【関西各駅探訪第255回~JR宝塚線伊丹駅~】

~酒造の町伊丹の古い町並みと巨大ショッピングセンターが対照的~

伊丹

伊丹

JR宝塚線伊丹駅は兵庫県伊丹市にある。駅の東側にはイオンモール伊丹があり、その向こう側には猪名川が流れている。さらにその向こうには大阪空港の滑走路がある。大阪空港の滑走路には伊丹駅からも比較的近いが、空港のターミナルは滑走路を挟んで東側にあるため、大阪空港は地図上で見るよりもかなり離れている。西側は有岡城跡など古い街並みがあり、酒蔵なども見られる。1㎞西へ歩くと阪急伊丹線伊丹駅がある。伊丹駅は快速停車駅となっている。

伊丹

伊丹

伊丹駅はホーム2面2線の橋上駅舎となっている。対向式ホームだが、ホームの形状は島式ホームになっており、両ホームとも外側に線路が敷けるように準備されており、2面4線化を視野に入れた構造になっている。

伊丹

伊丹

伊丹駅東口の橋上から北側を見た画。上り線には副本線が敷けそうな敷地があるのがわかる。東側にはイオンモール伊丹があり、ペデストリアンデッキで結ばれている。

伊丹

伊丹

改札は1ヶ所のみで、橋上にある。ICカード対応の自動改札機が設置されている有人駅で、みどりの窓口やみどりの券売機も設置されている。

伊丹

伊丹

ラッチ外にはなるが、売店もある。改札内には自販機は設置されているが、店舗などはない。

伊丹

伊丹

改札からホームへはエスカレータ、エレベータが完備されており、バリアフリーに対応している。

伊丹

伊丹

伊丹駅東口はペデストリアンデッキにつながっており、イオンモール伊丹に行くことができる。東口の駅前にロータリーはあるが、バス停はなく、イオンモールの前にバス停がある。

伊丹

伊丹

西口もペデストリアンデッキがあり、地形の都合でこのデッキを歩いて有岡城跡を過ぎると地上に下りる。

伊丹

伊丹

西口の下にはバス、タクシー乗り場があり、伊丹市営バスが各方面に発着している。

伊丹

伊丹

伊丹駅前にある有岡城跡。有岡城は伊丹城として日本最古の天守台を持つ城として築城された歴史ある城である。

伊丹

伊丹

時計塔などがあり、人口地盤の上が駅前広場になっている伊丹駅。

伊丹

伊丹

阪急伊丹駅へ至る道中は、酒蔵などがあり、酒造の町伊丹を堪能できる街並みが広がっている。

 伊丹駅の2015年度1日あたりの乗車人員は24,255人で、うち定期利用者は16,168人だった。定期比率は66.7%で、現在のご時世では定期比率は高い方である。10年前の2005年度と比べると全体で22.6%の増加で、定期利用者は24%も増加している。定期外利用者も19.8%増加しており、利用者増が著しい結果となっている。並行する阪急伊丹線も利用者は横ばいとなっているので、阪急からの転移ではなく、利用者の純増によるものである。

  

【関西各駅探訪第254回~JR奈良線城陽駅~】

~今や快速停車の拠点駅だが、実は新田や長池よりも後発の駅~

城陽

城陽

JR奈良線城陽駅は京都府城陽市にある。城陽市の中心駅であるが、駅の設置は奈良線開業時ではなく、隣の新田や長池よりも後発となっている。1991年3月16日ダイヤ改正で交換設備が設けられ、同年5月に橋上駅舎化された。1992年10月22日ダイヤ改正では快速停車駅となった。1997年9月1日ダイヤ改正からは普通宇治行きを当駅まで延長して普通の折り返し駅となった。2001年3月3日ダイヤ改正では昼間時の当駅発着の普通は毎時1本から毎時2本に増発された。

城陽

城陽

城陽駅はホーム2面2線で、奈良方に引き上げ線があり、折り返し電車はここで折り返している。

城陽

城陽

駅舎は橋上駅舎で改札は1ヶ所のみである。ICカード対応の自動改札機が設置され、みどりの窓口もある有人駅となっている。

城陽

城陽

みどりの窓口と自動券売機は設置されているが、みどりの券売機は2017年現在設置されていない。

城陽

城陽

西口は隣に寺田小学校があり、駅周辺は狭く、車の乗り入れなどはできない。

城陽

城陽

城陽駅西口はメインの出口となっており、駅前にはロータリーがあり、バスやタクシーが乗り入れている。観光案内所や駐輪場も西口にある。

城陽

城陽

駅前にははにわのモニュメントがある。城陽市周辺では遺跡があり、埴輪などの出土も多い。駅前広場の噴水は前方後円墳の形をしている。

城陽

城陽

駅周辺はこじんまりとしているが、周辺には高層住宅が建ち並んでおり、京都のベッドタウンとして発展している。

城陽

城陽

城陽市にはJリーグ京都サンガFCの練習場サンガタウン城陽があり、サッカー熱も高い。

 城陽駅の2015年度1日あたりの乗車人員は3,496人で、うち定期利用者は2,375人となっている。定期比率は67.9%で定期比率は昨今の状況から見ると高い方である。10年前の2005年度と比べると全体で9%の増加となっており、定期利用者は14.1%も伸びており、通勤通学利用の伸びが顕著である。定期外利用者は0.5%減少しており、定期外利用は微減傾向である。
  

【関西各駅探訪第253回~阪急千里線山田駅~】

~モノレール連絡駅で活況を呈す当駅は大阪万博開催後に開業した~

山田

山田

阪急千里線山田駅は大阪府吹田市にある。吹田市内と言っても、JRの吹田とはかなり離れており、千里丘陵の中にある千里ニュータウンの駅の一つである。駅の北側で大阪モノレールと交差しており、同線の山田駅と連絡している。また、その向こう側では中国自動車道、中央環状道路をアンダーパスしており、千里ニュータウンを代表する景色が広がっている。

山田

山田

山田駅は対向式ホーム2面2線で、築堤の上にホームがある。丘陵地のため、地形は複雑で、西側は高架のような形状になっているが、東側は通常の地上駅のような形状である。

山田

山田

改札は2ヶ所あり、当初から設置されていたのは北千里方面行きの西改札で、こちらがメインの改札となっている。

山田

山田

西口にはロータリーがあり、バスやタクシーが発着している。阪急バスが各方面に路線を運行しており、千里ニュータウン、吹田方面、千里丘方面、茨木方面と各所へ足を延ばしている。

山田

山田

西口からは複合商業施設デュー阪急山田のビルを通って大阪モノレールの山田駅へアクセスできる。

山田

山田

こちらは淡路方面行きホームに面してある東改札。無人の改札で、2003年に駅舎改築で新設された。

山田

山田

東口はロータリーなどはなく、駅周辺には高層住宅が建ち並んでおり、吹田市の公共施設などもある。改札内では上下ホームはつながっておらず、改札外の連絡通路を使って両ホーム間を移動しなければならない。

山田

山田

改札内には連絡通路がないため、平面移動できるようになっており、改札外では西口にエレベータ、エスカレータが設置されバリアフリーに対応している。東口は段差がないため、エレベータ、エスカレータの設置はない。

山田駅の2015年度1日あたりの乗車人員は10,723人で、うち定期利用者は5,295人となっている。定期比率は49.4%で50%を割っており、ICカードなどへの移行が進んでいる。10年前の2005年度と比べると、全体で6.4%の増加。定期利用者は4.7%増加、定期外利用者は8.1%増加しており、全体的に増加傾向にある。駅周辺に高層住宅が建設されたことなどが利用者増の要因と思われる。大阪モノレールの山田駅も利用者を増やしているが、両線間を乗り継ぐ需要はそれほど多いとは思えないので、乗り換え客よりも当駅で乗り降りする人が多くなったものと思われる。

  

【関西各駅探訪第252回~近鉄橿原線田原本駅~】

~西側に西田原本駅、北側に田原本線と唯一線路がつながる信号所がある~

田原本

田原本

近鉄橿原線田原本駅は奈良県田原本町にある。橿原線の急行停車駅で、駅の西側には近鉄田原本線の西田原本駅がある。同じ会社の路線でありながら連絡駅になっていないのは歴史的経緯のためである。田原本線は近鉄各線との連絡駅がなく、線路がつながっているのは、橿原線大和西大寺方にある連絡線のみである。ここを通って田原本線の車両送り込みが行われている。

田原本

田原本

田原本駅は対向式ホーム2面2線で、急行停車駅のためホーム有効長は6両分ある。

田原本

田原本

田原本駅は有人で、ICカード対応の自動改札機も設置され、自動券売機も設置されている。駅舎は下りホーム側が元からあるもので、上り線側の駅舎は2009年に新設された。下りホーム側の東改札は駅前が狭く、タクシーが乗り入れるだけである。

田原本

田原本

上り線側の西改札は新しく整備された駅舎で、ロータリーを併設しており、その向こうに近鉄田原本線西田原本駅があり、連絡が至便になった。

田原本

田原本

ロータリーからは以前はバス路線があったが、今はタクシーと病院の送迎バスが発着するのみである。

田原本

田原本

上下ホーム間には地下道があるので、西改札から入って下りホーム、東改札から入って上りホームにも行くことができる。

田原本

田原本

田原本駅北側にある田原本線への短絡線。上下渡り線もあり、田原本線回送電車はここを通って西大寺車庫に入庫する。

田原本

田原本

短絡線を活用して運転された田原本線直通の臨時急行新王寺行き。

 田原本駅の2014年度1日あたりの乗車人員は4,730人で、うち定期利用者は3,255人となっている。定期比率は67.8%で、近年下がってきているとはいえ定期比率は高い方である。10年前の2004年度と比べると全体で6.2%減、定期利用者では9.1%減となっており、減少傾向にある。定期外利用者は1%増えており、定期利用からの定期外利用へのシフトはここでも見られる。

  

【関西各駅探訪第251回~山陽電鉄本線東須磨駅~】

~車庫だけではない!須磨離宮公園への最寄駅~

東須磨

東須磨

山陽電鉄本線東須磨駅は神戸市須磨区にある。神戸市内の地下線区間から出たところに駅があり、姫路方には東須磨車庫もある。車庫を併設しているため東須磨行きの普通や阪神からの直通電車の設定もあるが、直通特急、S特急は当駅を通過する。

東須磨

東須磨

ホーム2面4線で、姫路方には引き上げ線があり、上り線の北側には車庫が広がっている。

東須磨

東須磨

東須磨駅の板宿方は地下への入口があるため、下り勾配になっている。

東須磨

東須磨

改札は1ヵ所のみで、橋上にある。ICカード対応の自動改札機が設置されている有人改札である。

東須磨

東須磨

出口は2ヶ所あり、北口、南口ともに駅周辺は狭い。北口の周辺は住宅街になっている。

東須磨

東須磨

南口は東須磨小学校があり、こちらも駅周辺は狭い。

東須磨

東須磨

ホームの姫路方から東須磨車庫を見ることができる。神戸方の車両基地ということもあり、当駅止まりの普通車の運転も少なくない。また、折り返し設備の都合で姫路方面からの山陽須磨止まりの普通も当駅で折り返している。

東須磨駅の2014年度1日あたりの乗車人員は1,666人で、うち定期利用者は901人となっている。定期比率は54.1%で、定期利用者はかなり少ない。10年前の2004年度と比べると乗車人員で26%減、定期利用者は35.4%も減少している。全般的に利用者が減少傾向にあり、歯止めがかかっていない状況である。

【関西各駅探訪第250回~近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅~】

~あべのハルカスの御膝元は近鉄南大阪線の一大拠点~

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅は大阪市阿倍野区にある。JR天王寺駅とはあびこ筋を挟んで向かい合わせになっており、地下鉄天王寺も含めて、なんばと並ぶミナミの一大ターミナルとなっている。大阪阿倍野駅は近鉄百貨店の1階部分に駅があり、今は西日本最大のビルあべのハルカスがそびえ立っている。JR大阪環状線、阪和線、大和路線の天王寺駅、地下鉄御堂筋線、谷町線の天王寺駅、阪堺上町線天王寺駅前電停と連絡している。谷町線天王寺駅は北側にあるので、乗り換えはやや不便だが、その他の路線との乗り換えはそれほど不便ではない。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋駅は、ホーム6面5線の頭端式ホームで、西改札が正面にある。北側から1番線、2番線となっており、1・2番線は普通が発着する。3・4番線は急行、準急が使用し、早朝深夜には普通も発着する。5番線と6番線は同一ホームだが、特急と一般車でホームが分離されており、5番線が急行、区間急行、6番線が特急となっている。特急到着時には5番線を降車用ホームとして使用し、乗客は6番線から特急に乗車する。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

青の交響曲も特急用の6番線からの発車となる。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

6番線の特急さくらライナーと並ぶ4番線の臨時急行御所行き。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

3番線は準急が主に発着する。一部の急行も3番線から発着している。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

夕方に臨時運転される青の交響曲使用の貸切電車は2番線から発着する。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

主に普通が発着する大阪阿部野橋駅1番線。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋駅構内には橿原神宮前方に引き上げ線が1本あり、特急の増結車や臨時列車などがここで待機する。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

改札は3ヶ所あり、西改札、中改札、東改札がある。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

西改札がメインの改札で、頭端式ホームと同一フロアにある。西改札を出ると正面に近鉄百貨店がある。地上階のため、天王寺駅へはあびこ筋を渡ることになる。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

天王寺駅へは陸橋でも結ばれており、西改札を出ると2階に上がるエスカレータ、階段がある。さらに地下道でも結ばれており、地下へ下りるエスカレータや階段がある。西改札側はエレベータも設置されており、バリアフリーに対応している。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

中改札は地下2階にあり、西側には近鉄百貨店食料品売り場がある。中改札からはJR天王寺駅中央口南側に出ることができる。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

東改札はTimes’Placeあべのや天王寺都ホテルなどがあり、正面には食品スーパーなど店舗が並んでいる。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

東改札は地下鉄御堂筋線天王寺駅と同一フロアになっており、北へ移動するだけで乗り換えられる。東改札からJR天王寺駅東口に連絡している。エスカレータは設置されているが、エレベータの設置はなく、東改札、中改札はバリアフリーには対応していない。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

中改札付近にはファミリーマートが駅ナカにある。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

立ち食いそばの阿倍野庵は黄そばが有名。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋駅東口は1階にある。ここから地下の東改札、地上の西改札の両方へ行ける。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

西側は陸橋から地上へ下りると西改札がある。また地下からも西改札へアクセスでき、どちらもJR天王寺駅、地下鉄天王寺駅につながっている。

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋

大阪阿部野橋駅南口。あべのHOOPなどに近く、阿倍野筋を渡るとQ’sモールなどもあり、阿倍野の再開発地区に出られる。

大阪阿部野橋駅の2015年度1日あたりの乗車人員は81,240人で、うち定期利用者は47,908人となっている。定期比率は59%で、定期利用者はかなり減少している。10年前の2005年度と比べると全体で8.5%の減少、定期利用者に至っては18.3%も減少している。定期外利用者は10.8%も増加しているので、定期利用者がICカード利用などにシフトした結果と思われるが、全体的に見ても10%ほど利用者は減少している。あべのハルカスの開業も鉄道利用者増には結び付いていない。

 

【関西各駅探訪第249回~JR阪和線山中渓駅~】

~大阪と和歌山の府県境にある桜の名所~

山中渓

山中渓

JR阪和線山中渓駅は大阪府阪南市にある。大阪と和歌山の府県境にあり、阪和線の中では秘境駅の風情となっている。桜の名所として有名で、春には線路際に幾本もの桜が咲き誇り、ホーム上から桜が咲く中を行く列車を撮影することもできる。

山中渓

山中渓

対向式ホーム2面2線で、ホーム有効長は6両となっている。上下ホーム間は陸橋で結ばれており、下り線側に駅舎と出口がある。

山中渓

山中渓

改札は1ヵ所のみで、ICカード対応の簡易自動改札が置かれている。無人駅だが、自動券売機が設置されており、不便はない。

山中渓

山中渓

山中渓駅駅舎。普段は山間のひっそりとした駅だが、桜が咲く時期には鉄道ファン以外にも花見客が多く集まり、臨時で駅員も配置される。

山中渓

山中渓

桜のシーズンには下りホーム天王寺方で桜が咲く中カーブしながら駅に進入してくる電車を撮影できる。

 山中渓駅の2015年度1日あたりの乗車人員は186人で、うち定期利用者は111人となっている。定期比率は59.7%でローカル駅にしてはあまり高くない。定期外利用者は75人だが、そのほとんどが春の時期に花見に訪れる利用と思われる。10年前と比べると全体で5.6%減、定期利用者は8.3%減少しており、漸減傾向にある。周辺の人口は増える見込みはないので、今後も減少傾向が続いていくだろう。なお、当駅は阪和線で一番利用が少ない駅となっており、ブービーの紀伊中ノ島とも200人強の差があり断トツの最下位となっている。
  

【関西各駅探訪第248回~大阪市交長堀鶴見緑地線玉造駅~】

~JR大阪環状線よりも街の中心部にある分乗り換えは不便~

玉造

玉造

大阪市交長堀鶴見緑地線玉造駅は大阪市天王寺区にある。JR大阪環状線玉造駅の東側にあり、玉造筋からカーブして長堀通に入ったところに駅がある。JR玉造とは少し離れており、乗り換えるには少し歩かなければならない。

玉造

玉造

玉造駅はホーム1面2線で、上部開放型のホームドアが設置されている。京橋方では長堀通から玉造筋に入るため急カーブしている。

玉造

玉造

改札は1ヵ所のみで、各出口の中間位置ぐらいにある。4号出口がJR玉造に一番近いが、4号出口から改札までも結構歩かなければならないので、トータルするとJR玉造からは結構歩かなければならない。

玉造

玉造

1号出口は西側にあり、長堀通の北側に位置している。

玉造

玉造

2号出口は宰相山公園や真田山などに近く、大阪市内だが、閑静な地域である。

玉造

玉造

3号出口は玉造の交差点の北側にある。有料の地下駐輪場を併設している。

玉造

玉造

4号出口はJR玉造駅に一番近く、一番東側にある出口である。

玉造

玉造

5号出口は4号出口の南側に位置しており、玉造商店街などに近い。

玉造

玉造

6号出口は玉造交差点の南側にある。6号出口にはエレベータもある。

玉造駅の2015年度1日あたりの乗車人員は6,997人で、うち定期利用者は1,516人だった。定期比率はわずか21.7%となっており、ICカードなどへの移行が進んだ結果と見られる。2002年度と比べると全体で39.6%の増加で、定期利用者は3割ほど減少したが、定期外利用者が87%増とほぼ倍増している。

【関西各駅探訪第247回~JR加古川線厄神駅~】

~加古川近郊折り返しの駅はかつて三木鉄道を分岐していた~

厄神

厄神

JR加古川線厄神駅は兵庫県加古川市にある。かつては三木鉄道を分岐していたが、同線が廃止になり、加古川線単独の駅となった。加古川線の車両基地があり、当駅折り返しの電車も多数設定されている。

厄神

厄神

厄神駅はホーム2面2線で、三木鉄道があった時代には2面3線の構造で、加古川線が発着する2番線と同一ホームからの発着となっていた。

厄神

厄神

厄神駅は1999年3月13日に橋上駅舎化されており、駅員配置駅となっている。自動改札はなく、駅員が集札にあたるが、ICカード利用の場合は、ICカード読み取り機で入出場のチェックを受ける。

厄神

厄神

出口は3ヶ所あり、メインの出口は西口となっている。西口周辺は道路も狭く、酒屋があるだけで殺風景だが、北側にロータリーや自転車置き場がある。

厄神

厄神

ロータリーからは神姫バスが発着している。ロータリーの西側には駐車場もあり、パークアンドライドに対応している。

厄神

厄神

東口は2ヶ所に分かれており、北側にロータリーがある。

厄神

厄神

駅の北側には車両基地があり、厄神止まりの電車は一旦車庫に引き上げてから、加古川へ向けて折り返している。

厄神

厄神

三木鉄道が発着していた頃の厄神駅。さらに遡って三木鉄道が国鉄三木線だった時代には厄神から加古川線に乗り入れて加古川まで直通する列車が多数運転されていた。

 厄神駅の2015年度1日あたりの乗車人員は913人で、うち定期利用者が717人となっている。定期比率は78.5%で、ローカル線らしくかなり高い数値となっている。10年前の2005年と比べると全体で約25%ほど減少しており、定期外利用者は30%強も利用が減っている。三木鉄道がなくなり、乗り換え利用がなくなったことも少しは影響しているものと思われる。

【関西各駅探訪第246回~JR神戸線朝霧駅~】

~明石海峡を望む駅はかつて神戸シーサイドレジャー号も停車した~

朝霧

朝霧

JR神戸線朝霧駅は兵庫県明石市にある。線路別複々線区間のため緩行線のみにホームがあり、普通電車のみが停車する。過去に運転された臨時快速神戸シーサイドレジャー号は当駅に停車していた。シーサイドレジャーの名に相応しく明石海峡を望むことができる駅である。南側には山陽電鉄本線も併走しているが、当駅周辺に競合する駅はない。

朝霧

朝霧

構内は1面4線で、電車線にのみホームがあり、列車線にはホームはない。

朝霧

朝霧

駅舎は地上駅舎で、地形の関係で橋上駅舎のような様相になっている。

朝霧

朝霧

駅前にはロータリーがあり、バスやタクシーが発着している。バスは神戸市バス、山陽バス、神姫バスの3社が乗り入れている。

朝霧

朝霧

改札は1ヶ所のみで、南側には出口はなく、自由通路がつながっているだけである。ICカード対応の自動改札機が設置され、みどりの窓口もある有人改札となっている。

朝霧

朝霧

大蔵海岸へと続く自由通路で南側に出ることができる。

 朝霧駅の2015年度1日あたりの乗車人員は17,098人で、うち定期利用者は10,830人となっている。10年前の2005年度と比べると乗車人員はほぼ横ばいで推移しており、定期利用者は8.3%も減少している。定期外利用者が18.5%も伸びているので、定期客が減って、定期外利用が増えた結果、全体で横ばいとなっている。