関西各駅探訪第189回~京都市交烏丸線五条駅~

~後発ながら市交のプライドで五条ブランドを守る~

五条

五条

京都市交烏丸線五条駅は、京都市下京区にある。烏丸通と五条通が交わる烏丸五条の交差点付近に駅がある。現在は清水五条駅に改名されているが、京阪にも五条駅があった。烏丸線五条駅から清水五条駅までは東へ850mほど離れている。とはいえ、歴史的には京阪五条の方が歴史は古く、烏丸線五条は後発である。四条や丸太町も同様で、京阪が2008年10月の中之島線開業時に改名するまでは、1㎞程離れているのに同じ駅名というケースが多々あった。

五条

五条

五条駅は1面2線で、現在のところホームドアの設置などはない。

五条

五条

北改札へは上下エスカレータが設置されている。北改札側にはエレベータの設置はない。

五条

五条

エレベータは南改札側に設置されている。南改札側にはエスカレータはない。

五条

五条

サンクロレラ前の副駅名が付く五条駅。

五条

五条

メインとなる北改札は烏丸五条交差点付近に設置されている。有人改札で、ICカード対応の自動改札機が設置されている。

五条

五条

無人改札になっている南改札。京都市交ではメインの改札には駅員を配置し、サブとなる改札は無人化して省力化されている。大阪市交などではすべての改札に駅員を配置している。市営地下鉄でも都市によって考え方が違うのは面白いところだ。

五条

五条

烏丸五条交差点の北西側に位置している2号出口。電話ボックスにも和風の屋根が付けられ、いかにも京都らしい演出がされている。

五条

五条

 

3号出口は烏丸五条交差点の南東側にある。この対面に1号出口がある。

五条

五条

五条駅4号出口は烏丸五条交差点の南西方向にある。

五条

五条

 

5号出口は南改札の出口で、南側を望むと東本願寺と京都タワーがそびえ立っている。

五条

五条

 

6号出口は改札階からエレベータでつながっている。南改札、北改札の双方とつながっており、バリアフリー化している。


五条駅の2015年度1日あたりの乗車人員は6,663人で、うち定期利用者は2,293人となっている。定期比率はわずか34.4%で、定期外利用者が非常に多い。10年前の2005年度は、乗車人員が5,918人で、定期利用者は2,575人だった。定期利用者は11%減だが、乗車人員は12.6%の増加となっており、定期外利用者は30.7%増加している。京都観光などでの利用が増えているものと思われるが、定期券からICカードへの移行なども影響しているものと思われる。

  


関西各駅探訪第188回~近鉄田原本線箸尾駅~

~奈良県広陵町唯一の鉄道の駅~

箸尾

箸尾

近鉄田原本線箸尾駅は、奈良県広陵町にある。広陵町唯一の鉄道駅だが、駅周辺は田畑が広がっており、のどかな雰囲気の駅である。

箸尾

箸尾

田原本線は単線で、当駅は2面2線の行き違い駅となっている。ホームは田原本線の最大編成両数である3両分ある。

箸尾

箸尾

構内踏切があり、2番線から改札がある1番線へはここを通らなければならない。

箸尾

箸尾

改札は1か所で、自動改札の設置はなく、ICカードの読み取り機があるだけである。無人化されており、簡易の自動券売機が設置されている。

箸尾

箸尾

駅前はそれ相応のスペースがあり、クルマの乗り入れも可能だが、バス路線の設定はない。

箸尾

箸尾

箸尾駅前には、駐車場、駐輪場が整備されており、パークアンドライドに対応している。

 箸尾駅の2014年度1日あたりの乗車人員は1,110人で、うち定期利用者が860人となっている。定期比率は77.5%で、近鉄の他の路線と比べると定期比率が高い。近くに大和広陵高校があり、通学利用が多いものと思われる。10年前の2004年度の乗車人員は1,130人で、1.8%の減となっている。絶対数が少ないとはいえ、ほぼ横ばいで推移しており、安定した需要があるということだろう。

  


関西各駅探訪第187回~大阪市交四つ橋線四ツ橋駅~

~心斎橋ではなく四つ橋でもなく四ツ橋だ!~

四ツ橋

四ツ橋


 大阪市交四つ橋線四ツ橋駅は、大阪市西区にある。御堂筋線、長堀鶴見緑地線の心斎橋駅と改札内でつながっており、乗り換えが可能である。駅名が異なるのに改札がつながっているのは、大阪市交では心斎橋と四ツ橋のみである。線名の四つ橋は、四つ橋筋と同じく通りの名前から来ているが、駅名の四ツ橋は、橋の名前から来ており、平仮名と片仮名の相違があり、なかなか面白い。

四ツ橋

四ツ橋

島式ホーム1面2線で、ホームドアの設置等は行われていない。四つ橋線各駅と同様にホーム有効長は18m級車両6両分となっている。

四ツ橋

四ツ橋

御堂筋線とはかなり離れており、長堀鶴見緑地線のホームを介しての乗り換えとなる。四ツ橋駅から長堀鶴見緑地線の心斎橋ホームまでもかなり離れており、途中ムービングウォークが設置されている。

四ツ橋

四ツ橋

改札は3ヶ所あり、北改札側に長堀鶴見緑地線心斎橋駅への連絡通路がある。

四ツ橋

四ツ橋

四ツ橋駅北改札。ICカード対応の自動改札機が設置されている有人改札である。ホームへは上りエスカレータとエレベータが設置されている。

四ツ橋

四ツ橋

中改札は3号出口につながっており、ICカード対応の自動改札機が設置されている有人改札である。ホームへはエレベータも設置されている。

四ツ橋

四ツ橋

南改札もICカード対応の自動改札が設置されている有人改札である。南側の改札は各線との連絡はなく、四つ橋筋上にある。南改札付近は四ツ橋というより北堀江といった方がいい地域である。ホームへは上りエスカレータが設置されているが、エレベータはない。

四ツ橋

四ツ橋

四ツ橋駅1A出口は北側の四つ橋筋東側に位置している。

四ツ橋

四ツ橋

四ツ橋駅3号出口はMT長谷ビルに直結している。

四ツ橋

四ツ橋

四ツ橋駅4号出口は、四ツ橋の交差点の南西側にある。昔ながらの出口となっており、お世辞にも綺麗とは言い難い。

四ツ橋

四ツ橋

5号出口は南改札を出て四つ橋筋の東側に位置している。大阪西労働基準監督署などが近くにある。

四ツ橋

四ツ橋

6号出口は南改札を出て、四つ橋筋の西側の出口である。このあたりは北堀江のお洒落な街並みになっている。
  


関西各駅探訪第186回~阪堺線我孫子道駅~

~阪堺電車のねぐらがあるこの駅は大阪市内の折り返し地点~

我孫子道

我孫子道

阪堺線我孫子道駅は、大阪市住吉区にある。当駅を出ると大和川を渡り堺市に入る。阪堺電車唯一の車庫我孫子道車庫が併設されており、当駅で折り返す電車も多い。

我孫子道

我孫子道

対向式ホーム2面2線で、踏切を挟んでホームは2ヶ所に分かれている。正月三箇日の住吉大社への参拝客を運ぶ臨時ダイヤでは、電車が縦列に停まる姿も見られる。

我孫子道

我孫子道

浜寺駅前方には我孫子道車庫が広がっており、阪堺電車の車両が休んでいる姿が見られる。ちなみに地下鉄などと同様阪堺電車も我孫子道行きは、あびこ道と平仮名表記されている。

  


関西各駅探訪第185回~近鉄大阪線大和高田駅~

~JR高田駅と競合する大和高田駅は一部特急が停車~

大和高田

大和高田

近鉄大阪線大和高田駅は、奈良県大和高田市にある。大和高田市の市役所などは西側に位置しており、駅からちょっと離れているが、駅周辺にはショッピングセンターなどもあり、JR高田駅にも近く、大和高田市の中心駅となっている。2003年3月6日ダイヤ変更から、一部の阪伊特急が停車するようになった。特急以外の列車は、快速急行以下全列車が停車する。

大和高田

大和高田

駅構内は、対向ホーム2面2線で、高架駅ではないが、築堤上にホームがあるため、改札は地上に設けられている。朝ラッシュ時の快速急行が10両編成で運転されるため、ホーム有効長は10両分ある。

大和高田

大和高田

改札は2ヶ所あり、メインは地上にある改札で、ICカード対応の自動改札を完備する有人改札となっている。

大和高田

大和高田

地上の改札階からホームがある2階へはエレベータと上りエスカレータも設置されている。

大和高田

大和高田

もう一つの改札は上りホームに面してホームレベルに設置されている。

大和高田

大和高田

駅舎は1つになっており、2001年に開業した新しい駅舎は、駅ビルと一体になっている。ホームレベルに面した改札は、ペデストリアンデッキにつながっており、地上に下りずに隣のショッピングセンターオークタウンのビルなどに移動できる。

大和高田

大和高田

駅前にはロータリーがあり、奈良交通のバス路線が各方面へ運行されている。

大和高田駅の2014年度1日あたりの乗車人員は8,728人で、うち定期利用者は5,644人となっている。定期比率は64.7%で、定期比率は低くなってきているが、昨今の他線の状況と比べると定期利用者は多い方と言える。それだけ定期外での利用が少ないとも言える。10年前の2004年度の乗車人員は9,869人で、定期利用者は6,731人だった。全体で11.6%減で、定期利用者はさらに多く16.1%の減少となっている。定期外利用者は1.7%減なので、ほぼ横ばいとなっており、定期利用者の減少が目立つ。

  


関西各駅探訪第184回~京阪本線墨染駅~

~実は藤森よりもJR藤森に近いかつての急行停車駅。すみぞめ駅の由来はぼくせんじから~

墨染

墨染

京阪本線墨染駅は、京都市伏見区にある。戦時中陸軍16師団の施設が近くにあったため、急行停車駅だった時代があるが、戦後は普通(各駅に停まる準急)しか停まらない駅となった。

墨染

墨染

墨染駅は対向ホーム2面2線で、上下ホームは分離されており、上下ホームを連絡する通路はない。

墨染

墨染

改札は淀屋橋方のみにあり、地上駅舎で高低差も小さいため、エレベータやエスカレータの設置はなく、バリアフリー化のためスロープが設けられている。

墨染

墨染

上り出町柳方面行きの改札は駅員が配置されている。駅前は非常に狭く路地のような道路があり、踏切を渡る道路は交通量も多く、歩行者は車の往来に気を付けなければならない。

墨染

墨染

こちらは下り淀屋橋方面行きの改札。こちらは駅員は通常未配置となっている。ここから東へ徒歩10分ほどの距離にJR奈良線のJR藤森駅がある。また、北東方向へ徒歩5分ほどの距離に藤森神社もある。さらに少し東に京都教育大もある。

墨染駅の2015年度1日あたりの乗車人員は4,241人で、うち定期利用者は2,088人となっている。定期比率は49.2%で、50%を割っている。10年前の2005年度は4,389人だった。3.4%の減少で、定期利用者は7.5%減となっており、定期利用者の減少が目立つ。

  


関西各駅探訪第183回~南海高野線堺東駅~

~新鋭特急泉北ライナーは通過するが堺市の中心駅~

堺東

堺東

南海高野線堺東駅は、大阪府堺市堺区にある。堺東という駅名だが、実質的に堺市の中心駅で、南海本線の堺駅、JR阪和線の堺市駅よりも乗降者数が多く、駅周辺も賑やかである。特急こうや、特急りんかんが停車するが、特急泉北ライナーは通過する。快速急行以下の電車は全て停車する。

堺東

堺東

堺東駅はホーム2面4線で、東側に留置線が1線ある。以前は複数の線路があったが、撤去されて、高層住宅になっている。快速急行、急行、区間急行、準急と各停が緩急接続するケースも多い。

堺東

堺東

改札は4ヵ所ある。かつての北口は、北東口改札ができたことにより北西口となった。北西口は駅ビルの2回にある。

堺東

堺東

北東口は、2009年12月に開業した新しい改札で、東側に広がる高層マンションに直結している。こちらの改札は無人化されている。

堺東

堺東

西口はメインの改札で、高島屋などが入る駅ビルに直結しており、駅バスターミナルなどにも近い。ペデストリアンデッキがジョルノ専門店街までつながっている。

堺東

堺東

西口に広がる堺東駅のバスターミナルとロータリー。奥には堺市役所も見える。

堺東

堺東

堺東駅西改札の南側の出口はペデストリアンデッキに直結している。

堺東

堺東

西口はメインの出口で、西改札に上がるエスカレータも設置されている。

堺東

堺東

西口の対面には堺銀座商店街があり、人通りも多い。南側は市役所などがある官庁街になるが、西側は飲食店などが並んでおり賑やかである。

堺東

堺東

西口駅前にもバス乗り場があり、堺東駅のバス乗り場は、17番のりばまであり、南海バスが数多くの路線バスを運行するほか、夜行バスなども発着している。

堺東

堺東

泉北線直通の区間急行は、中百舌鳥を通過するため、堺東で南海の乗務員から泉北の乗務員に交代する。

堺東

堺東

東口は堺市の中心駅とは思えないような古びた駅舎で、自動改札が数台置かれているこじんまりとした改札である。

南海高野線堺東駅の2015年度1日あたりの乗車人員は29,145人で、うち定期利用者は16,462人である。10年前の2005年度と比べると乗車人員は、3.4%の増加、定期利用者は5.5%の増加となっている。定期外利用者はほぼ横ばいだが、定期利用者がこの10年で伸びている。
  


関西各駅探訪第182回~大阪市交長堀鶴見緑地線大阪ビジネスパーク駅~

~OBPにも近いが意外に大阪城公園にも近い穴場駅~

大阪ビジネスパーク

大阪ビジネスパーク

大阪市交長堀鶴見緑地線大阪ビジネスパーク駅は、大阪市中央区にある。駅表記にはないが、車内放送では、大阪城ホール前と案内される。駅付近で大川を2回くぐるため、駅の深度はかなり深く、大阪市交では一番深いところにある駅である。

 大阪ビジネスパーク駅はホーム1面2線で、長堀鶴見緑地線各駅と同様に上部開放型のホームドアが設置されている。

大阪ビジネスパーク

大阪ビジネスパーク

2号出口はクリスタルタワー付近にあり、ここの出口を出て大川を渡り、片町の交差点に突き当たると近くにJR東西線の大阪城北詰駅がある。

大阪ビジネスパーク

大阪ビジネスパーク

3号出口もクリスタルタワーの近くにある。ここは大阪城の北外濠にも近く、大川を渡って大阪城ホールの裏手から入るルートもある。

大阪ビジネスパーク

大阪ビジネスパーク

IMPホールにも直結している大阪ビジネスパーク駅。

大阪ビジネスパーク

大阪ビジネスパーク

1号出口は対面に大阪城ホールを望むが、大川に阻まれて大阪城ホールへは玉造筋まで遠回りしなければならない。JR大阪城公園駅へはここから徒歩10分ほどかかる。

大阪ビジネスパーク

大阪ビジネスパーク

改札は1ヶ所のみで、ICカード対応の自動改札機が並ぶ有人改札となっている。

大阪ビジネスパーク駅の2015年度1日あたりの乗車人員は6,502人で、うち定期利用者が1,077人となっている。定期比率は16.6%で、定期比率は非常に低い。定期よりもお得なPITAPAマイスタイルなどへの転移が多いものと思われる。その反面、定期外利用者の伸びは顕著で、2002年度と比べると乗車が61.1%の増加、降車が102.2%の増加と降車は倍増となっている。大阪ビジネスパークへの通勤利用よりも、大阪城ホールなどへの定期外利用者の伸びが大きいものと思われる。

  


関西各駅探訪第181回~阪急京都線上牧駅~

~かつては隣の線路も走ったことがある逸話が残る新幹線並走区間の駅~

上牧

上牧

阪急京都線上牧駅は、大阪府高槻市にある。高槻市~上牧間は駅間距離が長く、高槻市を過ぎると田畑が広がる光景が長らく続いており、今でもまだまだ長閑な風景が残っているが、上牧駅周辺は田畑はすっかりなくなっている。かつては駅からJR京都線を走る列車が眺められたが、今では建物に阻まれ、よく見えなくなっている。

上牧

上牧

上牧駅は築堤上にあり、島式ホーム1面2線の構造になっている。上り線側が線路を振る形になっており、下り線側は直線になっている。ちなみに富田駅から高槻市側から上牧駅手前の新幹線合流付近までは、阪急で最長の直線区間となっており、真っすぐ線路が延びている。

上牧

上牧

上牧駅のホームは狭いが、バリアフリー化に対応して、上下エスカレータが設置されている。

上牧

上牧

上牧駅は従来梅田方のみに改札階への階段があったが、バリアフリー化に伴い、河原町方に上下エスカレータとエレベータが設けられた。改札は1ヶ所のみのため、1階部では、改札への連絡通路が設けられている。

上牧

上牧

改札は1ヶ所のみで、ICカード対応の自動改札機が並んでいる。駅員も配置されている有人改札である。

上牧

上牧

上牧駅舎は地上駅舎で、出口は北側1ヶ所のみとなっている。駅前にはロータリーがあり、高槻市営バスの路線が乗り入れている。

上牧

上牧

下り線の隣には金網が張り巡らされているが、東海道新幹線が並走している。N700系のぞみが270km/hで疾走する姿を間近で見られるスポットでもある。

上牧

上牧

上牧駅ホームからJR京都線を望んだ光景。20年ほど前には田畑が広がっていてJRの電車もよく眺められたが、今は住宅の狭間に見えるだけとなっている。

上牧駅の2015年度1日あたりの乗車人員は5,286人で、うち定期利用者は3,234人となっている。定期比率は61.2%で、定期利用者が減少している昨今では定期比率は高い方と言える。10年前の2005年度の乗車人員は6,258人で、15.5%ほど減少している。定期利用者は17.3%減少しており、定期利用者の減少率がやや高い。周辺人口は横ばいと思われるが、JR島本駅の開業などの影響もあるのかもしれない。

  


関西各駅探訪第180回~阪神本線神戸三宮駅~

~阪神電車の西の要は近鉄直通快速急行の始発駅~

神戸三宮

神戸三宮


阪神本線神戸三宮駅は神戸市中央区にある。阪神本線の西の拠点駅で、直通特急以下全ての電車が停車する。阪神なんば線直通の快速急行も一部を除き当駅発着となっている。また、貸切運転のみだが、近鉄特急も当駅発着の列車もある。2014年4月1日に現在の駅名神戸三宮駅に改称されたが、それ以前は三宮駅だった。

神戸三宮

神戸三宮

神戸三宮駅は、ホーム2面3線で、真ん中の2番線が行き止まり式となっており、両側をホームで挟まれ、乗降を分離している。2番線からは、当駅始発、終着となる電車が発着し、近鉄奈良行きの快速急行は、2番線から発車する。快速急行は21m級の近鉄車も使用するため、2番線はホーム有効長は21m級6両編成が停車できるだけある。

神戸三宮

神戸三宮

1番線は梅田方面行き上りホームで、元町方はスルー構造となっている。

神戸三宮

神戸三宮

3番線は元町、神戸高速線方面行き下りホームで、こちらも元町方はスルー構造になっている。

神戸三宮

神戸三宮

かつては、4面3線で、3番線が行き止まり式となっていた。

神戸三宮

神戸三宮

改札は二ヶ所設けられ、東改札は、2012年3月20日に開業した新しい改札で、それ以前は、西側の中央改札一ヶ所のみだった。

神戸三宮

神戸三宮

東改札は、各線との乗り換えは、やや不便だが、これまで駅から離れていた三宮の南東地区からのアクセスが便利になった。

神戸三宮

神戸三宮

東改札は、ミント神戸のビルに繋がっており、地上に上がると三宮バスターミナルもある。JR三ノ宮駅東改札にも近く、ポートライナーとの乗り換えも東改札からが便利である。

神戸三宮

神戸三宮

西改札は、従来からある改札で、2012年3月20日の東改札開業に合わせて西改札もリニューアルされた。

神戸三宮

神戸三宮

駅全体がやや梅田方向にズレたため、改札内は広くなり、少ないながら駅ナカ商業施設スクラ三宮ができた。

神戸三宮

神戸三宮

西改札は、JR三ノ宮駅西改札に近く、中央改札にも近い。阪急神戸三宮駅はJR三ノ宮駅西改札の隣に東改札があるので、それほど遠くない。

神戸三宮

神戸三宮

神戸市地下鉄三宮駅とは、地下道で連絡しているが、JR、阪急よりも北側に位置しているため、やや離れている。

神戸三宮

神戸三宮

神戸市地下鉄海岸線の三宮・花時計前駅は、各線から離れているが、阪神神戸三宮駅からは、サンチカを南に下るだけなので、各線よりかは乗り換えは不便ではない。

神戸三宮

神戸三宮

西改札の出口は、そごうに直結しており、三宮のメインストリートフラワーロードを南下すると神戸市役所もある。

神戸三宮

神戸三宮

西改札付近にある阪神電車サービスセンター内には近鉄特急の特急券販売窓口があり、近鉄特急の特急券や企画乗車券を購入することができる。

 阪神神戸三宮駅の2015年度1日あたりの乗車人員は52,693人で、うち定期利用者が24,318人となっている。定期比率は46.1%で、PITAPAの普及などもあり、定期比率は低くなっている。10年前の2005年度には、41,413人の乗車人員に対し、定期利用者は19,060人だった。全体で27.2%の増加、定期利用者も27.6%増加しており、定期外利用者も同じぐらい伸びている。2009年3月に阪神なんば線が開業して、その後三宮駅の改良も行われたので、そのころからどんどん利用者が増えていっている。なんば線効果が如実に表れた駅の一つと言える。