【関西各駅探訪第274回~近鉄志摩線鵜方駅~】

~志摩スペイン村への最寄駅で賑わう志摩市の中心駅~

鵜方

鵜方

近鉄志摩線鵜方駅は、三重県志摩市にある。特急停車駅で、バスでの連絡となるが、志摩スペイン村への最寄駅となっている。

鵜方

鵜方

鵜方駅はホーム1面2線で特急が停車するためホーム有効長は8両分ある。駅付近は1988年に志摩神明までが複線化され、1993年に志摩磯部までが複線化されている。

鵜方

鵜方

橋上駅舎化されており、ICカード対応の自動改札機も設置されている。有人改札になっており、特急券の販売所も設置されている。

鵜方

鵜方

駅舎内にはファミリーマートがあり、土産物なども取り扱っている。

鵜方

鵜方

南口は閑散としており、ロータリーがあるが、バスやタクシーは発着していない。駐輪場があり、近くにオリックスレンタカーなどもある。

鵜方

鵜方

北口がメインになっており、各方面へ向かうバス路線が発着しており、タクシーも待機している。

鵜方

鵜方

北口の駅下には土産物屋もあり、観光地の駅として機能している。

 鵜方駅の2015年1日あたりの乗車人員は1,014人で、うち的利用者は446人だった。定期比率は44.0%で、定期比率は低く、定期外利用者の方が多い。利用者自体は決して多くはないが、志摩スペイン村へ向かう観光客の利用が多いものと思われる。10年前と比べると全体で9%減、定期利用者は23.5%も減少しており、定期利用者の落ち込みが激しい。
  

コメントを残す