【関西各駅探訪第266回~大阪市交今里筋線関目成育駅~】

~野田阪神に倣って関目京阪でもよかったのではと思える近さに京阪関目駅がある~

関目成育

関目成育

大阪市交今里筋線関目成育駅は大阪市城東区にある。国道1号線の下に駅があり、東側には京阪関目駅があり、1号出口と京阪関目駅西改札は至近距離にあり、乗り換えが便利である。大阪市交谷町線の関目高殿は北へ300mほど離れており、連絡機能はない。

関目成育

関目成育

関目成育駅の改札は1ヶ所のみで、今里筋線の各駅と同様に有人改札となっており、ICカード対応の自動改札機を完備している。ホームは上部開放型のホームドアを完備しており、今里筋線各駅と同様に1面2線の構造となっている。

関目成育

関目成育

関目成育駅は各駅と同様に自動券売機が設置されているが、定期券売り場などはない。出口は2ヶ所あり、今里筋線各駅と同様に地下駐輪場も併設されている。

関目成育

関目成育

1号出口は京阪関目駅に隣接するとともに、国道1号線上にある大阪市バスの地下鉄関目成育停留所も近くにある。

関目成育

関目成育

2号出口は1号出口の対面にあたる国道1号線の西側にある。ここから北へ300mほど行くと谷町線関目高殿駅があるが、今里筋線との連絡はなく、谷町線は関目高殿駅付近から国道1号線の下に入り、今里筋線は関目5丁目交差点で、右にカーブして国道163号線の下に入り、進路を東に取っている。

関目成育駅の2015年度1日あたりの乗車人員は3,145人で、うち定期利用者は803人だった。定期比率は25.5%で、かなり低い数値となっている。新しい路線ということもあり、当初からICカード利用などが多く、定期利用者の比率が低いようだ。開業直後の2007年度と比べると全体で55.7%の増加、定期利用者でも24.1%増加しており、定期外利用者に至っては70.6%も伸びている。
  

【関西各駅探訪第265回~近鉄吉野線・JR和歌山線吉野口駅~】

~近鉄とJRが連絡する吉野山への入口~

吉野口

吉野口

近鉄吉野線、JR和歌山線の吉野口駅は奈良県御所市にある。和歌山線の前身の南和鉄道の駅として開業し、後に吉野線の前身である吉野軽便鉄道の駅が開業した。それ以来連絡駅として機能しており、国鉄、近鉄の時代から吉野への入口としての役割を果たしている。

吉野口

吉野口

近鉄吉野線吉野口駅は2面2線を使用しており、下り吉野方面への1番線は駅本屋に面している。上り橿原神宮前方面への2番線はJR和歌山線五条方面行きとホーム上で乗り換えが可能となっている。特急以下全ての電車が停車する。

吉野口

吉野口

吉野口駅はJR西日本が管轄しており、駅名板もJR西日本のものが使用されている。

吉野口

吉野口

2番線、3番線ホーム上には柿の葉寿司などの駅弁を販売する売店がある。

吉野口

吉野口

改札は1ヶ所あり、JR西日本が管轄しており、近鉄も改札を供用する形になっている。近鉄専用のICカードリーダーが設置されているが、自動改札機の設置はない。また、駅窓口はあるが、みどりの窓口はない。

吉野口

吉野口

駅前にはタクシーが待機しており、御所市のコミュニティバスも発着する。

吉野口

吉野口

駅本屋と各ホームは地下道で結ばれており、近鉄からJRへの乗り換えはノーラッチで乗り換えとなる。

吉野口

吉野口

JR和歌山線電車は3番線が下り五条、和歌山方面行き、4番線が上り王寺方面行きが発着する。5番線は定期列車の発着は1本のみで、臨時列車の発着などに使用される。

吉野口

吉野口

JR和歌山線のホームの駅名板にはラインカラーが導入されている。JR西日本のアーバンネットワークエリアでは全駅禁煙になっているが、和歌山線は全駅禁煙のエリアに入っておらず喫煙スペースが設けられている。

吉野口 JR和歌山線吉野口駅の2015年度1日あたりの乗車人員は587人で、うち定期利用者は507人となっている。定期比率は86.4%にもなっており、定期比率がかなり高い。10年前の2005年度と比べると全体で31.7%も減少しており、定期利用者は36.1%も減少している。

 近鉄吉野線の吉野口の2015年度1日あたりの乗車人員は815人で、うち定期利用者は530人となっている。低比率は65.0%となっている。10年前の2005年度は全体の乗車人員が1,085人で、定期利用者は920人だった。全体で24.9%の減少、定期利用者は42.4%も減少している。定期利用者の一部はICカードなどへ切り替えているものと思われ、定期外利用者は増加している。しかし、全体的に見ればJR和歌山線と同様に利用者は減少している。

  

【関西各駅探訪第264回~阪急今津線小林駅~】

~映画阪急電車の舞台の一つにもなったこの駅の名はこばやしではなくおばやし~

小林

小林

阪急今津線小林駅は兵庫県宝塚市にある。こばやしではなくおばやしと読む。映画阪急電車の舞台の一つになったことでも有名である。

小林

小林

小林駅は対向式ホーム2面2線で、西宮北口行き方面のホーム側に駅舎がある。上下ホーム間には跨線橋がある。

小林

小林

跨線橋にはエスカレータはないが、エレベータが設置されており、バリアフリーに対応している。また、跨線橋上に西改札が設けられている。

小林

小林

西改札は無人で、自動券売機などの設置はなく、切符の販売は行っていないため、定期券やICカードでの乗り降りに対応している。

小林

小林

小林駅上り西宮北口行きホーム。東改札からホームへはスロープになっており、バリアフリーに対応している。

小林

小林

東改札は有人改札で、自動券売機も設置されているメインの改札である。駅前は狭くバスなどの乗り入れはない。

小林

小林

小林駅上りホームは平日朝ラッシュ時に運転される梅田行き準急に対応して8連分ある。下りホームは今津線内電車の最大編成両数6両分となっている。

 小林駅の2015年度1日あたりの乗車人員は8,746人で、うち定期利用者は4,020人となっている。定期比率は46%で、近年の傾向通り低い数値となっている。10年前の2005年度には7,857人の乗車人員に対し、定期利用者は3,869人だった。定期利用者も増加傾向にあり、それ以上に定期外利用者が増えている。

【関西各駅探訪第263回~神鉄粟生線栄駅~】

~駅前は長閑や雰囲気だが、近くに新興住宅地もある急行停車駅~

栄

神鉄粟生線栄駅は神戸市西区にある。神戸市内の駅だが、駅周辺は長閑な風景が広がっており、神戸市内とは思えないところにある。駅の南側には桜が丘、月が丘といった新興住宅地もある。利用者が見込める状況でもあるが、ここから神戸市内へは自家用車が圧倒的に便利で、遅くて乗り換えが必要な神鉄の利用はなかなか定着しない。

栄

駅構内は対向式ホーム2面2線で、粟生方の上下線間には構内踏切がある。

栄

駅舎は下りホーム南側にある。地上駅舎で無人化されており、ICカード対応の自動改札機が設置されている。自動券売機、自動精算機が設置され、自動化されているので不便はない。インターフォンが設置されているので、トラブルがあった時には遠隔操作により対応している。

栄

駅前は狭く、県道22号線が走っているが、ここも2車線の狭い道路である。駅の西側にタクシー乗り場が設けられている。

栄

駅前にはカフェや薬局、美容室があり、美容室では割引乗車券の委託販売を行っている。

栄

駅の段差は少ないが、エレベータやエスカレータの設置はもちろん、スロープの設置もないので、バリアフリーには対応していない。

栄 栄駅の2015年度1日あたりの乗車人員は789人で、うち定期利用者は526人となっている。定期比率は66.7%で、近年の傾向からすると定期比率は高めで、10年前の2005年度よりも定期比率が上がっている。2005年度の乗車人員は1,255人で、定期利用者は781人だった。この10年で37.1%も乗車人員が減少している。定期利用者も32.6%減少しており、定期外利用者は44.5%も減少しており、減少率が深刻である。粟生線は志染以遠の利用者低迷が問題になっているが、鈴蘭台~志染間でも利用者の減少は深刻である。道路網の発達で、自家用車はもちろん、バスを利用した方が神戸市内中心部への便がいいことが利用者減の要因である。有効な手段はなかなか思い当たらないが、何らかの手を打たないことには、志染以遠どころか、西鈴蘭台以遠の存続も危ぶまれる事態になりかねない。

【関西各駅探訪第262回~嵐電北野線宇多野駅~】

~春には桜のトンネルを訪れる人で賑わう~

宇多野

宇多野

嵐電北野線宇多野駅は京都市右京区にある。鳴滝から同駅にかけては桜のトンネルがあり、桜が満開になる季節には同駅から花見に訪れる人も少なくない。高雄口駅として開業し、2007年3月19日に現駅名に改称された。

宇多野

宇多野

写真手前のミラーがあるホームが北野白梅町行き。向こう側に見えるホームが帷子ノ辻行きホームとなっており、上下電車でホームが分離されている。改札はなく、嵐電各駅と同様に車内精算となる。

宇多野

宇多野

北野白梅町行きホームには出口が2ヶ所あり、坂を上がって、来た方向に戻り、道路を渡ると桜のトンネル付近に出る。桜の時期には、帷子ノ辻から桜のトンネルを電車で抜けて、当駅から桜のトンネル付近まで歩くとよい。

 宇多野駅の2015年度1日あたりの乗車人員は211人で、うち定期利用者は38人となっている。2005年度と比べると20%近く利用者が減少している。定期利用者は20%以上減少しており、定期外利用者も20%近く減少している。

  

【関西各駅探訪第261回~JR播但線野里駅~】

~かつて大野の里と呼ばれていた地は姫路市郊外の町として発展~

野里

野里

JR播但線野里駅は兵庫県姫路市にある。姫路から3駅目の駅で、播但線は当駅までが高架化されている。姫路駅は近年に高架化されたが、京口駅と当駅は国鉄時代の1984年に高架化された。

野里

野里

野里駅は1面2線の行き違い駅で、高架化されている。ホームから改札がある地上へはエレベータが設置されバリアフリーに対応している。

野里

野里

野里駅改札は1ヶ所のみで、入出場用のICカードリーダーが設置されICOCAなどのICカードが利用できるようになった。有人改札でみどりの窓口も設置されている。

野里

野里

野里駅は高架の下に地上駅舎があるといった構造で如何にも国鉄時代に造られた構造になっている。

野里

野里

野里駅西口にロータリーがあり、神姫バスが乗り入れており、タクシーも常駐している。

野里

野里

駅周辺には花の北市民広場や花北体育館、イオン姫路などがあり、西側は街が開けている。さらに西には地方競馬場の姫路競馬場もあり、競馬観戦の利用も期待できる。

野里

野里

東口は道路があるだけで周辺は住宅地になっており、特に何もない。

野里

野里

西口はロータリーに加えて広場としても整備されており、駅周辺は広く取られている。

 野里駅の2015年度1日あたりの乗車人員は1,858人で、うち定期利用者は1,450人となっている。定期比率は78%で、定期利用者の比率が高い。10年前の2005年度と比べると全体で16.7%の増加で、定期利用者は19%増加している。定期外利用者も9.1%増加しており、全体的に利用者を増やしてきている。
  

【関西各駅探訪第260回~阪神本線尼崎駅~】

~なんば線開業で大変貌を遂げた阪神電車のキーステーション~

尼崎

尼崎

阪神本線、阪神なんば線尼崎駅は兵庫県尼崎市にある。尼崎市の南部にあり、以前から駅周辺は中心市街地になっていたが、阪神なんば線開業後、高層住宅やビジネスホテルなどができてさらに発展している。以前特急は通過していたが、2001年3月10日ダイヤ改正から直通特急、特急が停車するようになった。甲子園での野球開催時などに運転される梅田発の下り臨時ノンストップ特急以外全ての電車が停車するようになった。

尼崎

尼崎

尼崎駅はホーム4面6線の高架駅で、梅田方には尼崎車庫が併設されており、神戸方には折り返し用の側線が多数あり、同駅で折り返す電車がひっきりなしに出入りしている。ホームは北側から1番線が上り本線、2番線は両側をホームに挟まれており、上り本線の副本線となっている。3番線は阪神なんば線上り大阪難波方面行きが発着する。昼間時は直通特急、特急と普通が2番線から発着し、両側の扉を開けてなんば線連絡を行う。

尼崎

尼崎

2番線に停車する普通は1番線に到着する急行からなんば線への乗り換えを橋渡しする役目も担っており、両側の扉を開けて平面移動できるようにしている。写真は野球開催時の上り臨時特急からなんば線への乗り継ぎの光景を写したもの。

尼崎

尼崎

下り4番線は阪神なんば線の到着ホームと神戸方面へ向かう快速急行の発着に使われる。5番線は両側をホームに挟まれ、昼間時には直通特急、特急、普通が発着する。6番線は下り本線で昼間時は急行が発着している。こちらのホームも上りホームと同じく5番線に到着する本線電車が両側の扉を開けて阪神なんば線からの連絡客を受け入れている。

尼崎

尼崎

阪神なんば線が使用する3・4番線はホーム有効長が21m級車両10両分となっており、朝と夕方以降の時間帯に8両以上で運転する快速急行の増解結作業が行われる。

尼崎

尼崎

神戸方には側線が多数あり、南側には車庫につながる留置線がある。

尼崎

尼崎

快速急行と連絡する尼崎始発の急行は神戸方の折り返し線で折り返す。6番線に到着して、折り返しは1番線から出発する。

尼崎

尼崎

尼崎~大物間の海側には尼崎車庫が広がっている。阪神電車ばかりでなく近鉄電車の姿も多く見られ、山陽電車が留置される姿や改造のため工場に入場している阪急の車両もたまに見られる。

尼崎

尼崎

神戸方の留置線に留置されている阪神の車両に交じって工場入場のため留置されている阪急5100系。能勢電への譲渡改造では尼崎車庫に併設されている阪神車両メンテナンスが担当した。

尼崎

尼崎

尼崎駅梅田方には上り2番線から3番線への渡り線が設置されている。なお、下り4番線と5番線の間には渡り線の設置はない。

尼崎

尼崎

阪神なんば線の大阪難波方には下り線から上り線への渡り線が設置されている。ダイヤ乱れ時などには折り返し時間短縮のため、この渡り線が活用されることもある。

尼崎

尼崎

改札は2ヶ所あり、従来からある西改札がメインの改札となっている。有人改札でICカード対応の自動改札機が設置されている。

尼崎

尼崎

西改札付近には小規模ながら駅ナカもあり、立ち食いそばの阪神そばやパン屋などが建ち並んでいる。

尼崎

尼崎

北改札は阪神なんば線開業前の2007年に開設された新しい改札で、北側のバスターミナルやタクシー乗り場に直結している。北改札は梅田方、西改札は神戸方に開設されている。

尼崎

尼崎

阪神尼崎駅北口。駅前は広大な広場が整備されている。駅周辺には高層住宅が建ち並び駅周辺は以前のような雑多な風景と近代的な風景が同居している。駅前広場はかなり広く、2003年の阪神タイガースリーグ優勝の際にはパブリックビューイングも行われた。

尼崎

尼崎

こちらは北改札側の北口。改札の隣に阪神タクシーの乗り場があり、改札の目の前にはバスターミナルがある。

尼崎

尼崎

バスターミナルは駅前の人口地盤の下にあり、阪神バスや阪急バスが各方面へ路線を運行している。

尼崎

尼崎

南口にもロータリーがあり、バスやタクシーが発着しており、こちら側からは大阪空港や関西空港へ向かうリムジンバスも発着している。

 尼崎駅の2015年度1日あたりの乗車人員は25,734人で、うち定期利用者は12,109人となっている。定期比率は47.1%で、定期利用が50%を割っている。定期利用からICカード利用へ切替が進んだ結果と思われる。10年前の2005年度と比較すると全体で13.2%の増加。定期利用は19.1%増加しており、定期比率は2005年度よりも上がっている。定期外利用者も8.4%増加しており、阪神なんば線開業とともに、駅周辺の開発が進んだ結果利用者が伸びている。

【関西各駅探訪第259回~神戸市交西神・山手線西神南駅~】

~後発ながら開業から利用者は三倍返し!~

西神南

西神南

神戸市交西神・山手線の西神南駅は神戸市西区にある。正式には西神延伸線の駅で、西神延伸線は名谷から西神中央までの路線名である。西神中央までの開業時には西神南駅は設置準備がなされていただけで開業はしていなかった。1993年3月20日から営業を開始した。

西神南

西神南

西神南駅は島式ホーム1面2線で、駅舎は橋上駅舎となっている。ホームは掘割になっており、橋上駅舎の改札部分が地上レベルとなっている。

西神南

西神南

改札は1ヶ所のみで、ICカード対応の自動改札機が設置されている有人改札となっている。

西神南

西神南

西神南駅には西側、東側にロータリーがあり、それぞれバスやタクシーが発着している。

西神南

西神南

こちらはバスが発着する東側のロータリー。神戸市バスと神姫バスが乗り入れている。

西神南

西神南

駅前には駐輪場も設けられている。周辺は坂道が多いが、自転車の利用も少なくない。

西神南

西神南

線路の両側は神戸市内中心部へ向かう山麓バイパスなどにつながる西神中央線の道路が走っている。

 西神南駅の2015年度1日あたりの乗車人員は13,337人で、うち定期利用者は8,455人となっている。定期比率は63.4%で、近年の傾向からすると定期利用者は多い方である。10年前と比べると全体で28.9%の増加で、定期利用者は38.1%増加しており、定期外利用者も15.3%増加している。後発の駅ながらも徐々に利用者を増やしており、今後も期待されるところだ。

【関西各駅探訪第258回~京阪本線伏見稲荷駅~】

~おいなりさんのきつねがお出迎えの伏見稲荷駅は現在リニューアル中~

伏見稲荷

伏見稲荷

京阪本線伏見稲荷駅は京都市伏見区にある。急行停車駅で、伏見稲荷大社への最寄駅となっている。伏見稲荷大社は全国にある稲荷神社の総本山で、正月三箇日の初詣には京都市内で一番参拝客が来る神社としても有名である。

伏見稲荷

伏見稲荷

ホーム2面2線の対向式ホームで、急行停車駅のためホーム有効長は8両分ある。稲荷大社をイメージした朱塗りの柱が特徴的で、現在リニューアル工事中である。

伏見稲荷

伏見稲荷

下り淀屋橋方面行きホームには臨時改札もあり、正月三箇日などの多客時には臨時改札も使用され多客をさばいている。

伏見稲荷

伏見稲荷

上りホーム脇には特急色の臨時きっぷ売り場がある。同じような特急色に塗られたきっぷ売り場は八幡市にも設置されている。

伏見稲荷

伏見稲荷

伏見稲荷駅下りホーム改札付近。駅周辺は道路も狭く、稲荷大社への参道となっているため、参拝客も多いため、車の乗り入れは少ない。

伏見稲荷

伏見稲荷

下りホームにも臨時きっぷ売り場が設けられており、多客時のみ販売を行っている。駅はエレベータ、エスカレータの設置はないが、スロープが設けられ、バリアフリーに対応している。

 伏見稲荷駅の2015年度1日あたりの乗車人員は5,348人で、うち定期利用者は1,132人となっている。定期比率はわずか21.2%で、近年定期外利用者がかなり増えている。伏見稲荷大社への参拝客がかなり増えているものと思われ、国内のみならず、海外からも参拝に訪れる人も多いので、今後もこの傾向は続いていくものと思われる。10年前と比べると41.2%も乗車人員が伸びており、定期外利用者は倍近い、97.3%の伸びとなっている。このため、2017年2月25日のダイヤ改正では、洛楽が走る時間帯に出町柳行きの急行を設定し、伏見稲荷への利便性を高めている。

【関西各駅探訪第257回~近鉄名古屋線海山道駅~】

~海山道さんと呼ばれる海山道稲荷と塩浜貨物が見られる駅~

海山道

海山道

近鉄名古屋線海山道駅は三重県四日市市にある。近鉄四日市から伊勢中川方面へ2つ目の駅で、JR塩浜貨物線が並走して走る区間にある。駅東側では塩浜貨物線の踏切があり、かつては工場への専用線も分岐していた。西側には地元で海山道さんと呼ばれる海山道稲荷神社がある。

海山道

海山道

海山道駅はホーム2面2線で、ホーム有効長は3両編成分ある。当駅は普通のみが停車するため、3両編成以下の電車しか停まらない。

海山道

海山道

上下ホーム間は構内踏切で結ばれている。

海山道

海山道

駅改札は無人化されており、改札は上下線ホームに1ヶ所ずつある。下り線側の東改札は当初から無人化されており、ICカード対応の自動改札機と自動券売機が設置されており、インタフォンで遠隔操作が行えるようになっている。駅前には塩浜貨物線の踏切があり、これを渡らなければ改札に入れないが、列車は1日数回来る程度なので、踏切に引っかかることはほとんどない。

海山道

海山道

西側の改札がメインの改札で、2014年末まで駅員が配置されていた。省力化で無人駅になったが、ICカード対応の自動改札機と自動券売機が設置されているので不便はない。

海山道

海山道

両ホームとも改札及び構内踏切へはスロープ状になっており、簡易的ながらバリアフリーに対応している。駅は段差が少ないためエレベータの設置はない。

海山道

海山道

駅の真横を走るJR塩浜貨物線。塩浜貨物駅までの貨物列車が1日数往復運転されている。

 海山道駅の2015年度1日あたりの乗車人員は857人で、うち定期利用者は605人だった。定期比率は70.6%で近年の傾向からすると高い数字である。10年前の2005年度と比べると全体で17%減で、定期利用者は22.6%も減少している。近年漸減傾向にあり、利用者減に歯止めがかかっていない状況である。