関西各駅探訪第211回~あすなろう鉄道内部線・八王子線日永駅~

~レトロなムード漂うあすなろう鉄道唯一の分岐駅~

日永

日永

あすなろう鉄道内部線、八王子線日永駅は、三重県四日市市にある。2015年3月31日までは近鉄の駅だったが、同年4月1日からあすなろう鉄道へ移管された。内部線と八王子線が分岐する駅で、あすなろう鉄道唯一の分岐駅となっている。

日永

日永

日永駅の駅舎は地上駅舎で、改札には自動改札などはなく、集札箱だけがある無人駅である。自動券売機が設置されており、切符の購入はできる。

日永

日永

日永駅はホーム2面3線で、内部線下り内部方面行きは駅舎に隣接した1番線から発着、内部線上りあすなろう四日市方面は2番線で、八王子線上下電車が発着する3番線とホームを共用している。

日永

日永

八王子線の線路は日永駅構内手前で分岐しており、右にカーブしている。2番線、3番線ホームは共用されているが、3番線はカーブしているため、個別にホームが設置されているのと変わらない。1番線ホームはあすなろう四日市側にあり、2番線は内部側にホームがあり、この間に構内踏切が設置されている。

 日永駅の2015年度1日あたりの乗車人員は483人で、うち定期利用者は303人となっている。定期比率は62.7%となっており、定期比率は高い方である。2015年度のデータはあすなろう鉄道発足後のデータだが、前年と比べて微増している。また、10年前の2005年度と比べても全体で6.6%増加となっており、定期外利用者が増加傾向にある。ただ、定期利用者は2.4%も減少しており、今後は定期利用者の維持と定期外利用者の利用促進が必要である。

  


関西各駅探訪第210回~大阪市交御堂筋線長居駅~

~セレッソ大阪本拠地長居スタジアムの御膝元はサクラ色に染まっている~

長居

長居

大阪市交御堂筋線長居駅は大阪市住吉区にある。Jリーグセレッソ大阪の本拠地長居スタジアムの最寄駅で、ホームのあちこちにセレッソ大阪のエンブレムなどが飾り付けられている。西側にはJR阪和線の長居駅が徒歩3分ほどの距離にある。

長居

長居

長居駅は対向式ホーム2面2線で、2017年4月現在ホームドアは設置されていない。

長居

長居

長居駅の壁面には近隣にある長居運動公園をイメージした壁画が描かれている。

長居

長居

長居駅は改札が南北2ヶ所あり、北改札はJR阪和線長居駅に近い。また、長居スタジアムへも北改札の方が近く、セレッソ大阪の試合が行われる時には混雑する。

長居

長居

南改札はあびこ筋と長居公園通が交差する長居交差点付近にある。こちらの方がメインの改札と言え、駅周辺は店舗などがたくさんある。

大阪市交御堂筋線長居駅の2015年度1日あたりの乗車人員は15,729人で、うち定期利用者は5,043人となっている。全体で1.9%のダウンで、定期利用者に至っては41.5%もダウンしている。ICカードへの移行などで定期利用者が減少しているものと思われ、定期外利用者は44.1%も増加している。

  


関西各駅探訪第209回~阪急神戸線御影駅~

~山の手には神戸市内屈指の高級住宅街、構内には山陽電車直通時代の遺構引上線が残る駅~

御影

御影


 阪急神戸線御影駅は、神戸市東灘区にある。西宮北口以西各駅に停まる通勤急行と普通が停車する。阪神御影駅とは1.3㎞程離れているので、連絡機能は全くないに等しい。両駅を利用する際は注意が必要である。山の手には神戸市内屈指の高級住宅街が広がっている。


御影

御影

御影駅は対向ホーム2面2線で、神戸三宮方に引き上げ線があり、行き止まり式にはなっておらず、神戸三宮方でも上下線につながっている。これはかつて山陽電車が阪急六甲まで乗り入れていた時に折り返しに使っていたもので、山陽電車の乗り入れが神戸三宮までとなった今は、ラッシュ時に回送が特急を待避するために使用されている。

御影

御影

駅は盛り土上にあるため、駅舎は地上にあるが、南北を地下道で結んでいる。南口の改札は元々ある改札でこちらがメインの改札である。

御影

御影

南改札も北改札と規模はそれほど変わらないが、有人改札になっている。

御影

御影

南口の西側にロータリーがあり、神戸市バスやみなと観光バスが乗り入れている。

御影

御影

北口は2008年の周辺道路の整備に合わせてロータリーが整備された。北口ロータリーには神戸市バスが乗り入れている。

御影

御影

神戸市バスが発着する御影駅北口のロータリー。

御影

御影

御影駅北口にある御影の松の説明文と御影の松を詠んだ古歌が壁面に書かれている。

御影

御影

北口は自動券売機も設置されているが、改札は無人になっており、有人の南改札とはインターフォンで通話できる。

 阪急神戸線御影駅の2015年度1日あたりの乗車人員は10,595人で、うち定期利用者が5,271人となっている。定期比率は49.8%とあまり高くないが、10年前の2005年度よりも定期利用者は13.2%ほど増加している。全体でも7.9%増加しており、利用者は増加傾向にある。


関西各駅探訪第208回~近鉄大阪線桔梗が丘駅~

~通勤時に特急も停車する近鉄が開発した名張桔梗が丘住宅の最寄駅~

桔梗が丘

桔梗が丘

近鉄大阪線桔梗が丘駅は、三重県名張市にある。名張駅の1つ東にあり、朝夜には特急列車の停車もある。桔梗が丘住宅の開発とともに1964年に開業し、利用客を増やしていき、1995年のピーク時には1日13,129人の乗車人員があった。少子高齢化社会の影響をもろに受けた形になっており、2014年度の乗車人員は3,407人となっており、ピーク時の4分の1程度にまで利用者が減少している。

桔梗が丘

桔梗が丘

桔梗が丘駅はホーム2面2線で、西側に保守用の側線が並んでいる。2面4線化も視野に入れた構造になっているが、今のところ2面4線化するような計画はないし、利用者の減少が続く限り、駅の拡大は考えられない。

桔梗が丘

桔梗が丘

ホームは10両分あり、朝ラッシュ時に青山町から10連運転される快速急行の停車に対応している。

桔梗が丘

桔梗が丘

橋上駅舎になっており、改札は1ヵ所となっている。ICカード対応の自動改札機がある有人駅で、特急停車駅のため、特急券も販売されている。

桔梗が丘

桔梗が丘

出口は2ヶ所あり、西口、東口ともにロータリーがある。近鉄大阪線は東西方向に走るが、名張付近では北東方向を向いて走るため、桔梗が丘駅の出口は東西に分かれている。

桔梗が丘

桔梗が丘

東口がメインの出口で、駅前のロータリーからは各所へのバス路線が発着している。近鉄百貨店から業態変更した近鉄プラザ桔梗が丘のショッピングセンターなどがあり、西口よりも店がある。

桔梗が丘

桔梗が丘

西口にもロータリーがあり、バスの発着もあるが、規模的には東口ほどではない。駅前には有料駐車場も隣接しており、パークアンドライドに対応している。

 桔梗が丘駅の2015年度1日あたりの乗車人員は3,397人で、うち定期利用者は2,502人となっている。定期比率は73.7%と昨今の定期利用者が減少している中、定期比率は高い方である。10年前の2005年度には4,979人の乗車人員があり、定期利用者は3,787人だった。この10年で30%強乗車人員が減少しており、利用者の減少は深刻である。定期利用者も33.9%も減少しており、定期外利用者も25%ほど減少している。


関西各駅探訪第207回~JR和歌山線・南海高野線橋本駅~

~JR西日本、南海の連絡駅は高野山への玄関口~

橋本

橋本

南海高野線、JR和歌山線橋本駅は、和歌山県橋本市にある。南海、JRの共用駅で、改札はJR西日本が管理しており、南海とJRの連絡改札も設けられている。南海高野線は特急以下すべての電車が停車するが、運転本数は橋本以北が毎時2~4本程度、橋本以南は毎時1~2本程度の運転と運転本数は多くない。JR和歌山線はさらに本数が少なく、毎時1本程度の運転で、朝夕には毎時2本程度の運転となる。

橋本

橋本

南海高野線はホーム1面2線で、橋本から極楽橋まで単線となるため、行き違いの機能を有している。

橋本

橋本

駅北側には側線が広がっており、橋本以南を走る2300系をはじめ、当駅発着の電車が休んでいる姿が見られる。

橋本

橋本

当駅では増解結作業も行われ、橋本以南の列車と以北の列車が縦列停車する姿も見られる。

橋本

橋本

ホーム上には観光列車天空の指定券受取所がある。

橋本

橋本

橋本以南の高野線価格駅の駅名板はこうや花鉄道のオリジナルのデザインが使用されている。

橋本

橋本

特急券販売機もホーム上に設置されており、乗り換えが多いことから売店も健在である。

橋本

橋本

JRのホームは2面3線で、2番線が当駅折り返し電車が使用する。行き違い待ちを含めて、南海との連絡などもあり、当駅で長時間停車する電車も多い。

橋本

橋本

改札は南海が陸橋の上に改札があり、JRとの連絡改札も設置されている。ICカード対応の自動改札機が設置されている有人改札となっている。出口はJRと兼用で南側に1ヵ所のみある。

橋本

橋本

JRの改札は南側の地上に設けられている。自動改札の設置はなく、和歌山線ではICカードの利用もできないため、有人改札で切符のチェックを行っている。

橋本

橋本

駅舎は地上にあるが、JRが地上改札、南海が橋上改札になっているため、双方の改札は分かれており、単独の駅となった。駅舎にはJRと南海双方のマークが入れられている。

橋本

橋本

駅前にはロータリーがあり、バスやタクシーが発着するほか、出迎えのクルマの出入りも多い。

 JR橋本駅の2015年度1日あたりの乗車人員は2,580人で、うち定期利用者は1,910人となっている。10年前と比べると5.9%ほど減少している。定期利用者は7.4%減少しており、少子高齢化の影響を受けているものと思われる。


関西各駅探訪第206回~京阪本線中書島駅~

~京阪間ノンストップ特急の牙城を崩した宇治線連絡駅~

中書島

中書島

京阪本線中書島駅は、京都市伏見区にある。京阪宇治線を分岐する結節点で、以前は宇治線から京都方面への直通運転も行われていたが、現在は定期列車での宇治線直通はない。1993年1月30日のダイヤ改正から平日朝ラッシュ時下り特急の停車が開始され、2000年7月1日のダイヤ改正から終日特急停車となった。

中書島

中書島

ホーム3面4線で、京阪本線、宇治線ともに2面2線を使用している。京阪本線下りホームと宇治線ホームが共用されており、京阪本線上りホームと宇治線ホームが単独の対向式ホームになっている。京阪本線上りから1番線になっており、下り線が2番線、宇治線ホームが3、4番線となる。

中書島

中書島

宇治線3番線は京阪本線下り線と出町柳方でつながっており、かつては京都方面直通の電車がここを通っていた。現在は車両の送り込み、入庫に使用されるのみとなっている。

中書島

中書島

宇治線3番線は淀屋橋方でも京阪本線下り線とつながっている。4番線は淀屋橋方で引き上げ線になっており、本線の臨時列車などがここで待機することがある。

中書島

中書島

宇治線は宇治方にも引き上げ線が設けられている。かつては昼間にここで待機する車両があったが、現在は使われていない。

中書島

中書島

2・3番線ホームには立ち食いそばの麺座が店舗を構えている。

中書島

中書島

改札は2ヶ所あり、北口がメインの改札となっている。駅舎は地上駅舎で、北口は上り線ホームの淀屋橋方にある。各ホームへは連絡橋と地下道で結ばれている。

中書島

中書島

南口改札は、宇治線4番線の淀屋橋側にある。

中書島

中書島

北口も南口も駅前は狭く、南口にバス乗り場が設置されている。北口はバスの乗り入れはなく、周辺の道路は狭い。

中書島

中書島

伏見といえば幕末の中心地でもあり、中書島駅でも坂本龍馬の写真をあちこちで見かける。また、酒蔵としても有名で、北口には坂本龍馬とともに米俵が置かれている。

 中書島駅の2015年度1日あたりの乗車人員は6,011人で、うち定期利用者は2,795人である。定期比率は46.5%で、定期利用者は多くない。10年前の2005年度は、乗車人員が5,058人で、定期利用者は2,592人だった。全体で18.9%、定期利用者も7.8%増加しており、定期外利用者に至っては30.4%も増加している。
  


関西各駅探訪第205回~JR琵琶湖線彦根駅~

~がちゃんこ近江鉄道に出会いひこにゃんがいるお城を望む駅~

彦根

彦根

JR琵琶湖線彦根駅は滋賀県彦根市にある。近江鉄道本線と連絡しており、東口には近江鉄道の車庫が広がっている。西口からは彦根城を望むことができる。彦根城にいるゆるキャラひこにゃんも駅のあちこちで見ることができる。駅前には彦根藩初代藩主井伊直政公の銅像がある。

彦根

彦根

ホーム2面2線で、これに加えて中線がある。ホーム有効長は新快速、普通の最大編成両数である12両分ある。

彦根

彦根

彦根駅は橋上駅舎で、改札は1ヵ所のみとなっている。ICカード対応の自動改札がある有人改札になっており、みどりの窓口も設置されている。

彦根

彦根

出口は2ヶ所あり、西口がメインとなっている。西口にはバスターミナルがあり、バスとタクシーの発着が分けられている。駅前には滋賀県の各駅にあるスーパー平和堂がある。

彦根

彦根

西口からメインストリートを西へ向かうと彦根城がある。駅から彦根城までは徒歩20分ぐらいかかる。

彦根

彦根

東口は2007年3月19日に開設された新しい出口である。東口へは近江鉄道本線や同鉄道の車庫を陸橋で越えることになる。駅前にはロータリーがあり、バスやタクシーが発着しているが、西口ほど規模は大きくない。

彦根

彦根

彦根駅東口へ向かう陸橋からは近江鉄道の車庫に並ぶ車両を見ることができる。近江鉄道ミュージアムも併設されている。

彦根駅の2015年度1日あたりの乗車人員は10,821人で、うち定期利用者は7,635人となっている。定期比率は70.6%で、定期利用者が多い。10年前の2005年度は、9,382人の乗車人員で、定期利用者は6,429人だった。全体で15.3%増加しており、定期利用者は18.8%も増加している。定期利用者の増加が当駅利用者増加の要因となっている。
  


関西各駅探訪第204回~JR紀勢本線冷水浦駅~

~無人駅ながら春には華やかに桜が咲き誇る名所~

冷水浦

冷水浦

JR紀勢本線冷水浦駅は、和歌山県海南市にある。普通しか停まらない無人駅で、駅周辺は海と山に挟まれた狭隘な土地になっており、小さな集落があるのみである。

冷水浦

冷水浦

冷水浦駅は対向ホーム2面2線で、両側のホームに桜の木があり、春には満開の桜の元に列車が発着する姿が見られる。

冷水浦

冷水浦

駅舎はなく、海南まではICカードの利用も可能だが、海南以遠は、特急停車駅のみICカードが利用できるというイレギュラーな対応が行われているため、当駅にはICカードリーダーなどの設置はない。

冷水浦

冷水浦

上下線とも地上から階段を上ってホームに上がる。途中改札などはなく、ホームに自動券売機があるのみである。

 冷水浦駅の2015年度1日あたりの乗車人員は106人で、うち定期利用者は78人だった。10年前の2005年度よりも、乗車人員が15.2%、定期利用者が18.2%、定期外利用者が7.7%増加している。微々たるものだが、ローカル駅で増加傾向にあることは健闘していると言ってもよいだろう。


関西各駅探訪第203回~近鉄生駒線勢野北口駅~

~駅はローカルな風情だが駅の周りは信貴山の裾野に広がる新興住宅地~

勢野北口

勢野北口

近鉄生駒線勢野北口駅は、奈良県生駒郡三郷町にある。三郷町といえば、JR大和路線の三郷を思い浮かべるが、町の中心部は、生駒線側にあり、町役場は隣の信貴山口駅の近くにある。

勢野北口

勢野北口

ホーム1面1線の棒線構造で、行き違いできない構造になっている。生駒線は全線に渡って複線化の用地が確保されており、駅の南側にはそれらしき用地がある。

勢野北口

勢野北口

無人駅で、ICカード対応の自動改札も2台設置されている。

勢野北口

勢野北口

出口は1ヵ所のみで、北側に出口がある。南側には出口はなく、西側にあるガードをくぐって線路の南側に出る必要がある。

 勢野北口駅の2014年度1日あたりの乗車人員は980人で、うち定期利用者は594人だった。定期比率は60.6%で、朝夕ラッシュ時以外は非常に利用者は少ない。10年前の2004年度には、1,080人の乗車人員があり、定期利用者は672人だった。いずれも10%前後減少しており、周辺の宅地開発が終わり、利用者は減少傾向となっている。


関西各駅探訪第202回~叡山電鉄鞍馬線八幡前駅~

~三宅八幡の御膝元の駅は、同志社中学が強力なサポータ~

八幡前

八幡前

叡山電鉄鞍馬線八幡前駅は京都市左京区にある。三宅八幡への最寄駅で、本線の三宅八幡より当駅の方が三宅八幡に近い。

八幡前

八幡前

対向ホーム2面2線で、鞍馬線最大編成両数の2両分のホーム有効長となっている。

八幡前

八幡前

八幡前駅プロジェクトで、同志社中学の生徒が有志で同駅の修繕活動を行っている。

八幡前

八幡前

ホームの改修によりレンガ造りの壁ができ、ハト駅長も鎮座するベンチもきれいに修繕されている。

八幡前

八幡前

駅は京都市内にあるが、市内とは思えないほど長閑な風景である。

八幡前

八幡前

駅名板にもハト駅長が描かれている。

 八幡前駅の2015年度1日あたりの乗車人員は441人で、うち定期利用者は205人だった。定期比率は46.6%で定期外利用者も少なくない。ただ、データには各年でバラつきがあり、10年前に対して利用者はかなり増加しているが、信憑性に欠けるデータである。