【JR西日本323系】

LS7

LS7

JR西日本323系は2016年12月24日に営業運転を開始した大阪環状線用の新型車両である。大阪環状線用の車両としてはJR発足後初の新型車両で、それまでの103系や201系の4扉ロングシートから3扉ロングシートに変更されている。Sic素子を使用した1C2Mのインバータ制御で、主電動機の定格出力は220kWとなっている。321系で採用され、225系などJR西日本の標準となりつつある1車両に動力台車と付随台車を1台ずつ搭載する0.5M方式が取られており、8両全ての電動機が搭載されている。実質的には4M4Tとなっており、従来の103系や201系と電動機の台数は変わらない。集電装置にはシングルアームパンタが採用され、2号車、5号車、8号車にパンタを搭載している。2号車には予備パンタが搭載されている。

車内はロングシートになっており、扉間は10人掛け、車端部は3人掛けとなっており、混雑する8号車は扉間を8人掛けとして立席スペースを増やしている。4号車は女性専用車となっており、当車両のみ電球色の照明が採用されている。車内情報装置は321系や225系とは異なり、各扉上に2面の17インチモニターが設置され、車端部両側にも同様のモニターが設置された。

323系は2017年12月末現在、8両編成12本が稼働している。2018年度までに8両編成21本が出揃うことになっており、201系を全て淘汰する予定である。

LS1

2016年12月24日に営業運転を開始した323系LS1編成では、クリスマスイブのデビューということもあってクリスマスツリー表示が出るというサービスも提供され好評を博した。なお、2017年のクリスマスにもLS7編成が同様にクリスマスツリーの表示を出している。

正面貫通ドアに描かれた円の模様は大阪環状線を表している。特徴的なヘッドライトとフォグランプなどと相まって大阪環状線の新しい顔として定着している。

  

コメントを残す