まで直通し、岡山以西山陽線や伯備線へ直通する電車も多い。東側も姫路方面への直通が多く、朝夕には京阪神から新快速や快速が播州赤穂まで直通している。
 相生は新幹線接続駅で、ホームは山陽線と共有となっている。赤穂線は1、2番線からの発着となっている。一部時間帯を除き、山陽線上郡方面への電車と同一ホームで乗り換えられるようにしている。相生を出ると山陽新幹線、山陽線と分かれ左カーブしてトンネルを抜ける。左手に石川島播磨工業の工場や相生球場を見て1面1線の西相生となる。駅周辺に相生産業高校がある。高取トンネルを抜けて、相生市から赤穂市に入り、千種川を渡り1面1線の坂越となる。西相生、坂越は新快速が乗り入れるためホームは8連に対応している。国道250号線、千種川と並行して進み、市街地が見えてくると2面3線の播州赤穂となる。播州赤穂は赤穂線の中心駅で、ここで折り返す電車は多い。朝夕には新快速、快速が直通し、2005年3月のダイヤ改正からはデータイムの新快速も乗り入れていた。現在、データイムの新快速乗り入れはなくなったが、朝夕の乗り入れは継続している。また、ローカル電車では播州赤穂までは網干電車区の113系が乗り入れてくる。


 播州赤穂を出るとローカル色が濃くなり、線路状態も良いとはとてもいえない路線になる。しばらくは赤穂市内の市街地や工場地帯の中を行き、赤穂港の運河を渡り、駅前に三菱電機の工場がある1面1線の天和となる。次の備前福河も1面1線で、赤穂市内の駅だが、周辺は田園風景でここまで来ると赤穂の市街地は途切れている。ずっと国道250号線と並行して進み、福河トンネルを抜けて岡山県に入る。1面1線の寒河を過ぎ、日生湾が見えてきてフェリーターミナルが見えると日生である。日生は小豆島へのフェリーの連絡駅で、2面3線の典型的な国鉄駅の構造となっている。日生を出るとすぐにトンネルに入り海とは離れて進む。備前市に入り、再び国道250号線と並行して進み、左手に東備港を見て岡山ブルーラインという有料道路がオーバークロスして右にカーブする。伊里川に沿って進路を北にとり1面1線の伊里となる。伊里川を渡って山陽新幹線が見えてくると左にカーブして西に進路をとる。そして国道2号線が近づいてくると2面3線の備前片上となる。備前片上は岡山方面から同駅で折り返す電車もあり運転上の要衝になっている。次の西片上は1面1線だが、周辺は備前片上よりも賑やかで備前市役所なども近い。かつてはこの近辺から同和鉱業片上鉄道が出ていたが、1991年6月30日に廃止されてしまった。
西片上からは国道2号線と完全に並行して進み、線形の悪い赤穂線にしては真っ直ぐの線路を進む。線路が真っ直ぐとはいえ、線路状態はあまりよくない。次の伊部は2面2線で行き違いが可能になっている。このあたりも備前市内で周辺人口は多そうだ。右手に大ヶ池が見えて、山陽新幹線と並行して走る。1面1線の香登を出ると左にカーブして国道2号線、山陽新幹線と分かれる。長船町に入り、2面2線の長船となる。岡山方面からの電車でここで折り返す電車は多い。ここからが赤穂線の岡山都市圏輸送となる。邑久町に入り1面1線の邑久、大富と過ぎて吉井川を渡って岡山市に入る。岡山市に入って最初の駅西大寺は2面3線で同駅でも岡山方面から折り返す電車がある。周辺には西大寺高校や岡山学芸高校などがあり、学生を中心に岡山方面からの利用が多い。国道2号線がオーバークロスして砂川を渡り、岡山の郊外を行き1面1線の大多羅となる。大多羅を出ると右にカーブして、左手に岡山城東高校を見て、国道2号線がオーバークロスして、山陽線と山陽新幹線が近づいてきて東岡山となる。東岡山は3面4線で山陽線とはホームが分かれている。 

 ここから先は山陽線となり、線路は東岡山の先で山陽線に合流する。山陽新幹線と並行して岡山の郊外の住宅地の中を進み、2面2線の高島を経て終点の岡山となる。岡山では主に14,15番線ホームから発着するが、山陽線直通電車はその他のホームからも発着している。
  

【JR桜井線ガイド】

JR桜井線は奈良と高田を結ぶ29.4kmの単線1500V直流電化路線である。電化は国鉄時代の昭和55年3月に行われている。奈良ではJR大和路線、高田ではJR和歌山線と接続しており、桜井で近鉄大阪線、天理で近鉄天理線と連絡している。運転は奈良-高田間の線内運転が主体で、高田から和歌山線に直通して和歌山まで運転される系統が多い。ラッシュ時には高田から和歌山線王寺を経由して大和路線に乗り入れる直通の区間快速が運転される。

奈良駅は2010年に高架化が完成した。桜井線は1番線から発着している。高架前は行き止まり式ホームだったが、現在は木津側で大和路線とつながっている。隣の2番線は両側をホームで挟まれており、大和路線電車は両側のドアを開けて乗り換えが便利なようにしている。奈良を出ると左にカーブして大和路線と分かれて奈良の市街地の外れを走る。2面3線の構造で島式ホームの外側が使用されていない京終を出ると右にカーブして南下して行く。しばらく国道169号線と並行して走って2面2線の帯解となる。同駅は帯解寺への最寄駅で、駅近くには広大寺池がある。天理市に入ってそのまま真っ直ぐ南下して2面2線の櫟本となる。西名阪自動車道の下をくぐってさらに真っ直ぐ南下して天理の市街地が見えて、右手に天理臨用の留置線が見えて高架で2面4線の天理となる。天理は天理教の本部があり、天理教の行事がある時には全国から天理臨がたくさん運転されている。そのため構内は広く、留置線もたくさん設けられている。駅高架下には近鉄天理線が乗り入れている。

国道25号線と交差して天理の市街地を抜けて高架線から下りて、田畑が目立つ風景の中を進み1面1線の長柄となる。次の柳本は2面2線で駅周辺には古墳がたくさんある。桜井市に入りすぐに1面1線の巻向となる。国道169号線と交差して桜井線はそのまま真っ直ぐ南下して2面2線の三輪となる。三輪は三輪素麺の故郷で、駅近くには神社があり、正月や祭りがある時には賑わう。大和川を渡って近鉄大阪線の高架を見ながら右にカーブして、それと交差して桜井となる。桜井は2面3線で高架の近鉄大阪線と並行して地上にホームがある。ここから進路を西にとって走る。

桜井を出るとしばらく近鉄と並行して走り、近鉄大福駅付近で少しずつ離れていき、桜井市から橿原市に入ってすぐに1面1線の香具山がある。万葉集で歌われた天香具山はあまりにも有名である。その天香具山は駅南側に見える。国道165号線と交差して、さらに同道路ともう一度交差して2面2線の畝傍となる。同駅は橿原市役所の南側にあり、市役所の北側には近鉄八木駅、さらに西側には八木西口駅がある。桜井以西では近鉄が宅地開発を積極的に行ったおかげかJR桜井線周辺も住宅が建て込んでいるが、如何せん便利な近鉄大阪線が近くに走っており、JR桜井線の利用は伸び悩んでいる。畝傍を出ると近鉄橿原線を跨いで真っ直ぐ西に向かって走り、市街地を抜け出して1面1線の金橋となる。大和高田市に入り、左手からJR和歌山線が近づいてきて立派な橋上駅舎が見えると終点の高田である。高田は2面3線でJR和歌山線と接続しており、王寺方面へは桜井線からの直通電車も走り、ラッシュ時には王寺から大和路線に入る快速も運転されている。駅の北側には近鉄大阪線の大和高田駅があり、南へ約1キロほどのところには近鉄南大阪線の高田市駅がある。

  

【JR関西本線亀山~加茂間ガイド】

関西線キハ120系 JR関西本線加茂~亀山間は名古屋~JR難波間の関西本線の一部分で、基本的には名古屋方の亀山が起点となるが、ここでは加茂から紹介していくことにする。加茂~亀山間の関西本 線はJR西日本エリアの非電化路線で、キハ120系が活躍している。2006年3月18日ダイヤ改正までは急行かすがが名古屋~奈良間に運転されていたが、同改正で廃止され、亀山以西への優等列車の運転はなくなった。

加茂は2面3線の橋上舎駅で、天王寺方面からの大和路快速と接続している。中線は両側をホームに挟まれており、関西線気動車は基本的に中線から発着して大和路線電車とホーム上で乗り換えられる。加茂を出ると線路が収束して架線が途切れて、単線非電化で走る。木津川が左手から近づいてきてしばらく左岸を走る。加茂町から笠置町に入って1面2線の笠置となる。町役場など町の中心部は対岸の国道163号線沿いにある。木津川の河川敷には公園があり、夏場などにはキャンプや 釣りを楽しむ人で賑わう。笠置を出ると木津川を渡り右岸に移って、国道163号線と並行して走る。南山城村に入って2面2線の大河原となる。南山城村役場も駅からそう遠くないが、周辺は山の中という感じで利用者は多くない。しばらく木津川と離れて山間部を走り、月ヶ瀬ニュータウンが見えると2面2線の月ヶ瀬口となる。関西線は現在では単行や2両編成のキハ120系が走るのみだが、国鉄時代は長大編成の列車が走っていたのか各駅ともホーム有効長や交換設備の有効長が非常に長い。月ヶ瀬口を出ると京都府から三重県島ヶ原村に入って2面2線の島ヶ原となる。このあたりは府県境を越えたせいか平地部分になっている。上野市に入ってしばらく走って、右手から伊賀鉄道伊賀線が近づいてくると伊賀上野とな る。同駅は2面3線の構造で、下り加茂方面ホームの加茂方から伊賀鉄道伊賀線が発着している。上野市の中心は伊賀鉄道伊賀線の上野市付近にあり、伊賀上野周辺は工業団地などがあるが、それほど人口は多くない。伊賀鉄道は近鉄伊賀線から転換した路線だ。JR関西本線は非電化で、伊賀線は電化路線なので伊賀線電車が関西本線に乗り入れることはできない。関西本線の列車は気動車なのでやりようによっては直通運転もできなくはない。伊賀鉄道はまだ近鉄の子会社的存在なので、JRとの関係はあまり深くないが、JRとの協調も検討すれば面白い。
伊賀上野を出るとしばらく離れていた川が右手に近づいてきて並行する。なお、木津川はこのあたりでは柘植川に名前を変えている。しばらく真っ直ぐ東を向い て走り2面2線の佐那具となる。河合川を渡って阿山町をかすめて伊賀町に入る。右手に強力なライバルである名阪国道を見て走り、1面2線の新堂となる。同駅は2面3線の構造だったが、1面2線の単純な配線に変更されている。名阪国道と離れて山間部に入っていき、左手から草津線が合流すると柘植となる。柘植は2面3線の構造で、1,2番線が関西線、3番線を草津線が使用している。加太、関を過ぎると亀山で3面5線の関西東線では最大規模の駅となっている。駅には亀山鉄道部が隣接しており、キハ120がたくさん並んでいる。ここから先はJR東海の路線となり、名古屋方面の関西線と津方面への紀勢線が発着している。

  

【JR舞鶴線ガイド】

舞鶴線223系 JR舞鶴線は京都府綾部市の綾部と同舞鶴市の東舞鶴を結ぶ26.4kmの路線である。全線単線で、開業以来長らく非電化だったが、JR発足後の1999年10月に1500V直流電化となった。京都から舞鶴へ抜ける唯一の鉄道のため、国鉄時代から優等列車が運転されており、古くは特急あさしお、急行丹後、現在は特急まいづる、タンゴディスカバリーなどがある。特急あさしおは綾部、西舞鶴、豊岡で3回方向転換を行うことで有名だった。綾部から山陰本線に入る列車もあり、ミステリーの題材に使われることも多かった。現在でも特急まいづるは綾部で1回方向転換を行っている。特急タンゴディスカバリーは最近まで西舞鶴からKTR(北近畿タンゴ鉄道)宮津線に直通する列車が設定されており、この列車は綾部と西舞鶴で2回方向転換を行っていたが、08年3月15日のダイヤ改正で宮津方面直通の列車は宮福線経由に変更されたため、2回方向転換する列車はなくなっている。普通列車は115系2両編成が主力だったが、08年夏以降は223系5500番台2両編成が進出してきており、舞鶴線ローカルも同車に置き換えられる可能性はある。

綾部は2面3線でJR山陰本線と連絡している。舞鶴線電車は主に両面ホームの1・2番線から発着しており、一部列車のみが片面ホームの3番線から発着している。山陰本線とは特急のみならず普通列車も直通運転を行っており、福知山まで直通する列車は多い。綾部を出るとJR山陰本線が右にカーブして分かれていき、舞鶴線は由良川を渡ってから左にカーブして綾部の市街地から離れていく。国道27号線と並行して北東方向を向いて走る。しばらく走って1面1線の淵垣となる。周辺に綾部市の工業団地があるが、乗降者数は少ない。丹波綾部道路の下をくぐって、左にカーブして北向きに走り2面2線の梅迫となる。綾部市内の駅だが、山間の小駅といった風情で、利用者数は少ない。舞鶴線は都市間路線のため列車密度が高いが、中間駅の利用者は非常に少ない。舞鶴若狭道の下をくぐって北上を続け、舞鶴市に入る。2面2線の真倉も淵垣、梅迫同様利用者が少ない。しばらく走って山間部を抜けて舞鶴の市街地が広がり、左手から北近畿タンゴ鉄道宮津線が合流して、それとしばらく並行して走り、2面3線の西舞鶴となる。舞鶴線は2面3線で、東側に側線を持ち、特急列車の車内整備などが行われる。北近畿タンゴ鉄道宮津線のホームは舞鶴線3番線の西側にあり、ホームはつながっており、北近畿タンゴ鉄道の改札には連絡口が設けられている。宮津線ホームの向こうには同鉄道の車庫が広がっている。駅周辺には京都府北部の官庁が点在しており、舞鶴西港や工業団地もあり、京都方面へのビジネス利用が多い。西舞鶴を出ると右にカーブして伊佐津川を渡って西舞鶴の市街地を抜ける。山間部に入り、トンネルを抜けて、街が広がり高架橋に上がってしばらく走り、東舞鶴の市街地を見下ろす形で1面2線の高架駅の東舞鶴に着く。